FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2009.02.24    カテゴリ:  新造船 

   さんしゅう丸

今月末、矢野造船にて進水予定の、さんしゅう丸 三光タンカー(株) 三洋海運 499GT 1830DW
IMG_4597.jpg

IMG_4596.jpg

IMG_4639_20090223111915.jpg

IMG_4637_20090223114557.jpg

IMG_4634_20090223114618.jpg
スラスター
IMG_4635_20090223114639.jpg
18型特有の船尾。
これは、好みが分かれるところですが減トンの為には、致し方ないところ。
そもそも、昭和55年の測度法じゃ、現在の経済活動の妨げになるのでわないでしょうか?
船舶が安全でクリーンに航行できるよう船舶の検査かもしれませんが
マーケットの要求からの499GT建造には、設計上限界値にきており、
もう少し、現在のマーケットにあった法改正が必要ではないでしょうか?
(現在、マーケットは停止及び崩壊中ですが・・・)
IMG_4631_20090223114713.jpg
ブリッジ
IMG_4599.jpg
ファンネルマークは三洋海運
IMG_4606.jpg
ハッチは、エルマン コンベックスタイプ
IMG_4607.jpg
こちらも減トンの為、18型のほぼ全船がコンベックスタイプではないでしょうか?
IMG_4624_20090223114856.jpg
ローラーはステンレス
IMG_4600.jpg
ローラー・ハッチを収納した時の当て・パッキン止めステンレス3点セット
IMG_4630_20090223115241.jpg
オモテから
IMG_4627_20090223115410.jpg
マストがストア入口にしっかり溶接されていますので
マストの強度も上がりますね
IMG_4625.jpg

IMG_4626_20090223131903.jpg
スライド式ワイパー
IMG_4614_20090223133350.jpg
サイドまでウォッシャーが付いています。パイプはステンレス
IMG_4613.jpg
関連記事

2009.02.25    カテゴリ:  荷役 

   三津浜港

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
関連記事

2009.02.25    カテゴリ:  進水式 

   祝!進水 わたつみ

宇和海汽船株式会社の6000kl白油タンカー わたつみ 
わたつみ 宇和海汽船(株) 鉄道・運輸機構共有船 上野トランステック
3780GT 6350㎥ 伯方造船建造 赤坂 3309kw
IMG_4721_20090225114513.jpg
ファンネルは上野トランステック
IMG_4713.jpg
建造は内航タンカー建造のパイオニア伯方造船株式会社
IMG_4723_20090225114806.jpg
心配された雨も上がり本日無事進水
IMG_4734_20090225114614.jpg

IMG_4737_20090225114625.jpg

IMG_4745_20090225114634.jpg

『わたつみ』とは、日本神話に登場する『海の神』と言う意味だそうです
オーナーさんに聞いたわけではないので真意はわからないですが・・・
IMG_4746_20090226111715.jpg
関連記事

2009.02.26    カテゴリ:  新造船 

   第二十一霧島丸

村上秀造船にて艤装中の第21霧島丸

(株)霧島海運商会 鶴見サンマリン 鉄道・運輸機構共有船 1802GT 3000klダブルハル黒油タンカー
(黒船3000klクラスでは国内初のダブルハル)
赤阪鐵工 2427kw
IMG_4457_20090213121824.jpg
船長さんの案内で見学させてもらいました。
今回は船員さんも若返りを図り、積極的に若手を採用しているとのことでした。
IMG_4833.jpg
舵はベッカーラダーですね
IMG_4764_20090226113122.jpg
ファンネルは、内航タンカー最大手鶴見サンマリン株式会社
大きなファンネルで T がよく目立っています。
IMG_4750_20090226113226.jpg
煙突の中は噂の熱媒膨張タンク入り
IMG_4753_20090226114834.jpg
ここなら潮もかぶることないですね
IMG_4754_20090226130136.jpg
外航船並み大きなマスト
Sバンドの巨大アンテナともバランスが取れています
IMG_4751_20090226114720.jpg
船型もそうですが、マストとファンネルブリッジのバランスが
その船の美しさを決めるのではないでしょうか。
IMG_4752_20090226114638.jpg
トモのウインドラス上部に設置されたオイルフェンス格納場所
これは霧島汽船の第十五伯菱丸などに採用しているアイデアを
採用させてもらったそうです
屋根も兼用になって良いですね
IMG_4755_20090226130433.jpg
トモのウインドラスは2ドラム+3ドラム(ワーピングエンド付き)
IMG_4756_20090226130637.jpg
ブリッジは、3連スライドワイパー
IMG_4758_20090226131033.jpg
これも第十五伯菱丸で採用されていた、ポンプ室入口を使った操舵室直行階段
IMG_4757_20090226131425.jpg
オモテのウインドラスは、ワンマン操作の集中コントロール油圧式ブレーキ
IMG_4759_20090226131537.jpg
操作リモコンをブリッジに設置すればブリッジからアンカーレッコーが可能ですが
それは、一長一短があり特に北国での作業にデメリットがあるそうです。
水島あたりのタグはタグライン同様、アンカーもブリッジからの操作みたいですね
IMG_4760_20090226131648.jpg
操作リモコンスタンド
オモテから全体が見渡せるので安全ですね
IMG_4762_20090226132015.jpg
IMG_4763_20090226132123.jpg
アンカーチェーンの泥受け(ステンレス)
IMG_4761_20090226131833.jpg
来月末竣工と言うことで部屋など内張りの真っ最中で
また竣工までに機会があればもう一度見学させてもたいたいと
お願いしておきました。
関連記事

2009.02.27    カテゴリ:  新造船 

   山本汽船㈱ 新造船 第七十二英山丸

第七十二英山丸 山本汽船(株) 旭タンカー株式会社 3500GT 5550㎥

建造は、内航タンカー建造のパイオニア伯方造船株式会社

村上秀造船にファイナルドックに入っていた第72英山丸を見学させてもらいました
IMG_4839.jpg
化粧直しをして試運転開始です
IMG_4841.jpg
バルバス
IMG_4840.jpg
良い型しています
IMG_4843.jpg
黒い船体色にマストカラーのブリッジが山本汽船のカラーですね
黒い船体色にマッチするカラーですね。船齢が古くなっても味わいのある色です
IMG_4765.jpg
オペレーターは、内航タンカー2強の一角 旭タンカー株式会社
IMG_4831_20090227113722.jpg
黒油ダブルハルタンカーです
IMG_4832.jpg

IMG_4785_20090227114039.jpg
オモテから
IMG_4778_20090227114807.jpg
ウインドラス
IMG_4774_20090227114833.jpg
操作リモコンスタンド
IMG_4779_20090227114824.jpg
マイク用マンホール
蝶ネジまでステンレスです
IMG_4777.jpg
フェアリーダー
ロープが擦れない様にステンレスの丸棒を溶接していますね
IMG_4776_20090227114859.jpg
アンカーホースパイプの蓋
ここもステンレスです
IMG_4775.jpg
オモテストア入り口
IMG_4780_20090227114929.jpg
伯方造船の建造船で採用する船が多いワンタッチロック式水密ドア
入り口側のパッキンの当たりと枠もステンレスです
IMG_4772.jpg
転落防止ガイド付きマスト
これなら電球交換も安全に行えます。
安全に配慮した造りですね
IMG_4782.jpg
オモテストア 防爆用蛍光灯
お値段結構するそうです
IMG_4784.jpg
バラスト点検口
もちろん、蝶ネジステンレス
IMG_4786.jpg
タンク内点検窓
IMG_4767_20090227115259.jpg
荷役ライン
ステンレスUボルト止め
Uボルトの場所は古くなっての手入れが難しい場所です。
ステンレスのUボルトを使用するだけでなく、パイプの当たりの部分に
ステンレスのピースを当ててます。
こうしたところが、かゆい所に手が届く船造りをしていると評判の
伯方造船のクオリティですね
IMG_4766.jpg
荷役ライン
IMG_4768_20090227123819.jpg
ボルト置き場
IMG_4769.jpg
電力系荷役用こし器〔両舷2つづつ〕
IMG_4787_20090227123843.jpg
ベントライン
IMG_4771.jpg
ベントラインの支持ワイヤー
72英山丸のマストワイヤー・リギンスクリュータイプのターンバックルは全てステンレス仕様です
クオリティ高いですね。ステンレスなので廃船までメンテフリーの一生モノですが
新造から一度は、たるみを取る為に増し閉めする必要があるそうです。
IMG_4770.jpg
荷役操作盤
荷役は全自動・半自動・手動と各オーナーさんの考えによって分かれるそうです
IMG_4788_20090227123954.jpg
ポンプ室
タンカーの心臓部ですね
IMG_4789.jpg
ヒーティングライン
IMG_4790.jpg
荷役事務室・バラストコントロール〔中北製作所
IMG_4791_20090227124041.jpg
窓は、結露防止のためのペアガラス。
IMG_4792_20090227124051.jpg
ロッカー室
こういった場所も余裕で取れるのが大型内航船の良いところですね
IMG_4794_20090227124101.jpg

関連記事

2009.02.28    カテゴリ:  海難事故 

   中国行きの貨物船が沈没

貨物船「ソクチン号」(排水量3445トン級)乗組員5人行方不明
関連記事

2009.02.28    カテゴリ:  保安庁 

   「ヒヤリハット情報図」

「ヒヤリハット情報図」更新  八管本部HP 若狭湾西部沿岸域を網羅

ヒヤリハット情報図

立ち入り検査の時にこう言ったパンフレットを置いて行ってくれるとありがたいですけどね・・・

定置網情報や季節操業情報などHPでの告知だと内航船員に伝わり切りません。
大半がインターネットをしない年配者です。
PC持ち込みでインターネットする人も増えましたがまだまだ少ないです。

携帯で天気予報を見れるように定置網情報や操業情報など
みれるとありがたいんですけどね。

おそらく第六管区海上保安本部が頑張ってくれるでしょう。

第六管区海上保安本部管内漁具定置箇所情報

広島港及付近カキいかだ情報

FAXポーリングサービス

FAXにようるカキいかだ情報図入手方法
1.082-253-3691に電話する。
2.音声ガイドによりトーン信号ボタンを押す。
(各メーカーにより違いますので使用FAXの説明書をご確認下さい。)
3.30#と入力し、受信スタートボタンを押す。

こう言ったものを電子海図上に表示したりGPSプロッター上に表示できれば
より強固な航海情報になりますし、定置網破損やカキいかだ乗揚げの事故も
減ると思いますが、あんまり事故が減ると、漁師の臨時収入も減りますね・・・

安全航海2009!
関連記事

2009.02.28    カテゴリ:  エンジン 

   阪神内燃機工業 LH46LA

第七十二英山丸のエンジン 阪神内燃機工業 LH46LA 4000ps

監督さんがエンジンメーカー出身と聞いていますので
監督さんの魂がこもったエンジン場かもしれませんね
IMG_4814.jpg
大型内航船になると3階建てのエンジンルームです。
これなら作業・点検も楽ですね
IMG_4813.jpg

IMG_4811_20090227165022.jpg

IMG_4810_20090227165037.jpg

IMG_4805.jpg
L字型に配置されたエンジン制御室
IMG_4807.jpg

IMG_4808_20090227165136.jpg
配電盤裏のスペースだけでも499GTカーゴの制御室くらいあります
IMG_4809.jpg
バラストコントーロール電磁弁
IMG_4806.jpg
巨大なセントラルクーリング
もう一台後方にあります
IMG_4812.jpg
ボイラー
IMG_4804_20090227165322.jpg
ロータリーべーン式舵機
IMG_4803.jpg
CPP(可変ピッチプロペラ)とシリングラダーで操船性能・保針性能・荒天時のエンジンへの低負荷を考慮しています
IMG_4748_20090228101757.jpg

関連記事

2009.02.28    カテゴリ:  海運ニュース 

   大阪湾で待望のイカナゴ漁解禁

大阪湾で待望のイカナゴ漁解禁 タンカー衝突、油流出から1年

走りにくくなりますが、みなさん気をつけましょう!
関連記事

2009.02.28    カテゴリ:  進水式 

   わたつみ 進水式



早めに行って、良い場所確保してたんですが・・・
映っていたのは・・・
仕立ての良いスーツ・・・
一発勝負の進水式で動画と写真撮影の同時進行は、なかなか難しいですね。
関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog