FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi

マウスコンピューター/G-Tune


出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース
カテゴリー 《 海運ニュース 》   全13ページ
このページのリスト
2020.07.07  
  コロナ感染
2020.07.03  
  ENEOS 長寿命・省エネ作動油  スーパーハイランドSE32
2020.07.02  
  タンカーの効率よい運航計画 AIが計算
2020.07.01  
  タスケブネ 7/1スタート
2020.06.29  
  期間限定無料キャンペーン「タスケブネ」7/1スタート
2020.06.15  
  井本商運 自律運航による実証航海の実施について
2020.06.12  
  世界初、無人運航船の実証実験を開始
2020.06.10  
  造船の進水式もオンラインで
2020.06.08  
   内航船修理アプリ「タスケブネ」でマッチング
2020.04.02  
  内航ミライ研究会 HP開設
2020.03.24  
  #オンライン進水式
2020.03.16  
  SKウインチが「内航ミライ研究会」を発足
2020.03.14  
  【速報】 内航総連 暫定措置事業終了の方針発表 7月期申請で終わり
2020.02.26  
  新型コロナウイルス感染症 ―共有してほしい情報と行動―
2020.02.25  
  STCW条約に基づく基本訓練(消火)の実証実験
2020.02.25  
  SEA JAPAN 2020 開催見送り決定
2020.02.19  
  日本の船と港がどうにもパッとしない構造要因
2020.02.12  
  マスク不足
2019.11.29  
  ソフトバンク、船舶向け高速通信に参入
2019.11.27  
  A重油とLSCの値差とリスク
2019.11.19  
  【重要】 2020年 SOX規制適合油 混合安定性と低温流動性に注意
2019.11.05  
  内航海運の若手就労者確保へSTU48も協力
2019.10.16  
  今治造船、強さの秘訣
2019.10.11  
  “史上最強クラス”モンスター台風19号
2019.10.09  
  岡山大学70周年記念/SDGsシンポジウム
2019.09.19  
  船員労働安全衛生月間
2019.09.18  
  内航海運関係シンポジウム
2019.09.10  
  蟹工船の先駆者 八木亀三郎 地域史研究家・大成さんが評伝出版
2019.08.26  
  「内航船」乗組員の勤務場所に救命胴衣 義務づけられず
2019.08.21  
  元バレーボール日本代表選手の今
► 次のページへ

2020.07.07    カテゴリ:  海運ニュース 

   コロナ感染

海上保安官の感染 新たに2人【NHK】

いずれも症状は出てないそうですが、このご時世感染経路を考えると社会的視線は重症以上かもしれません。
コロナに感染すると、周りの関係者や企業を巻き込み大変な労力と経済活動に影響を与えます。

今は、船員の発熱だけでも、コロナじゃないことが確定するまで大騒動になります。
下手をすれば、荷役にも影響します。だれも病気になりたいと思っていませんが
体調管理も実力のうちです。

世間には、「マスク警察」「自粛警察」がフル配備されています。
私もホームセンターでマスク警察のおじさんにすれ違ったあとに捨て台詞のように怒鳴られましたが・・・

いつ、どこで感染するかわからないという不安を抱えながらの生活で人々が攻撃的になり
コロナよりも怖いのは人間だったというのも生きにくい社会です。

正しい知識で正しい対処をすれば、かなりの確率で防げると思います。

「夜の街」対策、なぜできないか 感染症医と歌舞伎町に出かけて気づいたこと

「マスクをすればよい」は、思考停止
普段から顔を触らないようにする。
食事前の手洗い、手指消毒を徹底する。



スポンサーサイト



2020.07.03    カテゴリ:  海運ニュース 

   ENEOS 長寿命・省エネ作動油  スーパーハイランドSE32

日徳丸と第五十八進宏丸に採用された省エネ作動油 スーパーハイランドSE32
IMG_3307_20140625163218f70.jpg
スーパーハイランドSEは摩擦調整剤の配合により従来の鉱油系油圧作動油に比較して省エネルギー性に 優れ、低圧から高圧に至るまでの各種油圧ポンプ・モーターに適した油圧作動油です。
スラッジの生成が出にくい長寿命タイプの作動油です。

日徳丸  スーパーハイランドSE32 + SKウインチ
769E43E0-3CF7-42D3-AF72-86C0E4D8C60F.jpg

第五十八進宏丸 スーパーハイランドSE32 + SKウインチ
49BD6DED-093F-4201-9C6A-3175BA50FA69.jpg

※進宝丸でもスーパーハイランドSE32 + SKウインチを採用していますが、油圧関連ノントラブルで6年を迎えました。

ENEOS株式会社

【納入業者】 株式会社 天宗

株式会社SKウインチ



2020.07.02    カテゴリ:  海運ニュース 

   タンカーの効率よい運航計画 AIが計算

タンカーの効率よい運航計画 AIが計算 膨大な組み合わせ数分で【NHK】

属人化していた石油の海上輸送計画策定をAIで、立案時間は60分の1


自動運航が業界のテーマですが、10年後なのか30年後なのか50年後なのかわかりませんが、いつかは実現すると思います。
しかし、もっと早く実現しそうなのが、オペレーションの部分。
配船は、職人的な部分があり、経験や勘ピューター、船長の性格把握、話術などが必要でした。
船員同様、オペレーターも熟練の海運マンと新人の技量には大きな差があり、育成問題をかかえています。
AIによって一気に解決までは、いかないまでも、効率化は進むと思います。

この効率化は内航業界特有のダラリ(ムダ・ムラ・ムリ)これにより、荷待ち、滞船料や荷主との運賃交渉だったり、
二次オペ、三次オペ、いっちょカミ業者などが仕事、立場に変化が起こる可能性があります

効率化によって、お願いしたいのは、計画的な休息環境。タンカーでも船によっては1ヶ月仮バースなしなどと聞きます。
たしかに船員には、休暇がありますが、定期的な仮バースなど、休息も安全運航には必要です。

多くの船員が経験していると思いますが、仮バース決定からの荷役へ変更。
運航上致し方ない事かもしれませんが、その恨みは、一生続くくらいの気持ちで運航計画してください。

人間がAIに一つ勝てるとしたら、心と感情だと思います。
あの人のお願いだから頑張ろうかと思える配船マンが1人でも増えていただき、AIに仕事を駆逐されるのではなく
共存できる業界であることを期待します。

また、コロナ禍におけるリモートワークにより、東京の一等地にオペの事務所を構える必要があるのか?
多くの社員が出勤しなくても、船は動くじゃないか?など内航業界特有のダラリ(ムダ・ムラ・ムリ)を考えなおす時期に来ているのかもしれません。

内航船は、究極の最小コスト、最少人数まで追い込まれ、ムダやムラじゃなく無理しか残っていません。
用船料減額で景気調整する前にメスを入れるのは、業界の中間部分ではないでしょうか?

2020.07.01    カテゴリ:  海運ニュース 

   タスケブネ 7/1スタート

簡単に船舶修理業者を探せる海運事業者向けサービス「タスケブネ」が 事業者どうしのマッチングプラットフォームとして「LINE WORKS」を採用

Screenshot_2020-07-01 簡単に船舶修理業者を探せる海運事業者向けサービス「タスケブネ」が 事業者どうしのマッチングプラットフォームとして「LINE WORKS」を採用 - LINE WORKS(2)
Screenshot_2020-07-01 簡単に船舶修理業者を探せる海運事業者向けサービス「タスケブネ」が 事業者どうしのマッチングプラットフォームとして「LINE WORKS」を採用 - LINE WORKS(1)


タスケブネ、出航!!
~デジタル技術等の内航海運への導入促進につながるサービスが開始されます~

【国土交通省海事局 海洋・環境政策課】
Screenshot_2020-07-01 平成19年6月 日 - 001350868 pdf

Screenshot_2020-07-01 平成19年6月 日 - 001351052 pdf(1)
先進船舶導入等計画の認定
Screenshot_2020-07-01 平成19年6月 日 - 001351055 pdf


キャンペーン中につき年内無料

【船主】登録フォーム→→→https://taskebune.jp/owner-form


【業者】登録フォーム→→→https://taskebune.jp/vender-form

登録したいけどよくわからんからやっといてくれないか?って方は→→→naikou0000@gmail.com

2020.06.29    カテゴリ:  海運ニュース 

   期間限定無料キャンペーン「タスケブネ」7/1スタート

タスケブネ 船主の困り事、アプリで解決 全国修理業者と橋渡し 【日経新聞 6/30】

「ツナガル・タスカル・タスケブネ」が合言葉の内航船修理マッチングアプリ「タスケブネ」が7月のスタートに合わせ
期間限定キャペーンを行う事になりました。
タスケブネ 3

内航船修理マッチングアプリと称していますが、内航船に関わる業者と船の様々な業務内容にて
マッチングサービスを行う予定です
修繕は、もちろんの事、船用品、部品、綱取り、通船、荷物受け取り、買い物代行など船主の困ったを助ける、
タスケブネとして内容を充実していく予定です。
タスケブネ 1

土日、業者に連絡取れなくて困った。普段行かない港での業者探しに困った。
部品一個持って行くのに新幹線使って持っていった。
半日、一日連絡取りまくってやっと業者が見つかった。などの経験は、皆さんあると思います。

そんな手間や労力、時間を金額換算すると結構な機会損失となります。
またそれに時間切れでオフハイヤーが加わるとすぐに50万100万の世界です。
極端な話し、銅パッキン一枚 Oリング一つなくてもエンジンがかからない場合もあります。
タスケブネ 2

そんな船主さんの困ったと復旧、解決までの最短コースが「ツナガル・タスカル・タスケブネ」です。

現在、船主に求められている事は、安全運航であり、そのバックグラウンドとして、
何かトラブルがあったとしても早期復旧、止めない物流だと思います。

また、アプリはLINEワークスベースですので、LINEでのやり取りと同じように扱えます。
カレンダー機能やファイル共有機能を使い、船舶管理、社内情報共有、業者とのスムーズなやり取りにも大いに役に立つと思います。


キャンペーン中につき年内無料

【船主】登録フォーム→→→https://taskebune.jp/owner-form


【業者】登録フォーム→→→https://taskebune.jp/vender-form

登録したいけどよくわからんからやっといてくれないか?って方は→→→naikou0000@gmail.com

2020.06.15    カテゴリ:  海運ニュース 

   井本商運 自律運航による実証航海の実施について

~日本財団の無人運航船の実証実験に参画

井本商運株式会社及び井本船舶株式会社は、株式会社商船三井を筆頭とするコンソーシアム企業のメ ンバーとして、
公益財団法人日本財団の「無人運航船の実証実験」にかかる技術開発助成プログラムに 参画します。

当社は、内航コンテナ船の運航船社として、内航船の労働環境及び船員不足問題に大きな危機感を抱 いており、
喫緊の課題として捉えています。自律運航船の実現により、安全運航のさらなる向上と、
乗組員の労働負担を軽減することでこれらの課題を解決し、将来的な内航海運の担い手を確保して、
内航 海運産業全体の持続的な発展を可能にさせることを目的としています。

無人運航船の実証実験にあたっては、井本船舶株式会社が所有する749GT内航コンテナ船を用いて、
古野電気株式会社による周囲認知技術や三井 E&S 造船株式会社による避航操船・離着岸自動化技術を用い、
株式会社 MOL マリンのシミュレーターで自律化の機能検証を行った上で、当社の定期航路の一 部で実験航海を行います。

また、株式会社セキドが新たに開発するドローンを用いた係船支援技術を導入します。

(コンソーシアムメンバー) 株式会社商船三井、三井E&S造船株式会社、古野電気株式会社、株式会社セキド、 商船三井フェリー株式会社、株式会社MOLマリン、井本商運株式会社、井本船舶株式会社

(実証船の概要)
実証船 749G/T 型「みかげ」 船種 内航コンテナ船 実証航路 敦賀/境港 実証予定時期 2021~2022 年
IMG_5267_20200615135118106.jpg


749G/T型船「みかげ」が就航・神戸港初入港 2015.9.29

井本商運株式会社

2020.06.12    カテゴリ:  海運ニュース 

   世界初、無人運航船の実証実験を開始

日本財団(東京都港区、会長 笹川陽平)は、無人運航船の実証実験を行うコンソーシアム(複数の民間企業体)を募集し、5つのコンソーシアムに対して支援を行うことを決定しました。
2021年度末まで各コンソーシアムによる実証実験を行い、2025年までに無人運航船の実用化を目指します。

経済効果1兆円、国内の英知を結集し2025年までに無人運航船の実用化を目指す

main.jpg

下記5つのコンソーシアムとして、合計40以上の企業、団体が参画します。今回の実証実験では、船舶交通が非常に多い海域の航行、長距離航行、大型船を用いた実証が世界初の試みとなります。

1、スマートフェリーの開発

大型内航フェリーの実航海において、離着岸を含む無人運航の実証に加え、将来の機関部故障予知実現に向けて監視強化の効果を確認します。

コンソーシアムメンバー:三菱造船、他1社

2、無人運航船@横須賀市猿島

横須賀市の三笠桟橋〜猿島間の小型旅客船を実験船とし、既存の小型船を安く早く無人運航化できる技術を開発します。広く小型船に適用可能な自動操船技術の実現を目指します。

コンソーシアムメンバー:丸紅、他3社

3、無人運航船の未来創造~多様な専門家で描くグランド・デザイン~
東京湾 ~苫小牧(予定)のコンテナ船を実験船とし、自動運航船分野で国際的にも豊富な実績を有する多彩な専門家集団による無人運航船が支える新時代の国内物流社会の実現を目標としたオープンコラボレーションで取り組みます。

コンソーシアムメンバー:日本海洋科学、日本郵船、NTT、日本無線、ウェザーニューズ、ジャパンマリンユナイテッド他合計22社
sub4.jpg

4、内航コンテナ船とカーフェリーに拠る無人化技術実証実験
コンテナ船とカーフェリーを実験船とし、自律運航により、内航海運業界の喫緊の課題であるヒューマンエラーによる海難事故の撲滅と船員不足常態化・船員高年齢化に対応するため労務負担の軽減に対応する技術の開発を行います。

コンソーシアムメンバー:商船三井、井本商運、井本船舶、MOLマリン、商船三井フェリー、セキド、古野電気、三井E&S造船
sub5.jpg

5、水陸両用無人運転技術の開発~八ッ場スマートモビリティ~
八ッ場あがつま湖で、水陸両用車の自動運航を、オープンソースで開発します。地上から入水し、水上を自動航行した後、上陸して地上に戻ります。

コンソーシアムメンバー:ITbookホールディングス、他4社


◆無人運航船実現により、期待される効果

船員の高齢化(50歳以上が半数以上を占める)による船員不足、ヒューマンエラーによる海難事故(事故の8割を占めるとも言われる)の課題があり、無人運航船が実現することにより、これらの課題が解決されることが期待されます。
また、無人運航船が実現し、2040年に50%の船舶が無人運航船に置き換った場合、国内で年間約1兆円の経済効果が期待されます。

◆ 今後の予定

2021年度末まで実証実験を行い、2025年までに無人運航船の実用化を目指します。
また日本財団では、今後も無人運航船に関して実証実験以外にも支援を行っていく予定です。今後無人運航船に関する取り組みは、「MEGURI2040」と命名し、次のロゴマークを用います。
sub8.jpg


日本財団

2020.06.10    カテゴリ:  海運ニュース 

   造船の進水式もオンラインで

造船の進水式もオンラインで【NHK】

Screenshot_2020-06-10 造船の進水式もオンラインで|NHK 愛媛のニュース

2020.06.08    カテゴリ:  海運ニュース 

    内航船修理アプリ「タスケブネ」でマッチング

貨物船修理 アプリでマッチング【NHK松山放送局】

s-Screenshot_2020-06-08 貨物船修理 アプリでマッチング|NHK 愛媛のニュース

内航船などの修理を、スマートフォンのアプリで依頼し、対応できる業者を素早く見つける新たなサービスが、7月から始まることになりました。
s-Screenshot_2020-06-08 タスケブネ

タスケブネ」と言う新たなサービスは、内航船で修理が必要となった場合に、専用のアプリを通じ、頼みたい修理の内容などを入力します。
アプリに登録されている全国の修理業者や造船所のうち地域や専門分野ごとのグループ単位で情報が共有され、チャットのやりとりを通じて、対応できる業者を素早く見つけられる仕組みです。

早期復旧、遠隔地での対応、休日対応のような、船主が困った時のタスケブネになるサービスです。


また、内航不況対策アプリ「タスケテクレ」は、不況により開発費の捻出が出来ず頓挫しています。
機能としては、優先的地位の濫用に警報を鳴らすだけです。

2020.04.02    カテゴリ:  海運ニュース 

   内航ミライ研究会 HP開設

4月1日に、内航業界の有志で結成された内航ミライ研究会のホームページが開設されました。

URL: http://7151000.jp
Screenshot_2020-04-02 内航ミライ研究会

「内航ミライ研究会」の目的は、主に安全・環境・労働の改善・簡素化・合理化など内航のミライを研究する。

これまで、上部団体による有識者会などのこのような会や団体は、知識や立場がある方の会であり、内航船に乗った事がない人が考えないといけないが故、我々業界人からしたら、ピントがズレているなとの感想を持っていました。

各社の安全もそうです。船の経験がない、もしくは、船の経験が短い陸の担当者が船員の安全の為にではなく、荷主様の為に考えて、それを、“正”とするのですから安全対策のための安全対策で結果的に不安全になるのは、明白です。

自動離着桟と言うのは、会の中の未来のあるべき姿としての一つの目標目的ですが、その中から派生する、あらゆる『次の時代の当たり前』を共有、発信、開発をしていこうとしているのが特徴です

また、この会のメリットとしては、業界、業種の垣根を超え統一された情報、現場サイドの情報、オープンにすべき情報の共有ができる事です。

これからの時代、船に限らず言える事ですが、AI化?ないない。船の自動化?ムリムリ。と言っている間に気がついたら自分の職業がなくなってたと言う事になりかねません。

20代30代40代の内航に関わる業界人は、あと30年から40年この業界で生きていかなければなりません。
島国ニッポンの海上物流がなくなることは、ないですが、必ず生き残れるとは限りません。
カタチ、方式、ルールが変わりつつ、次の時代の当たり前ができていきます。

次の時代の当たり前を自分たちの手で作ってみませんか?

内航ミライ研究会
URL: http://7151000.jp

2020.03.24    カテゴリ:  海運ニュース 

   #オンライン進水式

STU48も参加です

アーカイブで26日まで配信です。


配信URL→→ https://www.youtube.com/channel/UCPnE_Wkhr0E4DMqGfMpBS8A/featured

Screenshot_2020-03-24 御前崎海運
今ネット上で100日後に死ぬワニよりも注目されている内航マスクマン
Screenshot_2020-03-24 御前崎海運(2)

Screenshot_2020-03-24 御前崎海運(11)

Screenshot_2020-03-24 御前崎海運(12)

Screenshot_2020-03-24 御前崎海運(14)

発想の転換をすれば、このような状況でも出来る事があります。

今までのやり方を見直し、時代のニーズに合ったやり方に変える転換期かもしれません。

疾風に勁草を知る

何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く

おごるなよ 月の丸さも ただ一度

山梨学院 上田監督の座右の銘です

ご進水、誠におめでとうございます。

STUよりも、内航マスクマンが気になると言う声も聞こえてきました。
内航とプロレスをこよなく愛する徳島県出身のユルキャラ(体型が)だそうです。

2020.03.16    カテゴリ:  海運ニュース 

   SKウインチが「内航ミライ研究会」を発足

このほど、愛媛県今治市のSKウインチ(旧社名ヱスケヱ鉄工)を幹事社として、船主7社、開発会社6社が、内航船に遠隔操作・支援等の導入による自動化を促進し、現場の労働環境の改善・働き方改革や生産性の向上を実現することを目的とした、内航業界の未来を研究する会「内航ミライ研究会」を結成した。
IMG_0889_202003161658500f8.jpg

同研究会は、国土交通省の海事生産性革命(i―Shipping)オペレーション補助事業を進める中、派生的に生まれたもので、主な目的は、安全・環境・労働の改善・簡素化・合理化など。
内部にはi―shippingオペレーション補助事業の開発チームを設置し、先に結成されていた自動離着桟プロジェクトチームのメンバーが参加する。ただし、離着桟に限定せず、内航のミライに関連する全てを研究し、開発状況の共有、発信、開発への協力体制作りを行うとしている。新たな枠組みで誕生した「内航ミライ研究会」の結成までをたどった。

 SKウインチは2019年10月、i―Shippingのオペレーション補助事業である「デジタル電動ウインチの集中操作と複数台連携の実証実験」に採択された。
しかし、同社だけでは開発が難しいと判断し、若手船主6社(イコーズ、えびす商会、三洋汽船、菅原ジェネラリスト、鍋島回漕店、雄和海運)並びに、開発会社3社(シスディブリンク、ハクヨウ、藤設計)と連携して、自動離着桟プロジェクトチームを作った。
 
 ウインチだけでは離着桟の一部分の開発にとどまり、総合的に開発をすることで労働環境改善・簡素化・合理化が早まると考え、本年3月に計画を拡張し、タイトルも「デジタル電動ウインチ等による内航船の労働環境改善に向けた総合的な技術開発」と変更した。また、新たに船主1社(新生海運)と開発会社3社(石田製綱、ナカシマプロペラ、パレット社)が加入した。
 
 チーム名には、近年のキーワードとなっている“自動離着桟”を使っていたが、主に離着桟作業から荷役に至る一連の作業に関連した労働環境改善・簡素化・合理化が目的となったため“自動”というキーワードが適さないと判断した。
また、参加したいという企業は多く、補助事業に絡めなくても自動離着桟や労働環境改善につながる技術開発などの検討に対して、枠組みを模索する声は多かったが、補助事業に関連したチームのため、事業外の企業の参加は難しかった。

《新たな枠組みとして内航ミライ研究会を結成》

 内航船業界が新たな試みを模索している中、協力的な企業は多いものの、開発状況や業界の今後など、情報発信が限定的であり、チームが取り組む未来への技術開発が業界に周知されていない。
また、未来に協力できる場が少ない。そこで新たな枠組みとして、統一された情報、オープンにすべき情報の共有を行える内航船のミライの部会として、「内航ミライ研究会」を結成した。

 「内航ミライ研究会」の目的は、主に安全・環境・労働の改善・簡素化・合理化など内航のミライを研究する
内部にi―shippingオペレーション補助事業の開発チームを設置し、i―shipping部会は自動離着桟プロジェクトチームのメンバーが引き続き参加する。ただし、離着桟に限定せず、内航のミライに関連する全てを研究し、開発状況の共有、発信、開発への協力体制作りを行う。

【内航ミライ研究会】(略称「内研」)

 ◆ i―shipping部会旧プロジェクトチームがメンバー。
 ◆ 一般会員=研究会には企業、団体、個人が参加可能。i―shipping部会と連携、共有し内航のミライを研究。
 ◆ 会則=会費は原則無し。会合は不定期開催。

加入にはi―shipping部会の推薦が必要。i―shipping部会には新規加入が不可能(補助事業と関連するため)。
会員には弊会ロゴの使用を認める。

《i―shippingオペレーション補助事業ロードマップ》

 i―shippingオペレーション補助事業については、SKウインチが事業主体となって、とりまとめている。
 労働環境の改善・離着桟の簡素化・荷役の合理化を事業の柱として、主にウインチ、計測機器、デジタルネットワーク、システム、推進器などの部門に分かれる。
 ロードマップとしては、2020年4月から各部門の計画と検討を開始。10月に実証実験、12月には工事を行い、2021年1月から実証実験とデータまとめに一般配置図を作成し、3月に報告を行う予定だ。

61189686_2090420757723336_8779140094800953344_o_20200316141621c1e.jpg

株式会社SKウインチ

2020.03.14    カテゴリ:  海運ニュース 

   【速報】 内航総連 暫定措置事業終了の方針発表 7月期申請で終わり

日本内航海運組合総連合会は12日の理事会で、内航海運暫定措置事業の終了に向けた業界方針を決定した。

暫定事業の建造申請はこれまで、年度に5回(5月期・7月期・9月期・11月期・1月期)実施していた。
令和2年度は、5月期7月期のみの建造申請(納付金)を実施し、9月期以降は、納付金を徴収しない事と決めた。

JRTTの事業債務返済資金は、すでに1月期申請で実質集まっており、返済確定資金が竣工ベースとされているので
今年の8月では、完済できず、本年10月の竣工船にて収支が相償うとされている。2021年8月返済にて完済

ただ、暫定措置の終わりについては方針が出たが、内航総連の今後のあり方や今後の建造に関わる仕組み等はまだ決まっていない。
内航総連は暫定措置事業と言う一つの共通目標で5組合からなっていた。
年間約2億と言われている総連合の運営費は組合費や納付金等の派生費用から賄われてきた。

自営で運航をしている船主などからは、今後組合に所属する意味がないという声も聞こえてくる。
実質自由建造と言われているが、一部の人が勘違いしている499GTで2000DW積める船ができるのか?と言う声は間違いであり、JG、NKルールに基づく船しか建造はできない。

暫定措置事業終了とともに総連の存在の意味が問われるが、これまで年間100隻近くあった建造審査を今後、海事局がやっていくのかという疑問も残る。また直近で話題になった509GT型の船は、総連の承認にて建造が認められるとなっている。

そして、暫定措置事業の終了の方針が発表されたが現在、暫定措置事業で建造されている条件付きの船(石灰石専用やコンテナ専用等)も10月以降(収支相償ったあと)自由になるかと言うとそうではない。
海事局の現時点の見解は、暫定措置事業の終了と言うのは、暫定措置事業にて申請した最後の竣工船をもって終了とするとなっている。

ほぼゼロ申請だと思われる5月7月申請もしくは、1月に既に申請した船の最後の竣工船が事業の終了。
自由建造が先にスタートし、条件船は、しばらく条件付きの仕事しか出来ないというダブルスタンダード状態が1年ないし2年近く続く可能性がある。

そう言った、諸問題を抱えつつ、海事局の方針もありようやくまとまった。

海事局の見解として、暫定措置事業は国の事業であり、内航総連はこの事業を代行する立場。国(海事局)の意見に従うべきと言っているが、5組合がまとまらないとこへ方針示してくれてありがとうと言う気持ちと同時に、この事業に対し、国から1円たりとも補助を受けずに暫定措置事業終了まで来たと言う事は、全ての船主が国に対して、それは違うと言うべきである。

内航総連は国交省の交通政策審議会海事分科会基本政策部会で提示した、暫定事業後に内航総連が行う役割として挙げた「安定輸送確保」「生産性向上」「労務、環境、安全などのコンプライアンス徹底」「取引環境改善」の具体化を行っていく



2020.02.26    カテゴリ:  海運ニュース 

   新型コロナウイルス感染症 ―共有してほしい情報と行動―

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) ―共有してほしい情報と行動― 【PDF】

新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~









2020.02.25    カテゴリ:  海運ニュース 

   STCW条約に基づく基本訓練(消火)の実証実験

国土交通省主催で2月21日愛媛県消防学校にてSTCW条約の基本訓練(消火)についての実証実験がおこなわれました。
最初に担当者から撮影はOKだがSNS等の掲載はNGと言われましたので、ほぼ文章となります。予めご了承ください
IMG_9184_20200225165018443.jpg

1978年の船員の訓練及び資格証明並びに当直の基準に関する国際(STCW)条約では、原則、ほぼすべての船員に生存技術や消火等に関する実地訓練を義務付けています。




今回、何故このような実証実験をしたかと言うと、実地訓練施設を新たに整備することは容易ではないため、現在、実地訓練を受講できる施設(地域)が限られています。そのため、全国各地の既存施設を利用した訓練機会を拡充するための一環として、この度、愛媛県消防学校の施設を使い、消火訓練の実証実験を行う事となりました。
-------------------------------------------
防火と消火(STCWコードA部の表A-6-1-2関係)

船舶火災の危険を最小にし、火災を含む非常事態の即応体制を維持するために最小限有しておくべき船員の能力として条約で規定されている次の訓練項目を行います。

・各種持運び式消火器(炭酸ガス、粉末、泡)による小規模火災の消火
・水噴射及び噴霧ノズルを用いた消火
・高発泡の泡が満ちた区画への進入 等
・オプション:自蔵式呼吸具を使用した訓練
-------------------------------------------


今回の参加者の顔ぶれを見て思ったのが船種別のこの問題へ対する温度差。
瀬戸内のフェリー関係、愛媛の有名所のタンカー船主は、だいたい参加していました。
カーゴで参加していたのは、私だけ。参加してみて、色々問題点が見えてきました。


STCWの生存訓練のプール飛び込みの件がクローズアップ(年寄りも飛び込むのか)されていますが、それ以前の消火の面でも問題点があります。

今回、愛媛県消防学校を国交省の努力で使わせてもらう事が出来ましたが、愛媛の消防学校で消防以外の我々のような業界外に使わせてもらえる回数としては年間2回程度(空き枠の問題) 他県の学校ならもう少し枠の可能性があると言う事ですが、場所を貸してもらうだけなので、講師の数、一回の受け入れ人数なども問題。都市部の消防学校は、空き枠がほぼないと言って過言ではない。

模擬訓練が始まり、まず最初に消防員装具(消防士がつける銀色のカッパのようなもの)を、5分以内に装着と言う訓練があります。
補助があっても良いので、それ自体は、難しい訓練ではありません。訓練全体も施設さえあれば難しい訓練ではないです。

☆問題点1 消防員装具の搭載義務がある船種は、ケミカル船、LPG船 タンカーにおいては近海の5000キロクラス(限定近海は必要なし)

疑問 そもそも、搭載していない装備の実地訓練が必要だろうか?もちろん、知識として必要です。横須賀の防災センターの教えとしては、これは訓練としてやるが、実際このような火災になれば、まず逃げてくださいが指導教官の教えです。

☆問題点2 CO2消火の訓練 CO2消火装置は沿海500GT以上の船舶に必要。

疑問 知識として、ないよりはあった方が良いが、これも搭載していない船が多数ある中で実地訓練が必要だろうか?
ただ、ドック中にエンジンルームでボヤ(電気火災)を経験し、粉消火器でエンジンルームが粉だらけになり、その後エンジン不具合(始動弁の固着)を経験したので、搭載義務はないですが、進宝丸にはエンジンルームへCO2消火器搭載しています
※エンジンルームで粉消火器を使うとエアー系統のラインに錆が生じ、始動弁などの固着につながります
火の手が小さい初期消火には、エアゾール系の消火器も有効です


☆問題点3 海上災害防止センターにてタンカー等の「危険物等取扱責任者」を取得した人もこの5年毎の基本訓練を受ける必要がある(現在のところ)

疑問 STCWの消火も火を使った本格的訓練ですが海上災害防止センターの訓練受講者なら全て知っている内容かつレベルが違う。言うならば、ルールだからしょうがないとは言え海技士試験を受け合格した後に、もう一度小型船舶を受ける感じの矛盾感。

☆問題点4 STCWについての最終案は、もうすぐ国交省から出る段階であり、業界が物申す時間もほとんど残っていないと言う事

疑問 タンカーと比べ、危険物などの資格を取らせに行く文化のないカーゴ船主は、コスト負担や交代要員など始まって文句言っても遅いと言う事を気づくべきではないでしょうか?

例 ニッスイマリン STCW(生存と消火) 29万8000円 5日コース + 宿泊費・交通費

今回、担当者から最後の質問が訓練に限ってとの念押しがあり、時間が早々に終わろうとしていたので、
手を上げ、せっかく国交省から来てくれているので、答えや解決を求めないので船主からの意見、問題点を聞いてくださいと
お願いすると国交省の方は、答えれる範囲でと聞いてくれました。

国交省も生存技術や消火等に関する実地訓練の義務という言葉は、STCW条約としても除外できない部分と前置きがあった中で
訓練内容・方法についての歩み寄りできる部分の模索は国交省側もしている感じは受け取れました。

実地訓練は、したくない(コストや交代要員的にも)のが本音ですが、やらなきゃいけないのであれば、
広範囲の訓練拠点と、年間の回数、全国一律料金が急務ではないかと思います。

また、現在の船員不足解消の為に未経験者の雇用が進んでいます。もちろん、乗ってみたが、想像と違った、船酔いする等
すぐに下船離職する事例も多々あります。
数十万かけてSTCWの基本訓練を行い、乗って数日で辞めたと言うのも多く出る可能性はあります。

議論の一つに上がっている、何十年も水着を着たことのないフェリーの売店のおばちゃんも、生存訓練でプールに飛び込むのかと言う問題もあります。

STCW条約は、国際条約です。それは、わかります。

内航船は国内のみを運航しPSCの監査が入る訳ではありません。

このSTCW条約の基本訓練を終了したか否かを調べるのは、運輸局の船員労政課及び労務官です。

内航船では、健康診断の有効期限忘れて切れてたと言うレベルもありうるのが内航船です。

訓練やりたくないからワァワァ言ってるのではありません。雇用や運航に関わり、船が止まる心配をしているのです。

国際的に危険なのは、タンカーですが、内航船的に危険(事故が多い)なのは、貨物船(ガットを含む)です。

ISMも必要ない、海上防災センターでの危険物取得も必要ない まずは、貨物船から取得させろの意見に

私は、納得し返す言葉もありませんでした。

もう一度言いますよ。カーゴの船主さん 始まって文句言っても遅いのです。

地方の運輸局に怒鳴り込んでも意味がありません。

船に来た労務官に言っても意味がありません。

何も見えてこない次の内航総連のあり方が議論されていますが、その前に我々船主の代表である内航総連の大事な最後の仕事ではないかと思います。

受け入れ施設、受け入れ施設講師の人数を考えると、まずは、船員手帳更新を迎えた、職員のみの取得とし、施設拡充やキャパシティの確認が取れた上で段階を踏んで部員へ広げていく事が大事であり、危険物取得のタンカー、ケミカル、LPG職員については、基本訓練更新コース(消火)のみでOKと言うような対応でも良いのでは、ないかと思います。

内航の実態に即した、可能な訓練のカタチを期待しています。

2020.02.25    カテゴリ:  海運ニュース 

   SEA JAPAN 2020 開催見送り決定

無題2

新型コロナウイルスの影響が日に日に拡大しています。ウイルスの拡大は、無症状の人もいるため数字以上の心理的影響。
行動的影響が懸念されます。

また、検査基準も限られ、推定患者がどれだけいるのかもわかりません。

自分に症状がなく、多くの人に感染してしまう恐怖もあります。

ただ、日本人の年間自殺者 約20000人 ヒートショックを起因とした死亡者 約19000人 インフルエンザを起因とした死亡者 約10000人と言われています。

ここ数日、政府からのお達しもあり、多くのイベントが中止・延期になっていますが、新宿駅は毎日100万から300万の人が利用しています。

見えないウイルスに対し、数字だけで語る事は出来ませんが、正しい情報と正しい対処で冷静な行動が必要だと思います。

2020.02.19    カテゴリ:  海運ニュース 

   日本の船と港がどうにもパッとしない構造要因

中東海域での航行の安全。SOX規制によるスクラバーやLNG燃料への転換や新型肺炎などで海運や船などがニュースでクローズアップされる事が多くなりました。

昨年後半より、ショックなき壊滅的な数字を出し続けている内航輸送量。気がつけばリーマンショック以下と言う数字です。
昨年、輸出が落ちている中で消費税増税。今年は米イランの緊張に始まり、新型肺炎。日鉄ショックと次から次へショック級のニュースが出てきます。

ネガティブな事は、書きたくないですが、終わりの始まりのような気がします。
これは内航海運に限らず、1億総中流階級と言われた時代から、後進国ニッポンへの始まりです。

新型肺炎に関しては、世界的な物流へ影響が出始めています。海運においては、外航船の竣工遅れ、修繕ドックの停滞。
今後も感染者の数字と共に経済への影響が未知数です。

まだ為替が安定しているのと、株価が持ちこたえている事が救いですが薄氷を踏む状態であることはたしかだと思います

船も「脱石油」そろり始動 LNG燃料に商機
世界的には環境問題待ったなしですが、この脱石油をテーマに掲げながら運んでいる貨物は、石炭や石油と言うところが世の中の矛盾である

海運市況軒並み悪化 荷動き停滞、肺炎で不透明感増す

韓中海運航路「新型肺炎」で事実上まひ…「沈没危機」に追いやられる海運会社


2020.02.12    カテゴリ:  海運ニュース 

   マスク不足

未だ収束の見通しが見えない新型コロナウイルス。巷では、転売目的や中国への流出でマスクが枯渇し、本来必要としている医療従事者にマスクが行き渡らない由々しき問題になっています。

今朝、ある船主さんから、船員用に手作りマスクを作っているとLINEで来ました。ちょうど通勤途中のラジオでもマスクの話題が話されてて警視庁が3年前に公表した「簡易マスク」の作り方という話題でした





ただ、マスクは、保菌者の飛沫防止にはなりますが、感染防止には効果は低いようです。もちろん、無防備よりはマシだと思いますが・・・

インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?


以前、テレビでインフルエンザ時期に1日何人も診察している小児科医が何故インフルエンザにかからないかと言う理由でにおいて
もちろん、予防接種、マスク、手洗いも有効ですが、うがいよりも診察ごとにお茶を飲むと言う事でした。

カテキン効果も有効ですが、喉についたウイルスを胃に流し込み胃酸で殺すと言う方法です。
少量を頻繁にと言うのがポイントです

インフルエンザ20分おきに「あること」を行うだけで予防に繋がる!?簡単な予防法が話題に!

新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、感染予防に正しい方法と冷静な対応が必要だと思います。


2019.11.29    カテゴリ:  海運ニュース 

   ソフトバンク、船舶向け高速通信に参入

e5ラボとソフトバンク、次世代通信衛星を利用した海上ブロードバンドサービスの提供に向けて共同検討を開始

ソフトバンク、船舶向け高速通信に参入。商船三井・三菱商事などe5ラボと共同実験。21年サービス開始へ


現在、海岸線からなんとか飛んできてくれる電波が海上電波事情です。
世の中が5Gへシフトしていくなか、5Gになれば真っ先に困るのが海上での通信です(電波の波長が短いので遠くまで飛ばない)
衛星通信になってくれる事で海上のブロードバンド事情は激変します。
おそらく月の通信コストもある程度に収まると思いますが、問題は船内受信設備と衛星追尾アンテナのコストだと思います。


どんなときもwifi

2019.11.27    カテゴリ:  海運ニュース 

   A重油とLSCの値差とリスク

最新リム価格

A重油  (硫黄分0.5以下) 59100円/KL

LSC重油(硫黄分0.5以下) 58375円/KL

値差 725円/KL

バンカー価格で、どちらも60000円/KL 付近

リスク A重油 < LSC

機関部労力 A重油 < LSC

機関部雇用 A重油 (有利) ≧ LSC

新造船価格差 A重油仕様(499クラスで800万から1000万船価ダウン) < C重油仕様

それでもLSCを選びますか?

原油価格動向やチャンピオン交渉で今後の値差は、出るかもしれませんがLSCを採用予定だった会社でもとりあえずAで様子見と言う事例も出ています

Aを選択した場合でも安心ではありません。気を付けないといけない点がいくつかあります。

HSCを取りきって、タンククリーニングがベストですが、Cタンクに、そのままAを入れても弊社の経験では基本的には問題はありませんでした。
LSCのバンカー手順同様 出来るだけHSCの残油を少なくした状態もしくは、片舷空の状態でのバンカリング

空の状態でもタンククリーニングしてなければ、少しヒーティングが必要かもしれません。
タンク内A&HSCミキシングの場合は、HSCの成分がなくなるまで、しばらくヒーティングが必要。
ヒーティング期間が長すぎると、今度はプランジャー等に悪影響(メーカーと要相談)

広い海域でヒーティングなしでストレーナーの詰まりなどなくなれば、一段階安心は、進みますが、いつどこでHSCの残りカス吸うかわからないのでしばらくの期間は、ストレーナー等要注意(特に荒天など)。
また、狭水道などは、AタンクのA重油に切り替え航行した方がより安心です。

そして次のドックでタンククリーニングすれば、より安心な状態(いわゆる安全な船)になります。

知っている人には、釈迦に説法となりますが

燃料流量計のストレーナーの詰まり、流量計の固着でエンスト起こす事もありますのでご注意ください。

2019.11.19    カテゴリ:  海運ニュース 

   【重要】 2020年 SOX規制適合油 混合安定性と低温流動性に注意

今月中旬から、HSCからLSCを採用を決定した多くの会社でLSCのバンカーが始まっています。

懸念されていた、混合安定性の面ですでに数時間ごとにストレーナーが詰まると言うトラブルが出ている船もいます。
これは、機関部の労務負担の増大とヘタをすれば、エンスト。漂流等の懸念が高まります。
広い海域でのエンストならまだ良いですが、狭い海域、輻湊域のエンストは、重大事故に繋がります。

ストレーナーが詰まると言う事は、流量計のストレーナーも要注意です。
エンジンが急に止まって、あらゆる箇所を調べたが原因がわからない。
一通り、ストレーナーも掃除した。でもエンジンかかるがまた止まる。
結局、流量計のストレーナーが原因だったと言う経験をした人も多いと思います。


混合安定性→スラッジ化対策

重要事項
燃料タンク内や配管内で混ぜない。混合割合を極力低くする。

対応策
・不安定な場合は、スラッジ分散剤を使用する
・ストレーナーの掃除を頻繁にする


また、これから冬に入り、北日本航路は、低温になります

低温流動性→ワックス結晶化

これまでのLSCトライアルは、北海道の冬シーズンのトライアルをしていません。
HSC(これまでのC重油)の流動点の基準は、10度でした。実際は0度や氷点下になろうがゲル化(固まる)しない性状成分です。
LSCの流動点の基準は30度です。20度で固まってもISO規格の適合油であり、石油会社に責任はありません。ただ、実際には実態に則した、流動点や性状成分にしてくれているとは思いますが冬の北海道での結果は未知数です。

重要事項
流動点(温度)10℃以上に維持加熱する

処置
・ワックス結晶化に抑制効果のある添加剤を使用する
・ストレーナーを頻繁に掃除する


【参考資料 JAPAN P&Iニュース】

これは、世界基準なので、オペレーターを責める訳ではないですが、我々船主は、傭船契約に堪航能力を求められています。
堪航能力とは、船舶が通常の航海に耐え、安全に航行できる能力です。


数時間ごとにストレーナーを掃除しないと止まってしまう可能性がある燃料。冬の北海道で固まってしまうかもしれない燃料。
堪航能力を補償できる燃料でしょうか?

値差とリスクどちらが重要でしょうか?

機関部の労務軽減、エントラ等のリスク回避の為にもA重油の選択が物流企業の正しい経営判断ではないでしょうか

2サイクルや大型船など、LSCを選択せざるを得ない船は、エントラの際のオフハイヤーの免除(軽減・分担)など業界全体としてバックアップする態勢でないと、現場は不安いっぱいの年末年始を迎えることになります

現場は、もう一度手引書を良く読んで、極力残油の少ない状態でのLSCバンカーを徹底するようお願いします。

2020年SOx規制適合舶用燃料油使用手引書

内航総連では、SOx規制適合油に関するトラブル情報を受け付けております。
総連は問題解決方法を示しませんが、国土交通省の担当部署に情報を伝えるような流れとなっております。


安全とは、危険が極力抑えられて危機的な状態が発生しにくい状況 つまり、安全とは、安心な状態です

2019.11.05    カテゴリ:  海運ニュース 

   内航海運の若手就労者確保へSTU48も協力



全国内航海運組合青年部(全海運 青年部)の全国大会が1日、徳島市で開催されたの徳島グランヴィリオホテルで開かれた。瀬戸内を拠点に活動するアイドルグループSTU48の今村美月さんと福田朱里さんがトークショーを行い、
業界のイメージ向上や若手就労者の確保に向けてSTU48とコラボレーションできる可能性について意見を交わした。

内航海運の若手就労者確保へSTU48も協力 みちゅ&ふくちゃんが徳島市の大会でトーク


「何をやるかではなく、誰とやるか」

各組合、各地域で内航船員の確保、内航海運のアピールがんばっています。
最近では、SNSを利用して、一個人船員が内航船員のアピール 内航海運のアピールを世間に向けてできる時代です。
そして、それをきっかけに多くの一般人に内航船員や内航海運を知ってもらう事例も多々出ています
いろんな成功例を真似しても良いと思います。

他者と協働することで、我々内航海運が生き残れる可能性は、あると思います。
内航の歴史、各組合の歴史もありますが、ライバルであっても敵ではありません。

内航海運 「ONE TEAM」

2019.10.16    カテゴリ:  海運ニュース 

   今治造船、強さの秘訣

鋼材使用量はトヨタに次ぐ2位、韓国と戦う瀬戸内の造船メーカー

2018年度売上高は前年度比8・9%増の3911億円

世界ランキング5位(1位 現代重工(韓国) 2位 大宇造船海洋(韓国) 3位 フィンカンチェリ(イタリア) 4位 サムスン重工(韓国))

2018年度の竣工量が62隻、462万総トン

仕事不足で決断 三菱重工、今治造船の「下請け」に

本日、処女航海にでかけたEVER GREET 20000TEUシリーズ13隻目の最後の船だと思います
IMG_8937_20191016122253b50.jpg

IMG_8943_20191016122252e87.jpg
マストは起倒式
IMG_8944_201910161222567d9.jpg
スクラバーも巨大です
IMG_8941_20191016122255a25.jpg

2019.10.11    カテゴリ:  海運ニュース 

   “史上最強クラス”モンスター台風19号

千葉県などに大きな被害をもたらした先月の台風15号の大きさは約390キロだったのに対し、直径が約2・5倍の1000キロ。
面積で6倍以上となる。
関西空港で大きな被害が出た昨年9月の台風21号の780キロを上回る大きさの台風となる。


15号と19号の比較【ウエザーニュース】


人は、いつか死にますが今回の台風で死ぬ必要はないと思います。多くの死者、陸上損害が出る可能性が高い台風です。

平成30年統計で日本国内1日平均あたり

1600組が結婚し(偽装結婚含む) 560組が離婚し(偽装離婚含む)
3750人が死亡し(自殺も含む) 2500人が生まれ 54人が死産(中絶、12週以降の流産含む)
そう考えると日本国内で1日たくさんの人が死んでいるのですが、今回の台風を理由に死ぬ必要はないと思います

関東の大荒れのピークが12日(土)の夜と夜間のため、リスクが増します。

係留している船が心配で・・・ 畑が心配で・・・ 屋根を修理しようと・・・ 気持ちは、わかりますが自ら死にに行くようなものです

船や畑、家などは、修理が効きますが、命は修理できません。

河川の近くの家などは、前もって避難所やホテルに逃げた方が賢明かもしれません。

前回の15号台風では、東京湾でニュースになっていないのも含めると結構な数の海難事故がおこっています。

船で一番困るのが、台風がまだ来てないからと、陸の都合でギリギリまで振り回される事です。

避難港までの距離。安全な錨地の確保。台風接近と共に選択肢が少なくなってきます。

台風で売上が一時的に落ちても、回復できます。

船が損傷すれば数週間から数ヶ月もしくは一隻分の損失が出ます。今は、修理期間よりもドック待ちだってあります。

船員さんの命は、修理が効きません。その家族の損失は無限大です。

業界の中には、枕詞を使って、あとは船長判断ですからと誘導する人もいますが、船長とは、船舶の乗組員で、船舶の指揮者であるとともに船主の代理人として法定の権限を有する者。

陸が判断して決めるなら、船長はいりません。

本日、揚げ荷役予定でしたが、荷船状態の方が安全だと思いますので荷役を台風明けに延期しますと言う安全優先の会社だってあります。

と言う事で、本日から伊勢湾にて台風避難したいと思います。

何だ、騒いだほど大したことなかったじゃないかと言う結果が一番ベストですが・・・

最大限、ビビって、最善の対策をしましょう。








台風19号の備えに LINE上で加入できる「LINEほけん」が1日250円からの「台風のときの安心保険」提供中

https://bitdays.jp/lifestyle/line/36583/


「台風のときの安心保険」補償内容

・死亡・後遺障害保険金:180万円
・入院保険金日額:1,000円
・手術保険金
【入院中】 入院保険金日額×10倍
【外来時】 入院保険金日額× 5倍
・賠償責任:1億円
・携行品損害:5万円 (自己負担3,000円)
・救援者費用等補償:100 万円
・天災危険補償特約セット

2019.10.09    カテゴリ:  海運ニュース 

   岡山大学70周年記念/SDGsシンポジウム

0001.jpg
「日本経済の持続的発展と内航輸送の高度化」 
~デジタライゼイションがもたらす内航海運の今後の持続的発展と課題~
IMG_4768_20191008160441911.jpg

IMG_4769_20191008160442edd.jpg
約200人くらいの参加者でした
IMG_4774_20191008160443273.jpg
この50年、機帆船から鋼船、近代化船から電気推進、電池推進へと船舶が進化してきました。
そして、現在残っている船主のほとんどが社歴50年クラスです
IMG_4777_2019100816044407a.jpg

IMG_4778_2019100816044619f.jpg

IMG_4785_2019100816044772c.jpg

SDGsとは何か?

現在、多くの企業がSDGs(持続可能な開発目標)に取り組み始めています。
内航海運をとりまく環境は、船員の高齢化。船の高齢化。毎年、就業人口が100名づつ増えているのに、船員不足。
また若手にとって、厳しい労働環境など取り組むべき課題が山積み状態です。

この島国ニッポンでは重量物、大量安定輸送に内航船は、欠かせない物流の一つです。
船員の働き方改革の根本は、儲かる職業(高給職)にしなければなりません。

荷主があり、オペレーターがあり、船主、そして船員。それに付随して、代理店やステベなど持ちつ持たれつ、みんなで飯食ってきた業態です。
ムダやムラが一つの市場原理をつくり、100隻のマーケットに101隻いれば、船余りだ!返船!返船!とマーケットクラッシュ
99隻だと人参ぶら下げ、寄ってらっしゃいみてらっしゃい状態 高値でも新造発注OK!OK!とマーケットクラッシュ

もちろん、そう言ったムダやムラが気象海象、景気のバッファになったりもするのですが・・・

そう言った歴史を何度も繰り返し、体力ある船主は、内航に嫌気をさし、外航進出。
そして育成コストが捻出できない小規模船主同士で船員を奪い合い、段々船主業が疲弊し、運ぶ荷物あるのに船がいない。
船があるのに人がいない。人はいるのに、技量がない。

SDGs(持続可能な開発目標)には、程遠い業界になりつつあります。

ようやく、国交省が船員の働き方改革に本腰を入れ、業界が変わるきっかけを作ろうとしてくれています。
これは雇用者の船主だけでなく、その労働時間をメイキングするオペレーターの運航計画。
荷主の理解と安定輸送にむけての施策。

そして、船主も国際競争の波にさらされている事を理解しなければなりません。

じゃあどうするか。港から港へ荷物を運ぶと言う業態に多くの業者がぶら下がっています。
ここをデジタライゼイションによりスリム化していかないといけないのではないかと思います。

今まで、ベテランの腕や知識、経験が必要だったものが、どんどんAIに取って代わってきています

商船三井/AIで自動車船の貨物積付計画策定を効率化

デジタライゼイションとAIの進化は、船の業界には無理無理と言っている間に一気に追い越される可能性があります。

私は、20年後30年後の内航船は、物量の減少と共に限りなく専用船化が進み、工場間のパイプラインとしての役割。
今まで内航輸送の中心であった在来型と言われた199・499クラスが特殊船と言われる時代がくるのではないかと思います。
船員不足が先に来るのか、物量が減って船余りのが先に来るのかわかりませんが、時代のサイクルは、ものすごく短サイクルになっています。

この20年、リーマンショックや超円高などありました。
荷主の統廃合は進みましたがオペレーターや船主の倒産は、ほとんどありませんでした。

ある意味、特殊な業界なのかもしれません。暫定措置終了もすぐそこにやってきました。
その後の内航総連のありかたが未だ決まっていない状態ですが、SDGs(持続可能な開発目標)に向け
内航海運の立ち位置を皆で考えていく必要があると思います。

2019.09.19    カテゴリ:  海運ニュース 

   船員労働安全衛生月間

船の乗組員が船からのサバイバル脱出訓練 (大分放送)


9月は船員労働安全衛生月間です
無題3
今年は、海難事故が多いイメージですが、労災事故もよく聞かれます。
船での労災事故は、良くて大怪我、大抵は死亡事故に繋がります。本人が痛い思いをするだけではなく、労災事故により交代者が充てがえず、船が止まってしまうケースも想定できます。
また、船主としても、荷主やオペレーターへ対する信用失墜に繋がります

そして、ゼロ災害を達成するには、どこかの造船所に掲示してあった

落ちたら死ぬど

死ぬどだったか、死ぬぞだったか記憶が曖昧ですが、これにつきます。

ロープが当たれば死ぬぞ。ウインチに巻き込まれば死ぬぞ。

どんくさいZによる、全船への無駄な安全対策よりも、落ちたら死ぬど 本質は、これじゃないかと思います。

9月は船員労働安全衛生月間なので、労務官や保安庁職員の訪船があると思います。

忙しい荷役の合間や仮バースでの余暇中の訪船もあるかと思いますが、嫌な顔せず受けてあげてください。

と言うのも、私も船員災害防止協会(船災防)の訪船安全技術指導員になってしまいまして
今月は労務官と一緒に訪船しております
IMG_3928_20190919141009867.jpg

IMG_3927_20190919141008489.jpg
今まで、労務官や保安庁の訪船は、あまり良い気分ではなかったですが、こちら側の立場になってみると、訪船する方も仕事とは言え、大変だなと感じています。
船員労働安全衛生月間終了後も私の訪船活動は、していかないといけませんので、今治周辺港への入港の際にはご協力よろしくお願いします。

STCW条約に基づく基本訓練の実施と船員関係資格の見直しも、続報が聞こえてこないですが、PSCではなく運航労務官が監査,指導ですので、国際ルールとは言え現実に基づいた形での解釈をお願いしたいものです。

2019.09.18    カテゴリ:  海運ニュース 

   内航海運関係シンポジウム

フォーラム1

フォーラム2

フォーラム3

2019.09.10    カテゴリ:  海運ニュース 

   蟹工船の先駆者 八木亀三郎 地域史研究家・大成さんが評伝出版

蟹工船の先駆者 八木亀三郎 地域史研究家・大成さんが評伝出版【愛媛新聞】

日本最大の海事都市今治市出身の八木亀三郎。大正13年に我が国初の3000トン級母船式蟹漁業(蟹工船)を投入した先駆者

「蟹工船」と聞くと小林多喜二が書いた「蟹工船」を思い浮かべる方は多いと思います。
労働環境は劣悪で、奴隷船のイメージでまさに現代のブラック企業のイメージですが、八木亀三郎の息子が船主として自ら乗り込みは船内の労働環境には気を配りました。また、情けに厚いクリスチャン一家でもありました
北洋漁業以外にも海運・製塩・金融(現在の伊予銀行)・造船(現在の新来島どっく)・ガス(現在の四国ガス)など多岐に渡る事業をてがけ、社会事業にも熱心だった。


八木商店本店資料館



また、同じ亀三郎と言う名では、愛媛(現: 宇和島市吉田町)が生んだ海運王 山下亀三郎がいます。
明治・大正・昭和を生きた実業家であり山下汽船(現在の商船三井)・山下財閥など三大船成金と呼ばれた一人である。
横浜にある山下公園も山下氏が寄贈した公園であることは、あまり知られていない


2019.08.26    カテゴリ:  海運ニュース 

   「内航船」乗組員の勤務場所に救命胴衣 義務づけられず

貨物船衝突事故 操だ室に救命胴衣なし 取りに向かい船員死亡か【NHK】

こう言った重大海難事故が起こった際に、法律が変わるきっかけや、各社の安全への取り組みが変わるきっかけになる事が多い。
しかしながら、本質を間違うと効果が薄い対策になりかねない。
救命胴衣を操舵室に常備する事も今回の事故を期にやるべき対策かもしれないが、命を守る為の対策としては、
内航船でもイマーションスーツを推進した方が得策ではないでしょうか



そして、この事故の本質で言えば、世間がビックリした船員の高齢化や操舵室に救命胴衣がなかった件ではなく、
今回の海難事故は、お互いにAISを搭載し、相手船とお互いVHFで連絡を取り合っていれば、濃霧状態とは言え防げた可能性が高い事故です。
(今回の件は、沈んだ千勝丸にはAIS搭載 相手船は、AIS非搭載)

何故、499GT以下のAIS搭載、電子海図搭載の義務化を今までしてきていないのかと言う事です

居眠り防止装置から派生し義務化になったBNWAS(航海当直警報システム)。これとAIS、電子海図(ENC)があれば、これまでのかなりの海難事故が防げていたと思います。

ここ数年では、備讃瀬戸の底引きやコマセ漁の漁船でもAIS(クラスB)を搭載する船が増えています。
これは、船舶輻輳海域での命を守る行動です。

VHFで怒鳴りあったり、VHFに反応しなかったり、アグレッシブな走りをするのは大抵、499以下の小型内航船です。

AISで位置がわかると困ると言う人もいますが、何に困るのでしょうか?
そう言う人に限って、AISアプリで他船動向をガッツリ見てたりします。

内緒で仮バースや内緒で地元に帰るなんて話しは、昭和の話です。
AISを搭載しているにもかかわらず電源を切る船。これも私は意味がわかりません。
平成も過ぎ去り、時代は令和です。

もちろん、義務でないものにお金をかける必要はない。1円でも安く船を造るのも船主の考えです。
ただ、乗組員の命を守ってあげるのも、船主としての責務ではないでしょうか?

それとも499GT以下に搭載しなくてもいいと言う何かハードパワーでも働いているのでしょうか?

今回の重大海難事故をきっかけに、すべての内航船へのAIS搭載の義務化をよろしくお願いします。

そして、将来的には、定置網や海苔網、牡蠣イカダなどの位置もバーチャルAISで注意喚起すれば、内航船の事故も減るのではないでしょうか

AIS(Automatic Identification System:船舶自動識別装置)とは、一般にエーアイエスと呼ばれ、洋上を航行する船舶同士が、航行情報を相互に交換するための装置です。

衝突予防と人命安全という観点から、SOLAS条約によって定められる対象船舶への搭載が義務化されました。

運用の目的は、(1)船舶を識別すること、(2)目標物の追跡を支援すること、(3)航海情報の交換を容易にすること、(4)衝突防止に役立つ情報を提供すること、(5)無線電話による船舶通報を減らすことです。

このため、AIS装置は常に電源をオンにしておく必要があり、停船中であっても、自船の船舶情報を発信し続けることで、どこから眺めても当該船の居場所がクリアにわかるシステムになっています

2019.08.21    カテゴリ:  海運ニュース 

   元バレーボール日本代表選手の今

元バレーボール日本代表選手の今 創業142年老舗海運会社の社長として奮闘中

加藤海運株式会社 南克幸 社長

IMG_0657_20160519083842122.jpg

IMG_9788.jpg


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog