企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
内航.net
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース
 全2ページ
このページのリスト
2009.11.02   カテゴリ:《 新造船 》
  8かんのん 船内居住環境
2009.11.02   カテゴリ:《 エンジン 》
  阪神内燃機工業 LH28-G
2009.11.02   カテゴリ:《 航海中 》
  近畿地方に木枯らし1号
2009.11.03   カテゴリ:《 海難事故 》
  貨物船とタグボートが接触
2009.11.03   カテゴリ:《 試運転 》
  3000klタンカー 第八幸秀丸 海上試運転
2009.11.04   カテゴリ:《 進水式 》
  祝進水 片山汽船 第十八金栄丸
2009.11.05   カテゴリ:《 新造船 》
  3000klタンカー 第八幸秀丸 
2009.11.05   カテゴリ:《 AIS 》
  関門マーチス
2009.11.05   カテゴリ:《 エンジン 》
  ダイハツディーゼル 6DCM-32F 2206KW
2009.11.06   カテゴリ:《 海難事故 》
  プレジャ―ボートが貨物船に激突
2009.11.06   カテゴリ:《 新造船 》
  5000kl黒油タンカー 第十八東丸
2009.11.06   カテゴリ:《 海運ニュース 》
  護衛艦と衝突のコンテナ船が出港
2009.11.07   カテゴリ:《 新造船 》
  第十八東丸 船内探訪 【操舵室編】
2009.11.09   カテゴリ:《 新造船 》
  第十八東丸 船内探訪【居住区編】
2009.11.10   カテゴリ:《 エンジン 》
  赤阪鐵工所 A45S 3309kw
2009.11.11   カテゴリ:《 新造船 》
  第十八東丸 【船尾構造編】
2009.11.12   カテゴリ:《 外航船 》
  増築 STS NO1
2009.11.12   カテゴリ:《 航海中 》
  神戸~玄海6m佐世保→日向
2009.11.13   カテゴリ:《 海運ニュース 》
  ツネイシホールディングス塗装工場完成
2009.11.13   カテゴリ:《 海難事故 》
  フェリーありあけ
2009.11.14   カテゴリ:《 航海中 》
  佐世保~志布志
2009.11.14   カテゴリ:《 エンジン 》
  赤阪鐵工所 AX33 2000ps 試運転前の臨時航行検査
2009.11.15   カテゴリ:《 エンジン 》
  赤阪鐵工所 AX33 2000ps
2009.11.16   カテゴリ:《 航海中 》
  追い風参考記録
2009.11.17   カテゴリ:《 新造船 》
  新造船 松星丸
2009.11.18   カテゴリ:《 新造船 》
  祝竣工 3000klタンカー 第八幸秀丸
2009.11.19   カテゴリ:《 航海中 》
  ジャストインタイム輸送
2009.11.19   カテゴリ:《 新造船 》
  松星丸 船内探訪
2009.11.20   カテゴリ:《 エンジン 》
  新型エンジン ダイハツディーゼル  6DCM-32F 2206KW
2009.11.24   カテゴリ:《 新造船 》
  第八幸秀丸 船内探訪
► 次のページへ

2009.11.02    カテゴリ:  新造船 

   8かんのん 船内居住環境

ブリッジ
IMG_0069_20091031145121.jpg
カウンターキッチンのサロン兼食堂
IMG_0080_20091102114800.jpg
船に対して横型の配置
IMG_0052_20091102114800.jpg

IMG_0048_20091102114800.jpg
コの字型のカウンターキッチン
IMG_0049_20091102114801.jpg
冷蔵庫と冷凍庫その隣は船員室
IMG_0050_20091102114801.jpg

IMG_0051_20091102114801.jpg
洗濯場兼脱衣場
IMG_0053_20091102124641.jpg
浴室
IMG_0054_20091102124641.jpg
トイレ(内張りあり)
IMG_0047_20091102124642.jpg
船員室は6部屋
船長室
IMG_0045_20091031163759.jpg
船長室後方
IMG_0046_20091031163759.jpg
二階通路・奥は船長室
IMG_0044.jpg
機関長室
IMG_0081_20091031163800.jpg
機関長室後方
IMG_0082_20091031163800.jpg
予備船室
IMG_0084_20091031165348.jpg
二階からブリッジへのアプローチ
IMG_0083.jpg

関連記事
スポンサーサイト

2009.11.02    カテゴリ:  エンジン 

   阪神内燃機工業 LH28-G

8かんのん エンジン 阪神内燃機工業 LH28-G 735kw A重油専燃
IMG_0203.jpg
船型に余裕があるため28エンジンでも速力向上・低燃費実現
A重油専燃 1000馬力によりメンテコストと人員コストの削減
低コスト輸送・省エネ型鋼材船になっています
IMG_0202.jpg
この写真ではわかりにくいかもしれませんが、フレア型の船尾構造でよく絞れています
IMG_0204.jpg
外から見た船尾構造
IMG_0206.jpg
エンジン場入口
ステンレスの排気管囲い
IMG_0055.jpg
ダクトもステンレス仕様
IMG_0201.jpg
作業台
IMG_0205.jpg
配電盤 
IMG_0200.jpg
セントラルクーリング・アメロイド遠心分離機
IMG_0199.jpg
アメロイド遠心分離機 HC50E
IMG_0075.jpg
定期検査などの開放には、鉄工所も作業しやすい広さですね
IMG_0198_20091102134012.jpg
ボースンストア
ここも広いです
IMG_0193.jpg
スラスター室
IMG_0194_20091102134013.jpg
いすゞマリンディーゼル 169kw
IMG_0195.jpg
ホールド内点検窓
ここに投光器を設置したり点検窓になっています
IMG_0196_20091102135113.jpg
手前からホールド送風ダクト・点検窓・乾舷甲板出入口
IMG_0197_20091102135113.jpg

以上です。

本日、瀬戸内某所で初荷。
現在、来島あたりを航行中との他船からの情報

8かんのんの安全航海と恒見海運(株)のご活躍を期待しています
関連記事

2009.11.02    カテゴリ:  航海中 

   近畿地方に木枯らし1号

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2009.11.03    カテゴリ:  海難事故 

   貨物船とタグボートが接触

貨物船とタグボートが接触 北九州・関門航路そば
関連記事

2009.11.03    カテゴリ:  試運転 

   3000klタンカー 第八幸秀丸 海上試運転

2009.10.27に行われた3000klタンカー第八幸秀丸海上試運転
第8幸秀丸【Kousyu Maru No8】 藤井綱海運
鶴見サンマリン・霧島海運商会 1833GT 3300㎥ 山中造船
早朝、通船にて乗船
画像 099
4段ブリッジ
画像 189
ファンネルは、内航タンカー最大手鶴見サンマリン株式会社
IMG_0370.jpg

膨張トランク
画像 102
ステンレス仕様のリギンスクリュー
画像 107
スプリングドラムの延長操作レバー(ワンマン操作可能)
画像 108
荷役ホース置場 ステンレス仕様
画像 113
フライングパッセージ
画像 123
グレーチングはステンレスメッシュ
画像 122
通路幅107cm
画像 121
トライアルスタート
画像 143
航海計器 FURUNO Sバンド・Xバンド GPSはGP-3500
レーダー隣のノートPCは、オーナーさんが既存のノートPCに
日本総合システムの ChartViewer (チャートビューワ)を組み込んだ自作の電子海図表示装置(通称:T-MAP)を搭載
画像 145
船長室に電子海図表示装置(通称:T-MAP)の副モニター
画像 151
エンジン監視室にも電子海図表示装置(通称:T-MAP)の副モニター
画像 169
複数の目で航海を監視することになり、より安全輸送になります

ダイハツディーゼル 6DCM-32F 2206KW
画像 162

画像 167
エンジン監視室
画像 168
荒天時も安心のトラスコ中山:TRUSCO スリーロックワイド重量キャビネット
画像 170
海水満船
画像 192
ポンプテスト開始
画像 194

画像 195

画像 196

画像 198
ブリッジ
画像 200

画像 201

画像 202
振動も少なかったようです。
無事トライアル終了

トライアル風景

全速前進 ダイハツディーゼル 6DCM-32F 2206KW
中速エンジンならではのビートの効いたテンポの良い排気音です

旋回テスト


こう言った複数のオーナーさんが同乗する、内覧会形式の海上試運転を採用する
造船所・オーナーさんは少ないかもしれませんが(救命胴衣の数や弁当手配の都合)
メーカーや造船所においてももダイレクトな宣伝になりますし、
建造意欲促進になるのではないでしょうか?

同業他社は、敵ではなくとも良い意味でのライバルです
よし!自分も良い船造るぞ!と思ったオーナーさんも多数いたのではないかと思います

【写真・動画提供:K汽船S氏】
関連記事

2009.11.04    カテゴリ:  進水式 

   祝進水 片山汽船 第十八金栄丸

2009.11.3 小池造船海運にて進水した片山汽船(有)の499GT鋼材船 第十八金栄丸
DSC_0144.jpg
第十八金栄丸【Kinei Maru No18】 
片山汽船・鉄道建設・運輸施設整備支援機構 日鐵物流 499GT 1845DW
小池造船海運建造 阪神内燃機工業 1471kw
DSC_0208.jpg
命名 第十八金栄丸
DSC_0170.jpg

DSC_0211.jpg

DSC_0119.jpg
支綱切断
DSC_0213.jpg
進水!
DSC_0214.jpg

DSC_0218.jpg

DSC_0222.jpg

DSC_0242.jpg

【写真提供:S汽船K氏】
関連記事

2009.11.05    カテゴリ:  新造船 

   3000klタンカー 第八幸秀丸 

藤井綱海運の新造船 第八幸秀丸

3000kl白油タンカー 第8幸秀丸【Kousyu Maru No8】 藤井綱海運
鶴見サンマリン・霧島海運商会 1833GT 3300㎥ 山中造船
ダイハツディーゼル 6DCM-32F 2206KW
IMG_0191_20091104133731.jpg
ブリッジ
IMG_0367_20091104133731.jpg

IMG_0369.jpg
ファンネルは鶴見サンマリン
IMG_0370.jpg

IMG_0417_20091104133732.jpg
【船内環境】

操舵室
IMG_0423.jpg

IMG_0424_20091104133732.jpg
三面舵角器
IMG_0376.jpg
手前からFURUNO Sバンドレーダー・GPSGP-3500
ノートPCは日本総合システムの ChartViewer (チャートビューワ)を組み込んだ電子海図表示装置(通称:T-MAP)・Xバンドレーダー
IMG_0377.jpg

IMG_0375.jpg
エンジンリモコン
IMG_0374.jpg

IMG_0378.jpg
配電盤
手前のドアはトイレ
IMG_0379_20091104134024.jpg
船長室
IMG_0381_20091104135655.jpg
モニターは電子海図の副モニター
IMG_0382_20091104135655.jpg
セカンドTVの隣は船長管理の備品倉庫
IMG_0383_20091104135655.jpg
倉庫内
IMG_0384_20091104135655.jpg
機関長室
IMG_0386_20091104135656.jpg
一般船室
船員室には、全室2段冷蔵庫完備(冷凍・冷蔵庫)
IMG_0387_20091104145123.jpg
洗濯場兼シャワー室 3F
IMG_0385_20091104135655.jpg
倉庫
IMG_0388_20091104145124.jpg
洗濯場兼シャワー室 2F
IMG_0389_20091104145124.jpg
24時間対応循環型風呂
IMG_0390_20091104145124.jpg
循環口は、浴槽落とし込みではなく、直結型
IMG_0391_20091104145124.jpg
洗濯場兼脱衣場に大型の循環濾過装置
IMG_0392_20091104145530.jpg
サロン・イス配置は縦型
IMG_0393_20091104145531.jpg

IMG_0396_20091104145531.jpg
ギャレー
厨房周りはステンレス内張り
IMG_0394_20091104145531.jpg
冷蔵庫・冷凍庫
IMG_0395_20091104145531.jpg
荷役事務室
IMG_0397_20091104145531.jpg
ここにも電子海図副モニター
副モニターは船長室・荷役事務室・エンジン監視室
IMG_0398_20091104150349.jpg

撮影は10月末

つづく・・・

関連記事

2009.11.05    カテゴリ:  AIS 

   関門マーチス

一昨日、ちょうどカリナスターとくらまが衝突した時間帯20時前に関門を西向け通過しました
AiShipの動画を頭に浮かべ当時の状況を想像しながら通りました。

一般人にわかりやすく伝えるなら、ハンドル操作を誤った車が急に反対車線に
飛び出し激突と言った事故

あってはならない海難事故ですが、最悪の中でも最小限の被害だったのではないかと
想像します。これがあと数秒前後にずれていたら

くらまとの衝突は避けられてもカリナスターの下関側への座礁の可能性大
もう少し遅れくらまの左舷側に持っていってたら、大惨事だったでしょうね。

下手をすれば橋下で爆発炎上もしくは沈没・座礁。後続船との多重事故
想像すればきりがないですが・・・

それからすると最悪の中でも最小限の被害だったのではないでしょうか。
それは、くらまがカリナスターに衝突した位置にもよります。

くらまがカリナスターの前方付近に刺さる形で衝突したためカリナスターの行き足が止まり
おそらくカリナスターの針路方向も跳ねられる形で反転したのではないでしょうか
乗り上げ寸前になりながらも、下関側に両船が流れたことで座礁や沈没などの2重事故も防げました

自衛艦は、狭水道通峡時は、オモテからトモまで総動員で見張りです。
おそらく夜間でも船首部に人員は、いたと思います。

その人たちが逃げる時間があったのが奇跡ではないでしょうか?

別に私は、自衛隊擁護するわけではないですが、

護衛艦くらまは、防ぎようがない事故に出くわし
身をもって大惨事を防ぎ最小限の事故に収めた
と個人的には思います

艦長の判断・指示・行動がすばらしかったのではないでしょうか?

昨日、数名の友人からまた変なコメント来てるねとの連絡があり
そのコメント内にある某大学の教授のブログを見て見ましたが

後進かけたのなら何故汽笛を3発鳴らさないとか・・・
くらまは、もっと右に寄れたはずだとか・・・

少々見当違いの発言をされてるように思いました。
今回の事故でNHKでコメンテーターとして出たようで
海賊が専門の教授を今回の事故に引っ張り出してくるNHKもどうかと・・・
某大学にも専門家は多数いただろうにと思いましたが・・・

専門家称する人が発言しマスコミが同調すれば世論が誘導されます。
今回、詳しいAIS LIVEの情報がありましたし、職業上の視点をもってすれば
ある程度の事故分析はできます。
だからどれが正しくてどれが正しくないかはある程度まで判断できます
真実は結局、事故当事者しかわからないのですから。

しかし、私がこの分野の素人でマスコミ情報だけなら
くらまが悪いのではないかと思ってしまう場合もあります。

今回、護衛艦と外国船との衝突とうことで軍事系の方が多数、事故分析をしているから
マスコミとの相違点がみつかったり、教授の発言に?マークをつけれたりできます

マスコミ情報だけに踊らされないようモノを見る目を養う必要がありますね

関門をほぼ毎日、通過する友人から
あの事故以来、関門マーチスに元気がないとの話。

たしかに、関門マーチスには、船を為替ディーラー並みに操るオッサンマーチスがいます
関門航路内の船に対し、船間距離や針路指示。他船動向や浅瀬・ブイ接近への注意喚起など
すばらしい仕事ぶりです。
どうもそのオッサンマーチスの元気がないと友人が心配していました。
いらぬ心配ですが〔笑〕

昨日、佐世保出航時イージス艦などと一緒に出航していきましたが
管制指示は門司保安なんですね

一昨日、門司につながれたままのカリナスターは下関でコンテナを積み替え
空船状態で突貫工事をしているようでした。
仮工事してどこかのドックに向かうのでしょうね。

自衛艦は基本的に保険に入ってないそうで
防衛費の予備費から修繕代が捻出されるそうです。

韓国船社は万々歳??
まぁそんなことはないでしょうが・・・・

一部ではソナーにも被害が発生したとのことから退役時期が早まるのではないかと
も噂されているそうですがSSKで修繕でしょうか?
IMG_9727.jpg

今年も残り2ヶ月、安全航海でがんばりましょう!

夏休みの宿題並みにたまっている、コメント返信も徐々に返していく予定ですので。


関連記事

2009.11.05    カテゴリ:  エンジン 

   ダイハツディーゼル 6DCM-32F 2206KW

第8幸秀丸のエンジン DAIHATSU DIESEL ダイハツディーゼル 6DCM-32F 2206KW
IMG_0401_20091105153618.jpg
近年、機関部の負担削減・LO消費削減などコスト面からも再注目を浴びているダイハツの中速エンジン
499GT1800DW型船や749GT型2000klタンカーなどと言ったギリギリの設計を要求される船からも
軽量コンパクトである中速エンジンを採用する船が増えています
IMG_0406_20091105153619.jpg
エンジンスペースも広く取られています
IMG_0405_20091105153619.jpg
もちろん発電機もダイハツ 6DL-16A 350KVA
IMG_0402_20091105153619.jpg
前方に二台設置
IMG_0403_20091105153619.jpg
船尾管の上に船上焼却炉
IMG_0404_20091105153619.jpg
エンジン解放時などに使用する電動チェーンブロックの走行レール
ダブルレールになっていますね
IMG_0408_20091105154156.jpg
タンカーでは珍しい、ブリッジ前から搬出
IMG_0407_20091105154157.jpg

IMG_0422_20091105154157.jpg
エンジン監視室
テックス塗りたて
IMG_0409_20091105154157.jpg
オモテ
IMG_0415_20091105154157.jpg
ウインドラスは4ドラム+スプリング2ドラム
IMG_0416_20091105154157.jpg
オモテから
IMG_0417_20091106081020.jpg
ステンレス仕様の荷役ホース置場
IMG_0418.jpg
ベントバルブ
IMG_0419_20091106081021.jpg
ユニッククレーン
IMG_0420_20091106081021.jpg
ブリッジ
IMG_0414_20091106081021.jpg
ポンプ操作盤
IMG_0368_20091106081021.jpg
マニホールド
IMG_0413_20091106081324.jpg
トモ
IMG_0412_20091106081324.jpg
ファンネル
IMG_0411_20091106081324.jpg
ボートデッキ
左はエンジン場へのアプローチ右はCO2
IMG_0410_20091106081324.jpg
排気管
IMG_0425_20091106081324.jpg
ファンネルと一体化した酸素・アセチレン
IMG_0426.jpg

IMG_0427.jpg
ブリッジ
IMG_0429.jpg
艤装岸壁に並ぶ2隻
隣は、やはた丸八幡船舶(協) 499GT 1830DW
IMG_0434_20091106081918.jpg
まもなく、第8幸秀丸はファイナルドックに向いその間に丸重海運(株)の新造船が進水
第8幸秀がファイナルから帰ってくると3隻艤装です
ついこの前、やはた丸のブロックが船台に載ったかと思えばもう次の船の進水ですから
さすが内航建造数日本一の山中生産方式。
これを船台一本でやっているところがまた凄い
IMG_0444.jpg

【撮影は10月末】
関連記事

2009.11.06    カテゴリ:  海難事故 

   プレジャ―ボートが貨物船に激突

プレジャーボートが港に停泊中の貨物船、石宗丸184GTに激突
関連記事

2009.11.06    カテゴリ:  新造船 

   5000kl黒油タンカー 第十八東丸

現在、SEA TRIAL中の第18東丸【Azuma Maru No18】 東汽船㈱ 旭タンカー㈱ 3595GT 5519㎥
IMG_0361_20091106094132.jpg
新来島スタイルのスタイリッシュブリッジ
IMG_0333_20091106094132.jpg
ファンネルは内航タンカーBIG3の一角旭タンカー株式会社
シャープな排気管
IMG_0215_20091106094132.jpg
デッキ
IMG_0218_20091106094132.jpg
オモテ
IMG_0337_20091106183631.jpg

IMG_0339_20091106184301.jpg

IMG_0347_20091106170714.jpg
ウインドラス
4ドラムワーピングエンド+スプリングドラム
IMG_0341_20091106170714.jpg
スプリングはフェアリーダー+ユニバーサルローラー
IMG_0340_20091106170714.jpg
バウチョックを囲うようにチョッサーデッキ
IMG_0343_20091106170714.jpg
ウインドラス油圧リモコン
IMG_0344_20091106170715.jpg
チェーンローラー
IMG_0348_20091106170715.jpg

IMG_0349_20091106183630.jpg
デッキ
IMG_0342_20091106183630.jpg
ベントバルブ
IMG_0350_20091106183631.jpg
マニホールド(オモテ側)
IMG_0351_20091106183631.jpg
マニホールド
IMG_0352_20091106183631.jpg
広いフライングパッセージ中央
IMG_0336_20091106184301.jpg
ユニッククレーン
IMG_0335.jpg
油圧バルブ
荷役は半自動
IMG_0334_20091106184301.jpg
ポンプ室入口
IMG_0353_20091106184301.jpg

IMG_0327_20091106200427.jpg
ポンプ室
IMG_0328_20091106200429.jpg
燃料配管・燃料液面計
IMG_0354_20091106184302.jpg
こうして見るとちょっと笑っているように見えます
Tokina Fish Eye 10mmで撮影
IMG_0329_20091106184859.jpg
巨大なファン
IMG_0236_20091106184859.jpg
ヒンジ付きのスカライキ
IMG_0237_20091106184858.jpg
熱媒膨張タンク
IMG_0238_20091106184859.jpg

IMG_0355_20091106194227.jpg
キャビン付き交通艇
IMG_0356_20091106194228.jpg
トモ
IMG_0212_20091106194227.jpg

IMG_0326_20091106200859.jpg
スプリングはユニバーサルローラー
IMG_0325_20091106200859.jpg
新来島5000klシリーズの中で違うのはこの1階のストア増設
IMG_0324_20091106184859.jpg


関連記事

2009.11.06    カテゴリ:  海運ニュース 

   護衛艦と衝突のコンテナ船が出港

コンテナ船カリナ・スターが6日、停泊していた北九州市の門司港から韓国の麗水港に向け出港
関連記事

2009.11.07    カテゴリ:  新造船 

   第十八東丸 船内探訪 【操舵室編】

第18東丸
IMG_0332_20091107084851.jpg
両舷は斜めカット
IMG_0220_20091107084851.jpg
重厚なマスト
IMG_0216_20091107084851.jpg
リギンスクリューはステンレス
IMG_0213_20091107084851.jpg
ウイング
IMG_0219_20091107084852.jpg
マイクの接続端子と汽笛のスイッチボックス
IMG_0234_20091107084852.jpg
ウイングからの眺め
IMG_0235_20091107085548.jpg
ブリッジ後方は、バッテリー室
IMG_0221_20091107085548.jpg
非常用電源は長寿命・防爆構造のベント形据置鉛蓄電池
一般電源はSS300 無線用はSS200
IMG_0222_20091107085548.jpg
SバンドXバンドにチャートプロッター
IMG_0299_20091107085548.jpg
この前面3枚窓にはロールスクリーンタイプの遮光フィルムが設置されています
IMG_0300_20091107085548.jpg
天井は乱反射を防ぐ濃い青
海面反射がきつい時、天井や壁が白だと反射して航海計器類が見えにくい場合があります。
こう言ったところも安全航海へのちょっとした工夫ですね
IMG_0226.jpg
かつては外航コンテナ・LNGに乗船していた越智社長の基本は紙海図と言う考えのもとチャートプロッターを設置
IMG_0232_20091107091658.jpg
海図台
IMG_0301_20091107091658.jpg
飛び出し防止のロック式扉の中に引き出し
IMG_0231_20091107091658.jpg
エンジンリモコン・スラスターリモコン
IMG_0224.jpg
エンジンは赤阪鐵工所 A45S 3309kw
IMG_0225_20091107091659.jpg
休憩コーナー
IMG_0302_20091107091658.jpg

以前、コーヒー好きの船員さんの為にドリップ式のコーヒーメーカーを設置したところ
皆さんインスタントからドリップ式に変わったそうです。
私もコーヒー好きなのでドリップ式にしていますが、喫茶店やコーヒーショップで
コーヒー飲むこと考えれば、安いものです
コーヒーメーカーもホームセンターなどに2000円以下からあります

経験上、船で使用するなら魔法瓶タイプのコーヒーメーカーをお勧めします
ガラス瓶タイプは荒天時に割れる可能性もありますし、保温時間が長いと
煮え過ぎておいしくありません。

サーモステンレスコーヒーメーカー

中には5000klクラスのタンカーにちょうど良い10杯タイプの豆から全自動の高級仕様のコーヒーメーカーもあります


 CUISINART クイジナート 全自動 コーヒーメーカー コーヒー...

コーヒーに含まれるカフェインは「眠気覚まし」や気分をすっきりさせるために有効です。

関連記事

2009.11.09    カテゴリ:  新造船 

   第十八東丸 船内探訪【居住区編】

第18東丸の居住環境

エグゼクティブフロアー
【船長室】
IMG_0294_20091107112216.jpg
高級感あふれる木目調ですね(製作は矢野木工)
IMG_0295_20091107112216.jpg
コーナーデスク
椅子も肘付き高級仕様
IMG_0296_20091107112216.jpg
昔は、DAYルームとベッドルームを分けたり・船長室をかなり広く取る大型内航船も
ありましたが、最近では、広さは必要最小限で部屋数重視の船が増えました。
それでも十分に広いですね
冷蔵庫・DVD・液晶テレビ
IMG_0297_20091107112216.jpg
【機関長室】
IMG_0256.jpg
警報盤
IMG_0257.jpg
【一等航海士室】
IMG_0291_20091107112216.jpg

IMG_0292_20091107112217.jpg
窓はペアガラス
IMG_0266.jpg
排水溝付き
IMG_0267.jpg
【一般船室】
IMG_0245_20091107112616.jpg
これでも18型499GTの船長室くらいありますね
IMG_0246.jpg
船内は、舶用水晶時計 
日本舶用エレクトロニクス
IMG_0253_20091107112617.jpg
通路スピーカー
IMG_0254.jpg
【一般船室】
IMG_0255.jpg
【浴室】 3F
IMG_0243_20091107113329.jpg
シャワーは4人同時可能
IMG_0239_20091107113329.jpg
最新鋭のスタートスイッチ自動水止(タイマー止水)水栓
IMG_0240_20091107113329.jpg
24時間循環風呂コロナホームジュニア 光触媒・紫外線で清潔快適
IMG_0241_20091107113329.jpg
洗濯場
左は二層式。二層式は汚れモノには便利ですね
IMG_0242.jpg
奥は乾燥室
IMG_0244_20091107113330.jpg
洗濯場兼シャワー室 2Fと3F
IMG_0293_20091107143344.jpg
トイレ
IMG_0261.jpg
便利な掃除道具入れ
IMG_0262.jpg
隣の部屋は・・・
IMG_0259.jpg
電線ルーム
IMG_0260.jpg

IMG_0269.jpg
倉庫
IMG_0263.jpg
ファンネルとブリッジのデットスペースに空調室があります
IMG_0271.jpg

IMG_0270.jpg
1Fは公室のみ配置

【食堂サロン】
テーブル配置は縦型
IMG_0272.jpg
カウンター付き
IMG_0284_20091107143344.jpg

IMG_0285_20091107143345.jpg
【ギャレー】
横型配置
IMG_0282.jpg

IMG_0283_20091107143345.jpg
【サロン・娯楽室】
IMG_0286_20091107143641.jpg
半分はカーペット仕様
IMG_0287_20091107143641.jpg
【荷役コントロールルーム・荷役事務室】
IMG_0288_20091107143641.jpg
T字型の事務スペース
IMG_0289_20091107143641.jpg
半自動タイプの荷役コントロール 中北製作所
IMG_0290_20091107143641.jpg





関連記事

2009.11.10    カテゴリ:  エンジン 

   赤阪鐵工所 A45S 3309kw

第18東丸のエンジンは、来年創業100年を迎える老舗ディゼールエンジンメーカー  赤阪鐵工所 A45S 3309kw
IMG_0317_20091109223902.jpg
最近、赤阪のエンジンを新造船でよく見ますね。
創業100年に向けての飛躍でしょうか
IMG_0316_20091109223903.jpg
赤阪鐵工所 A45S 3309kw【Akasaka Diesels A45S 3309kw】
IMG_0318_20091109223903.jpg

IMG_0321_20091109223904.jpg
荷役ポンプは主機駆動
IMG_0319_20091109223905.jpg
プロペラはCPP
IMG_0320_20091109223905.jpg
タペット
IMG_0312_20091110081920.jpg
広い機関室
IMG_0315_20091110081920.jpg
トローリーレールも縦横無尽
IMG_0314_20091110081920.jpg
補機は船尾に並列配置
IMG_0313.jpg
オイラはボイラ 三浦のボイラー
IMG_0310_20091110081921.jpg
ボイラー上部 
IMG_0323_20091110083056.jpg
監視室フロアー
IMG_0311_20091110081921.jpg

IMG_0304_20091110083057.jpg
エンジン制御盤 機関制御監視モニタシステムBEMAC BE-D10
IMG_0306_20091110083058.jpg
エンジン監視室
IMG_0305_20091110083057.jpg
作業室兼部品倉庫 
IMG_0307_20091110083057.jpg
空調付き
IMG_0308_20091110083057.jpg

関連記事

2009.11.11    カテゴリ:  新造船 

   第十八東丸 【船尾構造編】

IMG_0361_20091106094132.jpg

IMG_0358_20091111084352.jpg

IMG_0448_20091111084353.jpg
新来島特有のアーチ型整流板
IMG_0445_20091111084355.jpg
スタンチューブの上部あたりにもフィンが付いています
IMG_0446_20091111084354.jpg

関連記事

2009.11.12    カテゴリ:  外航船 

   増築 STS NO1

神戸で荷役中のSTS NO1 1598GT
IMG_0600.jpg
タンブルフォーム型?
IMG_0601.jpg
ブリッジが中華風デザイナーズブリッジになっています
でもちょっと変・・・
良く見ると下2階と上2階の雰囲気が違います
IMG_0602_20091112085904.jpg
3段ブリッジから4段ブリッジに増築していますね
さすが中国4000年の歴史
IMG_0603_20091112085904.jpg
ファンネルは“吉”と言う文字が見えます。
旧日本船籍のガット船の改造船でしょうね

こちらは、タンブルフォーム型カーゴ 飛翔丸 飛鳥海運 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 新日本近海汽船
499GT 1570DW 1997.12 吉田造船工業 阪神内燃機工業 LH30LG 1000ps
IMG_8050_20091112092240.jpg
ホールドはクラッド鋼板仕様(SUS304)
外板の一部を凹型にするタンブルフォーム型にすることで水線面でのL/B比を大きくし速力増加効果
たしかこの船型の特許は、新来島どっくと初高汽船の共同特許だったと思います
IMG_0217.jpg
エラ型船型ですが建造は吉田造船工業

このタンブルフォーム型がなかなか流行らないのは、岸壁のフェンダー事情もあるでしょうね
関連記事

2009.11.12    カテゴリ:  航海中 

   神戸~玄海6m佐世保→日向

第三十一千代丸【Chiyo Maru No.31】 幸宝海運 加藤海運 499GT 1560DW
2005.6 山中造船波方 阪神内燃機工業 LH30LG 1800ps
IMG_0599_20091112095511.jpg
さよちどり【Sayochidori】 千鳥海運 加藤海運 187GT 499DW
1989.6 松浦鉄工造船所 マツエディーゼル MF26-SDD1 650ps
この船、かつては新潟まで走ってました。記憶が確かならば日本酒などを運んでいたと
聞いたことがあります。
その為のユニックでしょうか?
IMG_0604_20091112095511.jpg
三菱重工 神戸造船所で完成後六甲に係船されている同型10隻シリーズの第2船 
MOL MAGNIFICENCE
IMG_0457_20091112101434.jpg
全長:約302m、幅 : 43.40m、深さ : 24.80m、総トン数 : 約78,000
主機:三菱バルチラ ディーゼル機関 ‘‘10RT-flex96C’’(1基)
コンテナ搭載数 : 6,724個(20フィートコンテナ換算)
速力 : 約24.5ノット
進水式【ブリッジなし】

日本郵船は主力のコンテナ船の運航隻数を
2013年度をメドに現在の約120から60に半減するニュースや
海運大手今期業績を軒並み下方修正-商船三井は黒字維持の
商船三井でさえこう言う状況ですからなかなか厳しいコンテナ市況ですね。
IMG_0607_20091112095511.jpg
しばらく動きませんと言わんばかりの増しロープ
IMG_6334_20091112101434.jpg
何でしょう?この海に垂らしたロープは。
IMG_6342.jpg
いつの間にか排気管もシートで塞がれていました
IMG_0606_20091112095511.jpg
ホールディングハッチを立てて港内帆走中の翔洋丸
IMG_0609_20091112095512.jpg
LNG DREAM  船主: LLOYDS TSB EQUIPMENT LEASING(No.7)  11845GT 71,845.00 metric tons
モス型LNG運搬船  LNGのモス型タンクは4球のうちトモとオモテは少し小さめにできているのだとか。
IMG_0617.jpg
第十五旭丸【Asahi Maru No.15】 大阪旭海運 499GT【近海】 1500DW
1996.6 三浦造船所佐伯  阪神内燃機工業 LH34LRG 2000ps
IMG_0618_20091112095800.jpg
BONANZA 6
IMG_0619.jpg
RO/ROランプウェイ装備多目的重量物船 IYO 伊予 NYK-HINODE
IMG_0620.jpg
神戸から佐世保向け。
低気圧の影響で玄海側は6mの予報
部埼の避難船を横目に船長ワッチで関門通狭
IMG_0630_20091112095801.jpg
まさか、この船長玄海に突っ込むつもりじゃ・・・と船室から窓をのぞきつつ
IMG_0634_20091112095801.jpg
小倉沖で軸発から補機がスタンバイになりひと安心。
しかし若松航路を通り過ぎる船長・・・

まさか・・・チャレンジするつもり?

わざわざ風の強い安瀬に向うも風波強く、断念
0930 結局若松アンカー

夕方には、友人の船も若松入りする為、仮バースを思案していたところ
配船指令本部から電話が・・・
ヒトサンマルマルジ(13:00)作戦変更・日向へ向かえ

13:30 若松抜錨、日向向け出港
IMG_0635_20091112095801.jpg
どうやら前日に前船が避難したため本船の揚げが来週火曜になりそうだと
言うことで差し替え配船
【11/11 部埼沖のAiship情報】
20091111001.jpg

友人との会食は残念でしたが、効率配船・効率運航!
姫島から関崎にかけ結構良い横波がありました

本日、日向揚げ
IMG_0636_20091112100113.jpg

第三菱洋丸【Ryoyo Maru No.3】 豊鶴海運 鶴丸海運 498GT 1424㎥
1988.12 関門造船 赤阪鐵工所 K28FD 1400ps
IMG_0637_20091112100113.jpg
   
関連記事

2009.11.13    カテゴリ:  海運ニュース 

   ツネイシホールディングス塗装工場完成

2012年7月以降のIMOの新塗装基準に対応するために26億円の設備投資

関連記事

2009.11.13    カテゴリ:  海難事故 

   フェリーありあけ

本日、一日時間があったので午前中は某造船所・午後から某造船所・さらに夕方に某造船所で
一日が終わりました。
午前中、マルエーフェリーが傾いていると何件かメールがあり
私としては、平成19年2月9日の・マグロ漁船「幸吉丸」に衝突事故で
マスコミに散々叩かれ、東京入港生中継までされ、まるで殺人事件でも起こしたかのようなマスコミの騒ぎようのマルエーフェリー・・・
逆に幸吉丸は、奇跡のヒーロー扱い。
フェリーたかちほの見張り不十分はクローズアップされても、ノーワッチの幸吉丸には
全く触れられず・・・・

のちに双方の見張りが不十分だったことが事故の原因と断定し、
同船の元航海士と漁船の船長の2人を業務上過失往来危険などの疑いで書類送検

そして数日前、市橋容疑者逮捕に貢献したマルエーフェリーが・・・

数件のメールをチラッと見ただけなので・・・てっきり会社が傾いているのかと思いつつ・・・

午前中の造船所訪問を終えてメール確認

そして昼のニュースを見ると傾いたフェリーありあけが懸命に走る姿が・・・

その後、座礁シーンも映像に映った時にすぐに思いました。
これは船長判断で転覆・沈没を防ぐための任意座礁判断だと。

同時に全員救助の情報も流れていて、安心しました

記者会見の姿を見ながら総員退船・船体放棄を決断しなければならなかった
船長の気持ちを思うといたたまれなかったです。

しかし、あれほどの状況で、一人の死者も出さずあの状況での
乗り上げ判断。なかなかできるものではありません。

最悪の状況でも最良の船長判断だったと思います。

船長判断と死者を出さなかったことに同業者として敬意を表します。

スタビライザーが付いていたのに何故?とも思いますが
急激な波に対してシャクリ(戻す力)が強いとも聞いたことがあります。

船の復元力はかなりあります。しかしながら、荷崩れを起こすと
諸刃の刃です。荒天時の判断と運航スケジュール
あからさまな荒天ならば、判断は簡単ですが、突如の三角波・・・難しい判断です

冬の玄海。限界を感じながらも・・・あと少しの辛抱と、斜め前から波を受け必死の航海
本船船長は、こんなに吹くとは思わんかったとノー天気なコメント。
あんた何年船乗りやっとんだ?と思いつつ
突如、真横からボディブローを食らうような衝撃

それが三角波。


AiShip情報
熊野市沖約200メートルの浅瀬で座礁
20091113001.jpg

20091113002.jpg

フェリーありあけ【Ferry Ariake】 マルエーフェリー 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 7910GT 5026DW
1995.8 林兼船渠 D.ユナイテッド 16PC2-6×2 24000ps 24ノット
関連記事

2009.11.14    カテゴリ:  航海中 

   佐世保~志布志

かつては炭鉱の島 松島 現在は電源開発松島火力発電所
IMG_0537_20091114075732.jpg
大隅半島の朝 
IMG_0552_20091114075733.jpg
三光汽船
IMG_0545_20091114075733.jpg
関連記事

2009.11.14    カテゴリ:  エンジン 

   赤阪鐵工所 AX33 2000ps 試運転前の臨時航行検査

松浦造船で艤装中の松星丸 松田海運 三星海運 499GT 1830DW
IMG_0640.jpg
220cm幅センター窓のエアロ型デザイナーズブリッジ
IMG_0767.jpg
赤阪鐵工所 AX33 2000ps
IMG_0753_20091114085147.jpg
AKASAKA DISEL
近年の499GT1800DW型事情にマッチした 出力22%増・軽量小型化・高経済性
それに加え㈱エスエスティーの『節約くん』・アメロイドのFO清浄機に組み込まれた
燃料を分子レベルで良化する装置 『Honeycomb reformer HMR-2000』巽工業㈱を設置し
トータルで省エネ型エンジンになっています
IMG_0754.jpg
週明けの試運転に向け、臨時航行検査
エンジンに火が入り

勢いよくクランクが回り
緊急停止など発停の繰り返しで週明けの試運転に向け良好発動

このクラスのエンジンになると押しボタン式の発動


いつもはあまり出番がないのでXacti(ザクティ)を置いてきたのが間違い・・・
いつもは、フル装備で出向くのですが(笑)
携帯で動画を撮ったので音声が良くないです。
関連記事

2009.11.15    カテゴリ:  エンジン 

   赤阪鐵工所 AX33 2000ps

トータルコンセプトで省エネ化を実現予定の松星丸のエンジン
499GT1800DW型事情にマッチした 出力22%増・軽量小型化・高経済性の赤阪鐵工所 AX33 2000ps
IMG_0687_20091115163611.jpg

IMG_0689_20091115163611.jpg

IMG_0692.jpg

IMG_0751.jpg

IMG_0750.jpg
省エネは燃料系で行い燃焼効率の向上
アメロイドのFO清浄機に組み込まれた燃料を分子レベルで良化する装置 
『Honeycomb reformer HMR-2000』 巽工業㈱
IMG_0696.jpg
こちらが 『Honeycomb reformer HMR-2000』 巽工業㈱
IMG_0677_20091115165249.jpg
燃料を分子レベルで良化する装置
わかりやすくすると燃料分子をさらに細かく砕き燃えやすくすることで燃焼効率の向上
IMG_0678_20091115165249.jpg
燃料節約装置 『節約くん』 ㈱エスエスティーIMG_0693.jpg
舶用タイプ SP200-600W
IMG_0681_20091115165250.jpg
問い合わせはこちらをクリック→㈱エスエスティー
IMG_0682_20091115165250.jpg
補機にも燃料節約器 ㈱エスエスティーを設置
ヤンマー 6HAL2-HTN 160kw
IMG_0690_20091115194603.jpg

IMG_0683.jpg

IMG_0684.jpg
もちろん両舷2基に設置
IMG_0691_20091115194603.jpg
バラストコントロール
IMG_0688_20091115194603.jpg

IMG_0755_20091116004911.jpg
アメロイド LO清浄機 RISOユニット CJCフィルター
IMG_0676_20091115194604.jpg
エンジン部品用・電動ホイストとトロリー
IMG_0699.jpg

IMG_0700.jpg
搬入口はヒンジ付きハッチ
オーナーさんがタンカーがスカライキにヒンジ付きを採用しているのを見て採用
急遽仕様変更も造船所は真摯に対応
IMG_0645.jpg
開閉テスト
IMG_0728_20091116010111.jpg
エンジン監視室
IMG_0674_20091115195227.jpg
奥はホールドと甲板ハッチへ接続
IMG_0701_20091115195227.jpg
セントラルクーリング
IMG_0748.jpg
海水・清水ライン
きちんとペイントされていますね
IMG_0746.jpg
広さを確保の為、階段は精一杯船体側に設置
エンジン場の配置設計は配置により動線による使い勝手やメンテのしやすさなど
かなり違ってきます。これは工務監督が甲板出身かエンジン場出身かでも違うようです
IMG_0756.jpg
船尾方向から
IMG_0745.jpg
オモテ側から
IMG_0749.jpg

IMG_0747.jpg
これでエンジン場のデッキペンが塗られるともっとエンジン場が映えます


関連記事

2009.11.16    カテゴリ:  航海中 

   追い風参考記録

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2009.11.17    カテゴリ:  新造船 

   新造船 松星丸

本日、公試を行った松田海運 松星丸 
IMG_0640.jpg
松星丸【Syousei Maru】 松田海運 三星海運 499GT 1830DW
エンジンは赤阪鐵工所 AX33 2000ps
全長 73.00m
Lpp  68.00m
型幅 12.00m
型深  7.35m
IMG_0641.jpg

IMG_0717_20091117150034.jpg
オモテから
IMG_0658_20091117150035.jpg
重厚なマスト
ストア入口にガッチリ固定
IMG_0656_20091117150035.jpg
499GTクラスではあまり見ることのないピストンホーン 伊吹工業
起倒式マストは電動油圧シリンダーで起倒 山本鐵工 YAMAX
油圧配管なしでシリンダー内の油圧を使い伸縮可能
IMG_0657_20091117150035.jpg
波除け囲い付きのボースンストア入口
IMG_0652_20091117151511.jpg
水密ドアの劣化なども防げますね
水密ハンドル分だけ奥側に余裕を持たせているのでドアの開放も十分な開口スペースです
IMG_0653_20091117151511.jpg
通風口
IMG_0654_20091117151511.jpg
ウインドラス
ホースパイプは、最近流行りのデッキ突き出しタイプ
IMG_0660.jpg
ロープドラムは、グラスファイバー巻きの防錆び仕様 ヤナセ鉄工特別仕様
IMG_0655_20091117151512.jpg
階段とは別にここからも出入り可能
IMG_0659.jpg
スプリングライン ユニバーサルローラー
そして、1800DW型建造において、一番厄介な60cm安全通路は
収納式通路で対応
IMG_0661_20091117154435.jpg
あんまり私が書くとこれを見た検査官が意地になってもいけませんので(笑)
1800DW型における60cm安全通路に付いては今回ノーコメントで
IMG_0651_20091117154435.jpg
トモ側
IMG_0774.jpg

IMG_0647_20091117154436.jpg
消火栓の位置も移動させられ・・・
IMG_0649_20091117154436.jpg
安全通路60cm確保
バラストエア抜きは径を細くし本数を増やすことで対応
IMG_0648.jpg
船外出入口は、ユニバーサルジョイントで繋がれたゲートタイプ
IMG_0650.jpg
デッキのハンドレール支柱囲いを含めゴミの溜まりやすいところは
流れやすく施工
IMG_0643.jpg
トモのタラップは基本的に使用しないので台座のみ設置で
本来トモに設置するはずだったタラップは取り外し型のギャングウェイとして使用
IMG_0644.jpg
両舷にテークル付きのブームがあるので簡単に設置できます
IMG_0775_20091117155439.jpg

IMG_0776.jpg
回転台座が船外に出ますので方向高さ自在です
IMG_0777.jpg
燃料ライン
IMG_0779.jpg
ヒンジ付きエンジン部品搬入口
IMG_0781.jpg
ホールド・エンジン監視室出入口
IMG_0780.jpg
入って左がエンジン監視室
IMG_0763_20091117162330.jpg
ハッチは、格納スペースや通路幅確保を考えヤナセ鉄工船主指定
IMG_0769.jpg

IMG_0772.jpg
ロック部分は取り換え可能
ローラーはステンレス仕様
IMG_0773.jpg
ホールド内電動カーテン
ダンネージ引き揚げ用電動ホイストと移動レール
IMG_0662.jpg
チェーンロッカー入口
IMG_0663.jpg
スラスター室・停泊用補機入口
ここが垂直梯子だと、どうしても点検に入る回数が減ります
出入りしやすい通常階段にすることにより点検回数も増えより安全を保てます
IMG_0667.jpg
スラスターエンジンはいすゞマリンディーゼル273kw
IMG_0664_20091116011728.jpg
停泊用発電機はヤンマー 極超低騒音 60Kva
IMG_0665_20091116011729.jpg
ダンネージ置場はフォークリフトの爪が入るよう台座付き
やはりこのあたりは、長年の鋼材船経験のアイデアですね
IMG_0668.jpg
ラッシングピースもしっかり設置
整列できるようデッドスペースになってもR部分は使用せず
IMG_0669.jpg
ダンネージ片付けリフト
IMG_0670_20091117225628.jpg
高さがあるので踊り場付き
IMG_0671_20091117225628.jpg
乾舷甲板通路低位部はトラマークではなく回転灯で安全表示
IMG_0672_20091117225628.jpg
ホールドはコンパネボックス
IMG_0673_20091117225629.jpg
船尾
ウインチはヤナセ鉄工のグラスファイバー巻きウインチ(特別仕様)
IMG_0703_20091117230333.jpg

IMG_0783_20091117230231.jpg

そして本日公式試運転 【写真提供:松浦専務】
Sno.571 海上予行・公試運転 048
社旗を力強くなびかせ
Sno.571 海上予行・公試運転 010
右へ左へ
Sno.571 海上予行・公試運転 066
低燃費爆走中
Sno.571 航走写真 0201

詳細は松浦造船所 松浦造船日記をクリック




関連記事

2009.11.18    カテゴリ:  新造船 

   祝竣工 3000klタンカー 第八幸秀丸

本日竣工の藤井綱海運株式会社の新造船 3000kl白油ダブルハルタンカー 第八幸秀丸
第8幸秀丸【Kousyu Maru No8】 藤井綱海運・鉄道建設運輸施設整備支援機構
鶴見サンマリン・霧島海運商会 1833GT 3300㎥ 山中造船
004_20091118093140.jpg
【写真提供:素人造船(株) 船舶模型課 様】
009_20091118093140.jpg
ファンネルは、内航タンカー最大手の鶴見サンマリン株式会社
IMG_0370.jpg
エンジンはダイハツディーゼル 新型エンジン 6DCM-32F 2206KW
IMG_0816_20091118093140.jpg
新型エンジン 6DCM-32Fの1号機でもあります
IMG_0823_20091118093140.jpg
デッキは鮮やかな通称:キンリキカラー【撮影は11/13】
IMG_0832_20091118093139.jpg
このデッキペンは、航行中にブリッジに反射しハウスの白がよく映えます
マストカラー・デッキカラー黒い船体によくバランスがとれた配色になっています。
IMG_0861.jpg
山中造船バルバス3兄弟
IMG_0883.jpg
第八幸秀丸 処女航海に向け出航
乗り出し航海しばらくは、ペンキの塗り増しなどに備え定員MAXの13人乗船
PB1800311.jpg
第8幸秀丸【Kousyu Maru No8】 藤井綱海運・鉄道建設運輸施設整備支援機構
鶴見サンマリン・霧島海運商会 1833GT 3300㎥ 
2009.11 山中造船 ダイハツディーゼル 6DCM-32F 2206KW
PB1800281.jpg
【海上撮影:K汽船T氏】

藤井綱海運
3000kl 白油タンカー幸秀丸 【Koshu Maru】 藤井綱海運 霧島海運商会 1495GT 3399㎥
1994.1 村上秀造船 新潟鉄工所 6M38HET 3000ps
IMG_8859_20091118163331.jpg
LPG 第十一幸秀丸【Koshu Maru No.11】 藤井綱海運 コスモ海運 699GT 1247㎥
1993.3 三浦造船所佐伯 阪神内燃機工業 6EL30G 1800ps
dc060924-1.jpg

来春も新卒者を募集(若手中途採用もOK)するそうなので
興味のある方はこちらをクリック→藤井綱海運→求人情報
関連記事

2009.11.19    カテゴリ:  航海中 

   ジャストインタイム輸送

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2009.11.19    カテゴリ:  新造船 

   松星丸 船内探訪

試運転を終え現在、松浦造船所にて最終艤装に入っている松星丸【撮影:11/13】
220cm幅熱線入りセンター窓
IMG_0767.jpg
視認性の高い 〔 型窓
3面スライドワイパー センターはダブルスライドワイパー
IMG_0720_20091119132416.jpg
ブリッジの風格に目が行きがちですが中身は機能的
IMG_0721_20091119132417.jpg
YAMAX(山本鐵工)電子海図ルート・トラッキングパイロット装置 ECTP-100
電子海図表示装置 は戸製作所製タッチパネル方式「運航サポーター」 ESS-100N
IMG_0723_20091119132417.jpg
この配置を見て、何か気付きますか?
エンジンテレグラフの位置
精一杯センターに寄せることによりほぼセンター位置でのワンマン操船可能なユニバーサル設計
IMG_0725_20091119132418.jpg
テレグラフが舵輪と離れているとあっち行ったりこっち行ったりで無駄な動きです
499GT以下クラスでは入出港ワンマン操船が常識ですからね。
IMG_0736_20091119132417.jpg
バラストコントロール操作盤
ダンボールで隠れていますが赤阪鐵工所 機関警報盤は美しい女性の声で
「主機異常です」などと言ってくれます。(たぶんミス赤阪鐵工)
IMG_0724_20091119132417.jpg
配電盤
IMG_0739_20091119132625.jpg
チャート台
IMG_0740_20091119132625.jpg
チャート収納引き出しは二重ロックタイプ
IMG_0741_20091119132626.jpg
【ブリッジトイレ】
高級感あふれる内張り
IMG_0726_20091119132626.jpg
このブリッジタイプの正式な名前は知りませんが通称では西大寺風と呼ばれています
IMG_0727_20091119132626.jpg
【船長室】
冷蔵庫は全室2ドア冷蔵庫
IMG_0732.jpg
テレビはチャンネル設定簡単のシャープ AQUOS LC-15SX7A
IMG_0733_20091119135144.jpg
配線が出ている場所にノートPCミニデスクが付くそうです
IMG_0734.jpg
499GTクラスでは、ほとんど見ることがない通路壁内張り(2F)
腰板付きで高級感を出しています
IMG_0735_20091119135144.jpg
ギャレー
IMG_0742_20091119135145.jpg
前面はキッチンパネル
IMG_0743_20091119135145.jpg
食堂・サロンIMG_0708_20091119143836.jpg
食堂にあるFOオーバーフロー警報
IMG_0762.jpg
1F通路 内張り腰板付き
IMG_0706_20091119143836.jpg
脱衣場兼洗濯場
乾燥機付き洗濯機は2タイプ
IMG_0757.jpg
高級旅館の内風呂を思わすような雰囲気の浴室
IMG_0705_20091119143837.jpg
壁材はバスパネル
24時間風呂が付きます
IMG_0759.jpg
機関室送風機はボートデッキに設置
IMG_0709_20091119145000.jpg
空調室
IMG_0710_20091119145001.jpg
ユニックは、トモの油圧とは別系統の単独型
IMG_0711_20091119145001.jpg
ユニックのブーム置き(支柱)は、建造中に(夜の部で)松田専務と仲良くなった鉄工所の人が
是非とも何か造らせてくれと志願してできた寄贈品
松田専務の人柄と大崎上島の温かさでしょうか(笑)
【製作寄贈:惣明製作(株) そうみょうせいさく】
IMG_0712_20091119145001.jpg
交通艇はイヨプラ製(伊予プラスチック造船所)
IMG_0729_20091119145925.jpg
清水タンクのエア抜きはボートデッキに
IMG_0713.jpg
ボートデッキ 倉庫
IMG_0730_20091119145925.jpg
ホールド内送風機
クレーンはタラップの設置と荷物の搬入用
IMG_0731_20091119145926.jpg
ファンネルは三星海運のスリースター
IMG_0714.jpg
排気管 ステンレス仕様
IMG_0718_20091119145925.jpg
コンパスデッキへのアプローチ階段 499GTクラスではほとんど見ないです
IMG_0715_20091119145924.jpg
旋回径ギリギリのSバンド空中線
鋼材船は起倒式マスト必須なのでこの位置になります
IMG_0716_20091119145925.jpg
もう一つ変わった装置
Sno.571 海上予行・公試運転 039
次世代型超音波式風向風速計
日本エレクトリック・インスルメント
可動部がないのでメンテフリーです。
松田専務がBARI-SHIPで説明を受けて即答で決めたそうです
Sno.571 海上予行・公試運転 042
本船の風向風速計の風向が表示されなくなり(たぶん断線)
修理見積もりするとオーバーホールで30万
新品でしたら32万で即納ですと言われ諦めました。
さすがに風速まで壊れると修理せざるを得ないですが。
現在風向は海面見て判断。

船の建造と言うものは、松星丸の建造を見てもわかるように
船主さん始めいろんな人の手と想いが詰まった1大プロジェクトです。
いろんな考えもあると思います。船は商売道具だから装備は最低限で良いと言う考えも
間違いではありません。しかし船員の立場になって考えてみた時に、
同じ給料・同じ仕事条件で最低設備と考えられた設備どちらに乗りたいでしょうか?

値段は同じでも殺風景な最低限の設備の建売住宅と自分が設計から携わった家のどちらに住みたいですか?そしてどちらに愛着をもてるでしょうか?
もっとわかりやすくすると賃貸マンションやアパートに住む時に家賃と立地同じで最低限の設備と
住民のことを考えられた住居・・・どちらに住みたいですか?

愛着を船に置き換えると長く使おうと言うメンテナンス心と大切に使おうと言う安全第一にもつながります。

荷主やオペレーターとしてどちらに輸送を任せたいでしょうか?

ビジネスですから考えは、いろいろあって当然です。
何が正しくて何が正しくないか。

結果が出る方が当然正しい。
大・中・小関係なく頑張っている人が報われる業種 内航海運でありたいですね。

私のブログ方針としては、大・中・小に関係なく頑張っている人を応援したいと言うのが基本理念です

頑張れ!内航海運2009!
関連記事

2009.11.20    カテゴリ:  エンジン 

   新型エンジン ダイハツディーゼル  6DCM-32F 2206KW

第八幸秀丸の搭載エンジン
ダイハツディーゼル 新型エンジン 6DCM-32F 2206KW
IMG_0825_20091120084939.jpg
LOの年間消費量や機関部の作業軽減で注目されている中速エンジン最大手のダイハツディーゼル
ダイハツ肝入れの初号機
IMG_0816_20091120084939.jpg
軽量コンパクト設計
IMG_0815_20091120084939.jpg
船尾側から
IMG_0819_20091120084940.jpg
排気側
IMG_0824_20091120084940.jpg
低騒音・低振動も特徴であります
実際に試運転においても低振動は、各オーナーから評価があったようです
IMG_0810.jpg
エンジン場がものすごく広く感じます
IMG_0822_20091120090034.jpg
発電機もダイハツディーゼル 低燃費・NOX対応 6DL-16A 350Kva
IMG_0820_20091120090034.jpg
補機は2台
IMG_0821.jpg
排ガスエコノマイザー
IMG_0814_20091120090035.jpg

IMG_0826.jpg
パイプ・アングル資材置場
修理・製作なんでもこいの船員さんがそろっています
IMG_0827_20091120090035.jpg
スタンチューブの上にある船上焼却炉
IMG_0817_20091120194004.jpg
監視室フロアから船尾方向
IMG_0812_20091120194004.jpg
ダイハツ陣営も初号機の取材にきていました
IMG_0811_20091120194004.jpg
キングストン 点検用T-ライト付き
床下トラブルは案外見落としがちです。
本船も良くオイル食うなと思っていたところオイルラインのフランジの溶接面に
亀裂がいきそこから漏れていました。
IMG_0844_20091120194004.jpg
逆転機
IMG_0843.jpg
スタンチューブ付近もワンフロアにしないで点検しやすいよう多層階式 点検用T-ライト付き
IMG_0842_20091120194005.jpg
エンジンリモコン
IMG_0845.jpg
舵機室には、どちらからも入れる設計
IMG_0794_20091120203514.jpg
その前が作業台
IMG_0796.jpg
ダイソーのパレットが入るよう設計された節約設計
IMG_0808_20091121083019.jpg
舵機室
雑用コンプレッサーも完備
IMG_0795_20091120203514.jpg
停泊用補機 三井ドイツ MDG-120T4
IMG_0797_20091121082542.jpg
FO清浄器 OFROユニット 半自動タイプ
IMG_0798.jpg
ハンドルを回す半自動タイプ
IMG_0799_20091121082542.jpg
消火装置
IMG_0800.jpg
LO清浄機 半自動型RISOユニット ア メ ロ イ ド日本サービス社
IMG_0806_20091121083018.jpg
CJCフィルタ ア メ ロ イ ド日本サービス社
IMG_0807_20091121083018.jpg
エンジン監視室
IMG_0802_20091121082542.jpg
T-MAP(電子海図表示装置)の副モニター付き
IMG_0805.jpg
荒天時も安心のトラスコ中山:TRUSCO スリーロックワイド重量キャビネット
IMG_0804_20091121083017.jpg

IMG_0803_20091121082543.jpg



関連記事

2009.11.24    カテゴリ:  新造船 

   第八幸秀丸 船内探訪

11月18日に竣工した藤井綱海運の新造3000klタンカー 第8幸秀丸
【撮影は11/13】
IMG_0832_20091124082352.jpg
トモのフェアリーダー配置
IMG_0831_20091124082352.jpg
あらゆるバースを想定しての配置
ファイヤーワイヤー用ボラードの天井板はステンレス一枚モノ
周りをステンの丸棒で曲げながら溶接するより早くて簡単ということで一枚モノ(山中生産方式)
IMG_0849_20091124082352.jpg
スプリングローラーは、オモテ側を突き出すカーゴとは逆パターン型
IMG_0850.jpg
船尾作業灯は、眩しさ軽減のため上段に配置
IMG_0854.jpg
交通艇は、イヨプラ製(伊予プラスチック造船所)別注キャビン仕様
IMG_0829_20091124082353.jpg
潮風対策の入口キャンバスシートは有津船用品特注品
IMG_0830.jpg
ボートデッキ ウイング下
IMG_0852.jpg
ウイング下は、手入れしにくいので裏面は囲い
IMG_0851.jpg
ブリッジ前面足場へのアプローチ
IMG_0853_20091124082808.jpg
ポンプ室内ガスフリーファン 大きなステンレスエルボー
IMG_0855_20091124082809.jpg
こう言った場所も
IMG_0856_20091124082809.jpg
安全対策
IMG_0857_20091124083712.jpg
ユニックは、油圧配管油飛び防止カバー付き
IMG_0858.jpg
荷役ホースはステンレス受け皿の収納台
ユニックを使用することによりワンマン収納可能
IMG_0859.jpg
広いフライングパッセージ
IMG_0860_20091124083713.jpg
グレーチングはステンレスメッシュ ・受けのアングルもステンレス
ベントバルブを前方視界の妨げにならないよう精一杯外側に配置
IMG_0861_20091124083713.jpg
ベントバルブ
IMG_0866_20091124084006.jpg

IMG_0865_20091124084005.jpg
オモテ
ウインドラスからの油流れ防止に T-スカッパーを設置
IMG_0864_20091124084005.jpg
レットを投げやすいように踏ん張りのきく滑り止め
IMG_0862.jpg
フィギュアヘッドではないですよ。
エアガン用台座 こう言う場所にも引っ掛かり防止の施工
IMG_0863.jpg
航海計器 FURUNO製SバンドXバンドレーダー GPS GP3500 電子海図表示装置T-MAP
IMG_0828_20091124084006.jpg
日本総合システムの ChartViewer (チャートビューワ)を組み込んだ藤井社長自作の電子海図表示装置
IMG_0847.jpg
ディスプレイ延長分配器で船長室・荷役事務室・エンジン監視室に副モニターを設置
配線はLANケーブル 8分配まで可能


分配器 ディスプレイ延長
荷役事務室の副モニター
IMG_0867_20091124094626.jpg
エンジンテレグラフ
操舵機の両サイドは間に当直者がハマるすっぽり設計。
IMG_0841.jpg
居眠り防止装置業界ナンバーワンのワッチサポート (株)ASKA 鶴洋商事㈱
IMG_0848_20091124094626.jpg
使わなくなったデジカメを利用しての液面計監視カメラ 
IMG_0868.jpg
藤井社長自らコーキング
IMG_0787.jpg
冷蔵庫は家庭用4台+冷凍庫 それに加え全室2ドア冷蔵庫完備
IMG_0788_20091124101208.jpg
ミーティングしやすいよう縦型配列
IMG_0789.jpg
ウォータークーラー
配管は船員さんたちの自作
IMG_0792_20091124101208.jpg
24時間対応の循環式温水器 VARUNA
IMG_0791.jpg
一般配置
IMG_0790_20091124101208.jpg
竣工後に蛍光鉢巻を塗るようです。
この一缶で結構なお値段。
濃霧の際にはマストや船体より先にブリッジの蛍光が見え、事故防止・安全航海につながります
IMG_0869.jpg
第8幸秀丸の船造りを見てもわかるようにお金をかけるところにはお金をかけ
自分たちでやれるところは自分たちで、使えるものは使うと言う創意工夫での
船造りになっています。

竣工後の実際の使いやすさや10年後15年後にメンテコストを極力抑えるような工夫。
長年藤井社長が構想を練り見聞きしてきたアイディアを取りためてた分厚いT-ファイルを
元に造られた船でもあります。

関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog