企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース
 全1ページ
このページのリスト
2009.12.01   カテゴリ:《 新造船 》
  祝竣工 第十八東丸
2009.12.02   カテゴリ:《 新造船 》
  松星丸 省エネコンセプト設備
2009.12.04   カテゴリ:《 テレビ番組 》
  ガイアの夜明け  くず鉄が世界を駆ける
2009.12.04   カテゴリ:《 新造船 》
  松星丸 【船内探訪】
2009.12.07   カテゴリ:《 航海中 》
  冬晴れの駿河湾
2009.12.07   カテゴリ:《 省エネ 》
  未来型超高速抗議船「アディ・ギル(Ady Gil)」号
2009.12.08   カテゴリ:《 航海中 》
  浦賀水道   国内初の6000kl白油タンカー そうび丸
2009.12.09   カテゴリ:《 その他 》
  祝 200万アクセス突破そしてTOB完了
2009.12.11   カテゴリ:《 航海中 》
  清水~佐世保
2009.12.11   カテゴリ:《 海難事故 》
  THE係船そして立件へ
2009.12.12   カテゴリ:《 新造船 》
  本日就航 第十八照丸   船員組合組織 全日本バラ積み連合
2009.12.13   カテゴリ:《 新造船 》
  予告編
2009.12.16   カテゴリ:《 海難事故 》
  下田港沖で貨物船座礁
2009.12.16   カテゴリ:《 新造船 》
  6800t積みスーパーセメントタンカー 立眞丸
2009.12.16   カテゴリ:《 新造船 》
  祝 進水 第十一松山丸
2009.12.17   カテゴリ:《 新造船 》
  5000kl黒油タンカー 双星丸 ファイナルドック
2009.12.18   カテゴリ:《 新造船 》
  ブリッジオブザイヤー2009
2009.12.19   カテゴリ:《 荒天航海 》
  ポルターガイスト
2009.12.21   カテゴリ:《 荒天航海 》
  この冬一番の冷え込み
2009.12.22   カテゴリ:《 海運ニュース 》
  内航タンカー講演
2009.12.22   カテゴリ:《 新造船 》
  スパーセメントタンカー 立眞丸
2009.12.24   カテゴリ:《 内航船〔カーゴ〕 》
  鋼材・自動車運搬兼用船 21邦久
2009.12.24   カテゴリ:《 航海中 》
  船上のメリークリスマス
2009.12.24   カテゴリ:《 造船所 》
  46トンクレーン新設
2009.12.31   カテゴリ:《 その他 》
  仕事納め

2009.12.01    カテゴリ:  新造船 

   祝竣工 第十八東丸

先週末竣工した東汽船株式会社の5000kl黒油タンカー新造船 第18東丸【Azuma Maru No18】
IMG_0361_20091106094132.jpg
東汽船 旭タンカー 3595GT 5519㎥
2009.11 新来島どっく波止浜 赤阪鐵工所 A45S 3309kw  CPP
IMG_0333_20091106094132.jpg
運航は、内航タンカービック3の一角
IMG_0215_20091106094132.jpg
操舵室
IMG_1105_20091201083957.jpg
天井は乱反射を防ぐ濃い青に加え前面窓3面はSOLASOLV設置
IMG_1104_20091201083958.jpg
反射防止、熱伝達防止機能を持つ舶用サンスクリーンSOLASOLV
IMG_11031.jpg
SOLASOLVの特徴は以下の通り。
●光反射を93%カットし、クリアな視界を実現、航行安全に寄与する。
●陽光の熱伝達を87%カット。
●有害なUV光線を97%以上カット。
●レーダーや電子海図など画面の反射を抑える。
●実際の色に近い配色を再現し、海上目標物の認識を容易にする
IMG_1101_20091201083958.jpg
天気の良い日には、海面反射で前が見えないくらい眩しい時があり
当然前は見えづらい・それに加え前からの光線が天井などの白に反射し
レーダーなどが見えにくいなどサングラスで防ぎきれない場合もあります。
こう言った航海安全に対するアイディアや設備は非常に良いことだと思います。
IMG_1100_20091201083958.jpg
チャート台 
IMG_1106_20091201085258.jpg
チャート伸ばし用の切れ目付き
IMG_1108.jpg
エンジンリモコン
IMG_1107_20091201085259.jpg
マストワイヤーはビニール被膜付ステンレスワイヤー 
IMG_1112_20091201090743.jpg
船員室TVは回転台方式(写真は船長室)
IMG_1109_20091201085259.jpg
ソファーからもTVが見られます
IMG_1110_20091201085259.jpg
船室はカーペット仕様
IMG_1111.jpg
エグゼクティブサロン 1F
半分はカーペット仕様
IMG_1113_20091201090744.jpg
カウンター付き食堂
IMG_1115_20091201090744.jpg
机配置は、ミーティングしやすい縦型配置
IMG_1118_20091201090744.jpg
ギャレーは船体中央横型 
IMG_1116_20091201090744.jpg
作業しやすいアイランドキッチン
IMG_1120_20091201091326.jpg
冷蔵庫・冷凍庫・奥は食糧庫
IMG_1119_20091201090745.jpg
エンジンは100年の歴史がある老舗ディーゼルエンジンメーカー 赤阪鐵工所 A45S 3309kw  
IMG_1125.jpg
デッキカラ―にエンジンが映えてますね
IMG_1126_20091201091327.jpg
補機は後方に2台並列配置
IMG_1124.jpg
長期間無開放運転「ドック~ドック・メンテナンスフリー」のフジジェットフィルター
IMG_1123_20091201091327.jpg
三菱化工機 セルフジェクター
IMG_1122_20091201091326.jpg
電磁弁・資材倉庫
IMG_1128.jpg
資材置き場
IMG_1127_20091201194211.jpg
機関制御室
機関制御監視モニタシステムはBEMAC BE-D10
IMG_1129_20091201194212.jpg
デッキ
IMG_0218_20091106094132.jpg

IMG_1085.jpg
荷役ラインはステンレスUボルト止め(SUSプレート付き)
後々手入れの困るところには設備投資です。
IMG_1083_20091201083055.jpg
電磁弁ボックス
IMG_1084_20091201083056.jpg
フォアマスト
IMG_1090_20091201083056.jpg
ビニール被膜付ステンレスワイヤー こちらは黒皮
IMG_1089.jpg
ベントバルブ
IMG_1092_20091201083056.jpg

IMG_1091_20091201083440.jpg
ボースンストア内 アンカーチェーンシャックル予備
IMG_1088_20091201083440.jpg
避難用ボックス
IMG_1093.jpg
荒天時などの時にオモテに先遣隊が行かないといけない場合に
波浪から逃れるための安全避難ボックス。
5000キロクラスと言えども満船時はフライングパッセージ上でも海面距離は近いですからね
IMG_1095.jpg
荷役ホース置場
IMG_1094.jpg
マニホールド
IMG_1097_20091201083441.jpg

IMG_1096_20091201083957.jpg

【撮影は11/21】

見てもわかるように、見上げた仕事の新来島クオリティと長年内航タンカーに携わっている東汽船のコンセプトが
各所に見られるいい船でした。

第十八東丸の安全航海と東汽船株式会社の今後のご活躍を期待しています

第十一東丸【Azuma Maru No.11】 東汽船 旭タンカー 3482GT 6209㎥
2006.7 新来島波止浜どっく 赤阪鐵工所 6UEC33LSⅡ 4623ps
IMG_8740.jpg


現在では、大西工場を中心とした外航建造比率が多い新来島どっくグループですが
自動車船建造世界一(グループ全体)や5000キロクラスのタンカーを中心に
内航においても旧来から新来島ブランドとして確固たる地位を確立しています

でっかい船を眺めているとでっかい夢が湧いてくる。

船作りには結構ロマンが溢れている。

見上げた仕事だ。


株式会社新来島どっく

隣には旭タンカーの外航ケミカルが艤装中(11/21撮影)
IMG_1086_20091201204720.jpg
関連記事
スポンサーサイト

2009.12.02    カテゴリ:  新造船 

   松星丸 省エネコンセプト設備

松浦造船建造  松星丸【Syousei Maru】 松田海運 三星海運 499GT 1830DW
エンジンは499GT18型事情にマッチした 出力22%増・軽量小型化・高経済性の赤阪鐵工所AX33 2000ps
IMG_1287.jpg
船体色と同色のSea Greenカラー エンジンルーム中デッキ甲板
IMG_1285.jpg
セントラルクーリング
IMG_1286.jpg
海水ラインに何か付いています
IMG_1282.jpg
これは最近、注目され採用船が増えているアメロイド日本サービス社の海洋生物の付着を防止装置 マグ馬力ですね
1.既存船でも取り付け簡単!
2.メンテナンスは一切不要!
3.取付後の効果は半永久的!
4.毒性は一切ありません!
IMG_1290.jpg
導入メリット
エンジンのL.O.クーラ前配管などの海水管に設置すると、貝殻付着やスケール・錆の発生が抑制され、ドック時のメンテナンス費用を低減します。更にエンジンの燃費向上や運転効率UPが期待できます。
使用効果の声はこちら→導入者の声
IMG_1277.jpg
副産物的効果として船尾管注水管への採用が効果的との声が多いようです
IMG_1278.jpg
問い合わせはこちら→株式会アメロイド日本サービス社

さらに海運業界から注目されている燃料節約装置 節約くん」株式会社エスエスティ―
舶用C重油初号機です
IMG_1279.jpg
設置場所はこちら
IMG_1291.jpg
アメロイドのFO清浄機に組み込まれた燃料を分子レベルで良化する装置 
『Honeycomb reformer HMR-2000』 ハニカムリフォーマー 巽工業㈱
IMG_0696.jpg
燃料をハニカムリフォーマーでハニカムリフォーミングした後にアメロイドの清浄機を通すので
清浄機の汚れも少ないそうです。
IMG_0677_20091115165249.jpg
簡単に言えば、ハニカム構造の装置を圧力をかけて燃料を通すことにより燃料分子が燃えやすく分裂すると言う考え
新聞紙も束で燃やすより千切って燃やす方が燃えやすいですよね
IMG_0678_20091115165249.jpg
エンジン場 ボトムデッキ
さてこれは、軽量化の為のアルミ鋼板でしょうか?オールステンレスでしょうか?それともシルバー塗装?
IMG_1273_20091202182529.jpg
岡島造船の船はアルミ鋼板仕様です
答えはこちら→松浦造船 松浦造船日記
IMG_1274.jpg
アカサカ機関管理システム アカサカ巡之助
IMG_1289.jpg
◇携帯型入力端末ハンディターミナル
IMG_1288.jpg
省エネは、海上物流においての重要なテーマであり今後の至上命題です。

オーナーの立場に立って考えれば、C重油よりA重油仕様・船も船型重視(これだけでかなりの省エネ)で部屋を充実
省エネ設備もオーナー側のコスト負担なわけで・付けたから用船料がアップするわけではないのです。

市場要求に応じた499GTでできる限り積める1800DW型・C重油仕様 高馬力エンジン・省エネ設備
なぜここまでするのでしょうか?それは、省エネ船を造ることで利益効率の良い運航をオペレーターや
荷主に対し提供することができ、その利益をまた船主までに循環してくるよう循環型海上輸送が期待できるのです

そう言った背景やコンセプトを無視して机の上に船舶明細と運航状況・燃料消費状況を
並べこの船、燃料消費多いから回転下げろでは、プロの海運マンとは言えないのではないでしょうか?

もちろん、省エネ設備設置に対し補助金が出るような海運会社も多数あります。
省エネ製品には何パーセント省エネなどと言った宣伝文句がありますが
荷主やオペレーター側は、何パーセント省エネになると言う見方より何パーセント
利益還元してくれているんだと言う目線で見ると設備投資したオーナーさん達も少しは報われると思います。

もちろん、省エネ化を追い風に環境型海上物流・安定的海運経済にしていくこともオペレーターや荷主の至上命題でも
あるのではないでしょうか。
関連記事

2009.12.04    カテゴリ:  テレビ番組 

   ガイアの夜明け  くず鉄が世界を駆ける

BSジャパン 12月4日(金) 21:00~21:54
【世界中から集まる巨大船舶…その解体現場に潜入】


尾道での外売シーンは、冨士運油の第十五冨士丸のようでしたね

第十五冨士丸【Fuji Maru No.15】 冨士運油 993GT 2238㎥
1994.5 伯方造船 阪神内燃機工業 6H34LG 2200ps
 
関連記事

2009.12.04    カテゴリ:  新造船 

   松星丸 【船内探訪】

以前の記事と重複する部分はありますがこちらは引き渡し前日写真ですので完成状態です
あまり知られていないかもしれませんが私の本業は船乗りですので(笑)こう言った竣工前日に見学に伺えるのは
運が良かったとしか言いようがありません。

松浦造船所建造  松星丸【Syousei Maru】 松田海運 三星海運 499GT 1830DW
IMG_1295.jpg
船尾
IMG_1294.jpg
船尾は、ロープ角度を考えセミハンドレールタイプ
IMG_1292.jpg
ブリッジ3枚窓 センター220cm 西大寺風
IMG_1254.jpg
室内フローリング
船内に入ってまず思うのが新造船の香りと言うより新築の香り
IMG_1240.jpg
やっぱり大きい視認性抜群のセンター220cm窓
IMG_1242_20091203090959.jpg
計器類が見やすいように天井は濃い青
IMG_1241_20091203091000.jpg
調光式船舶用照明時計
IMG_1247.jpg
FURUNO Sバンド・Xバンドレーダー GPS GP-3500F
IMG_1244_20091203091329.jpg
YAMAX(山本鐵工)電子海図ルート・トラッキングパイロット装置 ECTP-100
IMG_1245.jpg
探照灯・時計スイッチ
探照灯のスイッチは近くにあると便利ですね
IMG_1248.jpg
電子海図表示装置 は戸製作所製タッチパネル方式「運航サポーター」 ESS-100N
IMG_1246.jpg
配電盤・チャート台
IMG_1249.jpg
ブリッジトイレ
高級感ある内張り仕様です
IMG_1239_20091203091913.jpg
船長室(全部屋2ドア冷凍冷蔵庫)
IMG_1229_20091203091914.jpg
結露逃がしの排水溝付き
IMG_1231_20091203091914.jpg

IMG_1232.jpg
一般配置図
IMG_1234_20091203091915.jpg
右舷後方の部屋
IMG_1233.jpg
2Fセンターの部屋
IMG_1235_20091203092441.jpg
左舷後方の部屋
IMG_1236.jpg
機関長室
IMG_1237_20091203092444.jpg
2F踊り場付近
IMG_1228.jpg
1Fから2Fへの階段
IMG_1227.jpg
キッチン
IMG_1216_20091203092444.jpg

IMG_1215_20091203103341.jpg
食堂・サロン 燃料オーバーフロー警報付き
IMG_1217.jpg
1F廊下 腰板付き
IMG_1218_20091203103342.jpg
1F船員室
IMG_1219_20091203103342.jpg

IMG_1220_20091203103342.jpg
1Fホール
IMG_1221_20091203103343.jpg
高級居酒屋か高級旅館にでも来たような雰囲気のトイレ
IMG_1222.jpg

IMG_1223_20091203103910.jpg

IMG_1224_20091203103910.jpg
洗濯場・脱衣場
洗濯機はドラム式と普通タイプ(2基とも乾燥機能付き)
IMG_1225.jpg
バスパネルで内張りの高級旅館風
IMG_1226_20091203103910.jpg
ボートデッキの排水は独立排水
集合管と言う方法もありますがゴミ詰まりなど考えるとこちらの方がベター
IMG_1250.jpg
ワンタッチスカッパー
IMG_1251.jpg
ホールド荷役作業入口
IMG_1252.jpg
ハンドレール支柱はアングル囲い スカッパー切り込み
バラストエア抜きは精一杯外へ 60cm安全通路確保
IMG_1255.jpg
油圧ホースは油飛散防止カバー付き
IMG_1256_20091203105043.jpg
カーゴはオモテから積んだりトモから揚げたりで思いっきりオモテ足になることがあります。
スカッパーを表側にも付けるようにする方法もありますが水止めに切り込みを入れてどちらかも流れるようにすると合理的。 
IMG_1258.jpg
甲板通路
IMG_1259.jpg
バラストエア抜き ボットンはダブルにして通路幅確保
IMG_1260.jpg
ハッチはヤナセ鉄工 エルマンコンベックスタイプ
格納台のコンパクトさや各所ステンレス対応など融通が効くメーカー
IMG_1267_20091203120243.jpg

IMG_1264.jpg
三星海運の499船団はだいたい新造船になりました。残すは社船くらいでしょうか(笑)
IMG_1265_20091127140928.jpg
コンパスデッキ スカッパー カップタイプにしていますね
ゴルフの練習もできます(笑)
IMG_1268_20091203120243.jpg
コンパスデッキ用水道
延長ホースや延長コードで良いのでは?と思うかも知れませんが
水道の蛇口とコンセントは、多いことにこしたことはありません。
IMG_1269_20091203120243.jpg
【MASPRO マスプロ電工】AMアンテナ(屋外用)ステンレス製[RP170S]
IMG_1270_20091203120244.jpg
次世代型超音波式風向風速計
日本エレクトリック・インスルメント
IMG_1266.jpg
バッテリー室は独立型
IMG_1271.jpg
機関室送風機はボートデッキ ファンネルとハウスの間
IMG_1272.jpg

以上で松星丸の記事は終了です。
トラブルもなく順調に航海していると松田さんから連絡ありました。


建造は、499GTカーゴ建造の松浦造船所




関連記事

2009.12.07    カテゴリ:  航海中 

   冬晴れの駿河湾

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2009.12.07    カテゴリ:  省エネ 

   未来型超高速抗議船「アディ・ギル(Ady Gil)」号

地球最速の高速の三胴船(トリマラン型)エコボート バイオディーゼル100%、炭素排出量ゼロ
世界周航最速新記録を達成した「アースレース(Earthrace)」をアディ・ギル(Ady Gil)号として導入

シー・シェパード、日本の調査捕鯨に「未来型抗議船」で対抗
燃料には、大豆、カノーラ油、ブドウエキス、人間の脂肪さえ使用できる



カッコ良すぎます。やってる活動も破天荒ですがここまで来ると感心しますね。


乗り心地は厳しそうですね

建造費用は約300万ドル(約3億4000万円)
関連記事

2009.12.08    カテゴリ:  航海中 

   浦賀水道

朝日と海上自衛隊むらさめ型護衛艦 ゆうだち
IMG_6438.jpg
関連記事

2009.12.08    カテゴリ:  内航船〔タンカー〕 

   国内初の6000kl白油タンカー そうび丸

1997年当時、超近代化船として内海造船瀬戸田で建造されました。
95年から97年にかけ内海造船では
日立造船MAN-B&W8L42MC10840馬力のモンスターエンジンを積んだ
5000キロタンカー日丹丸(日本タンカー)を始め、
さくら丸(上野トランステック)・第二日宝丸(鶴見サンマリン当時は島津)
そして、国内初の6000キロ積み白油タンカー そうび丸と次々に大型内航タンカーの近代化が進みました
そうび丸 上野トランステック 3494GT 6569㎥
1997.10 内海造船瀬戸田 阪神内燃機工業 M-B&W 6L35MC 4440ps
IMG_1415.jpg
ミスター膨張トランクと言っても良いくらいの高さ2.28mの巨大な膨張トランク

超近代化と言うだけあって、近年の建造船となんら遜色ない設備で
三菱重工製の全自動荷役装置スーパーカーゴX ベクツインラダーにジョイスティック操船
音声認識運行支援システム「SUPER BRIDGE-X」搭載など

まだ世間的には、インターネットやパソコンが普及して間もない時期に
これだけの設備を搭載しているのはすごいですね。

さて、超近代化からはや10数年 電気推進船の登場などもありますが
次の超近代化は、どのような船ができてくるのでしょうか。

日丹丸【Nittan Maru】日本タンカー 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 4286GT 5986㎥
1995.12 内海造船瀬戸田 日立造船MAN-B&W8L42MC10840ps 航海速力17ノット
s-IMG_7492.jpg

さくら丸【Sakura Maru】 上野トランステック 2997GT 5500㎥
1996.3 内海造船瀬戸田 阪神内燃機工業 M-B&W 6L35MC 4560ps
IMG_0710.jpg



関連記事

2009.12.09    カテゴリ:  その他 

   祝 200万アクセス突破そしてTOB完了

2009年12月8日19時40分過ぎ地蔵埼手前にて200万アクセス達成 3年6ヶ月

平日平均1日2500アクセスくらいいっていたので今年中には達成できるとは思ってましたが
予定よりは少し早く一つの節目を迎えました。これも単衣に、たくさんの方々の非公式・公式にかかわらず
ご協力とご支援の賜物だとつくづく感じます。

特に今年は今治海事展BARI-SHIPがあり、そこを起点にいろんな方々と知り合うチャンスが増えました。
新造船見学においても快く快諾してくれるオーナーさんやオペレーターさん造船所さんがいてくれ
見学できる幅も随分と広がりました。
そして業界で活躍している人たちの心の広さを感じた年でもありました

しかし逆に私が各オーナーさんのこだわりを紹介したばっかりに、新造船建造において
オーナーさんの仕様要求が上がったと造船関係者も苦笑いの声も頂きましたが
それは、今後の内航建造発展に結び付けていただければ幸いなことです

内航.COMを一つの紹介の場として認めてくれ、また世間認知・業界認知の場として評価をいただき
私としても昨年以上にやりがいのある年でありました。

また業界メディアとコンセプトも視点も全く違うので評価をいただけたのではないかと自負をしております。

内航.COMを見るためにパソコンを買い船に積んでインターネットを始めた船長さんや船員さんの
話を聞いたりすると益々がんばらなければと思った所存であります

さて冒頭のTOBに関してですが、兼ねてから敵対的地位にあった造船.COMの株式公開買い付けを完了し
造船.COMを完全子会社化。新造船・造船関連部門専門ブログとして稼働する予定です
尚、調達資金に関しては、ヤミ金をアレンジャー(幹事金融機関)とするシンジケートローンを組んで調達。

記事に関しては、当面内航.COMの新造・造船記事と重複させる予定です

まだ誰も名のっていないのでネーミングライツ 造船.COM(ぞうせんどっとこむ)は頂きました。
表記呼び名は、いろいろ言われ方はあるようですが内航.COMは(ないこうどっとこむ)としています

現状に満足することなく5年後10年後の内航業界発展の為、努力精進してまいりたい所存であります。

今後とも、皆様の公式・非公式にかかわらず、ご支援ご協力よろしくお願いします

尚、200万アクセスを記念して予定していたザ・リッツ・カールトン大阪での活動資金パーティは、
経済情勢を鑑み及び資金不足のため中止し、本船の台所にて一人しめやかに執り行う運びとなったことをご容赦ください。

依然、海運市況は視界不良状況ですが、苦しい時こそ業界の壁を超え全体として協力し
乗り越えていく姿勢が大切ではないでしょうか?

年末まであと少しです。安全運航・安全航海で事故なく頑張っていきましょう。

頑張れ!内航海運2009
関連記事

2009.12.11    カテゴリ:  航海中 

   清水~佐世保

FUKUKAWA
IMG_1366_20091211082828.jpg
まだ綺麗な旧日本船ですね
雰囲気的には、宇野造船建造かなと想像しています
IMG_1373_20091211082829.jpg
JFE N6 プッシャー大福丸【Daifuku Maru】 酒井汽船 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 JFE物流 160GT
1997.1 本瓦造船 新潟鉄工所 6M34BLGT×2 4000ps
IMG_1365_20091211082829.jpg
翔陽丸【Shoyo Maru】JFE物流 497GT 1599DW
1997.1 中谷造船 阪神内燃機工業 LH30L 1800ps
IMG_6367.jpg
Ship Of The Year'97準賞船
居住区はインテリアデザイナーによりデザインされ統合操船システム自動船位誘導装置避航支援システム 搭載
ジョイスティック操船など 近代化内航カーゴになっております。
フェリーや大きな船ばかりクローズアップされるShip Of The Yearですがそこへ割って入ったのですから
大したものです。内航貨物船部門・内航タンカー部門も作ってほしいですね
IMG_6368_20091211082829.jpg
ふくよし丸【Fukuyoshi Maru】 個人船主:江口さん 九州協成海運 199GT 699DW
1994.10 下ノ江造船 新潟鉄工所 6M26AGTE 1000ps
明細は変わっているかもしれません
IMG_1478.jpg
第八朝日丸【Asahi Maru No.8】 朝日汽船 日鐵物流 199GT 700DW
1996.4 濱本造船所徳島 新潟鉄工所 6M26AGTE 1000ps
IMG_1480_20091211083056.jpg
第拾弐榮壽丸【Eiju Maru No.12】 栄寿丸・鉄道建設・運輸施設整備支援機構 御前崎海運 499GT 1443DW
1994.10 本田造船 赤阪鐵工所 A34AR 1000ps
IMG_1481.jpg
晩秋の色合いですね
スターンスラスターではないとは思いますがプロペラマークがついています
IMG_1482_20091211083057.jpg
第三寶祥丸【Hosho Maru No.3】宝祥海運 日鐵物流 498GT 1570DW
2001.3 村上造船所鳴門 新潟鉄工所 6M31BLGT 1000ps
IMG_1485_20091211083057.jpg
第十五浜幸丸【Hamako Maru No.15】 周防汽船・鉄道建設・運輸施設整備支援機構 辰巳商会
IMG_1488_20091211083057.jpg

関連記事

2009.12.11    カテゴリ:  海難事故 

   THE係船そして立件へ

護衛艦さわかぜ (JMSDF Sawakaze, DDG-170) の内側にいるのは、護衛艦くらま (JMSDF Kurama, DDH-144)
IMG_1514.jpg

未だ記憶に新しい2009年10月27日に発生した関門海峡における衝突事故

佐世保重工の乾ドックに入っていたはずだが、調査だけでやはり船齢28年
2010年代前半にも退役する見込みとの噂ですので、痛々しい姿のまま退役でしょうかね。

関門海峡衝突 護衛艦も立件へ「回避措置遅かった」

物事には必ず原因があるはずですが・・・
もらい事故と言っていい内容の事故でさえ過失を問われるのですから気の毒としか言いようがないですね。

フルアスタンで停止してたとしても多重事故の可能性があったわけで

まぁ素人の私が何を言ってもしょうがないですが
国際情勢的な背景や保安庁の権限などいろいろ背景にあってこのような方向になるんでしょうね。

この結果を見てもわかるように海難事故はしないことも大切ですが
事故をもらわないことも大切ですね。

何かの番組で相模湾で行われた自衛隊観艦式をしていましたが
当日は荒天模様で船酔いする人が続出するなか最高指揮官である内閣総理大臣(当日は代理で管直人副総理)が乗船ていたのがこのくらまでした。

乗船していたと言ってもヘリコプターで来てヘリコプターですぐに帰っていましたけど。

自衛隊観艦式模様



関連記事

2009.12.12    カテゴリ:  新造船 

   本日就航 第十八照丸

12月12日大安吉日
本日デリバリーの西山汽船有限会社 6000KL積み白油タンカー 第10八照丸【Hassho Maru No.10】
建造は株式会社栗ノ浦ドック
栗ノ浦ドックは三好造船・白浜造船・淡路工場・保内重工業を傘下に収め499GTクラスから~内航では6000キロタンカー
外航近海では、30000DWまで可能な幅広いラインナップと多くの建造船台を保有しています
画像3636 005
第十八照丸【Hassho Maru No.10】 西山汽船 日本タンカー 3815GT 6472㎥
全長104.84m 型幅16m 阪神内燃機工業 6L35MC 3900KW
画像3636 027
運航はJOMOグループ 株式会社日本タンカー
画像3636 021
デッキ
画像3636 087

画像3636 031
マニホールド
画像3636 032
操舵室
画像3636 052
エンジンコンソール
画像3636 051
レーダーはFURUNOのSバンドXバンドに加えECDIS(電子海図情報表示装置)東京計器 搭載
画像3636 088
チャート台は、前後どちらからでも取り出し可能な前面 フラット扉タイプ
画像3636 065
神棚は家具組み込み
画像3636 133
船長室
画像3636 048
電子海図情報表示可能セカンドモニター
画像3636 018
サロンスペース
画像3636 050
書庫
画像3636 014
機関長室
画像3636 036

画像3636 035

画像3636 016
一般船室
画像3636 007

画像3636 006
テレビはアクオス
画像3636 010
ソファー
画像3636 045
食堂サロン
画像3636 121
1F右舷前方に配置
机は二列縦型配置
画像3636 129
ギャレー
画像3636 025
荷役事務室
画像3636 111

画像3636 073
タンク液面計・バラストコントロール
画像3636 114
娯楽室
画像3636 078

画像3636 109


続きは造船.COMで…
こちらをクリック→造船.COM

【写真提供:M氏】
関連記事

2009.12.12    カテゴリ:  内航【バラ積みカーゴ】 

   船員組合組織 全日本バラ積み連合

第二舛宝山丸【Masuhozan Maru No.2】 舛宝海運 上組海運 498G 1600DW
1992.10 中谷造船 ダイハツ 6DLM-28S 1800ps
IMG_6441.jpg
全〇海の次に発言力の強いと噂されている全日本バラ積み連合
通称:バラ族(実際にはそう言った趣味の方はいませんが)
久しぶりのフェンス越しの再会でしたがフェンス乗り越え訪船して臨時総会
まだ協調路線ですが・・・実際に活動し始めたらどうでしょうかね・・・(笑)
IMG_6440.jpg
2時間ほどでしたが再来年の新造計画の情報交換・現在の海運情勢の情報交換を多々してきました。
この船は船長の同級生3人が乗船している船内調和の取れている平均年齢の若い船です

佐世保港
美保丸【Miho Maru】美保丸 上組海運 199GT 700DW
1988.3 山中造船波方 阪神内燃機工業 6LU26G 880ps
IMG_6439.jpg

 
関連記事

2009.12.13    カテゴリ:  新造船 

   予告編

IMG_1591_20091213212530.jpg

IMG_1588_20091213212529.jpg
ベクツインラダーにフレンドフィン
これでだいたい何丸かわかりますね!
IMG_1580_20091214131030.jpg
ハードル高すぎますか?
では大ヒント!IBS(統合化ブリッジシステム)搭載
IMG_1645_20091214131342.jpg
もうわかりましたね!

続きはこちらをクリック→造船.com

coming soon…
関連記事

2009.12.16    カテゴリ:  海難事故 

   下田港沖で貨物船座礁

下田港沖で貨物船座礁 貨物船「LANA」(1272トン)
関連記事

2009.12.16    カテゴリ:  新造船 

   6800t積みスーパーセメントタンカー 立眞丸

三浦造船所の隣り共栄船渠にてファイナルドック中の三浦造船所建造 立眞丸
IMG_1576.jpg
立眞丸【Risshin Maru】
若宮汽船株式会社.鉄道建設運輸施設整備支援機構
宇部興産海運株式会社 5443GT 7401DW 
LOA120.0m B18.0m D9.2m

超近代化フルウイングブリッジ
外だけでなく中身が凄いです
IMG_1688.jpg
船底にかけて鋭利なニンジン型バルバス
IMG_1572.jpg
PP先端から流れるようなバルバスラインができているのが最近の特徴ですね
IMG_1575.jpg
スラスター(CPP)
IMG_1577.jpg
船尾にかけてのライン
IMG_1579.jpg
逆斜めカットのダックテール型
IMG_1724.jpg

IMG_1584.jpg
ベクツインラダー
ヨットのような船尾形状
IMG_1587.jpg
プロペラは直径3.7m FPP ナカシマプロペラ
IMG_1588_20091213212529.jpg
フレンドフィン
IMG_1589.jpg
まずは甲板からエンジン場へ
IMG_1590.jpg
配電盤フロア
IMG_1591_20091213212530.jpg
エンジンはダイハツディーゼル 6DKM-36F 3309kw M0仕様
IMG_1610.jpg

IMG_1612.jpg

IMG_1600.jpg

IMG_1596.jpg
このクラスの船に軽量コンパクトなダイハツ中速エンジンですから
とにかく各フロアが広いです。
IMG_1625.jpg
補機フロア
IMG_1617.jpg
LO・FO清浄機(各2台 計4台) 三菱化工機 SJ20G パーシャル型全自動
IMG_1593.jpg
電装さん泣かせの1台1コントローラー
1台1コントローラーのメーカー仕様ですが…どうにか集合コントロールとかに改善されないものだろうかと
ある方が嘆いていました(笑)無駄をなくすシンプル化は環境テーマでもあります
IMG_1594.jpg
セントラルクーラースペース
主機のプレート式クーラーに加え荷役コンプレッサー用もプレート式クーラー(日阪製作所)
IMG_1595.jpg
補機はヤンマー 6N165-EN 530kw 600KVA 2台
自動起動・自動投入自動負荷分担装置付き
IMG_1599.jpg
エアーモーター起動・電動LOフライミングポンプ付き
IMG_1597.jpg
補機用セントラルクーラー
IMG_1601.jpg
自動起動・自動投入自動負荷分担装置付きの超ハイテク仕様
IMG_1620.jpg
軸発 600KVA 西芝電機
IMG_1611.jpg

IMG_1607.jpg
荷役コンプレッサー
IMG_1606.jpg

IMG_1608.jpg

IMG_1602.jpg
近未来への扉(水密隔壁)を開ければそこはセメント船の内部
IMG_1604.jpg
幻想的な風景です
IMG_1605.jpg
減速逆転機 DRA-80F
IMG_1614.jpg

IMG_1615.jpg
スタンチューブ点検ライト
IMG_1613.jpg
造水機 アルファラバル 7.5t/day
IMG_1616.jpg
Mゼロ仕様なので配電盤室
監視室並みの広さと設備です(パッケージエアコン付き)
IMG_1618.jpg

IMG_1619.jpg
199GTのエンジン場の広さくらいありそうなステアリングルーム
IMG_1622.jpg
ロータリーべーン方式 ベクツインラダー
IMG_1621.jpg
荒天時も安心のトラスコ中山:TRUSCO スリーロックワイド重量キャビネット
IMG_1623.jpg
予備部品
IMG_1624.jpg

関連記事

2009.12.16    カテゴリ:  新造船 

   祝 進水 第十一松山丸

本日、伯方造船にて進水した松山海運株式会社の5000kl黒油タンカー 第十一松山丸
PC160084.jpg

進水!
PC160090.jpg

PC160091_20091216162103.jpg

PC160092.jpg
第11松山丸【Matsuyama Maru No.11】 
松山海運株式会社 鶴見サンマリン株式会社
3599GT 5600㎥


PC160094-1.jpg

5000キロタンカー4隻運航の松山海運ホームページはこちらをクリック→松山海運株式会社


【写真提供:K汽船T氏】

IMG_1795.jpg
関連記事

2009.12.17    カテゴリ:  新造船 

   5000kl黒油タンカー 双星丸 ファイナルドック

5000kl黒油タンカー 双星丸【Sousei Maru】 3591GT 5600㎥
鉄道建設運輸施設整備支援機構・旭タンカー㈱・㈱吉邦・日伸運油㈱(株式会社デュカム)の4社共有船


12月17日に村上秀造船にてファイナルドック
IMG_1756.jpg

IMG_1776.jpg




続きはこちらをクリック→造船.com
関連記事

2009.12.18    カテゴリ:  新造船 

   ブリッジオブザイヤー2009

三浦造船所建造 6800t積みスーパーセメントタンカー 立眞丸
清山丸とほぼ同じコンセプト、内航船最大級の床面積と航海計器全部入りのまさにスーパーブリッジ
IMG_1714.jpg
もちろんSUPER BRIDGE-X(三菱重工)搭載のIBS インテグレ-テッド ブリッジ システム(東京計器)
IMG_1645.jpg
チャートプロッターにSバンド・Xバンドレーダー・音声認識航海支援システム「SUPER BRIDGE」
豪華パイロットチェア ヨーロッパ・北欧仕様にも負けない超近代化ブリッジです
IMG_1644.jpg
こう言った素晴らしい設備を小学生などに見学させてあげると船乗りに憧れる子供もでてくるのではないでしょうか?
『船乗り』=『漁師?』『マグロ船?』の世間認知を脱却する為にも
こう言った設備を世間披露する機会があると良いのですけどね。
船乗りも『シ―パイロット』くらいに言い換えて(笑)
まずは『あこがれ』を作ってやることが大切だと思います

音声認識航海支援システム「SUPER BRIDGE」
電子海図ですが音声認識で座礁・衝突を自動回避(アンサーバックでのOK)
辛い荒天航海や夜間の輻輳海域での際に話し相手になってくれます。
IMG_1646.jpg
チャートプロッターと配電盤
IMG_1658.jpg
圧巻の330cm幅の大型窓
そしてセンタージョイスティックコントロール
IMG_1652.jpg
もちろん両舷にも(右舷)
IMG_1647.jpg
左舷コントロールスタンド スライドワイパー 熱線入り窓
操船時の視認性を高めるために窓は足元にもついています
IMG_1648.jpg
そして、後方もスライドワイパーと熱線入り窓
IMG_1649.jpg

IMG_1665.jpg
荷役コントロール
IMG_1659.jpg
荷役監視カメラ付き
IMG_1642.jpg
エンジン制御コンソール
IMG_1643.jpg
M0仕様 コントロールカメラ付き
IMG_1655.jpg
コントロールネットワークカメラ FOMAデータ通信
これで会社から航海状況や荷役状況を見れます。
システムは渦潮電機(株)マリンメール 1時間ごとに位置通報
GPSアンテナ 専用(装備) 船舶電話と接続
FOMAアンテナ 専用(装備)船内に専用のパソコン
IMG_1650.jpg
私はauデータ通信で試みましたがダメでした。
以前は、エリア・通信費などauに軍配が上がっていましたが
現在は、FOMAの方がエリア・通信速度(通信費はほぼ同じ)良いようです。


続きはこちらをクリック→造船.com
関連記事

2009.12.19    カテゴリ:  荒天航海 

   ポルターガイスト

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2009.12.21    カテゴリ:  荒天航海 

   この冬一番の冷え込み

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2009.12.22    カテゴリ:  海運ニュース 

   内航タンカー講演

国立小樽海洋技術学校

「新しい出会い、それは海。」

講師
齊藤廣志氏(全国内航タンカー海運組合)
井出健一氏(旭マリン株式会社)
阿部和久氏(株式会社霧島海運商会)

まずは、海技系の学校の生徒がほぼ内航及び外航の道を歩んでくれる魅力づくりが大切ですね。
関連記事

2009.12.22    カテゴリ:  新造船 

   スパーセメントタンカー 立眞丸

三浦造船所建造 立眞丸【Risshin Maru】
若宮汽船株式会社.鉄道建設運輸施設整備支援機構
宇部興産海運株式会社 5443GT 7401DW 
LOA120.0m B18.0m D9.2m
IMG_1670.jpg

つづきはこちらをクリック→造船.com
関連記事

2009.12.24    カテゴリ:  内航船〔カーゴ〕 

   鋼材・自動車運搬兼用船 21邦久

21邦久【Kunihisa 21】 邦久汽船 日鐵物流 199GT 700DW
2001.8 三浦造船所佐伯 新潟鉄工所 6M26AGTE ジェットスラスター 吊り舵 フレンドフィン
アルファマップ搭載 ダイハツタント搭載
マストはオールステンレスのデザイナーズマスト(第6関福機関長デザイン)
IMG_1542.jpg
ジェットスラスターを使って公共岸壁に着桟


IMG_1546.jpg
塩ビパイプを使ったスカッパー止め
IMG_1548_20091223141057.jpg
ハンドレールは磨きのステンレスもちろん支柱も
IMG_1550.jpg
以前は、種子島航路をしていたので風船フェンダーを持っています
IMG_1551.jpg

IMG_1565_20091223143233.jpg
クラッチバー ステンレス仕様
IMG_1553_20091223141058.jpg
ブレーキ三角プレートもステンレス仕様
IMG_1554.jpg
以前は砂糖輸送もしていたバラ積み仕様だったのでホールドボットムはクラッド鋼板仕様
現在は、その上にシーリング
IMG_1566_20091223143234.jpg
ブリッジ コンソールは木目調の特別仕様
IMG_1567_20091223144443.jpg
ロールスクリーンカーテン装備
IMG_1568_20091223144444.jpg
内張りも贅沢仕様
IMG_1569_20091223144444.jpg
簡易キッチン
IMG_1570_20091223144444.jpg
フレンドフィン実証船一番船
IMG_1564_20091223143233.jpg
そして、交通艇ではなく交通車
IMG_1545.jpg
空飛ぶ車
IMG_1555.jpg
ユニックは、ワイヤレスリモコン 
IMG_1556.jpg
どこの港行っても、上げ下ろしは注目の的だそうです。
この日も散歩のおばさんが目をまんまるにして見ていました
IMG_1557.jpg
最近は、何隻か軽自動車を載せている船を見かけます
IMG_1558_20091223142810.jpg
昔は、雑貨船などがハッチの上に中古車などを積んで走ったりしてましたね
小型内航船としては、画期的な自動車兼用貨物船 八藤丸がいました
IMG_1559_20091223142811.jpg

IMG_1560_20091223142811.jpg

IMG_1561_20091223143233.jpg



IMG_1562_20091223143233.jpg
持ち上げるとパイプにタイヤがロックされる構造
もちろん航海中は、ラッシングされシートカバーされています
IMG_1563_20091223143233.jpg

見た目は小型船を中心に注目の豪華仕様ですが燃費の方は、超低燃費仕様 
いろいろな工夫とアイディアにより199GT700DW型の中でトップクラスの低燃費・経済船になっています

2001年建造ですからこれだけ装備しても今の建造価格からすれば、ずいぶんリーズナブルに造っていますよね。

この後、三浦造船に連れていってもらいました

尚、説明するまでもないと思いますが表題の自動車運搬は自家用1台〔軽自動車〕のみですので
関連記事

2009.12.24    カテゴリ:  航海中 

   船上のメリークリスマス

現在、高知沖を航行中。

この歳になると、理想や夢ばかりを語っていると現実を見ろと世間から非難轟々かもしれません

今夜は飛魚に乗ってサンタクロースがやってくることを信じていたい・・・

そんな夢見るおっさんでもいいのでは?(笑)

カモーン!サタクロース!



Canon EOS 7D EF-S18-200 IS レンズキット

ボディだけでもいいんですけどね・・・


キヤノン EOS 7D ボディ

カモーン!サンタクロース!(必死)

きっと君は来ない・・・
ひとりきりのクリスマス・イブ・・・
Silent night, Holy night ・・・
…これが現実(笑)

ただ撮りまくった一年でしたが来年は、写真の質が上がるように腕も磨いていかないとと思います

関連記事

2009.12.24    カテゴリ:  造船所 

   46トンクレーン新設

太陽カラーに光る巨大なタワークレーン
マックス46t 最大ブーム35m-23t IHI タワークレーン
IMG_1842.jpg

続きはこちらをクリック→造船.COM
関連記事

2009.12.31    カテゴリ:  その他 

   仕事納め

28日に今年の最終荷役を昨年と同じ宇和島港で迎え
IMG_1898_20091231163519.jpg

そして、昨年同様 ニューマのトラブルに遭遇(今回は当日復旧)

こう言う時は、なるようにしかならないので気長に待つしかないのに、もちろん本船船長はイライラ…

どうにかこうにか無事最終航海を終了し、明朝母港へ凱旋帰港。
束の間の仮眠で朝から船外の総水洗い・船内清掃…

そして夕方までに切り上げ事務所にて、まだ差し押さえ令状の付いていないボーナースを握りしめ
全力でカメラのキタムラへ向かいました。もう、死に物狂いです。

しかし、強行突破むなしく寸前のところであえなく御用…

サンタクロースにも無視され…

ボーナスも差し押さえられ…

寒風吹き荒む中、空を見上げ

今年も良く頑張ったと、自分で自分を誉めてあげました(笑)

そして来年もマイペースで頑張る予定です

今年は、今治海事展BARI-SHIPを起点にたくさんの人との繋がりを感じた年でもありました。
今年一年も、たくさんの方々のご協力とご厚意によりたくさんの新造船を見学することもできました。

大変ありがたいことですし、貴重な経験をたくさんさせてもらいました。

内航.COMは、たくさんの方々のご協力とご支援。ご指導により支えられています。

来年もその方々の期待に添えるよう努力精進していきたい所存であります

『頑張れ!内航海運』をテーマに内航海運の業界発展。内航船員の地位向上に
少しでも貢献できるようがんばります。

バタバタと陸勤業務が忙しく、取り急ぎご挨拶まで
関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog