企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース
 全2ページ
このページのリスト
2008.07.01   カテゴリ:《 エンジン 》
  阪神内燃機工業 6L35MC
2008.07.02   カテゴリ:《 新造船 》
  第10日丹丸 最終トライアル乗船
2008.07.04   カテゴリ:《 海難事故 》
  漁船転覆 今治・波止浜 
2008.07.07   カテゴリ:《 海難事故 》
  週末の濃霧
2008.07.08   カテゴリ:《 テレビ番組 》
  『私の女』
2008.07.08   カテゴリ:《 海難事故 》
  漁船転覆 1人不明
2008.07.08   カテゴリ:《 鶴見サンマリン 》
  内航LNG船
2008.07.10   カテゴリ:《 新造船 》
  菱安丸
2008.07.11   カテゴリ:《 アルファマップ 》
  電子海図 アルファマップ
2008.07.11   カテゴリ:《 航海中 》
  若松~関門航路
2008.07.12   カテゴリ:《 未分類 》
  スミセ海運
2008.07.14   カテゴリ:《 海運ニュース 》
  20万隻一斉スト 7月15日
2008.07.14   カテゴリ:《 特殊船 》
  地球深部探査船「ちきゅう」
2008.07.14   カテゴリ:《 プレジャーボート 》
  重装備のクルーザー   英雄丸
2008.07.17   カテゴリ:《 仕事 》
  ペンキ剥がし?
2008.07.17   カテゴリ:《 内航〔コンテナ〕 》
  ひよどり
2008.07.17   カテゴリ:《 海運ニュース 》
  盗難
2008.07.18   カテゴリ:《 未分類 》
  JP COSMOS
2008.07.18   カテゴリ:《 造船所 》
  IHIマリンユナイテッド横浜工場
2008.07.19   カテゴリ:《 海難事故 》
  御前崎沖で貨物船同士が衝突
2008.07.22   カテゴリ:《 未分類 》
  旭タンカー
2008.07.23   カテゴリ:《 新造船 》
  第十一如月丸
2008.07.24   カテゴリ:《 旭タンカー 》
  第十一如月丸 公式試運転
2008.07.26   カテゴリ:《 新造船 》
  第11如月丸 公式試運転
2008.07.28   カテゴリ:《 海難事故 》
  ガット船と漁船が衝突
2008.07.28   カテゴリ:《 エンジン 》
  阪神内燃機工業 LH-36LG
2008.07.29   カテゴリ:《 新造船 》
  第11如月丸 本日就航!
2008.07.31   カテゴリ:《 新造船 》
  ポンプテスト
2008.07.31   カテゴリ:《 海運ニュース 》
  産廃運搬のモーダルシフト化
► 次のページへ

2008.07.01    カテゴリ:  エンジン 

   阪神内燃機工業 6L35MC

第10日丹丸のエンジンルーム

川崎-MAN B&W
阪神内燃機工業 6L35MC 3900kw 2サイクル
IMG_1046.jpg

IMG_1047.jpg

2サイクルなので非常に天井が高いですね。
IMG_1048.jpg

IMG_1050.jpg

IMG_1043.jpg

IMG_1052.jpg

IMG_1042.jpg

舵機室
IMG_1041.jpg

モーター駆動のようでした
IMG_1040.jpg

セントラルクーリング
IMG_1045.jpg

全自動荷役の電磁弁
IMG_1044.jpg

荷役ポンプはインバーターモーターで駆動します
これで主機の運転時間やメンテコストの低減・省エネ荷役が可能です
IMG_1049.jpg

タンカーの心臓とも言えるポンプ室
IMG_1056.jpg


関連記事
スポンサーサイト

2008.07.02    カテゴリ:  新造船 

   第10日丹丸 最終トライアル乗船

ある方が手続きしてくれて伯方造船株式会社と第十日丹丸のご好意で就航前の
最終トライアルに乗船することができました。
IMG_1090.jpg

乗ってまず思ったのが、ベテラン船長を中心に船員の年齢構成がバランスよく
どちらかと言うと、若手の方が多い印象でした。

出航準備
操作パネルとリモコンの操作です
IMG_1091.jpg

手前のメッシュは、強化プラスチックです。
IMG_1092.jpg

ライン
IMG_1096.jpg

トモは安全に配慮したペイントですね
手前のワイヤーは、艤装岸壁用のケッチンアンカーです。
IMG_1097.jpg

艤装中の11如月丸から見送る伯方造船及び日本タンカーの社長さんや関係者の方々
IMG_1098.jpg

操舵室
IMG_1101_20080626210540.jpg

電子海図 FURUNO ECDIS
IMG_1102_20080626210548.jpg

ブリッジの窓に空調が当たるようになっています。〔曇り止め効果〕
IMG_1133.jpg

港内は狭いので慎重に回頭していきます
IMG_1103.jpg

村上秀造船で艤装中のコンテナ船 HARRIER
IMG_1104_20080626210610.jpg

無事出航
IMG_1105_20080626210617.jpg

トライアルと撮影が終われば第十日丹丸がデビューです
IMG_1106.jpg

撮影場所に向け航行
IMG_1107_20080626210625.jpg

操舵室で感じたのが、エンジンかかっているのかな?と思うような静かさと振動でした
IMG_1109_20080626210635.jpg

操舵手
IMG_1110_20080626210642.jpg

沖にアンカーしていた昨年末就航の6000キロ積みタンカー第五霧島丸 霧島汽船
この船もハイテクタンカーですね。
IMG_1113_20080626210651.jpg

タッチパネル方式のコンピュータ制御のエンジンです
これからのハイテク船は、機関長だけでなく電気長・電子長がいないといけませんね
IMG_1114_20080626210659.jpg

まだ半速でしたが十分速力がでてました
IMG_1115_20080626210709.jpg

回頭中
IMG_1116_20080626210719.jpg

エンジンルームに入っても、補機の音にかきけされて
主機が動いているのかな?と思うような静かさでした
IMG_1120_20080626210727.jpg

L35MC
IMG_1123_20080626210745.jpg

プロペラはCPP〔可変ピッチ〕です。
CPP+高出力のエンジンですので停止距離や荒天時に効果を発揮します
IMG_1122_20080626210749.jpg

主機関は最新のシリンダ注油装置”アルファ注油”を装備しています。
電子制御でピンポイントで注油し必要最小限の量で大幅なシリンダ油削減になります〔masaさんのコメント〕
IMG_1126.jpg

IMG_1127.jpg

徐々に速力を上げていきます
IMG_1130.jpg

IMG_1131.jpg

撮影用に出力85パーセントまで行きました。
IMG_1134.jpg

出力85パーセントで航行中
引き波がきれいですね
IMG_1139.jpg

飛行機による撮影
IMG_1137.jpg

撮影終了後、ドックへ
IMG_1143.jpg

IMG_1142.jpg

IMG_1140.jpg

波を切り裂いて前進中
IMG_1151.jpg

IMG_1146.jpg

IMG_1148.jpg

IMG_1152.jpg

迎えに来たタグにジャコブで下船後、汽笛を鳴らしながら出航していく第10日丹丸を見送る
IMG_1153.jpg

IMG_1157_20080625124733.jpg


噂通り、ハイテクな設備と快適な居住環境、若手船員を意識した人員配置や設備など
若手が見たらこの船に乗ってみたいと思うでしょうし、
乗ったらほかの船には移りたくないだろうなと思わせる船でした。

今回、見学くらいはできるかなと思っていたところに乗船機会まで与えていただいて
伯方造船の関係者をはじめ第10日丹丸の乗組員の方々、
日本タンカー関係者の方々に感謝したいと思います。

第十日丹丸のご安航とご活躍を期待しています

関連記事

2008.07.04    カテゴリ:  海難事故 

   漁船転覆 今治・波止浜 

30分遅れで開門 潮位差で水流出 波止浜水門
IMG_8203.jpg
関連記事

2008.07.07    カテゴリ:  海難事故 

   週末の濃霧

浦賀水道などで衝突相次ぐ
第3管区海上保安本部

本船も、週末濃霧の瀬戸内海及び来島海峡でアルファマップとAIS・レーダーをフル活用でした。
濃霧のような相手の顔が見えないときにAISが電子海図上に表示されることは
非常に情報として便利であり、海難事故防止としても有効ではないかと思います。
本船はレーダーARPAがない為に非接続ですが、アルファマップとAIS・レーダーARPAを接続
すれば海難事故防止としては、かなりの情報源になります。

相手によって区別するわけではないですが、濃霧で前から来ている船が
外国船だとわかると、こちらとしても用心して大きなアクションを起こせると思います。

大きなアクション起こしても時に危ない時はあるもので
本船も週末、来島海峡過ぎて宮窪瀬戸方面に向かう際、前からレーダー上に
航跡が・・・
互いに大きく避けるスペースあるのに濃霧の中、本船めがけて走ってきている船が一隻

私は、徐々に大きく赤を見せる大きなアクションをしましたが
一向に本船に突っ込んでくる模様。

スローにして走ってましたが危険なのでストップ。
しばらく霧中信号をしましたがそれでも突っ込んでくるので最後は、覚悟を決めましたが
50mくらいのところでそれまで青で突っ込んできた相手船が赤で交わし
事なきをえました。

ファンネルも船名も見え船名には載○と書いてましたが・・・
一瞬、本船に対するテロ行為かと思いました。
それともライバル会社の船を武力行使で潰しに・・・?
まさかそんなことはないと思いますが〔笑〕

しかし、かなり危険な走りだったと思います。
こちらが注意喚起しストップしていても、その危険な船に衝突された場合0対100ではないわけです。
こちらが正しいからと言っても衝突されればいろんな損害・被害がでます。

この船及び本船にAISがついていたらどうでしょうか?
互いに顔が見え、無茶なテロ行為のような走りは、おそらくしないと思います。たぶん・・・

こちらも危険と思えば、VHFで載○こちらは○○丸です。赤対赤でお願いしますと
血も流れない平和な解決方法になるわけです。

AISの全船義務化は海難事故防止のためにもかなりの効果を発揮するのではないかと思います。
全船義務化の方向に向かう為にも、送受信機があとゼロひとつ安くなればと思いますが・・・

無事是名馬なり

〔参考:本船の明石海峡付近の画像 アルファマップ〕
IMG_3635.jpg

LNG VESTA
IMG_3640.jpg

船橋から見ると〔手前が電子海図のモニター〕
IMG_3638.jpg

LNG VESTA
IMG_3639.jpg
関連記事

2008.07.08    カテゴリ:  テレビ番組 

   『私の女』

MBCが世界最高の水準に成長した、韓国の造船業界を背景にしたメロードラマを放送
関連記事

2008.07.08    カテゴリ:  海難事故 

   漁船転覆 1人不明

8日午前5時7分ごろ 香川県多度津沖

当て逃げ〔気づかず?〕だったようで保安庁が犯人を捜しているようです。
私の友人も立ち検受けたようですが、関係なかったそうです。

関連記事

2008.07.08    カテゴリ:  鶴見サンマリン 

   内航LNG船

川崎造船坂出工場でタンク艤装中の内航LNGタンカー 鶴令丸 鶴見サンマリン
IMG_3699.jpg

良く見ると奥には先にタンク艤装に入っているS618 新和ケミカルタンカー

第十一オーバルエルピー 和泉海運 コスモ海運 749GT 1995.8 新来島どっく
IMG_3700.jpg


鶴照Ⅱ 鶴見サンマリン
近海船のようですが何船でしょうか?
無線航海計器は、こちらに載っています
IMG_3676.jpg
関連記事

2008.07.10    カテゴリ:  新造船 

   菱安丸

前畑造船で艤装中の菱安丸
LPG船でしょうか?ぽっかりタンクスペースが空いてましたが・・・
IMG_3711.jpg

フレンドフィンも装着されてました
関連記事

2008.07.11    カテゴリ:  アルファマップ 

   電子海図 アルファマップ

本船の船長も基本操作くらいはでき始めた、アルファマップ
夜間は遮光フィルターと夜間モードで視界は良好です。
ウインドウズのバーが明るいのでプラスチックのL型アングル〔3cm角〕を
乗せるとジャストフィット
IMG_3686.jpg

チャート台からFAX前の棚に移動したらジャストイン
IMG_3685.jpg

電源投入後は、このように閉じて、コンソールのメインモニター(20インチ)を利用します
FAXとUSB接続してプリンターとしても利用しています
IMG_3684.jpg

宇部沖を航行中のアルファマップ画面
緑色の三角がAIS捕捉船
右上の窓に捕捉された船名が表示されていきます
アルファマップ7.1

宮崎沖で南王丸のAIS情報を表示した画面
20080703003_20080710150428.jpg

水深が書かれているので初めての場所や当直初心者でも安心して航行できます
戸崎沖
20080703004_20080710150538.jpg


アルファマップのカタログ請求・見積もりお問い合わせは
昌宝汽船有限会社
Tel (0820)62-0174  Fax (0820)62-0635
e-mail kenji_kogawa@ais-live.jp
へどうぞ。

2008.07.11    カテゴリ:  航海中 

   若松~関門航路

吉祥 山口汽船 徳山海陸運送 497GT 1600DW
1992.11 馬刀潟造船 新潟鉄工所6M30GT
IMG_3661.jpg

若松で解体中の楠栄丸? 双栄海運
IMG_3663.jpg

プッシャーバージ型砂採取船 げんかい
IMG_3666.jpg

第二十五三晃丸 三晃海運 日鐵物流 499GT 1559DW
1993.9 松浦造船 赤阪鐵工所A31R
IMG_3667.jpg

祥暉丸 大窯汽船 499GT 1680DW
2004.1 山中造船 阪神内燃機工業LH34LAG
IMG_3668.jpg

関門航路を通過中の巨大車両船
HOGH TRADER
IMG_3669.jpg

IMG_3670.jpg

海上保安庁 設標船 LL13 ぎんが
IMG_3673.jpg

おしゃれな船体色
KOREX PUSAN
IMG_3674.jpg
関連記事

2008.07.12    カテゴリ:  未分類 

   スミセ海運

石灰石専用船
ながと丸 8859GT 13434DW スミセ海運 
1994.5 神田造船所川尻 赤阪鐵工所8UEC37LA 5600PS
IMG_1221.jpg

はりま丸 8859GT 13444DW スミセ海運
1996.4 神田造船所川尻 赤阪鐵工所8UEC37LA 5600PS
IMG_3672.jpg
関連記事

2008.07.14    カテゴリ:  海運ニュース 

   20万隻一斉スト 7月15日

休漁中に乗組員が待遇がいい貨物船やタンカーにくら替えか?

内航も燃料高騰は、他人事ではなくこのままの状態が続けば年後半から来年にかけ
息切れしてしまう会社も出てくるのではないかと想像します。
法律遵守できる適正運賃を確保する為にも多少のハードランディングは必要かと
思いますが・・・

ある意味、持ちつ持たれつの業界なのかもしれませんが
仲買人が多すぎるような気がします。
どの立場どの人にも会社経営や生活がかかっていますが・・・
少ないパイをみんなで奪い合い、残りかすが海上運賃では、
業界としてなり行かないのではないのでしょうか?

荷物があってもスケジュールの穴埋めで採算の合わない運賃で落札していく業者も
いると聞きます。
荷主は喜ぶかもしれませんが・・・
結果的に業界を苦しめる原因になっているのではないでしょうか?

海上運賃を、法律厳守できる採算ベースに乗せていく業界的取り組みが必要ですね

資本主義経済ですから皆さんが手をつないでゴールする必要はないですが
がんばっている人が報われる業界であってほしいです。

潰すのは、一瞬でも再生となると多くの時間とお金、労力が必要です。

船上スト「徹底抗戦だ」 乗組員、悲痛な訴え

そうなる前に業界として対策をお願いしたいものです。

関連記事

2008.07.14    カテゴリ:  特殊船 

   地球深部探査船「ちきゅう」

地球深部探査船「ちきゅう」
IMG_1238.jpg

地底下7,000mまで掘削する能力を備えている120mのやぐら
IMG_1237.jpg

大型のヘリポート
IMG_1235_20080714095531.jpg

この船は、固定できない海上で掘削作業を行う為に船位測定装置(DGPS、水中音響測位装置)を用い、6基の昇降式アジマススラスター〔360度旋廻〕で船位を安定させます。
一応、電気推進船?
IMG_1234.jpg

ある船長がこの昇降式アジマススラスターを内航船に利用すれば、
空船時ノンバラストで離着岸できるのにと言ってました。

佐世保湾にいる米軍艦船
アンカーが変な方向向いています
IMG_1231.jpg

世界で唯一、バルクキャリアーを専門に建造している大島造船所
1200tゴライアスが完成していました
IMG_1239.jpg
関連記事

2008.07.14    カテゴリ:  プレジャーボート 

   重装備のクルーザー

ある船長から、怪しい、クルーザーがいたと写メールをもらいました
080714_1347~0001

オモテのデッキにレーダーアンテナ二基・・・
かなり怪しいです
080714_1347~0002



魚群探知機や船舶レーダーを初めとする船舶機器総合メーカー最大手FURUNO 古野電気の実験船?でしょうね。
おそらく船内には、いろんな計器があるのだと思います。

2008.07.17    カテゴリ:  内航船〔タンカー〕 

   英雄丸

英雄丸 英雄海運 旭タンカー 3334GT
1986.10 福岡造船 赤阪鐵工所 6UEC37L4
IMG_1265.jpg
関連記事

2008.07.17    カテゴリ:  仕事 

   ペンキ剥がし?

IMG_1258a.jpg
どうやら実況見分のようですね。
IMG_1259a.jpg
関連記事

2008.07.17    カテゴリ:  内航〔コンテナ〕 

   ひよどり

ひよどり 国華産業 749GT 1830DW
2007.2 大旺造機 阪神内燃機工業 LH38LG 2800PS
IMG_3702-1.jpg
大きな波除け板
IMG_3703-1.jpg
IMG_3704-1.jpg
トモのボートデッキにもコンテナ積載可能です
IMG_3705-1.jpg
極限まで削ぎ落とされたブリッジ。
三浦造船建造の井本ライン749シリーズ一番船のつるかぶとと違うのは
1~5階が居住区で6階がくりぬき。7階が操舵室になってますね。
つるかぶとは、二階がくりぬきでした。
IMG_3707-1.jpg
ボートデッキも船体より広く取って、積載個数を増やしていますね
IMG_3706-1.jpg
神戸港を入れ違う749シリーズ
つるかぶと・ひよどり
IMG_1241.jpg

IMG_1242.jpg
折りたたみ式のハッチ
IMG_1243.jpg

IMG_1244.jpg
関連記事

2008.07.17    カテゴリ:  海運ニュース 

   盗難

係留中の漁船からガソリンが盗まれる
これからは船内盗難に気をつけることはもちろんですが、特にタンカーなどは荷物泥棒が出ないように
気をつけないといけませんね。

関連記事

2008.07.18    カテゴリ:  未分類 

   JP COSMOS

三浦造船建造のセルフアンローダー方式6600D/W型石炭専用船 JP COSMOS
川崎近海汽船 ジェイペック
総トン数 :   7287
載貨重量 : 6,600
載貨容積 : グレーン 7689.5

2008.2 三浦造船所 建造
2008年7月14日には、JP COSMOSの同型船が11月下旬就航予定で進水しました

IMG_1276.jpg
磯子火力発電所向け
ここでは、陸電供給にて荷役を行い、NOx・煤煙の排出量低減及び騒音防止など
次世代型環境配慮船になっています
これからの内航船で専用岸壁を持つ船は、このような流れになるでしょうね。
IMG_1275.jpg
そういえば昨年ここへプラント持っていきました
IMG_1273.jpg

IMG_1270.jpg
関連記事

2008.07.18    カテゴリ:  造船所 

   IHIマリンユナイテッド横浜工場

YVONNEとERMIONE
IMG_3728.jpg
YVONNEはトライアルに向かうようでした
IMG_3729.jpg
ERMIONE
IMG_1268.jpg
好みの分かれそうな船首
省エネの為には、しょうがないですね
IMG_1269.jpg
目隠しをされドック中の潜水艦
IMG_3730.jpg
ひゅうが型護衛艦1番艦
自衛隊最大の護衛艦となる予定
機関 COGAG 2軸推進 LM2500ガスタービン4基 100,000hp
IMG_3727.jpg
関連記事

2008.07.19    カテゴリ:  海難事故 

   御前崎沖で貨物船同士が衝突

貨物船「明神丸」(246トン)は沈没 全員救助

本船も昨夜20:30ごろ御前崎を通過してますがその時の海況は、
南よりの大きなうねりで風は、比較的弱く視界は良好でした。
関連記事

2008.07.22    カテゴリ:  未分類 

   旭タンカー

20080722095423
関連記事

2008.07.23    カテゴリ:  新造船 

   第十一如月丸

7月29日就航予定の第11如月丸 如月汽船株式会社 999GT 2243DW ダブルハル黒油タンカー
建造は、内航タンカー建造のパイオニア 伯方造船株式会社
IMG_1331.jpg
安全運航と環境保全を第一とする旭タンカー株式会社 
IMG_1339.jpg
今回、如月汽船と伯方造船のご好意で公式試運転に乗船させてもらえることになりました。
IMG_1324.jpg
快晴の某日早朝、来賓の方々や試運転関係の方々と通船にて海水満船状態の11如月丸に向かう
IMG_1326.jpg

IMG_1327.jpg
しばらく、見ないうちにきれいに仕上がってました
IMG_1328.jpg

IMG_1332.jpg

IMG_1333_20080723080019.jpg
関連記事

2008.07.24    カテゴリ:  旭タンカー 

   第十一如月丸 公式試運転


MOL01A
by kabu00


4分の4で全速航行中。
非常に低振動でした。

携帯で撮ったので画像が荒いです。

SANYO 防水Xacti(ザクティ) DMX-CA65(L)


動画が撮れるデジカメ欲しいですね
関連記事

2008.07.26    カテゴリ:  新造船 

   第11如月丸 公式試運転

第十一如月丸 如月汽船株式会社 旭タンカー株式会社
総トン数 998G/T
載貨重量トン 2310.62D/W
全長(LOA) 79.90m
全幅  12.00m
型深さ  5.70m
主機 阪神内燃機工業㈱ LH-36LG(2400PS)
タンク容積  2243㎥

穏やかな海況でスタート
IMG_1340_20080724082311.jpg

IMG_1343.jpg
天井は、濃い青の細かな凹凸のあるクロスで反射を防ぐようにしています
白系の室内だと昼間、天井や壁に光が反射してレーダーやGPSが見えにくくなります
IMG_1337.jpg
IMG_1344.jpg

ワイヤー・ターンバックルは、全てステンレスでした。
IMG_1345.jpg
Yの字に配置されたウインドラス
IMG_1347.jpg
配管は、船上に出ている部分は少なめになっています
IMG_1348.jpg
エンジンは、阪神内燃機工業 LH36LG 2400馬力〔1765kw〕

タッチパネル式のエンジン情報端末
IMG_1352.jpg
エンジンの状態を把握するのはもちろんのこと機関日誌も自動作成です
IMG_1350.jpg
これは、いいですね。こういった設備は若者が喜びますね。
タッチパネルなので、慣れれば年配者も使いやすいと思います
IMG_1351.jpg
レーダー FURUNO  
IMG_1341.jpg
FAR-2137S
IMG_1421.jpg
FAR-2127
IMG_1422.jpg

電子海図は、戸高製作所 ESS-100N
PCはタッチペン方式のPanasonic タフブック
IMG_1349.jpg
防振ゴムの上に載ってベルト固定でした
IMG_1424.jpg
配線や警報停止、音量など
IMG_1423.jpg
試運転海域に向け出航です
IMG_1353.jpg
引き波
IMG_1369.jpg
フレンドフィンと整流板を採用しています
IMG_3060-1.jpg
省エネ〔推進力向上〕と振動防止効果があるフレンドフィン
IMG_3061-1.jpg
速力を上げていきます
どの回転域でも非常に振動が少なかったです。
IMG_1371.jpg
引き波がきれいでした
IMG_1370_20080724101219.jpg
重厚なマスト
IMG_1372_20080724103949.jpg
ワイヤーはもちろんステンレス
IMG_1373.jpg
マストはコンパスデッキで固定でなく、ブリッジを突き抜けてました
IMG_1374_20080724104502.jpg
これだとマストに振動も伝わりにくいですね
IMG_1378.jpg
熱媒油膨張タンク
IMG_1376.jpg
エンジン場送風関係
ブリッジと煙突の間にこれだけのスペースがとれるのはうらやましいです
IMG_1379.jpg
いよいよ、4分の4でトライアル開始
IMG_1388.jpg
IMG_1384.jpg
IMG_1382.jpg
IMG_1381_20080724113448.jpg
IMG_1380.jpg
満船速力は14ノット近くまで行っていたようでよい結果が出ていたようです
IMG_1403.jpg
何より、オーナーさんが振動が少ない船を・・と考えて各所に工夫を凝らした
結果、乗船した誰しもが振動が少ないと口をそろえるくらい振動が少ない船でした
タンカーは配管が多い分、振動が多いと、致命傷になりかねないそうです。
エンジンとプロペラが回転して前に進みますから振動はしょうがない部分もありますが
工夫と造船所の設計・技術次第では、低減させることは十分可能ですね。

勢いよく旭タンカーのファンネルが前に進みます。
IMG_1389.jpg
穏やかな四阪島を全速航行中
IMG_1406.jpg
旋廻テスト
IMG_1408.jpg
IMG_1410.jpg
全速前進から
IMG_1417.jpg
クラッシュアスタン〔全速後進〕
IMG_1411.jpg
この船の特徴でもあるブリッジの3枚窓
3枚全てに熱線入り・ダブルスライドワイパーです
IMG_1419.jpg

つづく・・・
関連記事

2008.07.28    カテゴリ:  海難事故 

   ガット船と漁船が衝突

友人から送られてきた写メールによりますと沖家室と平郡の間くらいで
ガット船と漁船の衝突があり漁船が浸水しているそうです
20080728092413
関連記事

2008.07.28    カテゴリ:  エンジン 

   阪神内燃機工業 LH-36LG

第11如月丸
主機は阪神内燃機工業〔株〕LH-36LG 2400馬力 トップブレーシング付き
IMG_1400.jpg
IMG_1398.jpg
計器類
IMG_1399.jpg
トップブレーシング
IMG_1394.jpg
IMG_1395.jpg
IMG_1390.jpg
ボイラー関係
IMG_1391.jpg

IMG_1402.jpg
舵機室
舵機は、省スペースを考えてモーター駆動になっています
IMG_1392.jpg
セントラルクーリング
IMG_1393.jpg
勢いよく回るプロペラ軸
IMG_1396.jpg

IMG_1397.jpg
制御室
IMG_1434.jpg
警報盤
IMG_1435.jpg
海洋生物付着防止装置 晃産業
IMG_1436.jpg
こちらがポンプ側 荷役は主機でポンプを回します
IMG_1438.jpg
タンカーの心臓部 ポンプ室
IMG_1387.jpg
スラスター タンカーは、スラスターを油圧ポンプで回します
IMG_1386.jpg
ブリッジのスラスター操作盤
IMG_1448.jpg
ブリッジコンソールにある情報盤
IMG_1446.jpg
船舶運航支援システム 機関日誌自動作成・保守点検
IMG_1352.jpg

IMG_1350.jpg

IMG_1351.jpg
関連記事

2008.07.29    カテゴリ:  新造船 

   第11如月丸 本日就航!

第十一如月丸 如月汽船株式会社 旭タンカー株式会社
IMG_1505.jpg

伯方造船株式会社建造
総トン数 998.00G/T
載貨重量トン 2310.62D/W
全長(LOA) 79.90m
全幅  12.00m
型深さ  5.70m
主機 阪神内燃機工業㈱ LH-36LG(2400PS)
タンク容積  2243㎥

船内・居住区紹介

【ブリッジ】
海面反射や日光による反射を防ぐように考えられた濃い青の天井クロス。
家具や内装に、こういった濃い色を使うと同じ材質でも高級感が出てきます。
IMG_1420.jpg
計器配列もよく試運転中、大人数でブリッジにいても狭さを感じませんでした。
IMG_1459.jpg
シックな色合いですね
IMG_1460.jpg
時計の枠内にライトがついている時計です
IMG_1447.jpg
【機関長室】
コーナーデスクがいいですね
IMG_1354_20080729091157.jpg
右舷端にある船長室も同じ構造です
IMG_1355.jpg
部屋の広さより部屋数を優先したそうですが、どの部屋も十分な広さでした
IMG_1336.jpg
【空調室及び水周り】
IMG_1356.jpg
【洗濯室】
主婦の憧れドラム式ですね
IMG_1358.jpg
【空調】
IMG_1359.jpg
【荷役事務室】
IMG_1361.jpg
【サロン】
IMG_1362.jpg
【食堂】
IMG_1363.jpg
大きな窓が特徴ですね
IMG_1471.jpg
もちろん地デジ対応です
IMG_1364.jpg
食堂にGPS 現在地がわかります
IMG_1365.jpg
【ギャレー】
IMG_1366.jpg
IH調理器です
上にある枠は、鍋が動かないようにするための押さえです
IMG_1367.jpg
トモ側の入り口
IMG_1368.jpg
【浴室】
24時間対応の風呂です
IMG_1401.jpg
伯方造船標準仕様のワンタッチロック式水密ドア。
非常に使いやすいです
IMG_1404.jpg

IMG_1405.jpg
【船室各所】
R型につけられたカーテンレール
これだとカーテンしたままドアの開閉ができます
IMG_1418.jpg
ベッドサイドの物置
目覚ましや携帯を置くにはもってこいのスペースです
IMG_1433.jpg
窓枠結露取り
IMG_1439.jpg
一瞬、灰皿かと思いましたが(笑)窓枠に溜まった結露を逃がす為の排水溝だそうです
船室は結構、窓枠に結露があります
IMG_1466.jpg
船員室は全部で10部屋あります
2階左舷側通路
IMG_1467.jpg
2階中央通路
IMG_1468.jpg
一階中央通路
右側の出っ張りの中にブリッジからの配線が隠れています。
最近の流行は、この配線を隠すことだとある方が言ってました。
IMG_1469_20080729100454.jpg
見てもわかるように、天井に内張りをしています。大きな船になってくると
通常、通路など天井内張りをしない船が多いのですが
古くなってからの天井のペンキ塗り(配線の裏側など)が大変だということで
隠すと言う方法を選んだそうです。
見た目もいいですしね
【水周りの天井】
だいたいは、このような感じの通路ですね
IMG_1470_20080729101247.jpg








関連記事

2008.07.31    カテゴリ:  新造船 

   ポンプテスト

タンカーの試運転は、海水を満載した状態で試運転を行い、
その海水を利用してポンプテストを行います

マニホールド
IMG_1432.jpg

IMG_1431.jpg
IMG_1451.jpg
荷役操作盤
IMG_1445.jpg

IMG_1444.jpg

IMG_1443.jpg
この中に入って行きたいくらい猛暑の中での試運転でした
IMG_1442.jpg
爆音と共にポンプテスト開始
IMG_1454.jpg

IMG_1457.jpg

IMG_1458.jpg
なかなか壮観な風景でした
IMG_1462.jpg
ポンプテストの前にアンカーの揚錨テストがありました
IMG_1426.jpg

IMG_1427.jpg

IMG_1429.jpg
強化プラスチックのメッシュです
IMG_1425.jpg
アンカーのチェーン止めもステンレスでした
IMG_1430.jpg
揚錨中
IMG_1428.jpg
燃料レベル計
これがあると便利ですね
IMG_1464.jpg
全ての試運転終了
IMG_1475_20080731090619.jpg
伯方造船へ帰港
IMG_1477_20080731090716.jpg
村上秀造船で艤装中のHARRIER
IMG_1480_20080731090726.jpg
伯方港
IMG_1483_20080731090805.jpg
第三招福丸 招福汽船〔株〕 新居浜海運 199GT 660DW
1996.7  矢野造船
IMG_1485.jpg
金比羅丸 村国汽船 辰巳商会 198GT 670DW
1997.6 太陽造船
IMG_1486_20080731090831.jpg
伯方造船で建造中のコンテナ船とドック中の第15伯菱丸 霧島汽船株式会社
IMG_1484_20080731090843.jpg

以上で試運転のレポートは終了です

カーゴ乗りの私に貴重なタンカー乗船機会を与えてくれた如月汽船〔株〕さんと伯方造船〔株〕さんに感謝したいと思います。

第11如月丸のご活躍と安全航海・安全運航を期待しています
関連記事

2008.07.31    カテゴリ:  海運ニュース 

   産廃運搬のモーダルシフト化

産業廃棄物のトラック輸送を鋼材運搬船の帰り便を利用した船輸送へ

燃料高・CO2削減と内航に逆風が吹いてますが
航海の効率化は大切なことですね。
おそらくユニット化やパッケージ化をしての輸送だと思いますが・・・

バラで製品船に積んで帰れとなると船の傷み・ホールド掃除・製品への鉄粉の混入・・・
何より船員やオーナーが嫌がるでしょうね。
関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog