企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース
 全1ページ
このページのリスト
2010.06.02   カテゴリ:《 航海中 》
  磯子~志布志
2010.06.02   カテゴリ:《 海運ニュース 》
  鳩山首相辞意 そして私は副理事就任
2010.06.03   カテゴリ:《 海運ニュース 》
  船舶に居眠り防止装置 500トン未満義務化を
2010.06.06   カテゴリ:《 新造船 》
  松浦造船所 省エネ実現船 松星丸
2010.06.07   カテゴリ:《 新造船 》
  祝 竣工 戎海運 第十八春日丸
2010.06.08   カテゴリ:《 航海中 》
  宇和島~松山~四日市・清水
2010.06.09   カテゴリ:《 新造船 》
  まもなく竣工 玉力汽船 たまりき丸
2010.06.10   カテゴリ:《 船舶模型 》
  祝 翔洋丸 引き渡し式
2010.06.12   カテゴリ:《 その他 》
  欲しい…
2010.06.13   カテゴリ:《 テレビ番組 》
  海の上のプロフェッショナル
2010.06.14   カテゴリ:《 新造船 》
  Sno715 5000kl黒油タンカー
2010.06.17   カテゴリ:《 航海中 》
  フレコン→メイズ2セット
2010.06.19   カテゴリ:《 海運ニュース 》
  中国から「黒船」
2010.06.20   カテゴリ:《 テレビ番組 》
  エリアス ちいさなレスキューせん   シップ・オブ・ザ・イヤー2009
2010.06.22   カテゴリ:《 航海中 》
  瀬戸⇔伊勢湾3セット目   月刊修繕ドットコム 『定年退職』
2010.06.27   カテゴリ:《 新造船 》
  6月30日進水予定 SNO715
2010.06.28   カテゴリ:《 荷役 》
  THE SHOW
2010.06.29   カテゴリ:《 航海中 》
  玉島~四日市・名古屋揚げ積み坂出
2010.06.30   カテゴリ:《 携帯撮影 》
  まもなく進水!
2010.06.30   カテゴリ:《 新造船 》
  祝 本日進水!第二金洋丸

2010.06.02    カテゴリ:  航海中 

   磯子~志布志

ENERGY NAVIGATOR
タグ4隻押し 30分くらいずっと押しっぱなし
IMG_0109_20100529113845.jpg

IMG_0119_20100529113845.jpg
ブリッジ単体で見るとたぶん違和感があるかもしれませんが
何故か4モスタンクとバランスが取れている川崎美人
IMG_0117_20100529113845.jpg
JP COSMOSの姉妹船 JP TSUBAKI
7287GT 6600DW 2008.11 三浦造船所佐伯
IMG_0121_20100529113846.jpg
第二徳盛丸【Tokumori Maru No.2.】ダイトー商事 日本ガスライン 699GT 1247㎥
1998.11 三浦造船所佐伯 赤阪鐵工所 A34CR 2200ps
IMG_0130_20100529113846.jpg
おーしゃんうえすと【Ocean West】オーシャン東九フェリー 11522GT
1991.5 佐伯重工業 D.ユナイテッド SEMT 8PC40L×2 28800ps
IMG_6284.jpg
TAIYOUNG SKY
IMG_6285_20100602145548.jpg
きれいな海は
みんなのもの 森長組
IMG_6287_20100602145548.jpg
結構小さなボートで引っ張ってますね。最後尾もおまけ付き
IMG_6288.jpg
新由良丸【Shin Yura Maru】由良機船 由良船舶 499GT 1600DW
1993.7 中谷造船 赤阪鐵工所 S35 2000ps
IMG_6289.jpg
紀伊水道 5モスのLNG
IMG_6290.jpg
紀伊水道でドリフティング中のSUPER ZEARHT
IMG_6292_20100602145935.jpg
日向灘であっという間に抜かれあっと言う間に見えなくなった丸三海運のなは
なは【Naha】丸三海運 JRTT 992GT 1800DW
1997.10 山中造船波方 阪神内燃機工業 8L35MC 4000ps
8L35MCのモンスターエンジン搭載です
IMG_6295---1.jpg
紀伊水道は進みませんでしたが足摺から案外、スピードも落ちず51時間ほどで日曜夕方、到着。

志布志で見かけたことのない船。何丸だろうと双眼鏡をのぞくと
MING ZHI
IMG_6297.jpg
元第八福徳丸【Fukutoku Maru No.8】 福徳海運 不二海運 498GT 1199DW
1993.3 小池造船海運 阪神内燃機工業 6EL32G 1000ps
スラスターのない船もまだ国内に現存しているのに小型外国船も贅沢仕様になりましたね
IMG_6299_20100602145936.jpg
本船に近づく不審船
IMG_6304_20100602150508.jpg
バンカーの為、着桟
IMG_6305_20100602150508.jpg
ここは軽油とA重油が陸上バンカーできるようです
IMG_6303_20100602150508.jpg
第二幸宝【Koho No2】アジアシップトレーダー 加藤海運 199GT 670DW
1992.3 波方造船所 阪神内燃機工業 LH28G 800ps
IMG_6307_20100602150508.jpg
ニュー美津【New Mitsu】美津茂汽船 上組海運 199GT 700DW
1997.3 高砂造船所 松井鉄工所 ML627GSC-35 1000ps
IMG_6315_20100602150509.jpg
菱和丸【Ryowa Maru】芙蓉海運 199GT 613DW
1996.1 小池造船海運 赤阪鐵工所 K28BR 1000ps
IMG_6323.jpg

関連記事
スポンサーサイト

2010.06.02    カテゴリ:  海運ニュース 

   鳩山首相辞意 そして私は副理事就任

内航総連が小沢幹事長を陳情して間もなくの鳩山・小沢辞任。
ヤワラちゃんを支持?柔道好きな総連幹部がいたのでしょうか?

小沢政権(鳩山政権)小沢帝国も思い通りに行かないくらいこの国の腐敗。
自民党が続投してても日本はゆっくりダメになっていただろうし、
政権交代してあらゆるものがオモテに出て早く日本がダメになっただけではないでしょうか?
たしかに鳩山政権色々あるのでしょうけど8ヶ月でこのニッポンを復活できてたらノーベル賞モノでしょう。
その前に小沢帝国ですからどうにもなりませんよね

私自身、政治と宗教には興味がないので、票を頼まれても、わざわざ違う人の名前を書こうかと
悪魔の心が働きますが(笑)村八分にされても困りますから一応頼まれた通り書きます。
もちろん、私がその人を知っていて、その人を理解できるなら誰に頼まれようが
その人を押しますが…

事業仕訳・天下り云々…社会問題になっている中、私は、平から副理事長に勝手に昇進していました。
仮名 独立行政法人マンション管理組合 副理事長・・・70世帯のナンバー2です

給与ゼロ ほとんどいませんので仕事はできません。(仕事はほとんどないそうですが)

そして独立家計法人内航ドットコムでは、備品の老朽化を訴え
カメラのリプレースを提案したものの…

我が家の連舫さんに

「カメラは一眼レフ【EOS Kiss デジタル N】・コンパクトデジカメ【G7】
動画用デジカメ【ザクティ】・フイルムカメラ【リコーGR21】がありますがリプレースする必要がありますか?」

「なぜ、内航業界で1番でなければならないのですか? 2番ではダメなんですか?」と言われ…
ノックアウト

【数々の時化と造船所のミストに耐えてきた私のメイン機 EOS Kiss デジタル N 2005年製】
IMG_0060_20100602194540.jpg

IMG_0058_20100602194540.jpg

私は先日、EOS Kiss デジタル Nのダイヤルが取れたのですがと…
再度陳情に伺い…
IMG_0062_20100602194540.jpg

事業仕訳にかけたところ

判定

カメラ延命【瞬間接着剤修理】。

お金がかかるなら事業縮小も視野にとの判定

とりあえず800万画素で頑張ります



Canon(キヤノン) EOS 7Dボディ
関連記事

2010.06.03    カテゴリ:  海運ニュース 

   船舶に居眠り防止装置 500トン未満義務化を

運輸安全委員会は先月末、総トン数500トン未満の内航船や漁船に対し、
居眠り防止装置の義務化などを検討すべきだとする意見書を前原誠司国土交通相に提出


居眠りによる船舶事故防止に関する意見書

SOLAS条約もテロ対策でフェンス設置の時は、どうかと思いましたが
今回は、良い方向性だと思います
内航船からすれば漁船も含めのところが大賛成。

現在、500GT以下の内航船においてもオペレーターや荷主主導の下、
鋼材船はほとんどの船に居眠り防止装置を設置しています。
義務だから設置。法律だから設置。それも一つの方法かもしれません

船舶事故原因の1割が居眠り…死者・不明13人

安全とは、財産や生命を守る。
海上物流従事者として荷物の安全を守るべき安全でなければならないと思うのです。

事故は、いくら安全基準を高め何の為の安全基準かわからないくらい積みあげられようが
安全技術が進歩しようが事故は起こるのです。

しかし、意味のある安全基準や命を守るべき安全技術により防げる事故はたくさんあるのです。

SUBARU ALL-AROUND SAFETYの中に安全への取り組みを4つの段階で考えているとあります

予知・予防としての“0次安全”

いざというときにドライバーの回避動作を支援する“1次安全”

万が一の衝突のときに乗員や歩行者を守る“2次安全”

事故が起こった際の緊急通報などの“3次安全”
これを船に置き換えてみます

予知予防としての0次安全
・操舵室の視界の工夫や高性能レーダーARPAや電子海図の設置・AISの設置
・船長室や食堂にも電子海図の副モニターを設置
・居眠り防止装置の設置
・各種警報・監視カメラの設置
・SUPER BRIDGE搭載
・ヒヤリハットなど安全教育の周知

いざというときに当直者の回避動作を支援する“1次安全”
・電子海図の座礁警報作動
・居眠り防止装置の警報作動など
AiShipなどによる陸上監視
・マーチスとの連携(VHF聴取)

万が一の衝突や座礁のときに乗組員や相手船を守る“2次安全”
・ISMや操練
・先人たちの事故を起こした時の対処方法や知恵(任意座礁や衝突状態を維持など)

事故が起こった際の緊急通報などの“3次安全”
・ISM
・緊急時のバック体制
・AiShip


安全はタダではありません

しかし、多少のコストをかけることにより、防げる事故はたくさんあります。
船主さんやオペレーター・荷主の安全コストに対する理解も必要です

居眠り運航撲滅キャンペーンの実施
居眠り海難ゼロをめざして 【平成21年9月】

上記の瀬戸内海域における事故は、居眠り防止装置と電子海図設置で
かなりの確率で防げた事故だと推察します。

乗揚げ事故でも生命損失につながる重大海難事故につながる可能性もありますし、
全損になり財産を失ってしまう事故もあります
もちろん、長年の信頼もたった一度の事故で失う場合もあります。

バルバス含め船底損傷なら1000万以上の修繕20日コース

このご時世です。事故を発端とした廃業も聞きました。

本船の居眠り防止装置 
ワッチサポート(ASKA社製)設置記事はこちら→居眠り防止装置ワッチサポート

【団塊の世代アナログ人間 本船船長の使用コメント】
居眠り防止と電子海図(AIS受信機付き)は付けていて損はない!


そういうモノは次の新造リプレースの時でいいわと思われた船主さん!
実は、居眠り防止装置も電子海図も取り外して次の船へ付け替えができます(別途取り付け費用)
(税金対策・リプレース時のコストダウン)
あの時、付けておけばと機会損失にならないよう…


命あっての人生です。

守ろう!生命と財産 安全航海2010

安全・安定輸送 内航海運


二度と無念で悲しい事故を起こさないためにも今一度、安全について考えましょう


関連記事

2010.06.06    カテゴリ:  新造船 

   松浦造船所 省エネ実現船 松星丸

松田専務から昨日、名古屋にいるとメールがありましたが
潮岬で夕方、やっと満船航海の松星丸に会えました

肉眼でもあの緑の船体・ブリッジ・Sバンドすぐにわかりました。

こちらは、動画の撮影・写真撮影で必死です(笑)
手を振ってたらこちらに手を振ってくれました。
松田茂専務かと思いましたが連絡するとエンジンワッチだったようで
手を振ってくれたのは次席一航士だったようです
IMG_6544---1.jpg


2009.10.18に松浦造船にて行われた進水式はこちらをクリック→ 松田海運 松星丸

松星丸の船内はこちら→松星丸【船内探訪】

節約くんやマグ馬力などを使用し時代の先端を行く内面的省エネ実現船になっています

関連記事はこちら↓をクリック

節約くん・マグ馬力

『Honeycomb Reformer  MR-2000』 

ハニカムリフォーマー 


499GTカーゴ建造のパイオニアの一角 某オペレーターの新人教育の教材とされている

業界注目の松浦造船日記 松浦造船所はこちら→松浦造船所
関連記事

2010.06.07    カテゴリ:  新造船 

   祝 竣工 戎海運 第十八春日丸

平成22年5月30日に栗之浦ドック淡路工場にて戎海運の液化石油ガス運搬船
第十八春日丸の竣工式が行われました

第十八春日丸【Kasuga Maru No18】戎海運 明和海運 749GT 1260.526㎥
2010.5 栗之浦ドック淡路工場 新潟原動機 1471kw
ディープウェルポンプ 300/250㎥/h×120Kw×2
試運転速力 14.166KNT 満載速力 12.0KNT
18春日写真①---1
祝竣工 戎海運有限会社【観音寺市】749型LPG船 第十八春日丸
18春日写真②--1

続きはこちらをクリック→造船.COM

【写真提供:内航.COM東京支店】
関連記事

2010.06.08    カテゴリ:  航海中 

   宇和島~松山~四日市・清水

志布志~宇和島
都井岬から戸崎あたりまでオモテは潜水艦状態、デッキのハンドレールで波を切っている状態
戸崎手前でワッチが終わり、寝てれば8時間進むかとベッドに固定状態で寝てたら
スタンバイになり、翌々日揚げで無理する必要ないと言うことで宮崎避難。
IMG_6327_20100608105029.jpg
豊後水道の中央に位置する水ノ子島灯台
沿岸灯台としては初めての波力発電と太陽光発電を併用したハイブリッド電源システム
IMG_6333.jpg
台風の時は、こんな感じでしょうか?

GOLDEN CHIE 栗之浦ドック系列会社 三好造船
まもなく竣工のようですね
IMG_6336_20100608102104.jpg
海嶺【Kairei】瀬戸内中央汽船 上野トランステック 3778GT 6190㎥(ケミカル仕様の白油船)
2008.7 中谷造船 赤阪鐵工所 3309kw
電動ディープウェルポンプ×10 335㎥/h 同時6台運転可能
グループ化8社 OJT対応船 近海転用可能な設備搭載
IMG_6342---1.jpg
何故か、本船の荷役終了と6000キロの終了が同じくらいになる松山荷役
IMG_6346_20100608102104.jpg
内航大型タンカーでは、珍しいトモのブルワーク仕様
IMG_6347.jpg
海嶺 エンジンルーム赤阪鐵工所 3309kw

天侑丸【Tenyu Maru】 有津海運 旭タンカー 699GT 2199㎥
1992.4 下ノ江造船 阪神内燃機工業 6EL30 1800ps
IMG_6344.jpg
大島一丸【Ohshimakazu Maru】メインパピルス㈱ 大王海運 499GT 1840DW
2009.4 山中造船建造
IMG_6351.jpg
大鶴丸【Daikaku Maru】霧島海運商会 鶴見サンマリン 2948GT
1992.2 檜垣造船 神戸発動機 4070ps
IMG_6353_20100608102629.jpg
OCEAN CRESCENT
IMG_6354_20100608102630.jpg
機関長撮影 瀬戸内某所から日没と同時に始まるボートレース
IMG_6377.jpg
山口・九州あたりへ秘密の漁にでかけています
IMG_6364_20100608102630.jpg
海外のパワーボートも顔負けのハイパワーボートです
噂では1000psクラスを搭載とのこと
IMG_6372.jpg
こちらはプレジャーボートタイプ
潮風が気持ちいいとは言ってられません。
IMG_6366_20100608103154.jpg
備讃や明石の漁師に比べ、彼らは颯爽と避けていきます
紳士的な一面を持った秘密の漁をする人たち
IMG_6375_20100608103154.jpg
隆政丸【Ryusei Maru】隆政汽船 旭陽タンカー 493GT 1279㎥
1994.5 藤新造船所賀茂 阪神内燃機工業 1000ps
IMG_6546_20100608103530.jpg
第五隆政丸【Ryusei Maru No5】隆政汽船 旭陽タンカー 498GT 1229㎥
1992.7 日立造船向島マリン 新潟鉄工所 6M28BFT 1000ps
IMG_6497.jpg
師子王【Shishio】 松田海運 上野トランステック 698GT 1246㎥
1992.2 三浦造船所佐伯 阪神内燃機工業 6EL30G 1800ps
IMG_6499---1.jpg
第三ケミウェイ【Chemiway No.3】千歳海運・JRTT 丸善油化商事 299GT 668㎥
1993.8 飯作造船所 阪神内燃機工業 6LM26G 1000ps
IMG_6500_20100608103531.jpg
大神丸【Daijin Maru】 浦田海運 東海運 316GT 950DW
2010.4 前川造船 新潟原動機 6M28BGT 1000ps
まだピカピカの新造船です
IMG_6503_20100608103531.jpg
第十一オーバルエルピー【Oval LP No.11】和泉海運 コスモ海運・鶴見サンマリン 749GT 1345㎥
1995.8 新来島どっく波止浜 阪神内燃機工業 LH32LG 2000ps
IMG_6508.jpg
JFE N3 3818DW  岡本海運(株) JFE物流
第三清丸 160GT 1996.6 本瓦造船
新潟鉄工6M34BLGT×2(4000PS)
IMG_6512.jpg
第五鶴吉丸【Tsuruyoshi Maru No.5】 山河海運 神協海運 393GT 1013DW
1994.1 三浦造船所佐伯 新潟鉄工所 6M28BFT 1000ps
IMG_6517_20100608104312.jpg
三恵丸【Mie Maru】大島物流 514GT 1546DW
1997.4 新高知重工 赤阪鐵工所 A31 1000ps
IMG_6519_20100608104312.jpg
潮岬 ベタ凪ぎ
IMG_6520_20100608104313.jpg
第七藤川丸【Fujikawa Maru No.7】 第一中央汽船 740GT 2100DW
1995.8 三浦造船所佐伯 マキタ 5S26MC 2000ps
私の明細では船主:戎海運になっていましたが船籍が今治になっていたので
オーナーさんは変わったのかもしれません。
IMG_6527_20100608105028.jpg
住福丸【Sumifuku Maru】箱マリン センコー 199GT 631DW
1992.5 底押造船 赤阪鐵工所 T26SR 800ps
IMG_6536_20100608105028.jpg
ゆうしん丸【Yushin Maru】勇進海運 大阪機船 499GT 1540DW
1996.5 三浦造船所佐伯 赤阪鐵工所 A34CR 2000ps
IMG_6539_20100608105029.jpg
松星丸【Syousei Maru】 松田海運 三星海運 499GT 1830DW
2009.12 松浦造船所 赤阪鐵工所 AX33 2000ps
IMG_6543_20100608105029.jpg
隆富士丸【Takafuji Maru】甲子宏汽船(木元汽船)鶴見サンマリン 3331GT 5339㎥
1996.10 伯方造船 阪神内燃機工業 LH46L-G 4000ps
IMG_6552.jpg
フルウイングブリッジ
IMG_6553.jpg
第21あずま【Azuma No.21】徳島船舶 東海運 396GT 1009DW
2006.7 井村造船 新潟原動機 6M28BGT 1000ps
IMG_6556_20100608145652.jpg
しなつ【Shinatsu】東幸海運 上野トランステック 3575GT 5599㎥
2009.7 伯方造船 赤阪鐵工所 A45S 3309kw
自動荷役装置【SUPER CARGO-X】搭載
先日、ギャランティドックを終えているので、新造の輝きですね
ファンネル辺りもきれいに塗り込まれています
IMG_6562_20100608145652.jpg
第十一エーコープ【A Coop No.11】大越汽船 全農物流 199GT 700DW
1995.11 新浜造船所玉野 阪神内燃機工業 LH28LG 900ps
ジェットスラスター付き
IMG_6564_20100608145653.jpg
OCEAN CREATION
IMG_6568_20100608150203.jpg
AX-BOW
IMG_6569_20100608150203.jpg

IMG_6572_20100608150204.jpg
KOU-EI
IMG_6573_20100608150204.jpg
変わったウイング支柱ですね
IMG_6575_20100608150204.jpg
双星丸【Sousei Maru】 3590GT 5600㎥
鉄道建設運輸施設整備支援機構・旭タンカー㈱・㈱吉邦・日伸運油㈱(株式会社デュカム)の4社共有船
高度船舶安全管理システム HANASYS EXPERT搭載の次世代型超ハイテク仕様
(24時間、船舶(機関)の運航状態を陸上から監視)
2010.1伯方造船 阪神内燃機工業 KAWASAKI MAN B&W 6L35MC 3900kw
IMG_6579_20100608150358.jpg
清水興津揚げ
船内シート総出の全面シート
IMG_6582_20100608150358.jpg
冷凍運搬船 二拾四號大盛丸【Taisei Maru No.24】大盛丸海運 4992GT 6365DW
1994.10 三菱重工業下関 神戸発動機 UE6UEC-45LA 6230ps
ダブルウイング型のアンチローリングタンクが付いていますね
冷凍船はとにかく揺れるそうです
この船でケープタウンの方まで走っていくのですからすごいですね
餌や燃油をマグロ船に届け、漁船が捕ったマグロを受け取り、日本の港まで運ぶ船です
1航海が4カ月ほどだそうです
IMG_6583_20100608150358.jpg


清水揚げて名古屋向け
関連記事

2010.06.09    カテゴリ:  新造船 

   まもなく竣工 玉力汽船 たまりき丸

まもなく竣工の玉力汽船 新造船たまりき丸
2010060910210002.jpg
たまりき丸【Tamariki Maru】 玉力汽船 鶴見サンマリン 499GT 1200? C重油タンカー
2010.6 伯方造船 赤阪鐵工所 K28SR 1176kw
2010060910190000.jpg
前回の見学で全景を撮り忘れ。以上内航.COM今治支店による携帯撮影

【6/5撮影】
IMG_6407.jpg
荷役デッキ
メイン航路は離島航路向けのC重油船です
IMG_6436.jpg
ファンネルはメガコモンキャリア 鶴見サンマリン
IMG_6439_20100609134215.jpg


続きはこちらをクリック→造船.COM

関連記事

2010.06.10    カテゴリ:  船舶模型 

   祝 翔洋丸 引き渡し式

先日、某船内にある素人造船1号船台にて約7ヶ月かかって完成した
三原汽船のコンテナ船 翔洋丸が陸送され三原汽船様に引き渡されました
010.jpg
1/100スケールモデル コンテナ船 翔洋丸【Syouyou Maru】三原汽船 マロックス 498GT 1410DW
2008.7 山中造船 新潟原動機 6M34BGT 2000ps
2010.6 素人造船(株)船舶模型課 1/100完全自作モデルシップ
013.jpg
すでに、某ブログにて建造工程をご確認の方も多いと思いますが
改めて素人を超えてしまった素人造船による船務の合間によくぞここまでと
感心する出来栄えで、ディティールに至るまで精巧に造られています
017.jpg
素人造船オリジナル技術による特殊塗装
船体の材質は厚紙です。その上に塗装してこのような光沢を出すのには技術が要ります
019.jpg
SUS仕様のターンバックル これも自作です
縫い針を二つ半田溶接して製作
ホールディングハッチの油圧シリンダーにブルワークの骨、航海灯に作業灯
ユニバーサルローラーなど簡素化すれば製作も楽でしょうけどそこは技術者魂が許さなかったようです
021_20100610131257.jpg
FURUNOもビックリの1/100空中線
今回製作に当たり、大型設備投資クラフトロボを導入したようで
ブリッジの窓枠切りなど精巧さが増したようです

造船所で言うNC切断機ですね
039.jpg
サイドのタラップや救命ブイ・膨張式イカダなどぬかりはありません
085.jpg
こうやって海へ向けるとホンモノと見間違えるほど
097.jpg
黒塗りの名板
スラスター網もドラフトも精巧です
052.jpg
アクリルケースに入れられ陸送。
実はこのアクリルケースと翔洋丸の船体材料費(工賃含まず)は同じくらいの値段だそうです
061 - コピー
そしてこちらは本家本元 コンテナ船 翔洋丸【Syouyou Maru】三原汽船 マロックス 498GT 1410DW
2008.7 山中造船 新潟原動機 6M34BGT 2000ps
日本一有名な内航コンテナ船かもしれませんね
IMG_5489.jpg
コンテナ搭載
IMG_4318.jpg
こちらは1/100モデルシップ
045.jpg
こちらはホンモノ
IMG_4317.jpg
進水式の模様はこちら


興味のない一般人には、この凄さがわからないと思いますが
造船・船舶関係者ならば、この凄さは、わかると思います。
一般人にはプラモデルを製作したと思われても仕方のないことですが
これが一枚の鉄板から造られる船舶同様・一枚の厚紙から造られていることを知れば
少しは、技術の高さにビックリされると思います。

約7カ月かけ船務の合間に船内で製作したと言うことを聞けば
なおさら船舶関係者はビックリではないでしょうか?
暇な船なんだろ?と思われた方、月間航海時間400時間オーバー
時化・雨関係なしの結構、忙しい船です

船舶模型も専門業者頼めばメーター100万が相場です。
もちろんディティールを追求すれば金額はグンと上がります

この7カ月の集中力と神経を使った作業により素人造船社長の身体の一部に
深刻な変化が出てきたのが現在の悩みだそうです
現在、深刻な変化を最小限に抑えるべく、あらゆる方法を試しているようですが
深刻な変化は拡大の一途だそうです

世間は不況の風が吹いていますが現在、受注は1.2年年先まで決まっているようです。
タンカー分野にも進出し、現在製作中のことです

納期を急がない人でしたら相談にものるとのことです。

金額、船台の順番についてのお問い合わせは
こちらをクリック→naikou0000@gmail.com

今回、某ブログの直リンクは必要ないとのことですのでご興味のある方は
ご自分で探してみてください
関連記事

2010.06.12    カテゴリ:  その他 

   欲しい…

でも高い…
30th Anniversary BOX from TSUYOSHI NAGABUCHI PREMIUM

30th Anniversary BOX from TSUYOSHI NAGABUCHI PREMIUM

価格:円(税込、送料込)



関連記事

2010.06.13    カテゴリ:  テレビ番組 

   海の上のプロフェッショナル





日本の海運




内航海運にも魅力が持てるPV製作を期待します

PRが遅れているのですからセンスあるインパクトPRをお願いします

造船番長


日本ブレイク工業

関連記事

2010.06.14    カテゴリ:  新造船 

   Sno715 5000kl黒油タンカー

【一部訂正・加筆】

現在伯方造船にて建造中のSno715 3560GT 5000キロ黒油タンカー 金力汽船 鶴見サンマリン
しばらく見ないうちにだいぶ、形になり仕様の一面が明らかになってきました。
【6/5撮影】
ナカシマプロペラ New PAI+PBCF
舵はベッカーラダー
IMG_6460.jpg
マニホールド(SUS仕様)
IMG_6462.jpg
ベントライン(SUS仕様)
パイプ下はヘルメット着用でもぶつからない高さを確保
IMG_6461.jpg
デッキストレーナーが小さいですね
IMG_6463_20100614080911.jpg
実はこのデッキストレーナー、半分埋まっています。
P5250546.jpg
半埋没型デッキストレーナー
IMG_6465.jpg
作業しやすい高さと、デッキ上の構造物はできる限り少なくしたいと言うオーナーさんの考えですね
半埋没型にすることにより残油の落としバルブ2個が不要になりました
蓋はもちろんオールステンレス
蓋のペケポンもSUS仕様
開放した時、隣りのペケポンに蓋を置く為です
IMG_6464.jpg
鉄のラインは、錆打ちしやすいようSUS仕様のキーをかましています
受けのアングルもSUSですね
IMG_6466.jpg
上も二点のSUSキーで支持
IMG_6467.jpg

金力汽船のホームページはこちらをクリック→金力汽船株式会社

続きはこちらをクリック→造船.COM

関連記事

2010.06.17    カテゴリ:  航海中 

   フレコン→メイズ2セット

梅雨入りしましたが雨の合間を縫って順調に航海中

松山→四日市・清水(フレコン)名古屋→坂出(メイズ)
玉島→四日市(フレコン)名古屋→坂出(メイズ)
週末は瀬戸内某所二か所積み→伊勢湾某所

幸真丸【Koshin Maru】松島輸送船  鈴与海運 499GT 1582DW【限定近海】
2006.5 中之島造船所 新潟原動機  6M34BGT 1000ps
IMG_0135_20100617094439.jpg
給水船 名水丸【Meisui Maru】名古屋港管理組合 ナゴヤシップサービス 130GT
1996.9 千代田造船名古屋 三菱重工業 S6R2F-MTK 550ps
コンパスデッキに電光掲示メーターがあります
IMG_0136_20100617094439.jpg
第十八照丸【Hassho Maru No.10】 西山汽船 日本タンカー 3815GT 6472㎥
2009.12 栗之浦どっく 阪神内燃機工業 6L35MC 3900KW
IMG_0139_20100617094633.jpg
OCEAN CREATION エイジャン・クルーザー S.A.社 106,367GT  207,935DWT
2009.4 ユニバーサル造船津 MAN-B&W 6S70MC-C型 22,580ps
IMG_6584_20100617094439.jpg
蛍光鉢巻していますね
IMG_0143_20100617094440.jpg
佳容丸【Kayo Maru】南光汽船 JRTT 住友金属物流 499GT 1600DW
1997.3 タチバナ船舶鉄工 ダイハツ 6DKM-26L 1800ps
IMG_6585_20100617094440.jpg
第十一進宝丸【Shinpo Maru No.11】不動海運 芙蓉海運 199GT 710DW
1991.9 高砂造船所 赤阪鐵工所 T26SR 850ps
IMG_6586_20100617094634.jpg
宝栄丸
IMG_6587.jpg
ロシアンシップ
IMG_6588_20100617094634.jpg
第十五進栄丸
IMG_6591.jpg
第三招福丸【Shofuku Maru No.3】 招福汽船 新居浜海運 199GT 660DW
1996.7 矢野造船 赤阪鐵工所 T26SKR 1000ps
IMG_6595_20100617100250.jpg
小豆島沖
海面がザワザワ
IMG_6600_20100617100250.jpg
イワシか何かの群れでした
IMG_6601_20100617100251.jpg
HUAXIANG
IMG_6602_20100617100251.jpg
栄吉丸【Eiyoshi Maru】新栄海運 上組海運 199GT 700DW
1995.12 高砂造船所 松井鉄工所 MA28GSC-33 1000ps
IMG_6603.jpg
PACIFIC MACNOLIA
IMG_6604.jpg
神春丸【Kamiharu Maru】徳山原石輸送 新日本近海汽船 998GT 3300DW
1998.2 松浦造船所  阪神内燃機工業 LH41L-34 3300ps
IMG_6605.jpg
大幸丸【Taiko Maru】 三幸海運 298GT 999DW
2009.9 太陽造船 阪神内燃機工業 LH28G 1000ps
IMG_6612---1.jpg
百合丸【Yuri Maru】百本海運 上野トランステック 499GT 1212㎥
1994.6 上野トランステック ヤンマー MF29-STD6 1000ps
IMG_6613.jpg
JFE N1 岡本海運 JFE物流 2309DW プッシャー 清丸 120GT
1994.12 本瓦造船(清丸建造造船所) 新潟鉄工所 6MG26HL×2 4000ps
IMG_6614.jpg
長福丸【Chofuku Maru】船主:向井さん 西日鋼運輸 199GT 750DW
2005.7 矢野造船 新潟原動機 6M28BGT 1000ps
IMG_6616---1.jpg
GAILLARDIA SW
IMG_6618_20100617101006.jpg
鶴良丸【Kakuryo Maru】前川海運 鶴見サンマリン 749GT 2279㎥
2002.4 伯方造船 阪神内燃機工業 6LH34LG 2000ps
IMG_6619_20100617101006.jpg
川崎造船
左からTAITAR NO4 CAPE TSUBAKI 建造中のLNG
IMG_6620_20100617101007.jpg
玉島フレコン 10個吊り
IMG_6621_20100617101007.jpg
ナカシマプロペラ
IMG_6622_20100618091858.jpg
みさを丸【Misao Maru】みさを汽船 みさを汽船 187GT 606DW
1997.2 新浜造船所玉野 新潟鉄工所 6M26BGT 850ps
IMG_6625_20100618091859.jpg
SULPHUR GENESIS
IMG_6626_20100618091859.jpg

IMG_6628_20100618091859.jpg
第三美洋丸【Biyo Maru No.3】撫中海運 JRTT 豊益海漕 199GT 674DW
2001.1 濱本造船所徳島 新潟鉄工所 6M26AGTE 1000ps
IMG_6630.jpg
博祐丸【Hakuyu Maru】毛塚運輸 499GT 1599DW
1996.4 今村造船所呉 阪神内燃機工業 LH30L 1800ps
IMG_6631_20100618093825.jpg

国内最高齢の内航船 福井丸 1954年竣工から来月で56年
IMG_6632.jpg
福井丸【Fukui Maru】渡部百市 加藤海運 191GT 280DW
1954.7 浦共同造船所 久保田鉄工 M6DMDHCS 280ps
元は木帆船ですが外側は鉄板やFRPで補強されていると思います
エンジンも違うかもしれませんね
IMG_6634_20100618093826.jpg
今の内航船は、輸送安全上船齢18年19年くらいでお役御免の会社もありますね。

福興丸
IMG_6635_20100618093826.jpg
効率運航?3艘引き
IMG_6640_20100618093826.jpg
第八新生丸【Shinsei Maru No.8】みゆき海運 日本海運 199GT 671DW
1998.7 山川造船鉄工 阪神内燃機工業 LH26G 1000ps
IMG_6641_20100618094323.jpg
恵将丸 恵比須汽船 新和内航海運 499GT 1830DW
2009.7 矢野造船 阪神内燃機工業 LH34LG 1471kw
IMG_6645_20100618094323.jpg
日章丸【Nissho Maru】旭汽船 419GT 1100DW
1993.2 吉田造船工業 赤阪鐵工所 K32R 1000ps
IMG_6647_20100618094324.jpg
第四十五三社丸
IMG_6648.jpg
浜幸丸【Hamakou Maru】船主:浜田さん 辰巳商会 199GT 700DW
2001.9 太陽造船 新潟鉄工所 6M26AGTE 999ps
IMG_6650_20100618094324.jpg
第五菱化丸【Ryoka Maru No.5】恭海海運 三菱化学物流 699GT 1613DW
1993.9 伯方造船 阪神内燃機工業 LH34LA 2000ps
IMG_6651_20100618094710.jpg
えいふく丸【Eifuku Maru】沖野海運 不二海運 499GT 1830DW
2007.1 山中造船波方 阪神内燃機工業 LH34LA 2000ps
IMG_6653.jpg
第十八青雲丸【Seiun Maru No.18】岡本海運 日鐵物流 499GT 1600DW
1999.9 山中造船波方 阪神内燃機工業 LH30LG 1800ps
IMG_6656_20100618094711.jpg
第三天神丸【Tenjin Maru No.3】岡本汽船 日鐵物流 499GT 1550DW
1993.9 新浜造船所阿南 赤阪鐵工所 A31R 1000ps
IMG_6658_20100618094712.jpg
JUMBO RIVER
IMG_6660_20100618094712.jpg
つるかぶと【Tsurukabuto】森海運 JRTT 井本商運 749GT 1830DW
2004.1 三浦造船所佐伯 阪神内燃機工業 LH38LG 2799ps
IMG_6663_20100618094946.jpg
第十八宝運丸【Houn Maru No.18】 河菜海運 JFE物流 499GT 1439DWラック船
2009.12 中之島造船所 新潟原動機 6M34BGT 1000ps
499からケープサイズまでの河菜海運
IMG_6665_20100618094946.jpg
JFE瀬戸内マックス新平隆 日本郵船 ユニバーサル造船 200型ケープ
IMG_6667_20100618094947.jpg
VLCC 桜川 SAURAGAWA
2009.6 川崎造船
IMG_6670_20100618094947.jpg
全長:332.93m 長さ(垂線間):324m 型幅:60m
総 ト ン 数:16万68t 荷油槽容積:35万1,618m3
主 機 関:川崎-MAN B&W 7S80MC-C型ディーゼル機関×1基
連続最大出力2万7,160kW×76回転/分
航海速力:約15.58ノット
IMG_6673_20100618094947.jpg
川崎美人のブリッジにセクシー系ハイレグカットスターン
IMG_6674.jpg
YANJING
IMG_6675.jpg
きぬうら丸【kinuura maru】 泉汽船 フジトランス 12691GT 5820DW
2007.2 三菱重工業下関 三菱重工業 7UEC52LSE 16227ps
IMG_6676_20100618095147.jpg
坂出メイズ揚げ2セット目
IMG_6678_20100618095147.jpg


関連記事

2010.06.19    カテゴリ:  海運ニュース 

   中国から「黒船」

ペトロチャイナが重油の対日輸出へ国内再編加速
日本や韓国の船舶用燃料(バンカー重油)市場にも進出
関連記事

2010.06.20    カテゴリ:  テレビ番組 

   エリアス ちいさなレスキューせん

ベルギーで見たきかんしゃトーマスの『船版』のようなアニメ

こう言うのが日本にあれば良いのにと思っていましたが
昨日、BSで発見!
ベルギーで見た時より遥かにきれいなCGアニメーションになっていました
実は、昨年10月からスタートしていたようです

エリアス ちいさなレスキューせん

【番組情報】

BS日テレ+
毎週土曜   18:00~18:30
[再]毎週日曜  8:00~8:30

次回放送は2010年07月03日(土)
~ かもつせんスベリーナ/クルーザーのパーティー ~



【DVD】


エリアス ちいさなレスキューせん クルーザー クール・キャットごう 2



古いですがこう言うのもあったんですね

がんばれタッグス


今の内航海運PRでは、若手船員が絶滅危惧種に指定されます。
何もわかっていないトンチンカンなごく一部のお偉いさんは、外来種を入れとの案もあるようですが…

将来の子供たちの職業選択の一つに内航船員・外航船員が入るよう
長期的視点での意味のあるPR活動を期待します。

そして未来の子供たちに勧められる、魅力ある職業・職場 内航船員・内航海運になることを望んでいます

がんばれ内航海運2010

JR四国 瀬戸大橋アンパンマントロッコ号
IMG_0149_20100620112258.jpg
これだけやれば、電車の運転手になりたいと言う想いが心に刻まれていく
子供もたくさん出ますよね
IMG_0150_20100620112258.jpg
ライセンス料も莫大にかかるのでしょうけど
IMG_0151_20100620112258.jpg
そのまま船に使えるアイデアではないですが一つのアイデアですね
IMG_0152_20100620112258.jpg
子供向けと言いつつ、案外電車オタク向けだったりするのかもしれないですが(笑)
電車に全く興味がない私でも思わず写真を撮ってしまいました
関連記事

2010.06.21    カテゴリ:  内航ドットコムオブザイヤー 

   シップ・オブ・ザ・イヤー2009

「シップ・オブ・ザ・イヤー2009」南極観測船「しらせ」に決定


しらせ 防衛省 18300GT  LppxBxDxd…126.0x28.0x15.9x9.2m
機関 ディーゼル 4基・主電動機 4基
ディーゼルエレクトリック(交流PWM制御 5,516kW×4)2軸推進 30,000PS 最大速度 19.5ノット
砕氷能力 厚さ1.5mの氷の中を3ノットで航行可能
乗員 179名 隊員 80名 輸送物資 約1,100t
2009.5 ユニバーサル造船株式会社 舞鶴事業所



SHIRASEプロジェクト
三代目南極観測船しらせ 艦番号AGB-5002は除籍後民間の気象情報会社「ウェザーニューズ」に売却(4000万円)
SHIRASEに改名され2010年5月2日から南極観測および気象観測の象徴として一般公開中

シップ・オブ・ザ・イヤー2009、満票でのしらせのShip of the year受賞。
素晴らしい技術での受賞。異論はありませんが・・・

船舶及び海洋工学に関する学術技芸を考究し、その発達を図ることを目的としているならば
選考委員の人選の再考。各部門賞の増設をよろしくお願いします
少なくとも商船学校や商船大の教授や海員学校などの先生、総連幹部
内航ジャーナルや内航新聞・共有船など業界メディア関係者くらいは選考委員に加えてもらわないと
どうだ。シップオブザイヤーだ参ったか!と言われてもイマイチ納得きません。

船舶は、千差万別です
外航船部門(カーゴ・タンカー)
近海船部門(カーゴ・タンカー)
大型内航船部門(カーゴ・タンカー)
中型内航船部門(カーゴ・タンカー)
小型内航船部門(カーゴ・タンカー)
フェリー部門(大型・小型)
漁船部門(大型・小型・密漁)
特殊船
など…

ここまでカテゴリー分けしろとは言いませんがせめて、内航船部門(大型・小型)くらいあってもよいのでしょうか?
そうすれば、内航建造造船所も内航船主も少し盛り上がると思いますけど。
別に賞金や賞品出せと言っているのではありません。(あるに越したことはないですが)
頑張っている人・素晴らしい技術に栄誉を与える機会を作ってください

あの選考委員の人選では、内航船が受賞するのは、エントリー船に恵まれないと厳しいと思います

そして・・・
内航ドットコムオブザイヤー2009は…

関連記事

2010.06.22    カテゴリ:  航海中 

   瀬戸⇔伊勢湾3セット目

坂出揚げ。次はどこかなと思えば、坂出・鳴門積み合わせ豊橋向け
効率配船効率運航!
坂出積み(食塩)
IMG_0153_20100622184547.jpg
2か所目鳴門着き次第積み込みと言うことで鳴門向け

高砂造船跡地
なかなか良い船造っていたのですが…
IMG_0154_20100622184548.jpg
間もなく竣工 金寿丸 前田海運 243GT 800DW 徳岡造船
IMG_6684_20100622184548.jpg
結局、少し積んで雨でノックオフ
その後イロイロあってノックダウン。飛び込みの営業マンの気持ちを痛感

上りも下りも結構止まってったようで、翌朝、積み込み終了。そのまま出港
月曜揚げなので揚げは予定通り

第十五ひかり丸【Hikari Maru No.15】第一船舶 かんでんエンジニアリング 2041GT 3049㎥
1999.5 内海造船瀬戸田 ダイハツ 8DKM-28F 3400ps
IMG_6680_20100622184548.jpg
南からのうねりはまだ消えずゴロゴロ
第五福吉丸【Fukuyoshi Maru No.5】 船主:薮田さん 加藤海運 199GT 660DW
1996.3 太陽造船 阪神内燃機工業 LH26G 1000ps
IMG_6690_20100622184548.jpg
日曜、早朝伊良湖には20数隻499クラスが避難中

着桟前、私操船。オモテ、ザワザワ。
どうやらロープ繰り出したところでオモテのウインドラス故障。
故障したまま着桟。(後日記事に続く…)

業者日曜対応でなんとか月曜荷役に間に合い荷揚げ
IMG_0185_20100622185155.jpg
ちとせ【Chitose】プリンス海運 5599GT 4752DW
1988.9 今治造船今治 赤阪鐵工所 7UEC45LA 8400ps
IMG_0182_20100622185155.jpg
スラスター使わず着桟中
IMG_0184_20100622185155.jpg
第二幸翔丸【Kosho Maru No.2】不二海運 498GT 1825DW
2007.5 山中造船波方 ダイハツ 6DKM-26L 1799ps
IMG_6702_20100622185156.jpg

IMG_6703_20100622185156.jpg
ありた丸【Arita Maru】有田海運 住友金属物流 499GT 1830DW
2007.6 松浦造船所  ダイハツ 6DKM-26L 2000ps
IMG_6708_20100622190605.jpg
たまたまですが、一番船・二番船がほぼ同仕様の18型
ハッチも二隻ともフラットタイプ
コンベックスより8DWオーバーしますが雪や水はけにはこちらが優位
IMG_0177_20100622190606.jpg
極太バルバス
IMG_0180_20100622190606.jpg

IMG_0178_20100622190606.jpg

IMG_0179_20100622190607.jpg

IMG_6698_20100622195028.jpg

鳩島丸と新幹線
鳩島丸【Hatoshima Maru】中栄マリン 不二海運 499GT 1780DW
2007.4 村上造船所鳴門 赤阪鐵工所 K31SFD 2000ps
IMG_6714_20100622192206.jpg
第八愛翔【Aisyo No8】愛知海運 299GT 1050DW 2008.5 太陽造船
IMG_6715_20100622192206.jpg
聰洋丸【Souyou Maru】沖井海運 499GT 1524DW
2005.12 村上造船所鳴門 阪神内燃機工業 LH34LG 2000ps 
IMG_6717.jpg
当初、翌日積みだった名古屋積みを到着次第積み込み
1800名古屋着 豊橋名古屋揚げ積み坂出向け
坂出向け3セット目
IMG_6722_20100622192207.jpg
ここはバースのフェンダー事情は悪いのですが
アームが扇形と伸縮が効くので割と積みつけは楽。
本日のコントロールマンはアームの伸縮をしてくれたのだが
前回のコントロールマンはリミットがどうのこうのと言って全くアームを伸ばしてくれず…
フェンダーもまともに付いていない岸壁でチビチビシフト
その前のコントロールマンも普通にアームを伸ばしてくれて最小限シフトで済んだのですが…
2200前荷役終了
沖の南寄りのうねりは消えずゴロゴロ
IMG_6723_20100622192207.jpg
予定通り揚がれば、またも瀬戸大橋近辺から伊勢湾向けの予定
おそらく坂出向け4セット目になる予感

来島超える西向けがないと、なかなか本業?の造船所見学も難しいですね。
しかし梅雨なのに雨をすり抜け予定通り航海中。
さすが天気を読む、敏腕配船職人H氏


関連記事

2010.06.24    カテゴリ:  月刊修繕ドットコム 

   月刊修繕ドットコム 『定年退職』

先日、豊橋入港中。
私が操船しながら、何かオモテがザワザワしているなと思ったら
ロープを繰り出したところでウインドラスのスイッチが故障した模様。

とりあえず着桟。

起動スイッチが入っては切れるの繰り返し。

マグネットスイッチのカバーを外してみると、青(一番右側)の接点不良の疑いあり。
IMG_0163---1.jpg

船長が一生懸命、サンドペーパーとヤスリでゴリゴリ

ゴリゴリ…

ゴリゴリ…

ポロリ…
接点外れる…
ある程度でやめときゃいいモノを…

ロウ付けがないので半田付けしましたが一回スイッチがまともに入ってポロリ…
まぁ当たり前ですよね…
IMG_0164---1.jpg

さてどうする。
本日日曜日。明日は荷役。

そこは、さすが三信船舶電具株式会社 ( SANSHIN )さんです。
日曜対応もOKと言うことで伊勢から業者さんが来てくれました

マグネットスイッチを外して分解
IMG_0166_20100624145341.jpg

IMG_0165_20100624145341.jpg

IMG_0167_20100624145342.jpg
コイルも怪しいねとのことで
任期満了を待たずして本日付けで定年退職していただきました。
15年間お疲れ様でした
IMG_0168_20100624145944.jpg
さて、とりあえず、月曜発注で部品が届くまで直結対応となりました。

まずはヒューズを外し
IMG_0174_20100624151045.jpg

赤丸の右側の3点(赤・白・青)を赤丸の下側に同じように接続します。
IMG_0169---1.jpg
Y→U
Z→V
X→W
これでとりあえず直結は終了です。
スイッチはエンジン場の配電盤から直に入れます。
起動に通常の3倍の力がかかりますので本船の30KWのウインチ
約90KWが起動時にかかります。
スイッチ入れた瞬間
補機がケツを竹刀でしばかれたくらい気合いが入ってました(笑)
モーターが回りさえすれば通常の電力です。
スイッチ入れる前は、ウインチのリモコン。ハッチのリモコンが中立になっていることを確認!
IMG_0172_20100624145945.jpg
その前にこの配線じゃちょっと納得できないと業者さんが考え始め
大丈夫だとは思うけどと言っていましたが念の為
マグネットスイッチの配線を外しバイパスを取ることに。
IMG_0171---1.jpg
とりあえず、豊橋→名古屋→坂出まで直結対応で
入港前はとりあえずエンジンのポンプ類を一旦切ってからウインドラスのスイッチオン。
スイッチが入ったらポンプ類再起動

そして坂出にて新人のマグネットスイッチ君が就任
IMG_0213_20100624151045.jpg
最近の船ではポンプを15kw×2台のパラレル運転の船も多く見られます。

今回のトラブルは、船を止めることなく修繕完了となりましたが
後で思ったのが、これがもし荷役中で…

雨降ってきました。
ハッチ閉めてください。
ウインドラス故障でハッチ閉まりません。
荷物濡れました…

では、大変なことになりますから。
考えたらゾッとしました。


パラレル仕様じゃない船は、直結の方法を習得しておくか
マグネットスイッチの予備品を持っておくことも大切かもしれませんね。

船一日止めること考えたら安いもんです

電気関係の寿命は約10年と言われています。
本船の電気関係もあちらこちらでストライキを起こし始めています。
ここ数カ月、水道ポンプがストライキ(オーバーヒート)を繰り返し
先月付けで定年退職してもらいました。
現在、エンジン場の片隅で嘱託勤務しております

船もハイテク化になってきて電気系統の故障で船が動かなくなる場合もあります。
これからの船は、電気・電子に強いエンジンスタッフも必要になってくるでしょうね。
関連記事

2010.06.27    カテゴリ:  新造船 

   6月30日進水予定 SNO715

現在、伯方造船にて建造中の5000キロ黒油タンカーが6/30に進水予定
P6230004.jpg
3560GT 5000キロ黒油タンカー 金力汽船 鶴見サンマリン
ダイハツディーゼル 6DCM-32F 2942kw
P6230002.jpg

金力汽船のホームページはこちらをクリック→金力汽船株式会社

【写真提供:金力汽船 様】
関連記事

2010.06.28    カテゴリ:  荷役 

   THE SHOW

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2010.06.29    カテゴリ:  航海中 

   玉島~四日市・名古屋揚げ積み坂出

JFE関連船の聖地 玉島乙島岸壁
雄大丸【Yudai Maru】高野海運 西日鋼運輸 199GT 619DW
1992.10 底押造船 ヤンマー MF26-STD3 1000ps
IMG_0207.jpg
第七鉄栄丸【Tetsuei Maru No.7】共栄汽船 三栄港運 199GT 700DW
1998.8 矢野造船 松井鉄工所 ML627GSC-35 1000ps
IMG_0208.jpg
第八浪花丸【Naniwa Maru No.8】妹尾海運 JFE物流 199GT 649DW
1996.3 古本鉄工造船所 新潟鉄工所 6M26AGTE 1000ps
IMG_0210.jpg
第三晃山丸【Kozan Maru No.3】平野汽船 JFE物流 199GT 695DW
1994.12 西大寺造船所 松井鉄工所 ML626 1000ps
IMG_0211.jpg
これは珍しい、号鐘付きの船(左舷側ウイング)
IMG_0212_20100629155950.jpg
ゼウスの前に立ちはだかる流し網漁船
夕暮れ、機雷投下中
IMG_6742_20100629160431.jpg
第十八勝栄丸【Katsuei Maru No.18】水嶋海事工業 997GT 2256DW
1998.3 渡辺造船所土井首 阪神内燃機工業 LH46LG 2000ps
IMG_6733_20100629160431.jpg
第二十一清福丸【Seifuku Maru No.21】田中海運 JFE物流 199GT 700DW
1995.4 徳岡造船 阪神内燃機工業 LH26G 1000ps
波はなくとも連日、南から南西寄りのうねりでゴロゴロ
IMG_6728_20100629160430.jpg
CALA PEVERO
IMG_6732---1.jpg
熊野灘 視界1マイル
IMG_6745_20100629160431.jpg
青龍丸【Shoryu Maru】海福 JFE物流 199GT 740DW
1993.1 古本鉄工造船所 松井鉄工所 ML626GSC-4 1000ps
IMG_6746_20100629161508.jpg
大和丸【Daiwa Maru】船主:若林さん 紀和海運協 179GT 491DW
1991.11 勝浦船渠  赤阪鐵工所 T26SR 550ps
IMG_6747_20100629161509.jpg
最近ではあまり見かけなくなったデリック付きの材木船ですね
この船京浜まで走ってます。コンテナ船に負けないくらいの絶壁型ブリッジ
IMG_6748_20100629161509.jpg
食油タンカー 油味丸【Yumi Maru】味の素物流 198GT 449㎥
1990.3 小門造船鉄工 阪神内燃機工業 6LU26G 1000ps
IMG_0216_20100629161509.jpg
旭丸【Asahi Maru】旭海運 大一海運 499GT 1599DW【近海】
1995.8 三浦造船所佐伯 阪神内燃機工業 LH34LAG 1000ps
セパレート付きです。この日も二種積みしていました
IMG_0218_20100629161510.jpg
有新丸【Yushin Maru】有津海運 鶴見サンマリン 749GT 1933DW
2000.11 伯方造船 阪神内燃機工業 LH34LG 2200ps
IMG_0217_20100629162353.jpg
有新丸とヤン車 ヤン車の窓に理不尽と書いていますね
何かの集まりなのか撮影していました
IMG_0219_20100629162354.jpg

IMG_0220_20100629162354.jpg
しんみち丸【Shinmichi Maru】英和運輸 英和運輸 3785GT 6329㎥
2002.8 村上秀造船 阪神内燃機工業 6LF54A 4072ps
硫黄島向けの大きなタイコリールが特徴ですね
IMG_0222_20100629162354.jpg
錦隆丸【Kinryu Maru】 錦城海運 JFE物流 499GT 1800DW
2007.10 中之島造船所 新潟原動機 6M34BGT
社長が30代で若手スタッフがそろっている船主さんです
IMG_0225_20100629164355.jpg
太平洋セメント 有明
IMG_0221_20100629162354.jpg
土曜揚げ予定でしたが雨でノックオフ
月曜四日市揚げ
IMG_0226_20100629164355.jpg
揚げて名古屋到着次第坂出向け積み込み
土曜雨じゃなければ二桁勝利目前でしたが、9航海揚げ切りで今月終了予定
おそらく坂出向け8000tの最終便だと思う名古屋→坂出4セット目
IMG_0230_20100629164356.jpg
今回来たらタイヤが付いていました。
ちょっとしたことですが、岸壁事情の悪いバースでのこう言った設備はありがたいですね
IMG_0232_20100629164356.jpg
メイズ専用バージ 第二十富士丸 プッシャーは19GTボートです
バージにはスラスター付き
IMG_0229_20100629164356.jpg


関連記事

2010.06.30    カテゴリ:  携帯撮影 

   まもなく進水!


関連記事

2010.06.30    カテゴリ:  新造船 

   祝 本日進水!第二金洋丸

本日、伯方造船にて進水された金力汽船の5000kl黒油タンカー 第二金洋丸
IMG_6787_20100630125825.jpg
3560GT 5000キロ黒油タンカー 金力汽船 JRTT 鶴見サンマリン
ダイハツディーゼル 6DCM-32F 2942kw
IMG_6782.jpg

IMG_6790_20100630124847.jpg

IMG_6795_20100630124848.jpg

IMG_6798_20100630124848.jpg

IMG_6811_20100630131200.jpg
セミウイング型多角ブリッジ
IMG_6774.jpg
大きな窓はオーシャンビュー浴場
IMG_6807_20100630130458.jpg
ファンネルはもちろん、メガコモンキャリアの鶴見サンマリン
IMG_6775.jpg
ナカシマプロペラ New PAI+PBCF
舵はベッカーラダー
IMG_6776.jpg

IMG_6808_20100630130459.jpg
本日は伯方小学校の小学生を招待
IMG_6816_20100630131200.jpg
錚々たる顔ぶれ
しかも人数多いです
私は、プロの隣で邪魔にならないようインチキ撮影(笑)
IMG_6828.jpg
出席者 式台へ
IMG_6836_20100701191623.jpg
命名の儀
IMG_6835_20100701191623.jpg
多田社長により

第二金洋丸と命名

IMG_6839.jpg
餅まき
まずは、荷主様、オペレータ様による御鏡餅投げ
中には何かが入っているのかもしれませんね
IMG_6841.jpg
小学生が必死に拾っています。
私は上から撮影していたので餅は諦めていましたが、伯方造船の社長さんが投げた餅が
タイミングよくこちらへ飛んできました(笑)合計5つゲット!
元キャッチャーの某オーナーさんも強肩ぶりを発揮していたようです(笑)
IMG_6842.jpg
多田社長のお孫さんによる支綱切断
IMG_6845---1.jpg

進水!

IMG_6846_20100701191731.jpg
シャンパンが割れゆっくりと動き出した船体
IMG_6847_20100701191731.jpg
IMG_6848.jpg
くす玉が割れ徐々に、ごう音と共に
IMG_6849.jpg
滑走して行き
IMG_6850.jpg

IMG_6851_20100701191826.jpg
無事進水!
IMG_6854_20100701191826.jpg
木浦湾に浮かんだ雄姿
IMG_6858_20100701191826.jpg
それぞれの想いを胸に秘め見守る関係者たち
IMG_6860.jpg

祝 第二金洋丸 進水!

IMG_6872.jpg
手前は、たまたま通りかかった第五霧島丸の交通艇

この後、伯方造船新設艤装岸壁へ曳航
IMG_6876_20100701191904.jpg

本日は映像隊〔M0資格で完全無人化〕も参加です。
前回、わたつみの進水式の教訓を生かし、一時間前から場所取りです
そして最前列を陣取りました。
IMG_6821_20100630131200.jpg
造船所でガムテープを借りてガムテープで固定〔落下防止安全帯付き〕
進水準備完了でスイッチオン
すぐさま、写真撮影場所に移動〔リハーサル済み〕
IMG_6822_20100630131201.jpg

映像はこちら


そしてこの肝心な時にまた一眼レフのダイヤルが破損…〔もう限界?〕
そのまま強行撮影
噂には聞いていましたが伯方造船総務部のカメラが新しい一眼レフになっていましたね

進水式は一発勝負なので毎回、緊張します。
本当は、自分の目で見て感慨深く進水式を見学したいところですが…
職業病?ファインダー越しになってしまいます。

今回は伯方造船の式進行・撮影場所の勝手が多少わかっていたので
スムーズに行けました。

私の航海スケジュール次第ですが、順次第二金洋丸の全貌を紹介していきたいと思います

業界初のLED***とか…
各階に**ルーム設置とか…

その他見所満載の予定

ホームページでも新造建造工程が紹介されると思います

金力汽船のホームページはこちらをクリック→金力汽船株式会社
関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog