fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2013.03.12    カテゴリ:  東北地方太平洋沖地震 

   3.11 〜わ・す・れ・な・い〜

株高・円安・年収アップと期待先行のアベノミクス

復興特需によるセメント船のフル稼働

原発稼働停止による黒船特需 製油所閉鎖による白船の転送特需

今まで何もしてこなかった政権への反動期待が何かしようとしているアベノミクスへの期待なんだと思います

東北大震災で枯渇するガソリン・灯油を海上瓦礫が散乱する海上を無理して運んだのは誰ですか?

道路が寸断され、支援物資コンテナを運んだのは誰ですか?

東北地域の家畜のエサが枯渇の状況を迎え日本海側に家畜飼料を運んだのは誰ですか?

内航船です

カボタージュ解禁しろと言ったバカタレは誰ですか?

フクシマアブナイニホンキコウシマセンと言った外航船数知れず

日夜、海上輸送使命のシーマン達が、命をかけ粛々と運んでいます

なかなか評価されない内航海運ですが、総合的に見れば日本に必要な重要な物流ではないでしょうか?

内航海運は儲からない・輸送費が高いとの意見もあります。
私が知る限りでは海上輸送運賃は安いです。安全・安定輸送を確保できないくらい安すぎます
だけどもそれに付帯する、安全安定輸送使命を果たさない運賃かき混ぜ業者、
昔は持ちつ持たれつ、今はぶら下がってるだけのイッチョかみ業者、
代理店・港湾使用料・荷役賃etc・・・と言った
昔から全く変わりないビジネスモデルと既得権益

グローバル経済の波に揉まれている、荷主企業も必死です

船主も海運業者もほとんどが、30年オーバーの老舗企業です
こんな業界あるでしょうか
変わらなければ変わりません

3.11 内航的視点で振り返る

忘れてならない東北大震災 そして忘れてならない菅直人の重罪



スポンサーサイト



2012.08.31    カテゴリ:  東北地方太平洋沖地震 

   防災の日SP 首都大震災~わ・す・れ・な・い 3・11の警告~

人間というのは、どんな辛いことがあろうと乗り越えることができる反面、時と共に忘れゆくものかもしれません

阪神大震災に続き大災害となった東北大震災
阪神も酷かったですが阪神と違うのが広域であること、地震+津波+原発事故+震源遠隔地である首都圏被害

今日のTV番組でもふれられていましたが道路寸断で輸送網の麻痺
これが関東直下型だったらとのシュミレーション

番組見ながら、一つ何か忘れてませんかと言いたい

東北大震災で枯渇するガソリン・灯油を海上瓦礫が散乱する海上を無理して運んだのは誰ですか?

道路が寸断され、支援物資コンテナを運んだのは誰ですか?

東北地域の家畜のエサが枯渇の状況を迎え日本海側に家畜飼料を運んだのは誰ですか?

内航船です

カボタージュ解禁しろと言ったバカタレは誰ですか?フクシマアブナイニホンキコウシマセンと言った船数知れず

もちろん天候に左右される内航輸送です

台風接近:離島、物資届かない 続く欠航「旧盆、給食に影響」/沖縄


しかし、日夜、海上輸送使命のシーマン達が、命をかけ粛々と運んでいます


一点だけ見れば、なかなか評価されない内航海運ですが、総合的に見れば日本に必要な重要な物流ではないでしょうか?

内航海運は儲からない・輸送費が高いとの意見もあります。
私が知る限りでは海上輸送運賃は安いです。安全・安定輸送を確保できないくらい安すぎます
だけどもそれに付帯する、輸送使命を果たさない運賃かき混ぜ業者、
昔は持ちつ持たれつ、今はぶら下がってるだけのイッチョかみ業者、
代理店・港湾使用料・荷役賃etc・・・と言った
昔から全く変わりないビジネスモデルと既得権益

グローバル経済の波に揉まれている、荷主企業も必死です

このままの、価値の創造のない運賃頼み、燃油価格頼みの内航海運でいけば
向こう五年でいくらの内航従事者が死ぬでしょうか?

まずは誰から殺しますか?皆で手をつないで死にますか?
それとも今ある業者が限りなく生き残れるよう生き残りをかけ業界として変わっていきますか?
船主も海運業者もほとんどが、30年オーバーの老舗企業です
こんな業界あるでしょうか
変わらなければ変わりません

我々、内航従事者の頑張りをアピールするべき内航総連様
アピールが全く足りません。頑張ってください

TV番組内容とタイムリーでしたがフィリピンでM7.6、日本の太平洋側に津波注意報
東北で荷役中の船長さんから荷役中止になったと連絡ありました

2011.06.08    カテゴリ:  東北地方太平洋沖地震 

   忘れてはいけないこと。言い伝えていかなければならないもの。

東日本大地震と巨大津波に立ち向かった船員たち

こちらをクリック→【緊急リポート】東日本大地震と巨大津波に立ち向かった船員たち


大船渡港での巨大地震・津波遭遇報告

太平洋沿海汽船 陸龍丸 岩正幸船長

巨大地震と大津波に遭遇する中でロシア船を救助
上陸して帰れぬ乗組員を除く6人のみで緊急離桟

第一中央船舶 硯海丸 川直喜船長

東日本大震災!油タンカーで燃料油の積荷中
PETALOUDA 

富士石油 袖ヶ浦製油所バースマスター和田さん

もう既に、見た方も多いかもしれませんが、誰もが経験したことのない未曾有の危機に
素晴らしきリーダーシップで船員の命と船を守った船長と素晴らしきシーマンシップのクルーたち

自分たちの命ももしかしたら・・・の中での危機対応は見事です。

今回の震災でいくつかのレポート見たりや話しを聞いたりしました。
地震直後、バースの係員もみんな避難でロープをぶち切って緊急出港した船

代理店の待機指示を無視して、船長判断でブルを積んだまま緊急出港した船

海水を注入し続けた福島第一原発の吉田所長

皆さんに共通している現場のリーダーシップ。

ただ迫り来る命の危険と目の前の危機に冷静かつ懸命に対応した結果だと思います。
乗組員(職員)の命と家族の想いを預かり、守る。

マニュアルだらけの安全管理と危機管理

誰のための安全管理と危機管理

本質を考えさせられますね。

管さん、リーダーシップとはなんでしょう?

常人では考えられない居座り根性だけは凄いと思いますが・・・
その強靭な心を国民の為に使ってください

2011.04.04    カテゴリ:  東北地方太平洋沖地震 

   日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測

日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、
気象庁が同原発から出た放射性物質の拡散予測を連日行っているにもかかわらず、
政府が公開していないことが4日、明らかになった。

気象庁拡散予測「公表すべきだった」…官房長官

こちらをクリック↓

オーストラリアの放射性物質拡散予測

オーストラリア中央気象局


ドイツの放射性物質拡散予測

ドイツ気象局 

後手後手の政府対応へは、議論の余地もないですが、冷静に見て海側がかなりヤバい状況だと言えます
30km規制は陸側の数値基準であって、やはりアメリカ軍の対応が正しかったのではないかと思います

このようなリスクの状況でも、職務を全うしている、オーナーと船員に感謝

福島第一原発事故-コンリート破損により高濃度放射線水流出。海水汚染に潜むバラスト水問題

日本を出航した船舶が放射線汚染されたバラスト水を、海水を世界中に広めるという風評被害が発生する危険性

汚染水1万トン超、海に放出…やむを得ない措置

2号機のタービン建屋などには法定基準の1億倍以上に相当する濃度の水
その流出流出回避の為の措置

2011.04.04    カテゴリ:  東北地方太平洋沖地震 

   汚染水貯留にメガフロート利用

東京電力福島第1原発の敷地内にたまった汚染水の排水作業用に、
静岡市が保有する大型浮体式海洋構造物「メガフロート」を“水がめ”として使うアイデアが急浮上。


東電は当初、貯水先として中古タンカーを検討したが、水深が6メートル前後と浅い同原発の港に入れないことが判明

タンク容積で言えば「浮遊式海洋構造物(88万KL)」による洋上石油備蓄、上五島国家石油備蓄基地
ありますが、こちらは、さすがに汚染水回収にはコストも容積もオーバーパワーでしょうか



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog