企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
内航.net
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース
 全186ページ
このページのリスト
2017.01.16   カテゴリ:《 スポーツ 》
  第60回 上島町ゆめしま海道駅伝大会&弓削商船高等専門学校入試
2017.01.11   カテゴリ:《 新造船 》
  749GT 濃硫酸船 日宝丸 船内探訪
2017.01.10   カテゴリ:《 新造船 》
  祝 運航開始 749GT 濃硫酸船 日宝丸
2017.01.06   カテゴリ:《 海運ニュース 》
  関西ペイントマリン株式会社
2017.01.05   カテゴリ:《 航海中 》
  2017年@本厄 仕事初め
2017.01.01   カテゴリ:《 あいさつ 》
  2017年 Never Give Up! 
2016.12.27   カテゴリ:《 海運ニュース 》
  荒波の内航海運(上) 船舶の共同管理探る 人手不足・高齢化に対応
2016.12.27   カテゴリ:《 新造船 》
  祝 竣工 749GTガット船 第六十三さだ丸
2016.12.26   カテゴリ:《 新造船 》
  祝 竣工 499GTタンカー 大島丸
2016.12.22   カテゴリ:《 新造船 》
  第二舛宝山丸 船内探訪【船外・デッキ編】
2016.12.21   カテゴリ:《 新造船 》
  第二舛宝山丸 船内探訪【居住区】
2016.12.19   カテゴリ:《 エンジン 》
  赤阪鐵工所 AX31R 1000ps
2016.12.17   カテゴリ:《 写真集 》
  航海士にゃんこ カンパチ船長
2016.12.16   カテゴリ:《 新造船 》
  天草発 未来へつながる船員への道 体験乗船
2016.12.15   カテゴリ:《 新造船 》
  祝 竣工 499GT省エネバラ積み船 第二舛宝山丸
► 次のページへ

2017.01.16    カテゴリ:  スポーツ 

   第60回 上島町ゆめしま海道駅伝大会&弓削商船高等専門学校入試

今シーズン最強寒波の日曜日。本厄の私は、一年に一度の苦行、上島町ゆめしま海道駅伝大会。
40歳中学生同級によるチーム出場。今年は、マスターズ入り。
IMG_5106_201701161718335e7.jpg

IMG_5105_201701161718326e2.jpg
同時に、弓削商船の入試。役場にはUW
IMG_5108_20170116171834b17.jpg
雪が降る中の1区スタート。昨年は、仕事でモガキ苦しみましたが・・・それとは、また違う苦しみとプレッシャーそして、達成感
なんとか、1位で渡し、職責を果たす事ができました。
昔から表彰で名前間違えられるのは、慣れてますが・・・ふりがな打ってくれているのに、のまひろと
IMG_5134_2017011617183562c.jpg
チームも1区からトップ譲らずの完全優勝&4区間区間賞
IMG_5139_2017011617183735b.jpg
一般の部に当てはめれば区間5位総合6位なので普通の成績なんですが、この歳で表彰されるのは意外と嬉しいものです
ただ、一般の部に青学の箱根現役を使うのは、いかんでしょう(笑)

第60回上島町ゆめしま海道駅伝大会(Bコース)成績

さて、今日からまた、次の目標 愛媛マラソンに向けて練習だ
FullSizeRender (1)

front.jpg
スポンサー募集中
back.jpg

FullSizeRender_20170117010416cdb.jpg
スポンサーサイト

2017.01.11    カテゴリ:  新造船 

   749GT 濃硫酸船 日宝丸 船内探訪

黒い船体の外板に大きな半丸がMiyake スタイルでしたが、今回はSUSの半丸です
DSC03428.jpg
日宝丸【Nippo Maru】朝日海運 日本マリン 748GT 903㎥【濃硫酸】
2016.12 山中造船 赤阪鐵工所 A34C 2000ps
ライブカメラ搭載
電子海図表示装置アルファマップ 26インチ
ヱスケヱ鉄工 SKウインチ Type SUS
LED航海灯 伊吹工業 
Sバンド・Xバンドレーダー
タンク内はSUS316Lを採用し、配管も酸洗いを施すなど、品質には万全を期しています
フォアマスト・レーダーマストSUS・暴露部に多くSUSを使用

ブリッジは、ペン塗りしやすいように足場とシンプルイズベストスタイル
DSC03430.jpg

DSC03438_201701111459297d8.jpg
SUS316Lタンク
DSC03503_20170111145947e0c.jpg
バウチョックは、セミハンドレール型のMiyake スタイル
DSC03443.jpg
ウインドラスはヱスケヱ鉄工 SKウインチ Type SUS ロープドラム内側SUS巻き
DSC03441.jpg
フォアマスト SUS 転落防止ガイド付き
DSC03440.jpg
ピストンフォーン下は、メンテしやすいように開口
DSC03448.jpg
タンカーですが荷物が火気厳禁ではないのでスラスターはエンジン駆動
DSC03508.jpg
荷役デッキ 749GTですがタンク容積に余裕があるのでデッキも広々です
DSC03450.jpg
カラフルなバルブ
DSC03454.jpg

DSC03431.jpg
トモムアリングウインチ
DSC03459.jpg
ドラム内側SUS巻き
DSC03462.jpg
舵機室
DSC03463.jpg
主機は赤阪鐵工所 A34C 2000ps 
DSC03466_2017011114594424c.jpg

DSC03467.jpg
清浄器は三菱
DSC03468.jpg

DSC03469.jpg
監視室と配電盤は分離型
DSC03470.jpg

DSC03473.jpg
倉庫兼用ジャンパーロッカー
DSC03486.jpg
事務室
DSC03478.jpg
ギャレー
DSC03481.jpg
一等航海士室 各部屋冷凍冷蔵庫完備
DSC03489.jpg
操舵室
DSC03511.jpg
Miyake スタイルに今回、ライブカメラと電子海図表示装置アルファマップが加わりました
2017年からのECDIS限定解除の件で多くの船主さんが困っています。その事で安全の為に搭載したECDISを撤去する船主さんまで出てきました。
(注:ECDIS搭載船において2017年1月1日以降は、非ECDIS能力限定の解除をしていなければ、船長や航海士として乗船できません。)
その点で言えば、ECDISよりも操作しやすいアルファマップ(主たる操作がマウスなのでPCが苦手な年配者でも安心) 
私は、ECDISも使いましたが、説明書は難解 操作も難解 確かにこれならトレーニングが必要かもと思えるくらいです
ECDISよりもメンテナンスコストが安いアルファマップ(民製品のPCベースなので修理交換が安価) 
ECDISよりも見やすいアルファマップ(26インチワイド画面) スクエア型(四角)は、海図情報を表示するには見にくい
DSC03493_20170111151926325.jpg
船内や陸上に記録が残せ、監視じゃなく管理の意味合いが強いライブカメラ
映像データーが残る事により、多くの船主さんがトラブルから信用や信頼を失わないで済んだ事案も多く見られます。
DSC03492_20170111151924c37.jpg
日本マリン一筋58年の所属の朝日海運
ファンネルもペン塗りしやすいように足場とハンドレール
DSC03498.jpg

ご竣工、誠におめでとうございます

引退する海悠21
海悠21【Kaiyu 21】山中商船 日本マリン 749GT 903m³【濃硫酸】
2001.4 山中造船波方 阪神内燃機工業 LH34LAG 1800ps
IMG_0854_20110420232849_201701111549343a5.jpg
関連記事

2017.01.10    カテゴリ:  新造船 

   祝 運航開始 749GT 濃硫酸船 日宝丸

先月、命名式を終え、 海悠 21と運航を交代する朝日海運株式会社の749GT濃硫酸船 日宝丸
昨日、初荷の名古屋に向け出港していきました
IMG_1114_20170110112502cd5.jpg
日宝丸【Nippo Maru】朝日海運 日本マリン 748GT 903㎥【濃硫酸】
2016.12 山中造船 赤阪鐵工所 A34C 2000ps
ライブカメラ搭載
電子海図表示装置アルファマップ 26インチ
ヱスケヱ鉄工 SKウインチ Type SUS
LED航海灯 伊吹工業 
Sバンド・Xバンドレーダー
タンク内はSUS316Lを採用し、配管も酸洗いを施すなど、品質には万全を期しています
フォアマスト・レーダーマストSUS・暴露部に多くSUSを使用


日本マリン一筋58年の所属の朝日海運
DSC03498.jpg

ブリッジ - Spherical Image - RICOH THETA





機関室 - Spherical Image - RICOH THETA




航海灯はLED 【伊吹工業】
IMG_3874_20161206144626e01.jpg
このLED航海灯の大きな特徴の一つとして、新開発のLEDバルブ監視システムが内部部品の異常や故障、LED素子の寿命を自ら監視しており、異常時や寿命が来た際に自動で電流を遮断するという機能を持ち合わせております。
その為、制御盤側では閾値を設定して頂く事で、従来の電流検知方法のまま容易に断線確認が可能となりました
こちらの機能のおかげで「航海灯のLED化」についてのハードルが低くなり、コストを含め、どのメーカーの航海灯制御盤でも採用をし易い環境が整って参りました。
寿命を終えたLEDバルブはワンタッチで交換が可能な為、電球交換と同じような作業で済みます。
その際、制御盤側での複雑な設定等も必要無くなります。
また、一重式も二重式も同寸法となっており完全独立回路となっており、結線もし易い構造となっております。

クリック⇒朝日海運株式会社

クリック⇒朝日海運 求人情報


つづく・・・
関連記事

2017.01.06    カテゴリ:  海運ニュース 

   関西ペイントマリン株式会社

2017年1月1日よりNKMコーティングス株式会社は関西ペイントマリン株式会社に社名変更しました
(英文名:KANSAI PAINT MARINE CO.,LTD.)

タカタ クォンタムシリーズを中心に、この10数年で一番シェアを伸ばした関西ペイントマリン(旧NKMコーティングス)です
言い訳も何もいりません、とにかく結果が良いメーカーです。
また、全メーカー、アクリル塗料でイマイチ、結果が塩ゴム系より優れない中、塩ゴム系ラバーを供給し続けているのも関西ペイントマリン(旧NKMコーティングス)です。
海洋生物が本州沿岸と違う、沖縄航路に対しても対応塗料を供給しているメーカーです

弊社、進宝丸の一年目の保証ドック( タカタクォンタム X-mile ) 高圧洗浄前でこの状態
IMG_4687_2015110314414941d.jpg

IMG_4694_20151103144151273.jpg

IMG_4686_20151103144148529.jpg

IMG_4697_20151103144955b29.jpg
海洋生物防止装置を付けてない進宝丸ですが、シーチェストもこの状態(シーチェスト用ペイント)
IMG_4717_20151103145503423.jpg
旧進宝丸は、13年目まで他社メーカーを使用して、海洋生物育成活動をしておりました(写真は、13年目他社メーカー
IMG_1007.jpg
関西ペイントマリン(旧NKM)に変えたらこの状態(ブラスト後メーカー変更) 12ヶ月仕様を6ヶ月オーバーしてもこの状態(高圧洗浄前)
IMG_0518_20170106173314dab.jpg

省エネの為に良い塗料(値段も結果も)を使用しても、用船料に跳ね返ってこないこの内航業界ですが、フジツボだらけで走る船と
省エネ塗料で走る船、どちらが企業貢献しているでしょうか?
年末より燃料も上昇傾向です2020年SOx規制に向け、もう一度省エネを考えるべきではないでしょうか

関西ペイントマリン株式会社
関連記事

2017.01.05    カテゴリ:  航海中 

   2017年@本厄 仕事初め

本厄の2017年 恐怖と不安に打ちのめされながらの2017年5日目
IMG_1469_20170105165914ba5.jpg

IMG_4951.jpg

IMG_4831_201701051719481ab.jpg
今年も乗船からのスタートです。この5日は、本厄らしい出来事もなく、
母校が12年ぶりのシード権獲得
愛媛県出身の2区鈴木君の区間賞
正月船主会のビンゴ大会で自転車が当たる
IMG_4936_20170105172000215.jpg
正月は、船主会絡めて、息子の船共育@関門海峡
IMG_1278_201701051659070bb.jpg
警報ランプテスト中
IMG_4842.jpg

正月も働いてくれている船員さんがいるから日本の物流が支えられている
IMG_1197_201701051659053a1.jpg

IMG_1177_20170105165903472.jpg
どうしても、この松立てをSUSにしたかった弊社会長の変なこだわり
IMG_4953_2017010517203454f.jpg

IMG_4952_2017010517203927b.jpg
プラウドブルーの挑戦
IMG_4822_2017010517330737d.jpg


船荷のない船は不安定でまっすぐ進まない。
一定量の心配や苦痛、苦労は、いつも、だれにも必要である@ショーペンハウアー

人生は常に頂上に近づくほど困難が増してくる。寒さは厳しくなり責任は重くなる@ニーチェ
関連記事

2017.01.01    カテゴリ:  あいさつ 

   2017年 Never Give Up! 

IMG_1123ー1

2016年は、前厄と言う年にふさわしい、長いトンネルの1年でした。
windows10無償アップグレードが世間を騒がせてた頃、私も5月12日に有限会社えびす商会の代表取締役に
自動アップグレードされ、その当日から七転八倒する日々を過ごしておりました。
『2016年野間』と言う本が書けるくらい多くの出来事がありました。
仕事でのトラブル等は、前厄じゃなくても皆さんに多かれ少なかれあることで、ただ、コントロール不可能なところで続いたり、
同時に起こったりと、次から次への1年でした。
仕事は、何とかなる、家族が元気なのが救いだと思っていた8月には愛犬まで急逝してしまい・・・
それでも、自身の身体と家族の健康だけは守れた2016年だった事は、当たり前のようで救いだったかもしれません。

また、このような中でも支えてくれた同志や後輩。アドバイスくれた諸先輩方がいたから、
どんな敵に攻撃されようが屁でもありません。
愛犬は、失ってしまいましたが、失うものより得るものが多かった1年だったと思います

そして、最後にわかった事が”敵は己の中に在り
今頃、気付くな!と周りから突っ込まれそうですが・・・

社長業2年生の2017年 地道に地べたを這いつくばってでも前に進んで行こうと思います

Never Give Up! 2017

用船料 UP! 内航海運


IMG_1126ー1

IMG_1128ー1

IMG_1107_20170101080136731.jpg

IMG_1114_201701010801372ee.jpg

IMG_1117_20170101080139a1d.jpg
関連記事

2016.12.27    カテゴリ:  海運ニュース 

   荒波の内航海運(上) 船舶の共同管理探る 人手不足・高齢化に対応

荒波の内航海運(上) 船舶の共同管理探る 人手不足・高齢化に対応

「もうやってられん」 荒天でも避難は嫌がられ・・・と言う内容の記事。

はて?どこのオペかな?

日経新聞に内航の話題が取り上げられる事は、大変貴重です。しかもコラムとしてですから。

内航新聞にも、第二舛宝山丸の体験乗船が特集されていました。
関連記事

2016.12.27    カテゴリ:  新造船 

   祝 竣工 749GTガット船 第六十三さだ丸

12月19日に警固屋船渠株式会社にて竣工した盛徳海運建設株式会社の749GTガット船 第六十三さだ丸
S__6266887.jpg
第六十三さだ丸【Sada Maru No63】盛徳海運建設株式会社 749GT 2400DW
2016.12 警固屋船渠 赤阪鐵工所 A38SR 3000ps
LOA 77.70m B 14.50m D 7.98m
電子海図表示装置 アルファマップ 26インチ
360度アラウンドビューカメラ
死角になる各所にライブカメラ
船内居住区はオールWifi
TUKASA 5㎥クレーン
S__6266890.jpg
SEITOKUーLINE
S__6266889.jpg
第63さだ丸 警固屋 1175_161223_0011
第63さだ丸 警固屋 1175_161227_0065
ブリッジ
第63さだ丸 警固屋 1175_161223_0026
操舵室
珍しいL字型コンソールです
第63さだ丸 警固屋 1175_161223_0007
第63さだ丸 警固屋 1175_161223_0013
電子海図表示装置 アルファマップ26インチ
第63さだ丸 警固屋 1175_161223_0006
ライブカメラとの親和性が非常に良いです
第63さだ丸 警固屋 1175_161223_0005
アラウンドビュー
第63さだ丸 警固屋 1175_161223_0003
死角の多いガット船の安全対策に貢献するライブカメラです
第63さだ丸 警固屋 1175_161223_0040
第63さだ丸 警固屋 1175_161223_0039
第63さだ丸 警固屋 1175_161223_0035
トランプとの親和性も高いアルファマップ
航海中は電子海図映像 荷役中はライブカメラ映像を常時表示
第63さだ丸 警固屋 1175_161223_0014
竣工後、瀬戸内海を3000psで駆け抜け
第63さだ丸 警固屋 1175_161227_0068
第63さだ丸 警固屋 1175_161227_0059
第63さだ丸 警固屋 1175_161227_0061
第63さだ丸 警固屋 1175_161227_0069
祝い旗で凱旋帰港
第63さだ丸 警固屋 1175_161227_0067
第63さだ丸 警固屋 1175_161227_0066
ご竣工、誠におめでとうございます
盛徳海運建設株式会社
警固屋船渠株式会社
ツカサ重機株式会社
◆◆◆企業広告◆◆◆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内航海運に特化したビジネスサポートサイト
業界初!新規取引先の開拓や販売・求人検索がまとめて可能
海運関係に特化したホームページ製作
海運ナビ.COM
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
関連記事

2016.12.26    カテゴリ:  新造船 

   祝 竣工 499GTタンカー 大島丸

今月22日に徳島の井村造船株式会社にて竣工した白石海運株式会社の499GTタンカー大島丸
IMG_3759_20161226140727a20.jpg
(12月初旬撮影)
大島丸【Oshima Maru】白石海運 旭タンカー 499GT 1107KL
2016.12 井村造船 阪神内燃機工業 LH28G 1000ps
LOA 64.99m B 10.40m D 4.50m
電子海図表示装置 アルファマップ 26インチ
次世代監視システムHANAUTY-SSS
ユニバーサルローラーSUS
大島丸 井村造船_161226_0010
Xバンドレーダー 電子海図表示装置 アルファマップ
大島丸 井村造船_161226_0016
COCにも電子海図表示可能
大島丸 井村造船_161226_0018
居住区はカーペット仕様
大島丸 井村造船_161226_0002
主機は阪神内燃機工業 LH28G 1000ps
次世代監視システムHANAUTY-SSS
大島丸 井村造船_161226_0006
次世代監視システムHANAUTY-SSS
機関データを自動計測し船陸通信で共有するという仕組みで、ランニングコストの削減や、ITを利用することで若年船員の教育に活躍予定です
11月10日に行われた進水式
15271370_340796819627894_32108401_o.jpg
DSC03932.jpg
DSC03939.jpg
チームSHIRAISHI
15725389_359972331043676_1682768737_o.jpg
旭タンカー株式会社
白石海運株式会社
井村造船株式会社
【順不同】
ご竣工誠におめでとうございます
関連記事

2016.12.22    カテゴリ:  新造船 

   第二舛宝山丸 船内探訪【船外・デッキ編】

楽する為に”サボる事”は良くないですが楽する為に作業効率や動線を考える事は大切です。
働くとは「 傍(はた)を楽にする」と言われています
「やらされている仕事」と「自分から進んでやる仕事」では、まったく違います
家族のため、生活のため、お金のため、様々な要因の中で皆働いてますが、どうせ働くなら船内生活楽しまないと損です
正面01-1
第二舛宝山丸では、舛宝丸をベースに長年のバラ積み経験と他船のアイデアをリミックスしてバラ積み船における効率化を考えた船になっています。
上から見ると良い水流なのがわかります
真上01
オモテ
ヱスケヱ鉄工 SKウインチ type SUS
IMG_0913_201612221426050f4.jpg
リギンスクリュー SUS チョッサーデッキハンドル SUS
IMG_0912_201612221410316ca.jpg
アンカーチェーン 亜鉛仕様
IMG_0911_20161222141029c65.jpg
水洗い用1インチホースリール オモテの雑用水をタイコーの5tポンプでまかないます
IMG_0910_201612221410282c7.jpg
北海道仕様の為、雑用水はヒーティング付き
IMG_0905_20161222141026362.jpg
取り外し可能なSUSのBOX
IMG_0914_201612221417416bf.jpg
ハッチ開閉注意喚起装置 ABUNAI-Z
IMG_0916_20161222141743e4f.jpg

ハッチローラーはSUS 20年乗るつもりなら、やるべき仕様の一つです
IMG_0940_20161222141310863.jpg
フタ付き排気管
IMG_0944_2016122214131391d.jpg
聞き取りやすいよう下向きに設置したスピーカー
IMG_0943_20161222141311c85.jpg
ロープは石田製鋼 舶用ロープメーカーとしては、メジャーではないですが、色々と考えているメーカーです。作りも丁寧
色付きにも意味があります 問合わせてみてください⇒石田製鋼株式会社
IMG_1039_20161222141314205.jpg
ボースンストアは、ホコリ対策でコンパニオンからダンネージストアまで区画分け
IMG_0899_20161222141020c55.jpg
ホールド 投光小窓
IMG_0901_20161222141023681.jpg
こうすれば、夜でもホールド掃除ができ、ホコリの侵入も防げます
IMG_0902_2016122214102528f.jpg
デッキ上の配管削減の為、サイドタンクエア抜きを外板出し
IMG_0896_2016122214101725c.jpg
舛宝山丸と大きく変わった点の一つは、ホールド船尾昇降口を乾舷甲板からの垂直階段ではなく、通常階段に変更
乾舷甲板はホールドの中段と言っても3.5mあるので落ちたら骨折です
IMG_0895_2016122214101687e.jpg
セパレートを介して出入りします
IMG_3975_20161222141316df9.jpg
セパレート
IMG_3976_20161222141317de2.jpg
ビルジボックスのフタはSUS
IMG_3977_20161222141319730.jpg
ちょっとした事ですが、ジャンパーフック
IMG_0937_20161222141307f4d.jpg
船尾 センターユニバーサルローラー ローラー部SUS
IMG_0922_20161222141744080.jpg
ウインチ台の隙間は、木
IMG_0938_20161222141308cbf.jpg
天井フラット 逆流防止フタ付き換気扇
IMG_0920_20161222141035fb4.jpg
ヘルメット置き場
IMG_0918_2016122214103400d.jpg
船外電話
IMG_0926_201612221410374df.jpg
スプリング用ユニバーサルローラー SUS
IMG_0927_201612221410391b4.jpg
長靴 安全靴置き場
IMG_0917_20161222154725ffa.jpg
本船 ロングサイド用の風船フェンダー
IMG_0931_2016122214174743a.jpg
ボートデッキ ゴミ箱
IMG_0928_201612221410400d3.jpg
船尾カメラ
IMG_3971_20161222141748e53.jpg
水密ドアはワンタッチロック式
IMG_0925.jpg
機関室ファンは、水滴巻き込み対策
IMG_0929_20161222141041c97.jpg
ファンネル
IMG_0932_201612221410430b6.jpg
排気管はSUS 20年乗るならやるべき仕様の一つ
船の手入れがされていくら綺麗でも、排気管がサビサビだと残念です
IMG_3988_201612221410443d0.jpg


第二舛宝山丸【Masuhouzan Maru No2】舛宝海運 上組海運 499GT 1600DW【限定近海】
2016.12 三浦造船所 赤阪鐵工所 AX31R 1000ps
電子海図表示装置 アルファマップ
アラウンドビュー型ライブカメラ
暴露部・外板オールウレタン塗装
ヱスケヱ鉄工 SKウインチ typeSUS 2ポンプ仕様
操舵室窓 曇り止め加工 B-SAFE B-FILM
ハッチ開閉注意喚起装置 ABUNAI-Z
ゴミ圧縮器 ASHQ
右舷斜め前05

第二舛宝山丸 ご竣工誠におめでとうございます。
旧ILOの舛宝山から二番船である新ILOの第二舛宝山へ
制限がイロイロある中で、無理のない同じ仕様の省エネ船を完成させた三浦造船所の技術に感銘いたしました

舛宝海運有限会社
上組海運株式会社
株式会社三浦造船所
株式会社赤阪鐵工所
石田製鋼株式会社
株式会社ハブネス
ヱスケヱ鉄工株式会社
AIS Live Japan
【順不同】
関連記事

2016.12.21    カテゴリ:  新造船 

   第二舛宝山丸 船内探訪【居住区】

2011年に建造された舛宝山丸をベースに大幅な変更はないものの、細かいところの使い勝手や船員の快適居住環境
作業効率などを考えた船になっています
IMG_0833_2016121516454491c.jpg

IMG_0845_20161215164550f2f.jpg
操舵室
IMG_0933.jpg
IMG_0870_20161221105218c4b.jpg
操舵機の両側をレーダーと電子海図表示装置アルファマップ26インチモニターで挟む非常に視認性の良い配置になっています
操舵機 スタンドマイク付き
IMG_1025_201612211050497f3.jpg

IMG_0866_20161221105034696.jpg
トークボタン
IMG_1026_20161221110116b54.jpg

IMG_0869_20161221105038f95.jpg
天井はクロス貼りで乱反射を抑制
IMG_0868_20161221105036104.jpg
事務スペース
IMG_0867_20161221105035c5c.jpg
FAXは、受信すると食堂へ青ランプでお知らせ。赤ランプは、日が暮れて航海灯未灯の場合点滅
IMG_1032_201612211050524ef.jpg
ECDISも新造船に置いては、導入価格帯になってきましたが、2017年からのECDIS限定の問題、ランニングコスト(修繕費)など考えるとアルファマップを中心としたECS(電子海図表示装置)がベストではないかと思います
また、ライブカメラ等を採用する際には、アルファマップとの親和性が強くトータルシステムでのコスト削減が行えます
ルートトラッキング付きアルファマップ 26インチタッチパネル
スクエア(四角型)や縦型じゃないので非常に現場としては使いやすいです
IMG_0934.jpg
安全着離桟に有効活用できるアラウンドビューカメラ
トモの船間距離や岸壁距離 ロープ出し状況を確認しながら着桟できます
IMG_0936_20161221105046551.jpg
ライブカメラについては、また別記事にて
IMG_3994_201612211050599ec.jpg
前面窓5枚に SOLASOLV ローラースクリーンを装備 窓内側には北海道など寒冷地での曇り対策・結露軽減にハブネスのB-FILM
外側にはB-SAFE
IMG_3993_20161221105057d53.jpg
夏場の停泊時室内温度上昇対策として遮光カーテン
IMG_3996_20161221105100ce2.jpg
フルノGPS 最新のGP-3700-F New Pec標準搭載
IMG_1001_201612211050487cf.jpg
AIS BNWASもフルノ
IMG_0935.jpg
バラストコントロール 喫水計付き
IMG_0871_201612211050397e3.jpg
両舷ウイングマイク
バラ積みは、ホコリが舞っている状態でのマイク使用(ロープシフトなど)が多いので操舵室ドアを閉めた状態で使えるようにしています
IMG_3986_20161221105054b3f.jpg
両舷マイク
IMG_3987_20161221105055383.jpg
船長室
IMG_0856_20161221112420631.jpg

IMG_0857_20161221112422b6b.jpg
寝ながらテレビが見れるよう角度を付けて設置
IMG_0859_201612211122159b3.jpg
ワンドア冷蔵庫を取りやすい位置に設置
IMG_0858_20161221112214edf.jpg

IMG_3967_20161221112220c2e.jpg
スペースの有効活用
IMG_0876_2016122111221875f.jpg
船長室モニターにてライブカメラ映像と電子海図映像が見れます
IMG_3969_20161221112221a98.jpg
一等航海士室
IMG_0863_20161221112423b03.jpg
こちらは風向風速計付き
IMG_0865_2016122111242567f.jpg
機関長室
IMG_0861_201612211122171c3.jpg
狭い部屋のベーシン
新ILOになって居室のベーシン設置はルールですが499クラスの限られた中で世界基準を持ってくる方がおかしな話しです
居室の高さ203cmも余裕ある大きさの船ならまだしも、499クラスではスタビリティーに影響し、以前に比べ時化が走りにくい船が増えました。(走れないことはないが人間が耐えれない・荷物が耐えれない)
IMG_0875_20161221113259cc5.jpg
1F事務室
IMG_0853_201612211132577ae.jpg
1F居室は夏も冬もエンジン場の熱で床暖付きになっていますので別エアコンにて個別調整
IMG_0852_20161221113256d24.jpg
食堂・サロン
舛宝山丸から新ILO基準になって事務室分狭くなりましたが、5人乗船には十分快適な広さです
IMG_0848_20161221113250cc8.jpg
食堂でも別モニターにて荷役監視 航海監視ができます
IMG_0945_20161221113300ae4.jpg
キッチンギャレー
最近個食が多い中、舛宝海運では当番制を採用し、皆で食卓を囲むスタイルです。
これがチームワークに繋がっている所以です
IMG_0849_20161221113251125.jpg
食材用調湿庫
IMG_0850_20161221113253e88.jpg
別置きディスポーザーでシンク下の有効活用
IMG_0851_2016122111325459a.jpg
ギャレー外にゴミ圧縮装置 AshQ 【ハブネス】
15578077_585099375028479_7318179230687065868_o.jpg
船内空調室の吸入口は、マストまで上げて、新鮮空気を吸入
IMG_3992.jpg

IMG_3970_20161221113302128.jpg

デッキ編へつづく・・・







関連記事

2016.12.19    カテゴリ:  エンジン 

   赤阪鐵工所 AX31R 1000ps

第二舛宝山丸に搭載されたエンジン AX31R 1000ps(油圧動弁)
IMG_0888_20161217120219a45.jpg

IMG_0880_20161217120207aea.jpg
AX31R油圧動弁方式 1000馬力における1号機です
IMG_0894_20161217120156d9d.jpg

IMG_0892_2016121712022301d.jpg
ALS(Akasaka Lubricating System)は、4ストローク機関用の電子制御式シリンダ注油システムであり、従来の機械式注油器と比較して、シリンダ内の潤滑性・酸中和性などが向上し、約30%の注油量低減を実現
IMG_0891_20161217120222713.jpg
主発は、ヤンマー 180KVA×2 エアー起動
IMG_0890_20161217120220309.jpg
オイルラインは補機横まで配管
IMG_1045_20161217120158ee6.jpg
背高のオイルタンク 低いとオイルジョッキが入らない場合などがあるので要注意
IMG_1044_20161217120156df9.jpg
監視室
IMG_0883_201612171202115a7.jpg
アカサカ機関管理システム
IMG_0884_20161217120213375.jpg
清浄器は、アメロイド
IMG_0882_2016121712021091a.jpg
海洋生物防止装置 ユニシェル
IMG_1046_2016121712015900c.jpg
バラストポンプ
IMG_0887.jpg
バラストコントロール
IMG_4000_20161217120204064.jpg
喫水計付き
IMG_4001_201612171202057c6.jpg

IMG_0881_20161217120208b3d.jpg
作業台 エキスパンドメタルを利用した工具かけ
IMG_3999_20161217120202e06.jpg
吸排気弁予備品
IMG_0885_20161217120214044.jpg
雑用コンプレッサー 7ps トモ・オモテに一台づつ完備
IMG_0886_20161217120216d6d.jpg

IMG_0879_20161217120322d2c.jpg
舵機室
トモムアリングウインチ油圧モーターは、2ポンプ仕様
IMG_0877_2016121712031933f.jpg
自転車置き場
IMG_0878_20161217120320e55.jpg
停泊用発電機は清水仕様のヤンマー80KVA
ウインチをトモオモテ2ポンプ仕様なので停泊用発電機で1ポンプづつを使いハッチの開閉・ロープシフトを行え、セントラルの海水ポンプ使用時間・主発の使用時間を削減できます
IMG_0903_20161217120323306.jpg
高圧洗浄機 ウインチ2ポンプ
IMG_0904_201612171203251fb.jpg
スラスターは3.5t
IMG_0906_201612171203260ee.jpg
排気管はSUS
IMG_3988_20161217120201a04.jpg



株式会社赤阪鐵工所

舛宝海運有限会社

株式会社三浦造船所

ヱスケヱ鉄工株式会社

アメロイド日本サービス社




関連記事

2016.12.17    カテゴリ:  写真集 

   航海士にゃんこ カンパチ船長

内航総連が多額の予算を使っても、内航船 内航船員の認知度は、内航船員 = マグロ取ってるの?漁師?

そんな中、違ったアプローチで世間に内航船 内航船員を知る機会を作ってくれた猫のカンパチ船長

とうとう、年明けに写真集発売までになりました。



写真集と言えば、こちら初高汽船 阿部船長の写真集も有名です






2016.12.16    カテゴリ:  新造船 

   天草発 未来へつながる船員への道 体験乗船

次の時代を切り開く 内航海運活性化プロジェクト 
天草マリン同志会主催 『貨物船 体験乗船 at 第二舛宝山丸』

IMG_0977_201612151645434a2.jpg

内航海運の未来は、自分たちで作っていくしかありません

船員不足は、業界自ら行動を起こし若者たちにチャンスを与えてあげなければ解決しません

そして、我々大人がそのチャンスを作ってそして継続していかなければなりません


IMG_0833_2016121516454491c.jpg
12月14日に三浦造船所で竣工した499GT貨物船 第二舛宝山丸のオーナーズトライアルに
熊本県立天草拓心高等学校マリン校舎(旧 苓洋高校)の生徒19名を招待し体験乗船を行いました
IMG_4020_20161216094123570.jpg
この体験乗船は、竣工日のオーナーズトライアルに行われましたが、造船所やオペレーター・船主の理解と協力なしには行えません。
また主催である、天草マリン同志会の行動なしには行えません
この日の為に臨検を取得して、生徒を乗船させます
IMG_4023_20161216094124b38.jpg

出港し、各部所の説明を行っていきます
IMG_0972_2016121516464981d.jpg
特に、船内で危険なロープは、実際の事故などの例を教えながらのロープワークです。
IMG_0968.jpg
舵を持たせ、操舵号令を教えます。船に乗ってすぐに先輩方から、学校出てこんな事も知らんのかと怒鳴られないよう学校に帰ったら調べて覚えるようにとアドバイス
IMG_1050_2016121609472768a.jpg
最初は、みんな、舵角を見たら舵角だけで前を見れない 前見てたら舵角が見えてないと言う感じでしたがすぐに舵角を見ながら前を確認するようになりました。
これが体験の素晴らしさだと思います。
IMG_1054_20161215164748f26.jpg

IMG_1002_20161215164737ec6.jpg
生徒たちのキラキラした瞳 ワクワク感。
IMG_1004_20161215164739ea1.jpg
ホールド(貨物倉)の広さを体感する為にサッカー
IMG_0993_201612151647360ae.jpg
エンジンルーム見学
残念ながら拓心高等学校マリン校舎には機関コースがありません。教員や体制の問題もありますが機関部の育成も急務です
IMG_1042_20161215164745f84.jpg
学校で教えれない事もあります。「船長さんの給料はいくらですか?」「この船の価格はいくらですか?」と生徒の質問も多彩でした
IMG_1016_2016121516474214f.jpg
定員の関係で1班2班と別れ、三浦造船所工場見学組が綱取に来てくれました。
IMG_1022_20161215164743455.jpg
竣工日のバタバタした中、無事体験乗船は終了。
IMG_1071_20161215164749fea.jpg
生徒たちの目を見るとぼんやりとした将来像が明確な目的になったようなきがしました。
今後は、船乗りになる為に勉強を頑張ってもらいたいですね
IMG_1086_20161215164751d1c.jpg
舛宝海運にも、大寿汽船株式会社の746GT貨物兼用ガット船 第八大伸丸での体験乗船を経験した生徒が2名入社してがんばっています
IMG_1092_2016121516475332d.jpg
船員の町、天草から日本の内航海運を支える 
IMG_1101_2016121516475435c.jpg

船は人・人は船 です。

稼げる職業だけでなく魅力ある職業 内航船員になるよう業界全体で頑張って行かなければいけません。


参加者の皆さんお疲れ様でした

株式会社三浦造船所

舛宝海運有限会社

熊本県立天草拓心高等学校マリン校舎

天草マリン同志会有志一同



日本初!就業体験型 海上試運転 第五金洋丸

未来へつながる船員への道 体験乗船

未来へのステップ

天草マリン同志会 主催 体験乗船会
関連記事

2016.12.15    カテゴリ:  新造船 

   祝 竣工 499GT省エネバラ積み船 第二舛宝山丸

12月14日に三浦造船所にて竣工した第二舛宝山丸
IMG_0833_2016121516454491c.jpg
第二舛宝山丸【Masuhouzan Maru No2】舛宝海運 上組海運 499GT 1600DW【限定近海】
2016.12 三浦造船所 赤阪鐵工所 AX31R 1000ps
電子海図表示装置 アルファマップ
アラウンドビュー型ライブカメラ
暴露部・外板オールウレタン塗装
ヱスケヱ鉄工 SKウインチ typeSUS 2ポンプ仕様
操舵室窓 曇り止め加工 B-SAFE B-FILM
ハッチ開閉注意喚起装置 ABUNAI-Z
ゴミ圧縮器 ASHQ
私は、五年前、舛宝山丸同様、八幡浜から夜中便で臼杵に渡り、仮眠をとって朝一三浦造船所へ

朝日に輝く、ピカピカの第二舛宝山丸
IMG_0835_201612151645459ec.jpg
上組海運一筋 約半世紀
IMG_0843_2016121516454831a.jpg
五年前は、東北の復興を願いがんばろう東北!今回は熊本の復興を願い、がんばるばい!熊本
舛宝山丸では、熊本から瓦礫コンテナ輸送にも従事しました
IMG_0842_2016121516454720f.jpg

IMG_0845_20161215164550f2f.jpg
食堂に行くと内航船カレンダーと井本商運カレンダーが置いてありました
IMG_0847_2016121516462680d.jpg
五年前と大きく仕様変更はないですが、モニター類カメラ類は五年でかなり進化しています
電子海図と言えば、アルファマップと言うくらい普及してきたアルファマップ26インチモニター仕様
IMG_0870.jpg

IMG_0866_20161215164628e18.jpg

IMG_0869_201612151646296b2.jpg
ファンネルは慶応3年創業、全国の港湾津々浦々、国内6大港シェアトップクラス! 倉庫港湾最大手 上組その子会社になる上組海運株式会社
IMG_0932_20161215164632abb.jpg
体験乗船前に竣工引渡し式
木村治 次期社長もスターティングメンバーです
IMG_0946_201612151646433bb.jpg
三浦造船所三浦会長から木村藤利 次期会長へ引渡し
IMG_0959.jpg

IMG_0961_201612151646469d0.jpg



ご竣工誠におめでとうございます。

熊本県立天草拓心高等学校マリン校舎生徒の体験乗船・船内紹介へつづく・・・
関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog