fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース
カテゴリー 《 船内インターネット 》   全8ページ
このページのリスト
► 次のページへ

2022.09.02    カテゴリ:  船内インターネット 

   マリタイムモバイルAⅡ(エース ツー)設置

内航船向け定額制高速衛星通信『JSATMarine Light』の提供開始について(NTT-WEマリン)

エヌ・ティ・ティ・ワールドエンジニアリングマリン株式会社(以下NTT-WE マリン)とスカパーJSAT株式会社(以下スカパーJSAT)は、内航船舶向け定額制高速衛星通信サービス『JSATMarine Light(ジェイサットマリン ライト)』の提供を開始することで合意しました。
NTT-WE マリンが提供する LTE 網を用いた船舶用定額データ通信サービス『マリタイムモバイル®A-II(エースツー)』と組み合わせることで、海上における安定した“途切れない”船陸間通信を実現いたします。
LTE 網の圏内では下り最大 150Mbps/上り最大 50Mbps(ベストエフォート)の通信が可能となり、LTE 網圏外においても自動的に『JSATMarine Light』の回線に切り替えることで、下り最大 6Mbps/上り最大 1Mbps(ベストエフォート)の通信を継続して提供します。

9年目に入った進宝丸は、新造当時からNTT-WEマリンのマリタイムモバイルを利用しています。主たる用途はFAXですが
事務用データ通信の1回線としても利用しています。
今回、マリタイムモバイルAⅡ(エース ツー)へ交換しました。
DSC00612.jpg
付属の外部アンテナ 旧マリタイムモバイルにも1本付いていますので2本利用できます。
DSC00614.jpg
本体
DSC00613.jpg
設置
7FD63A9E-4465-4C58-94E7-D7F259C2116B.jpg

特徴としては、この機器自体がWIFIの親機となりWIFIが使える(499クラスで居住区網羅するには、メッシュWIFIか中継器が必要)
外部アンテナが2本使え、受信感度が向上(暴露部にもアンテナ設置可能)
マリタイムモバイルからの交換は、配線外して刺すだけなので船員でも容易
トラブルがあった際には、電話及びリモートでのサポートが可能
FAXとWIFIが使えるのでトータル通信コストの削減
データ通信料、機器使用料、保守サービス費を含んだ完全定額制

進宝丸は、ライブカメラ用3G回線 NTT-WEマリン マリタイムモバイルAⅡ(エース ツー) ドコモのモバイルWIFI(4G/5G)の3回線で運航しています。2000年当時から船でなんとかインターネットが繋がらないかと試行錯誤してきた身としては、ずいぶん便利な世の中になったなぁと感じますが、ネットが繋がるのが当たり前の若手世代だと、電波が途切れるのは死活問題なのかもしれません。
ただ、あくまでも陸上から海岸線をカバーしたおこぼれ電波を船が拾ってるだけだと言う認識のもと、適切な運用が必要だと思います。
イーロンマスクが進める、低軌道衛星スターリンクによって大幅なイノベーションが起こる可能性もありますが海にある、おこぼれ電波をうまく拾いつつ、つながらない圏外はあきらめると言うような心の余裕を持つと良いと思います。


イーロン・マスクの「Starlink」もスマホ直接通信へ、iPhone 14も衛星対応




マリタイムモバイルAⅡ(エース ツー)についてhのお問い合わせは

↓ ↓ ↓ ↓

マリタイムモバイルAⅡ(エース ツー)





スポンサーサイト



2020.04.15    カテゴリ:  船内インターネット 

   不要不急の上陸自粛に備えて

「緊急事態宣言」が出されたことを受けて、仮バースの際の食料品などの買い出し、など生活の維持に必要な場合を除いて、自発的に上陸を控える船員が増えてきました。
また多くの船会社で東京や大阪での乗下船を回避する動きも見られます。

弊社では、上陸自粛の福利厚生として、プライベート用のどんなときもWiFi
を全船に搭載しました。

420BDC5B-1E7C-4E2E-AFA8-81A440B47291.jpg
どんなときもwifiは3月あたりに通信障害でゴタゴタがあり、4月より通信障害は改善されていますが、新規申し込みが一旦ストップしいます



DCCCAAA3-4047-4AF9-A68A-50AE08D249B4.jpg

私も昨年の夏から使っていますが、乗船時の使用感としては、ほぼ陸と遜色なく使える。海上で10-15Mbps
もちろん、携帯同様海上では、繋がるとこもあれば繋がらないとこもあります。
停泊中は、アマゾンプライムなど見ても全く問題ない。と言う感想です。
クラウドSIMと言う方式でソフトバンク、au、ドコモに繋がると言う事ですが、つながっているのは、ほとんどソフトバンク。

デメリットと言えば、端末が2年縛りで、バッテリー交換のみができず、バッテリーがダメになると、機種交換で18000円かかります。(常時電源接続だとバッテリーが2年持たないと思います)
対策としてはコンセントタイマーを利用して、過充電を防ぐ。
また電波を拾う為に窓に置いた際の直射日光を避け、熱暴走しない工夫(日射遮蔽)

リーベックス(Revex) コンセント タイマー スイッチ式 簡単デジタルタイマー PT70DW


最大5台(5人)まで接続できるので、499,749クラスにちょうど良いと思いますが、それ以上つなぐ方法としては、中継器を使う。
ただし、帯域があるので複数の人が動画を見ていたら速度は落ちると思います。

BUFFALO WiFi 無線LAN 中継機 WEX-1166DHP2/N 11ac 866+300Mbps コンセント直挿し/据え置き可能モデル 【iPhone8/iPhoneX/iPhoneXS メーカー動作確認済み】



I-O DATA Wi-Fi 無線LAN中継機 Nintendo Switch 動作確認済 11n コンセントタイプ 土日サポート WN-G300EXP


クラウドSIM系のサービスが何社か出ています。ネットを調べれば、詳しく書いてありますので、間違っても
舶用通信系の業者やサービスに問い合わせることはお辞めください。
どんなときもWIFIの通信障害が起こった時もそのような事例があったそうです。

聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥 と昔から言われることわざも、現代では、分からないことがあれば聞くまでもなくスマホで調べれば1分でわかるこの時代に分からないことを調べないのは、はっきり言って馬鹿である。と言う意味で使われているそうです。

私は、使ってみて良かったと思えるモノ、これは役立つモノは紹介しますが、あくまでも私個人の使用感であり、主観でありますので責任は持てません。あらかじめご了承ください。

契約縛りなしの超大容量Wi-Fi「クラウドWi-Fi」
























2019.08.29    カテゴリ:  船内インターネット 

   どんなときもWiFi

どんなときもWIFIを紹介して、反響をチラホラ聞くのですが、何故か私への問い合わせではなく、他の舶用メーカーへの問い合わせが多いとの事で、私なりの見解を書きます

どんなときもwifi

基本的には、船員個人の立場として、海上ネット環境が良くならないかという視点で今回、実証実験しています。

どんなときもWIFIで検索すれば、メリットデメリットなどまとめたサイトが数多くでていますので、まずは自分で調べてください
ただ、まとめサイトは、陸上で使うと言う事が前提で、他のWIFIと比べてなので海上を想定しておりません。
それを踏まえて、船で使えるかどうかというのが、今回の実証実験であり、私としては使えると判断して紹介しました。

まずは、デメリットから(詳しくは、聞く前に自分で調べてくださいね)

・2年縛りがある
この先、より良いデータ通信が出た時に乗り換えにコスト(解約手数料)がかかる

・モバイル端末なので常時接続に耐えれるかどうか
バッテリーが内蔵され、充電しながらも使えますがバッテリーの過充電等どれだけ持つか不透明
内蔵バッテリーは3500mAhとなっており、12時間の連続通信が可能

・同時接続台数は5台迄だが、船内の通信環境(鉄板遮蔽)考えると、ブリッジに置いて各部屋へ電波を飛ばすのは、少し厳しい
中継器など使えば、可能な可能性もある

・電波を最大限受けるには、窓側への設置が最適だが、日射による熱暴走の可能性あり
日射遮蔽を考えながら窓側設置がベスト



Q.現在、船内WIFIを使っているが、どんなときもWIFIにシステム変更できないか?

IPーFAXや事務用として使用しているシステムがあるのであれば、現在のシステムをご利用ください。
あくまでも、船員のプライベート通信環境改善の為の提案であり、現行システムに船員さんがWIFI接続しているなら分離させる事で通信速度など改善させる事が可能です

Q.船内WIFIを搭載しているが速度が遅い。どうにかならないか?

船内WIFIに一度に複数の人が接続する事は可能ですが、帯域がありますので誰かが動画などデータ容量の大きなものを見てたりしたら、当然全体的に速度は落ちます。
ですので、事務用とプライベートを分ける。もしくはプライベートを更に分けるなどすれば、改善しますが、そこまで船主がすべきかは、船主個々の考えです。
ただし、我々も出張の際にWIFIが使えないホテルだと、なんだこのホテルは、WIFIもないのかと思う事もあると思います。
それと同じでWIFI環境が当たり前の若手世代が今後、船に乗ってきます。なんだこの船は、WIFIもないのかと言われる可能性もあります。

Q.船員にそこまでやってあげる必要あるの?

それも船主個々の考えです。幅広い年代の職場環境ですから、ネットもしない人もいるでしょう。
船は、職場であり、生活する場でもあります。我々の時代は、そんなものなくてもやっていたと言う人もいるでしょう。
その時代は、船乗りが陸の二倍三倍もらえる給与に魅力がある職業でした。今は、どうでしょうか?
船員不足を嘆く前にいろんな視点で内航を見つめ直す必要があるのではないでしょうか?


今後、もしかしたら衛星インターネットが実用レベルのスピードと料金プランでで出てくるかもしれません。
今は、各通信キャリアの海岸線基地局から飛んでくる電波頼りの通信です。

昨日、auから携帯のデータ通信について発表がありました
データ上限なし+Netflixが使い放題 KDDIが新料金プランを提供 月額4880円から

Netflixが見れると言う事で地デジが見れなくても動画コンテンツには、困らないと思います

スマホの画面をテレビに転送してやれば、大きな画面で見る事も可能です






私は、聞けば、こんなこともわからんのかと怒鳴られ、自分で調べてやれば、なんで聞かんのだと怒鳴られた世代ですが
聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥 と昔から言われることわざも、現代では、分からないことがあれば聞くまでもなくスマホで調べれば1分でわかるこの時代に分からないことを調べないのは、はっきり言って馬鹿である。と言う意味で使われているそうです。

どんなときもwifi


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog