fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース
カテゴリー 《 省エネ 》   全6ページ
このページのリスト
► 次のページへ

2013.08.07    カテゴリ:  省エネ 

   燃費高める船舶部品

燃費高める船舶部品 神戸製鋼が新技術
強度は従来と比べ約20%向上し、約10%の軽量化に成功

出尽くし感のある舶用省エネ技術ですが最後は軽量化の方向ですね
強度と軽量化の相反する事を、最新技術と材料でカバー

ナカシマプロペラ 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を使ったプロペラ

来年、内航船初の炭素繊維強化プラスチック(CFRP)プロペラ船が登場するようです
スポンサーサイト



2012.06.01    カテゴリ:  省エネ 

   舛宝山丸 ホールド投光器 LED化

今回、伊吹工業株式会社のご協力により
舛宝山丸のホールド投光器500wライト×4が新型LED投光器に変わりました
LED フラッドライト FLD-300W-WT
500W相当までの白熱灯と同等以上の明るさを有し、
消費電力は、なんと1/10以下の省エネ性能(35w)!
4万時間の高寿命(1日8時間使用で14年)

完全防水型(IP56)で船舶の暴露部設置も可能
IMG_0690_20111128195646.jpg

DSC_0372.jpg

P1050150.jpg

P1050158.jpg
船尾側は、移動隔壁(セパレート)がある為、サイドからの投光
P1050157.jpg

P1050156_20120601084320.jpg

竣工当時の仕様

中デッキ ホールド通気口兼ホールドライト
IMG_2430.jpg
普段は通気口もしくは水密状態
IMG_2414_20111128183047.jpg
大ちゃんが実演
IMG_2413.jpg
ライト用ハッチを付けて
IMG_2412_20111128183047.jpg
水密状態で点灯可能
ホールド4ヶ所 (500w×4)
荷役が終わって日が暮れて出港しながらホールドの清掃もあります。
点検口にクランプ式でも良いのですがそれでは、ホコリが中デッキに侵入してしまいます。
バラ積みのノウハウを持った船だからこそ細かなとこまで考えられています
IMG_3385_20111128182909.jpg

さて、肝心の明るさはどうでしょう?

こちらは、白熱灯500wでの投光
P1050134.jpg
こちらがLED フラッドライト FLD-300W-WT
P1050161.jpg
どうですか?明るさが全然違うでしょう?それで消費電力が1/10!
P1050166.jpg
これならハッチ閉めてのホールド清掃もバッチリですね。
我々、バラ積み船団は、ホールドの清掃が命です。
これを疎かにするとコンタミなど会社や荷主に迷惑かけることになります
P1050165_20120601084151.jpg
私が思うに、この投光器は、鋼材船のホールド投光器としては最適ではないでしょうか?
航海中の貨物状態の目視での確認
夜荷役での投光
熱がほとんど出ないので、長時間の投光でも安全かつ省エネです!

こちらは、舛宝山丸が鋼材を積んだ時のホールド状態
P1050139.jpg

P1050141.jpg

【舛宝山丸 木村船長の声】
大平洋沿岸の航海が多い本船はどうしても波やうねりの影響を受けやすく
安全上ハッチを閉めてのホールド清掃や水洗いを行う機会が多く投光器の明かりが頼りです。
伊吹工業さんのLED投光器はコンパクトで従来の投光器に比べても一目瞭然、
とても明るくストレスを感じる事なく行えるようになりました。
乗組員の安全を考え採用しました。

安全と省エネ、我々海上従事者には重要なキーワードですね

お問い合わせはこちらをクリック⇒伊吹工業株式会社


本船のLED投光器記事

2012.03.10    カテゴリ:  省エネ 

   ハイブリッド自動車船「EMERALD ACE」進水

船舶からのCO2削減技術開発支援事業に採択された「停泊中ゼロエミッション」を目指したハイブリッド自動車船が進水
三菱重工業神戸造船所EMERALD ACE(エメラルド エース)と命名された後、進水



素晴らしき進水工程です。
ベルマウスの位置が特徴的ですね

約160kWの太陽光発電システムと、実力値で約2.2MWhの電力量のリチウムイオン電池を組み合わせた
ハイブリッド給電システムを搭載
2.2MWhは時間あたり2200KWの発電量です
ディーゼルエンジン馬力で換算しらた3000psクラスのエンジンと同等

自動車も電気自動車。技術で言ったら潜水艦だってバッテリー推進。
そう言う意味では潜水艦も造っている三菱重工神戸ではお家芸?

EMERALD ACE(エメラルド エース) 停泊中にディーゼル発電機を完全停止して「停泊中ゼロエミッション」を実現

船体にはSOLAR HYBRIDと表記

こんな次世代の素晴らしい船が登場と同時に三菱重工神戸工場としては最後の商船となりました。
業界再編、これからの造船・海運を象徴するとすれば、最後にふさわしい船だと言えます

進水前日のEMERALD ACE(エメラルド エース)
オモテに旗を設置中
IMG_5050_20120310210140.jpg



内航業界にまかり通っている、省エネイコール時間消費。
もちろん時間消費は大切ですよ。
だけどもそこを、最重要課題とするなら、馬力カットの1000PSエンジン入れて
エンジンには悪影響だけど半速運航しまーす!(エンジン不調になったら誰がコスト見るの?)
満船したら、おそいですよー!時化たら、まともにつきませんよー!
瀬戸内~北海道6~12時間遅れ(荷役は諦めてください)も覚悟しておいてくださいねー!
となるわけです。それでは、プロの物流会社・海運会社とは言えないですよね
いかに物流効率とトンマイルあたりの燃料消費・CO2削減を考えるかが物流企業使命です。

それができてこそ海運会社としての価値ではないでしょうか?
天候・潮・船の性能・船長のタイプ・船員の雰囲気
机上論・学歴だけはダメなのが海運マンです

無駄かもしれませんが配船担当者は綱取り(可能ならば)・訪船(可能ならば)からスタートしないと
為替ディーラーの如く、右から左へ荷物は回せません。
緊急対応・無理なお願い、そんな時こそ、日頃の信頼関係づくりが大切になってくるのではないでしょうか?

それこそ損を取って得を取る精神の人じゃないと自分が思っているように船はスケジューリングできません
船は人が動かしているのです。
ましてや、船長含め乗組員の命担保にイケイケ営業とイヤイヤ安全担当との狭間でだれがリスク背負ますか?

輸送効率・省エネ性能をコンセプトに考えた船主の船が、机上計算と言う背景無視の
時間消費に設備投資が相殺されている現実があります

このEMERALD ACE(エメラルド エース)に見られる停泊中にディーゼル発電機を完全停止して
「停泊中ゼロエミッション」は、まさにトータル省エネの方向性としては的を得ています

あるエンジンメーカーの技術者と話した時に、日本特有の4サイクルディーゼルエンジンの
馬力あたりの省エネ技術は、エンジン単体で言うとほぼ限界値まできているとのことでした

ヤード・バース・ロット優先で船型にもGT縛りで限界があります
ここが変えれるなら素晴らしき省エネ船と低コスト運航船はできますが・・・

時代遅れの業界ですのでそこに期待と希望はもてません

これからは内航も停泊中ゼロエミッションじゃないでしょうか?
これは今すぐ設備投資も最小限で取り組める方針です
製鉄関係は、工場自家発電などの取り組みもあり、陸電設備も充実しています

航海中の時間消費を減らすことも大切ですが、停泊中の余剰消費を減らすことが
省エネにつながるのではないでしょうか?

省エネも荷主・オペにわかるように、理解、応援されるように設備しないと
船主に取っては、負債であり、宝の持ち腐れです

そう言った、船主努力・船主設備投資のマーケティングも必要ではないかと思います


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog