fc2ブログ
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

Google AdSense





出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース
カテゴリー 《 海運ニュース 》   全18ページ
このページのリスト
2023.03.17  
  世界初EVタンカー「あさひ」のJ-クレジット案件登録
2023.03.17  
  <内航NEXT> 《連載》内航キーマンインタビュー 【海事プレス】
2023.03.17  
  海外の自動運航
2023.02.27  
  海運ナビ.COM 終了のお知らせ
2023.02.27  
  『海のハローワークネット』によるサービスを開始
2023.02.17  
  最新鋭の操船シミュレーター導入 茨城県立海洋高
2023.02.09  
  え?意味ある?
2023.02.08  
  今こそ順中逆西(じゅんちゅうぎゃくせい)の再考を
2023.02.02  
  日鉄物流/完全子会社を吸収合併
2023.02.01  
  AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業費補助金の公募
2023.01.25  
  鉄の復権か命取りか・・・
2023.01.18  
  第3回「連携型省エネ船開発・普及に向けた検討会」
2023.01.18  
  ニッポンの救世主⁉「人工石油」の実験が大阪でスタート
2023.01.18  
  EVタンカー 2番船 あかり 進水
2023.01.18  
  百聞は一見に如かず
2023.01.13  
  デュアルフューエル(2元燃料)LNGフェリー さんふらわあくれない
2023.01.13  
  東京汽船 全電気推進曳船 “大河”就航
2023.01.10  
  「2024年問題」まで残り1年余
2023.01.10  
  株式会社パワーエックス、株式会社辰巳商会との資本提携を発表
2022.12.14  
  内航タンカー、用船料一段高 主要海運会社が値上げ
2022.12.12  
  内航カーボンニュートラル #749kwフルチューン #749GT二層甲板タンカー
2022.12.09  
  本瓦造船 船室モデルルームをリニューアル
2022.12.07  
  <内航NEXT> 《連載》内航海運事業者対談 【海事プレス】
2022.12.07  
  井本商運株式会社 2023年カレンダープレゼント企画
2022.11.30  
  その電話は、詐欺です!
2022.11.15  
  井本商運 秋田と神戸を結ぶコンテナ船運航開始
2022.11.08  
  誰のための働き方改革?
2022.10.31  
  内航船員の定着化に関するアンケート調査のお願い
2022.10.25  
  国内初 内航船上でのオンライン診療・オンライン服薬指導に協力
2022.10.19  
  原点回帰?
► 次のページへ

2023.03.17    カテゴリ:  海運ニュース 

   世界初EVタンカー「あさひ」のJ-クレジット案件登録

旭タンカー株式会社は、丸紅株式会社と共に、世界初のピュアバッテリー電気推進タンカー「あさひ」の活用による温室効果ガス(以下、GHG)排出削減量のJ-クレジット制度のプロジェクト案件申請に取り組み、3月15日にJ-クレジット制度認証委員会で承認・登録されました。

DSC07940_20220420151350caa.jpg

J-クレジット制度とは、省エネルギー設備の導入や再生可能エネルギーの利用によるCO2等の排出削減量や、適切な森林管理によるCO2等の吸収量を「クレジット」として国が認証する制度です。 本制度は、国内クレジット制度とオフセット・クレジット(J-VER)制度が発展的に統合した制度で、国により運営されています。


世界初のEVタンカー あさひ 公開
【記事2022/04/20】

※あさひに充電される電力は、再生可能エネルギー由来の電力(証書付き)を利用しています。

水素製鉄や再生可能エネルギー利用など実質ゼロと言う分野は、日本が得意とする手法かもしれません。
本質的な部分では、はたしてどなのかと言う議論もありますが、世の中が脱炭素に向かい、政府も多額な予算が投じられるプロジェクトになりつつあります。

トンキロベースでは、本来環境輸送である内航輸送の再認識を荷主にしてもらい、CO2削減を価値(運賃)として荷主企業にさらに使ってもらえる輸送モードとして内航海運を目指すべきだと思います。
スポンサーサイト



2023.03.17    カテゴリ:  海運ニュース 

   <内航NEXT> 《連載》内航キーマンインタビュー 【海事プレス】

児童養護施設の子供たちへ内航船員への道を紹介などの活動を続けてきている白石紗苗取締役。
児童養護施設の子供を船員にと言うと違った考え方を持つ方もいるかもしれませんが、養護施設を出てしまうと、社会に放り出され、身寄りがなければ住所が持てない。そうすると、男の子は、悪い職業に引っ張られ、女の子は、夜の道に引っ張られる。
実際、施設を出る時に、そう言った方々が外に出た瞬間誘ってくるそうです。
そう言った、良くない方向を救いたい気持ちと内航船員不足の一つのチャンネルとしての考えで活動しています。

住所がなければ基本的には一般企業に就職するのは難しいですが、船なら事情を鑑みて雇う事は可能です。
もちろん、様々な事情で養護施設に入っているでしょうから、一筋縄ではいかない子もいるかもしれません。
ただ、集団生活をしている点は、船員に順応しやすい基礎はもっているかもしれません。

船員不足は、内航だけの問題ではありません。
本当に子供が少なくなって、就職率100%を誇る海技系の入学希望者も年々減って定員割れの危険水域まで来ています。
藤井綱海運藤井社長の絵本配り活動も遠い将来ではなく、今やるべき問題になりつつあることを認識しておかなければなりません。
これから全業種が子供たちの就職先を取りにいく時代です。
全てのチャンネルにアプローチして、まずは内航海運/内航船員を知ってもらう事、就職先の一つに選んでもらう事が大事だと思います。

大手の青田買いは、市場の原理ですから致し方ないですが、辞めたいと新人が申し出たら、傘下の船主さんを紹介してあげるなどアフターケアをしてあげてください。それが船員不足歯止めの一つです。

もしかしたら、大手でも学生の間であの会社に行くなと言う噂が広まっているかもしれませんよ。お気をつけください。

2023.03.17    カテゴリ:  海運ニュース 

   海外の自動運航

飛行機やロケットが無人で飛ぶわけですから、船の自動運航なんて、技術的には難しくない事だと思います。
ただ、この動画を見る限り、速力や条件などがまだ限られているように見え、輻輳状況や気象、海象様々な条件が入ってくる難しさがあるようにも見て取れます。

こういった技術は、進んでほしいと思いますが現実的には、デジタルやAIを使ったアシストによる海技伝承
デジタルアシストが必要だと感じています。


2023.02.27    カテゴリ:  海運ニュース 

   海運ナビ.COM 終了のお知らせ

海運ナビ.COM

海運ナビPDF

海運ナビ.COM〖Facebook〗

※株式会社E-SHIP JAPAMでは、引き続き、求人に強い海運会社のHP制作、SNSを使った企業紹介などの取り組みを継続してまいります。

サイト制作事例

藤井綱海運株式会社

霧島汽船株式会社

泰洋汽船株式会社

山岡汽船株式会社

有限会社 力海運

宝山汽船株式会社

芝浦海運株式会社



2023.02.27    カテゴリ:  海運ニュース 

   『海のハローワークネット』によるサービスを開始

近年、グレーゾーンの船員求人サイトやサービスも多く登場してきましたが、やはり本来の船員求人は、
運輸局のキオスク端末です。

求人を出して、運輸局から頂く、紹介者リストを片っ端から電話しても、ほとんど出てくれない。
船員側は、求職登録した1.2時間後から電話は鳴りっぱなし。1日20件30件と電話がかかってきます。
船員側は、なかなか良い会社に巡り合えない。船主側は、なかなか良い船員に巡り合えない。
そんな壮大なミスマッチ求人を牛耳っているのが運輸局の求人求職情報です。

船員求人情報ネット


運輸局の求職者の紹介状には、面接旅費詐欺、乗船旅費詐欺、船内傷害事件、アルコールトラブル常習者、船内クラッシャーなどの船員も普通に載っています。 

ハズレを引くのは調査不足の船主自己責任ですが、運輸局の紹介の仕方にも“事故”責任はあると私は思います。

そんな運輸局の求人ですが3月1日よりオンラインによるサービスを開始します



陸の求人は月収や年収表記が当たり前なのに未だに根強い手取り文化の船員求人です。
近年、保険料や税金など世の中の変化が早くなっています。
FpebWjUaIAI0mT7.png
本来、国が決めた保険料や税金のアップは、国民の手取りが減ります。

同じ年収でも「手取り」は15年下がり続けている

船員の場合は、手取り契約の会社が多く、調整手当と言う謎の手当で契約金額に合わせていく作業をしています。
このデメリットとしては税金や保険料の改定の際に船員に理解をしてもらいづらく、実行した場合に「ワシの手取りが減った」と怒りの矛先が会社に来る場合だってあります。
ですので、改定分を会社が被っていると言う船会社もあるのではないでしょうか?

会社を選ぶ際、手取りが比較指標として比べ安いですが、本来は、月収、年収、福利厚生などトータルで会社を探す事が大事だと思います。
また船で生活と言う、普通の業種と違い、船内調和を気にする方が多いのも船乗りです。
良い会社だと思って入社しても、船内が合わなかったと言う事例も多いのではないでしょうか?

そんなミスマッチを起こさないように有限会社えびす商会では、船内見学(面接)を積極的に行っています。
貨物船に興味がある方は、ご連絡ください。


えびす商会 公式LINE https://lin.ee/BQVY7z9

2023.02.17    カテゴリ:  海運ニュース 

   最新鋭の操船シミュレーター導入 茨城県立海洋高

国交省のデータ的には、若手の船員が増える傾向にある数字が出ていますが、船員がたくさんいても船は動きません。
船長、一航士、二航士、三航士、機関長、一機士、二機士、etcと職務別の船員不足が小規模事業者にはよく見られます。

国交省も一度、職務別船員年代分布図を作ってください。そうすればいかに船員が足りないか明確にわかります。

フェリーやROROなど大型内航船は、育成も進み、比較的若い船長も生まれて代替わりしていると聞きます。
中、小型内航船でも、若手船長が誕生していますが育成と言うより、その個人のセンスによるところが大きく、コストの面、環境面で苦慮している船主が多いのが現実です。

環境やコストのせいにして、何もやらないより、身銭を切ってでも次に備えなければ、会社が立ち行かなくなります。
弊社でも499GTで船長育成する際は、6人体制を組みます。5人で船長がブリッジ補助でも良いのですが、まだ操船が安定していない若手が操船している面で安全上の事を考えるとトモ、オモテは2人づつ体制は必要かなと思います。

そういう点からも環境や体制が整わないと操船練習できないのではなく、操船シュミレーターなどを使い、何度も練習できる環境って必要ではないかと思います。

そこで暫定措置事業の余剰金23億を使い、全国の海技系、水産系の学校に操船趣味レーターを設備もしくは補助し、現役船員にも開放する。
もう一つは、学校がSTCWの訓練設備規定を満たすように補助し、生徒だけでなく現役船員の実地訓練に開放する。そこで得たお金は、練習船の燃料費やメンテナンス費用に充て、練習船稼働日数を増やす。

これなら、まわりまわって業界の為になるのではないでしょうか?
もちろん、水産と海技短大では管轄が違うし、指導員の問題等もあろうかと思いますが、検討していただきたい。
一部では衛星使ってWIFI設備をなんて言っておるようですが、そんなのはお金がある会社が船員の為にやってあげればいいだけの話です。23億の使い道としては、全くの無駄。
小型内航船でさえ、WIFI設備なんて、最近は当たり前の装備です。









2023.02.09    カテゴリ:  海運ニュース 

   え?意味ある?

現場からは、以上です。

と切り捨てたいことろですが、11月初旬から英ロンドンで開かれていたIMO(国際海事機関)の第106回海上安全委員会で、和歌山県潮岬沖の推薦航路が採択されたようです。
日本が提案した推薦航路が採択されたのは、2017年の東京・伊豆大島西方沖に次いで2例目という事です。

逆にIMOに対して、それくらいの提案力があるのであれば、STCW条約の基本訓練の部分の実地訓練の部分は、突っぱねるくらいの頑張りを見せて欲しかったです。

鳴門海峡の外国船の通狭や、紀伊水道の交差部、先の来島の西口の件、IMOまで行かれる担当者様には、もう少し実態を知って頂き意味あるルール改正や提案をしてほしいと願います。
DSC02122-12.jpg

そして、業界の安全担当者の皆様。立場上大変なのは、重々承知ですが、ドンくさいZと対策、周知すべき事故は仕分けして頂き、荷主様が納得する安全対策ではなく、乗組員の安全と安心を守る安全対策をお願いします。


2023.02.08    カテゴリ:  海運ニュース 

   今こそ順中逆西(じゅんちゅうぎゃくせい)の再考を

先週の痛ましい来島海峡の事故。そして、ほぼ同じ海域(来島西口出口)での一昨年のRORO船の事故。

3人死亡の衝突事故で沈没した船、春にも引き揚げ

※引き揚げ費用は約100億とも言われ、JPI保険が業界全体で約15%以上、上がると言う結果になっています。

世界的にも異例の航法「順中逆西」を採用している来島海峡。これは順潮の場合は舵の効きが悪くなり操船が難しくなるため、屈曲が小さくて水道の長さが短い中水道を通り、逆潮の場合は潮流に逆らって航行することで舵効きが良くなるため、大きく屈曲した西水道を通るようにしたものです。

西口での事故が多いのは、航路を抜けた後にいくつもの交差が起こる為です。
西航は、広島、クダコ、釣島方面 東航は、来島、有津、大下(三原)方面。
統計を取ったら出てくると思いますが、事故の割合が多いのは、逆西、もしくは逆西への転流の時です。

海運豆知識【明和海運】来島海峡の潮流の流向によって航行する航法「順中逆西(じゅんちゅうぎゃくせい)」って何?

それに加え平成 22 年7月1日から、新たな航法として導入された「来島海峡航路 追越しの禁止」。
これにより、現場では何が起こっているか。

低速の外国船による、後続大渋滞。マーチスからは、速力を調整してくださいと指示がでます。
CPPの船は、極力下げれますが舵効きは、悪くなり、最悪効きません。
逆転機の船はデッドスローでも499クラスで5ノット以上出ます。
それ以下に落とすには、航路内でストップエンジンです。そうすれば舵は効きません。
さんざん、指示や警告をした挙句、本当に危なくなったら「最後は船長判断でお願いします」が常套句。

平成22年から来島航路の航路内乗揚げは、何度も目にしました。航路内での接触もあります。
事故を減らす為の航法改正であるべきなのに、かえって事故が増える状態となっています。

昔とは、馬力も違います。昔の人の知恵だった順中逆西と言う航法を現代の輻輳海域に当てはめる事の方が無理があるのではないでしょうか?
もちろん順中逆西の航法改正には、大きな混乱が生じると思いますが、これだけ大規模海難が続いた今。考え直すべき時期にきているのではないでしょうか。

痛ましい海難事故が起こった時に、何を思うか。現代では失敗が許されず経験値を求められます。
事故を自分の事として考えシミュレーションする事で経験値アップにつながるのではないかと思います。
よく老害と言われる、年配者のモリモリの武勇伝も時に役立つ情報です。

学ぶ心さえあれば、万物すべてこれ我が師である


そして、現在 マリントラフィックやAISアプリで簡単に船舶情報、航跡が入手できます。
そのデータは、あくまでも趣味レベルの参考データ。真実は一つしかありません。

たまに、海難事故が起こるとマリントラフィックデータを使って、ニュースなどで大真面目に解説している、海洋漫才師・・・もとい自称専門家もいますが、本当に恥ずかしいレベルの解説です。

現場船員から鼻で笑われるような解説ならまだ良いのですが、その趣味レベルのマリントラフィックデータやAISアプリデータが裁判の資料として使われるケースもあります。笑えないことに、それが証拠として通る場合だって可能性があるのです。

我々、船主がそう言った事に巻き込まれた際の自己防衛策として、より精度の高いAISデータを自己保有しておく事。

現時点で、国内で一番精度の高いAISデータはAISライブジャパンのエーアイシップ以外にありません。

今回の件で、来島海峡の航法や安全について国交省で委員会が開かれる事もあるかもしれませんが、
是非とも現場を知らない有識者より、毎日通狭する大型フェリーの現役船長、大型、小型の内航船の船長などを入れて
本当の安全な航法について議論していただきたいと願います。

私の友人が現場付近を航行していましたが、当時マーチスから両船へ指示があったそうです。
両船同士がVHFにて意思の疎通が出来ていたか。そのあたりに原因はありそうですが、真実は一つ。
今後、海難審判で明らかになる事でしょう。


航法理論詳説 [ 石田正一 ]

2023.02.02    カテゴリ:  海運ニュース 

   日鉄物流/完全子会社を吸収合併

日本製鉄グループの日鉄物流は1月31日、グループ体制の変革を実施すると発表した。

業務の効率化などを図るため、完全子会社の日鉄物流釜石、日鉄物流鹿島、日鉄物流君津、日鉄物流名古屋、日鉄物流広畑、日鉄物流八幡、日鉄物流大分の各社が持つ権利の全てを承継、吸収合併する

日鉄物流グループ体制の見直しについて

重厚長大の鉄鋼は、産業のコメと呼ばれ、今後もなくなる事はないと思います。
しかし、人口減少、素材の軽量化などで粗鋼生産9000万トン割れのように需要は減っていきます。

高炉廃止や合併などで効率化がどんどん進んでいく反面、一時的には数年、半製品輸送など、新たな輸送発生します。
内航船主のほとんどが小規模事業者です。日本の産業の流れと自分の立ち位置をどう見定めていくかも大事な時期に来ていると思います。
現在、主力の199や499の在来型貨物船が特殊船と呼ばれる日もそう遠くないと思います。

2023.02.01    カテゴリ:  海運ニュース 

   AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業費補助金の公募

AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業費補助金の公募

~更なる内航海運の省エネルギー化に向けて~

国土交通省は、経済産業省と連携し、内航海運の省エネルギー化を推進するため、ハード対策(省エネ船型、高効率プロペラ、高効率推進システム、荷役効率化設備等)とソフト対策(運航計画・配船計画・荷役の最適化等)の組合せによる船舶の省エネルギー効果の実証を行う事業の公募を行います。

#749kwフルチューン
#749GT二層甲板タンカー


省とは、不要のもの、あるべからざるものとして取り除く。いらないものとして排除する。

企業における省エネの目的は、「①コスト削減」「②エネルギー資源の有効利用」「③地球温暖化防止」「④法令遵守」の4つです。


SDGsの不都合な真実 「脱炭素」が世界を救うの大嘘 [ 杉山 大志 ]



左傾化するSDGs先進国ドイツで今、何が起こっているか [ 川口マーン惠美 ]



「脱炭素」は嘘だらけ

2023.01.25    カテゴリ:  海運ニュース 

   鉄の復権か命取りか・・・

昨年の粗鋼生産7・4%減 自動車不振、9千万トン割れ
IMG_5576_2023012511105099e.jpg



内航船で一番船数の多い199~499貨物船は、用船料の基準になるのが、コストの積み上げ算ではなく大手製鉄オペの用船料である。その用船料がベンチマークとなり、大手が50万上げれば、二次含めその他の会社が「じゃあ30万くらいにしとこうか」となります。それの最たる事例が、船員法改正の際、小舟は3名から4名乗船へ大きく時代が動きました。大手は人件費1名分のアップ。二次含め、ほとんどの会社が大手の50%から70%程度のアップ。世の中に半人前は存在しても半分の人間なんていません。
このように、内航貨物船業界は、鉄が元気でないと用船料は頭打ち。

その鉄も、脱炭素と半導体不足による自動車生産の低迷。また中長期でみると、自動車含めあらゆるモノでカーボンなど鉄に変わる、強くて軽い素材が使われ、粗鋼生産も9000万トンを割り、鉄離れが起こっています。

しかし、その反面世界的に鉄鋼需要が低迷する中でも日本製鉄の2022年度は2期連続の最高益を予想。
要因の1つに製品を適正な価格で販売できるようになったことと言われています。
これまで、トヨタや今造など顧客主導のチャンピオン交渉だったのが、「この価格が気に入らないなら売りません」と言う強気交渉。
それが、結果的に船価などに響いてきています。



日本製鉄橋本社長の理論でいくと、物価の優等生とされる内航の用船料が安いのは元となる稼ぎが足りない事が問題。その稼ぎとは海上運賃ですから、その適正な運賃をいただき、鉄の価格で船価が上がっても、船が造れる循環型日本経済をリーディングカンパニーとしてお示しいただきたい。

火力発電所の次にCO2を出しているのが製鉄所高炉ですが、いくらカーボンが使われるようになったとは言え、やはり鉄に代わる大きな素材はなくならない。

では、運賃クレクレ、用船料アゲアゲと言っている我々が、何が出来るのか。

それは、荷主様へのCO2削減のお手伝い

より良いミライを築くために・・・

皆が真似できるCO2削減を・・・



日鉄とJFEで水素製鉄 50年までに実用化めざす

【日本製鉄・JFE・神戸製鋼】日本の「水素製鉄」は最先端を行くか?鉄鋼大手3社が「呉越同舟」で開発


#749kwフルチューン
#749GT二層甲板タンカー

2023.01.18    カテゴリ:  海運ニュース 

   第3回「連携型省エネ船開発・普及に向けた検討会」

~タンカー・セメント船等を中心とした連携型省エネ船のコンセプトを検討~
IMG_1569_202301181406309f7.jpg

国土交通省は、16日「連携型省エネ船開発・普及に向けた検討会」を開催いたしました。
第3回は、荷主等とも連携して省エネルギー・省 CO2 をさらに高度化した「連携型省エネ船」におけるコンセプトの検討を行いました。

第3回となる今回は、タンカー・セメント船・RORO 船・中小型旅客船における連携型省エネ船のコンセプトを中心に、議論されました。

内容は、非公開とされ、参加した委員の1人から、また749kwフルチューン 船速と主機の最適化について発言があったと予想されます。
今回の検討会では、GTや船型についての検討は、除外とされており、CO2削減率20%(2013年度運航船に比べ)を目指すコンセプトを検討されていると予想されます。

また、委員の1人は、翌日皇居RUNを行ったとの報告がありました。
Screenshot 2023-01-18 at 14-18-39 Epson View

2023.01.18    カテゴリ:  海運ニュース 

   ニッポンの救世主⁉「人工石油」の実験が大阪でスタート



こう言った技術は、眉唾モノもあればホンモノもあると思います。
ただ行き過ぎた事をやると、闇の勢力に潰される事は、歴史が証明しています。

業界に潰されたガソリン代替燃料「ガイアックス」

スコットランド ガソリン車禁止を先送り 電気料金高騰で、EVの充電料金がガソリンより高くなった為

2023.01.18    カテゴリ:  海運ニュース 

   EVタンカー 2番船 あかり 進水




世界初のEVタンカー あさひ

2023.01.18    カテゴリ:  海運ニュース 

   百聞は一見に如かず

タンカーが危険物船であること。空船ガスリッチ状態での火器、電子機器の利用の厳禁。
帯電防止や防爆製品などの必要性と重要性を改めて教えてくれる事故だと思います。


2020年5月の爆発事故

2023.01.13    カテゴリ:  海運ニュース 

   デュアルフューエル(2元燃料)LNGフェリー さんふらわあくれない

日本のフェリー業界、効率化と排出削減を達成







EV車の普及も新燃料の普及も供給ステーション・バンカリングとのセットが全てです。
スクラバー付きのハイサル船だと日頃のバンカリングはOKだとしても、バンカー船に事故やトラブルがあった際に
大変な事態に陥る可能性があります。
その点で言うと二元燃料の方がリスク回避の面では、フェリー向きなのかもしれません。

LNGバンカリングのソリューション提供 ~国内初のLNG燃料フェリー向けLNGバンカリング完了
商船三井テクノトレード株式会社

Wärtsilä 31
バルチラ31はギネス世界記録に認定された世界で最高
効率の4ストロークディーゼルエンジンです。

2023.01.13    カテゴリ:  海運ニュース 

   東京汽船 全電気推進曳船 “大河”就航




株式会社 e5 ラボが考案した大容量リチウムイオン電池とデイーゼル発電機を組み合わせた電気推進システムを動力源とするタグボートで、本船から排出される CO2、NOx、SOx、煤煙等のロー&ゼロエミッション化を達成し、環境負荷を低減するとともに、騒音や振動を抑えることで乗組員の労働環境と横浜・川崎港周辺の環境に配慮した船舶となっております。

国内では初めてDCグリッド(ABB社製)を採用、大容量リチウムイオン電池と組合わせることにより従来の電気推進システムと比較して更なる高効率を達成しています。




東京汽船株式会社

株式会社e5ラボ

株式会社IHI原動機

金川造船株式会社

2023.01.10    カテゴリ:  海運ニュース 

   「2024年問題」まで残り1年余

トラック業界で起こる事は、内航で起こると思っています。

「2024年問題」まで残り1年余、このままではトラックドライバー不足で荷物が運べなくなる事態も
【Yahoo!ニュース】

2024年4月以降、トラックドライバー職では拘束時間短縮による収入減が危惧

トラック運転手の発信もっとイェール大学助教授 成田 悠輔さん×ツイッターフォロワー26万人女性ドライバー トラックめいめいさん【輸送経済新聞社】

トラックめいめいは、若者のお酒離れに伴う国絡みの電通案件では?との見方もありますが、発信は大事だと思います。

皆さんも少し忘れているかもしれませんが、内航総連も昨年より広告代理店を入れてYoutubeに力を入れています。
我々がターゲットとしている、日本の幼稚園児、小学生、中高生がどれだけ見ているのか疑問ですが、インターネットは世界につながっていますので、広告代理店の言う中高生及び保護者層へのPR強化と毎月10万再生アクセス補償の効果を信じたいと思います。



2023.01.10    カテゴリ:  海運ニュース 

   株式会社パワーエックス、株式会社辰巳商会との資本提携を発表

自然エネルギーの普及並びに蓄電、送電技術の進化において新規事業を展開する株式会社パワーエックス (PowerX, Inc.) は、株式会社辰巳商会より出資を受けることが決定いたしました

就航_210326_66

2022.12.14    カテゴリ:  海運ニュース 

   内航タンカー、用船料一段高 主要海運会社が値上げ

一部の内航タンカーオペレーターの2022年度下半期のチャーター料(用船料)が値上げで決着した。
上げ幅は、微増。人件費高騰や人材育成の補填の意味合いが強いと思われる。

期待薄の中、サプライズのカタチとなったが、一部船主からは、“用船料の値上がりよりもJAPAN P&I CLUBの上り幅のが酷い”との声が聞こえてくる。

昨今の内航海運の諸コストアップが著しい中、JAPAN P&I CLUBが15%から20%の値上げ交渉で来ている。
理由としては、国から要請のあるRORO船白虎の引き揚げ費用に伴う部分が大きいとされる。また、外航船など近年事故の規模が大きくなりJAPAN P&I CLUBの運営も厳しくなっている。自社ビル売却など自助努力も見えるが、無事故を続けている船主からは、到底納得できない内容で怒りの声さえ聞こえてくる。

また、海上交通の要所である来島海峡ではあるが、水深60メートルに沈んでいる船を多額の費用をかけて、船主の保険料を上げてまで引き揚げる意味さえ疑問に感じる。

このほか、燃料価格,船価,船員費、修繕費,潤滑油代なども軒並み値上がりしている。

まだまだ適正コストには遠く、“我慢”と言う船主の経営努力で耐え忍んでいるのが現状だ。


コストプッシュ型インフレの影響は、まだまだ続く


2022.12.12    カテゴリ:  海運ニュース 

   内航カーボンニュートラル #749kwフルチューン #749GT二層甲板タンカー

内航新聞に749GT二層甲板タンカーの事が書かれていたので、おさらい


  (2022.9.26記事) 
 内航カーボンニュートラル #749kwフルチューン #749GT二層甲板タンカー


#749kwフルチューン 
#749GT二層甲板タンカー


荷主の要望(ロット)を確保し、居住区環境の改善、安全性の向上、省エネ船型(CO2削減)こんな三方良しなのに、なんでやらないの?と言う意見もあると思いますが、そこには貨物が液体(気体)と言う壁があります。
以前は、対象外だった粉体であるセメントも、関係者の努力で749GT二層甲板船ができました。
そしてそれが主流になっています。
貨物船だって、昔は一層甲板の船で499GTだと800DWくらいしか積めませんでした。
それが二層甲板になり、時代は進み一時期1800DWまでいきましたが経済性やロットの関係で1600DW~1700DWに落ち着きました。

749GT2000KLと言う内航タンカーでの汎用ロットも、一時期はディープウェルや電気推進、激狭居住区で対応してきましたが、999GT2500KLと言う流れで落ち着きました。
ただ、コスト(船員数・船価)は749に比べ大幅に上がっています。
油タンカーに比べ、ロットの小さいケミカル船は、船の大型化は輸送に関して意味はなく、ロットを犠牲にするか、居住区と船型を犠牲にしてロットを優先するかと言う働き方改革とカーボンニュートラルに逆行した船づくりの選択を迫られています。

タンカーは、日本のエネルギーのパイプラインであり、ケミカル船は、日本の工業製品のパイプラインです。
内航新聞にも書かれていますが、以前検討までいったそうですが、立ち消えになったようです。
今後、心配なのはタンカー業界が999GT2500KLで運賃交渉した2000KLクラスの市場との兼ね合いだと思います。

我々が普通に暮らせるのもケミカル業界のおかげでもあります。
749GT二層甲板タンカーはケミカル業界の未来の為でもあります。


#749kwフルチューン 
#749GT二層甲板タンカー


業界、現場から声を国交省に届けましょう。

代替燃料や自動運航、自律運航、バッテリー推進、未来の技術を進めていく必要もありますが
まずは、今ある技術とポテンシャルでこんなに簡単に実現できるカーボンニュートラルをやっていきましょう。

#749kwフルチューン 
#749GT二層甲板タンカー

2022.12.09    カテゴリ:  海運ニュース 

   本瓦造船 船室モデルルームをリニューアル

近年、新しい取り組みが目覚ましい本瓦造船株式会社では、工場内に設置してあった居室モデルルームを
今回リニューアルいたしました

旧モデルルーム『「ワンランク上の居住空間」』

今回のテーマは「女性の目線で考えた開放的なくつろぎ空間

④
家具の形状や壁の質感、色合いを見直し、限られた空間を最大限に生かし開放的な空間作りを目指しています。
ベッド下は、スーツケース置場になっています。
②

本瓦造船では、居室のデザインだけでなく、結露や防音などの対策も行っています。
749GTタンカーや499GT以下クラスの内航船は、カーゴスペース、タンクスペースの関係で
居住区スペースを十分に取れませんが、アイデアとコンセプト次第では、快適な居室環境になります。
また色合いも精神面のリラックス等には重要であります。

このモデルルームは、本瓦造船の女性社員と飛鳥Ⅱの客室改修を手掛けた株式会社JOYSISの共同プロジェクトとなっております。

本瓦造船株式会社

株式会社JOYSIS



最高の断熱・エコハウスをつくる方法 令和の大改訂版

2022.12.07    カテゴリ:  海運ニュース 

   <内航NEXT> 《連載》内航海運事業者対談 【海事プレス】



《連載》内航海運事業者対談②
若年船員増加、課題は定着率


《連載》内航海運事業者対談③
働き方改革、荷主の理解を


《連載》内航海運事業者対談④
環境対応で国の支援を


ほくと【Hokuto】宮崎産業海運 近海郵船 11193GT 6300DW
2015.9 神田造船川尻 三井造船 9S50ME-C8.2 20313ps
IMG_0458 - コピー

GLOBAL AGLAIA 青野海運 21275GT 33158DW
2016.1 新来島どっく大西工場 神戸発動機 6000kw
DSC01814-1.jpg

IMG_8549_20170718163510c1b.jpg

宮崎産業海運株式会社

青野海運株式会社

【順不同】

2022.12.07    カテゴリ:  海運ニュース 

   井本商運株式会社 2023年カレンダープレゼント企画

井本商運より2023年オリジナルカレンダーを抽選で100人にプレゼント!

      ↓↓↓↓↓
2023年カレンダー抽選フォーム


S__63053842.jpg




井本商運株式会社

井本商運採用情報

2022.11.30    カテゴリ:  海運ニュース 

   その電話は、詐欺です!

保有資産リスク請負業及び人探しを生業としています、我々船主業は定員運航をしなければ船が止まりますので
1人辞めれば船員不足と言う日々綱渡り状態です。

そんな中、心の隙間に入り込む悪い人間は、どの世界にもいるもので、旅費関係の詐欺がまた発生しています。
23225151.jpg

手口としては、古典的で、喉から手が出るくらい船員が欲しい会社にとっては、ハードルが下がってしまうのは痛いほど気持ちがわかりますが、社会人として、一般常識として考えると、もしそれが本当の理由だとしても、社会人としてはダメだと思います。

次の単語は、船員管理者講習の試験に出ますのでよーくメモしてください。

谷口、富山、田口、福岡、昭和41年、56歳


だまされる人よりも、だます人のほうが、数十倍くるしいさ。地獄に落ちるのだからね。  by太宰治

そして、運輸局の求人端末には、こんな輩も入っていると言う事、
そしてその輩を紹介されるシステムが終わっている事を
海事局の船員政策課には良く考えていただきたいと思います。
もちろん個人情報保護法の壁があるので難しい面もあるでしょうが、
船員が良い会社に巡り合わず、船主が良い船員に巡り合わないミスマッチ端末になっています。
そして、まともな船員は、求職登録せず自分のネットワークで会社を探すような風潮になっています

2022.11.15    カテゴリ:  海運ニュース 

   井本商運 秋田と神戸を結ぶコンテナ船運航開始



秋田と神戸を結ぶコンテナ船運航開始 海外貿易拡大に期待【NHK】

寄港地・ローテーション
神戸(金)-ひびき(土/日)-秋田(火)-新潟(水)-ひびき(土/日)-神戸(月) (週1便)

井本商運株式会社

2022.11.08    カテゴリ:  海運ニュース 

   誰のための働き方改革?

先行した、近い業種の状況を見れば、おおよそ結果が見えてくる。

弊社にも今月から31歳のトラックドライバーが入社してきました。
トラック業界の先に不安を感じての転職だそうです。

法律を守る事は、もちろん大事ですが働き方改革によって、運輸会社の減収、トラックドライバーの収入減
そして、無視してブラック状態の会社もいる。真面目な会社、真面目なトラックドライバーは正直者が馬鹿を見る状態。

皮肉なことに省庁職員が一番働き方改革が必要なのかもしれません。



荷物が無料で届く。時間指定したら当たり前に届く。そんな時代は、もう終わりなのかもしれません。
物流は、コストがかかります。ヒト・モノ・カネ・情報

あと2年もすれば、今以上に貨物船の船員不足は顕著になると思っています。
人がいないから船が止まる。既に始まっていますが綱渡り状態もあと2年です。

この働き方改革は、オペが荷主にコンプライアンスを守る海上輸送には、ヒト・モノ・カネがかかると説得する最後のチャンスだと思います。

毎年発表される、船主連絡協議会の貨物船経費の数字も今まで実態とはかけ離れた数字で交渉の余地すらない数字でしたが、実態経費に迫る数字になりつつあります。新造船価格に関しては、すでに現実の方が5000万から1億近く上振れしており、ドック費用に関しても、試算数値より上回っている船主が多いのではないかとの印象です。

持続可能な船団形成をするためにもデスバレーを作らない事が大事だと思います。
船主だけでなく、オペ、荷主の若手中堅 30代40代が自分の将来を考え、経営陣に訴えていく必要があると思います。

2022.10.31    カテゴリ:  海運ニュース 

   内航船員の定着化に関するアンケート調査のお願い

アンケートは、WEB にて行われ、以下のアドレスにアクセスして頂き、ご回答頂くこととなります。
ご回答の結果につきましては、匿名にて集計し、船員の定着率改善に向けた検討資料とさせて頂きます。


■アンケートのアドレス

・https://forms.office.com/r/2vqsvePDGV

■回答期限
・2022年11月11日

Screenshot 2022-10-31




2022.10.25    カテゴリ:  海運ニュース 

   国内初 内航船上でのオンライン診療・オンライン服薬指導に協力

内航船上でのオンライン診療・オンライン服薬指導を実施
 ~船上でもいつもと変わらぬ医療提供体制を整備し、船員の健康管理を支援~
(2022.10.24 日本調剤株式会社 プレスリリース)

日本調剤は、株式会社ゼクト、公益社団法人東京都教職員互助会三楽病院と連携し、八重川海運株式会社の内航船員を対象とした船上でのオンライン診療、 オンライン服薬指導までの一気通貫となる国内初の症例を実施した。


日本調剤、内航船員を対象とした船上でのオンライン服薬指導を開始 物流を支える多忙な船員の健康確保をサポート (2022.5.30)

日本調剤株式会社

株式会社ゼクト

公益社団法人東京都教職員互助会 三楽病院


八重川海運株式会社(2022.10ホームページリニューアル)
(順不同)

2022.10.19    カテゴリ:  海運ニュース 

   原点回帰?

カーボンニュートラルが、内航、外航関わらず話題ですが装置や燃料も様々。二酸化炭素(CO2)と水素(H2)を原材料として製造する石油代替燃料の合成燃料と言うモノまで出てきています。

装備機器については、帆船が注目を集めています。

世界初!巨大な帆を取り付けた大型貨物船が完成・大島造船所




「セイルブレード」を持つ大型タンカーが、CO2排出量を2900トン削減する


しかし、皮肉なことに、帆船「日本丸」「海王丸」老朽化に伴い、帆船不要論が出ています。

伝統的な航海術はもう不要なのか 帆船「日本丸」「海王丸」老朽化で岐路に 八方塞がりの今


伝統文化を守ることも大事ですが、変化する事も大事だと思います。
ただ、コスパやスリム化などでいろんなモノ、コトがなくなっていくのも寂しい世の中です。
ムダなことほど、実は人生の役に立つこともあると思います。

世間の子供より船に触れる機会をたくさん作った息子も現在、8歳。
大人になったら何になりたいのかと聞くと「警察官」と言っています。
理由は?と聞くと「カッコイイ」と言っておりました。

カッコイイ職業 船乗り モテる職業 船乗りにするのは、全く内航で良い時代を過ごしてない団塊世代息子の私たちの使命なのかもしれません。
IMG_4482_20221019163234677.jpg
息子が書いた巡視船
Fehh2hxaAAA7H4v.jpg



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog