fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2011.04.01    カテゴリ:  航海中 

   名古屋~志布志~新居浜~八代

海都丸【Kaito Maru】エム・シー海運 3495GT 5430m³
2007.5 三浦造船所佐伯 阪神内燃機工業 6L35MC 5280ps
近海国際仕様に転用可能な設備をしていますね
これからは、東アジアの需要も内航海運の延長として考えるべきでしょうね
IMG_0330_20110401143732.jpg
鶴弘丸【Tsuruhiro Maru】 弘安企業 鶴見サンマリン 749GT 2199㎥
2002.10 伯方造船 赤阪鐵工所 A34CR 2200ps
IMG_0333_20110401143732.jpg
機帆船 金比羅丸
IMG_0339_20110401143733.jpg
今は世界有数の外航船主でもスタートは機帆船だったりします
IMG_0343_20110401143737.jpg
J-HARMONY
JFE物流のファンネルです
IMG_0349_20110401143737.jpg
興生【Kousei】 興生汽船 大王海運 199GT 618DW
1990.7 矢野造船 新潟鉄工所 6M28BFT 1000ps
セミコンテナ仕様ですが現在はチップ船になっています
ブルは、船主持ちです
IMG_0355_20110401143738.jpg
志布志港
徳隣丸【Tokurin Maru】宝城海運 第一中央汽船 740GT 2120DW
1995.5 三浦造船所佐伯 阪神内燃機工業 6EL38G 2000ps
配合飼料、北向けです
IMG_0357_20110401143847.jpg
燧灘の朝日
IMG_0368_20110401143847.jpg
ATLANTIC ACE 新和海運
IMG_0369_20110401143847.jpg
新来島のトンネルフィンがついていたので新来島できなのかなと思ったら
今治造船できなんですね
イマゾウ、ロングセラーの28型ハンディです
IMG_0371.jpg
清水運搬貨客船 みのしま【Minoshima】住鉱物流 459GT 694DW
2009.11 石田造船建設 ダイハツ 6DKM-26F 2200ps 
IMG_0374_20110401143848.jpg
旅客151名定員 清水600t 新居浜→四阪島へ運搬
IMG_0376_20110401143848.jpg
第七互光丸【Goko Maru No.7】互光海運 287GT 999DW
2007.4 矢野造船 新潟原動機 6M28BGT 1000ps
IMG_0386_20110401144133.jpg
第七藤川丸【Fujikawa Maru No.7】 寿汽船 第一中央汽船 740GT 2100DW
1995.8 三浦造船所佐伯 マキタ 5S26MC 2000ps
IMG_0402_20110401144134.jpg
みつひろ5【Mitsuhiro 5】三原汽船 JRTT 日鐵物流 497GT 1800DW
2009.2 讃岐造船鉄工所第一 新潟原動機 6M34BGT 2000ps
IMG_0406_20110401144135.jpg

 
関連記事
スポンサーサイト



2011.04.02    カテゴリ:  内航船〔カーゴ〕 

   松星丸 

私が当直に昇橋すると前から志布志向け爆走中の松星丸が来てました
IMG_0453.jpg
松星丸【Syousei Maru】 松田海運 三星海運 499GT 1830DW
2009.12 松浦造船所 赤阪鐵工所 AX33 2000ps
IMG_0461.jpg
松田専務が手を振ってくれました
本船と志布志入れ替えで残念。配合飼料、北向け輸送だそうです
IMG_0464_20110402090111.jpg
私だけではないと思いますが、知ってる船とスライドすると何とも嬉しい気分に
そして知っている船に手を振ったら、たまたま面識のない船員さんが当直でスルーされた時の虚しさ(笑)
IMG_0466.jpg
ご安航を!

前日に本船が荷役していたバースで積荷役 【松田専務提供】
P4010082.jpg




関連記事

2011.04.04    カテゴリ:  海運ニュース 

   タンカーで燃料2万トン、中国から到着

タンカー盛池号で燃料2万トン、中国から到着 中国政府が日本に無償提

ガソリン→伊藤忠エネクス江田島油槽基地 軽油→今治市 波方ターミナル



土曜日、江田島で燐鉱石荷役中にバース沖をこの盛池号が通過して行きましたが
あまり興味なかったので撮影しませんでしたが、ニュースを見て後悔
IMG_0467_20110404084157.jpg
風が穏やかでなにより。
IMG_0469_20110404084158.jpg

関連記事

2011.04.04    カテゴリ:  東北地方太平洋沖地震 

   震災後初めて貨物船出港 日立港区

新大分火力発電所向けに生産したガスタービンを貨物船「海徳丸」に積み込まれ大分県に向けて出港
海徳丸【Kaitoku Maru】久木山汽船 199GT 680DW
1998.11 太陽造船 阪神内燃機工業 LH26-247 1000ps
IMG_0806_20110415094257.jpg

港湾貨物、積み出し再開 茨城港日立港区
日立製作所日立事業所が製造したガスタービン本体の一部、大分県大在港向け

北海道苫小牧港の定期RORO(ローロー)航路は、6日再開される見通し
関連記事

2011.04.04    カテゴリ:  東北地方太平洋沖地震 

   汚染水貯留にメガフロート利用

東京電力福島第1原発の敷地内にたまった汚染水の排水作業用に、
静岡市が保有する大型浮体式海洋構造物「メガフロート」を“水がめ”として使うアイデアが急浮上。


東電は当初、貯水先として中古タンカーを検討したが、水深が6メートル前後と浅い同原発の港に入れないことが判明

タンク容積で言えば「浮遊式海洋構造物(88万KL)」による洋上石油備蓄、上五島国家石油備蓄基地
ありますが、こちらは、さすがに汚染水回収にはコストも容積もオーバーパワーでしょうか

関連記事

2011.04.04    カテゴリ:  東北地方太平洋沖地震 

   日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測

日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、
気象庁が同原発から出た放射性物質の拡散予測を連日行っているにもかかわらず、
政府が公開していないことが4日、明らかになった。

気象庁拡散予測「公表すべきだった」…官房長官

こちらをクリック↓

オーストラリアの放射性物質拡散予測

オーストラリア中央気象局


ドイツの放射性物質拡散予測

ドイツ気象局 

後手後手の政府対応へは、議論の余地もないですが、冷静に見て海側がかなりヤバい状況だと言えます
30km規制は陸側の数値基準であって、やはりアメリカ軍の対応が正しかったのではないかと思います

このようなリスクの状況でも、職務を全うしている、オーナーと船員に感謝

福島第一原発事故-コンリート破損により高濃度放射線水流出。海水汚染に潜むバラスト水問題

日本を出航した船舶が放射線汚染されたバラスト水を、海水を世界中に広めるという風評被害が発生する危険性

汚染水1万トン超、海に放出…やむを得ない措置

2号機のタービン建屋などには法定基準の1億倍以上に相当する濃度の水
その流出流出回避の為の措置
関連記事

2011.04.05    カテゴリ:  新造船 

   祝 本日竣工 第二内海丸

本日、伯方造船にて竣工式を行った、内海汽船株式会社の6000kl白油タンカー第二内海丸
スーパーハイテクタンカー仕様です
IMG_0474_20110405100553.jpg
第二内海丸【Naikai Maru No2】内海汽船 JRTT 鶴見サンマリン 
3854GT 6499m³
2011.4 伯方造船 阪神内燃機工業 6L35MC 5310ps

LOA 104.0m B 16.0m D 8.5m
MHIマリンエンジニアリング(三菱重工)の全自動荷役装置SUPER CARGO-X搭載
音声認識運行支援システム「SUPER BRIDGE-X」搭載
IMG_0475.jpg

IMG_0617_20110405100554.jpg

IMG_0478_20110405100554.jpg

IMG_0612_20110405100554.jpg



IMG_0492.jpg

運航は、内航タンカー最大手 鶴見サンマリン
内海汽船は、鶴見サンマリンの前身、鶴見輸送時代からの所属です
IMG_0491.jpg

2011年4月5日 大安吉日の本日、伯方造船にて竣工式が行われました
【写真提供:T氏】
IMG_5089.jpg
竣工式の良いところは、式に参加した人が完成した船を見れると言うことですね
IMG_5085_20110405162100.jpg
もちろん支綱切断もあります
IMG_5087.jpg
シャンパンはベント菅で
IMG_5086_20110405162101.jpg
命名の儀
IMG_5097_20110405162101.jpg

命名 第二内海丸

IMG_5104.jpg
支綱切断!
IMG_5102_20110405162304.jpg
出航!
IMG_5110_20110405162305.jpg

IMG_5112_20110405162305.jpg
この後、オーナーズトライアル(撮影)をして、本船とスライドできると予想
IMG_5138_20110405162305.jpg
まさに処女航海が撮影できると私は、カメラを持ってスタンバイ
しかし待てども第二内海はやって来ず・・・
伯方島木浦港沖でバンカー中でした。
IMG_0730_20110405162306.jpg
内海汽船グループ会社の鐵運汽船、第十五鐵運丸とツーショット
IMG_0732_20110405162306.jpg
そして第十五鐵運丸は現在、山中造船にてリプレース中
4月2隻同時竣工 第二内海丸 第五鐵運丸 
第五鐵運丸【Tetsuun Maru No.5】鐵運汽船 商船三井内航 499GT 1825DW
山中造船建造中 阪神内燃機工業 LH34LA 2000ps
IMG_0646.jpg

内海汽船のホームページは、こちらをクリック→内海汽船株式会社



つづく・・・
関連記事

2011.04.07    カテゴリ:  新造船 

   6000kl白油タンカー第二内海丸 【船内探訪】

均整の取れたスタイリッシュブリッジ
IMG_0558.jpg
操舵室
IMG_0486_20110407114957.jpg

IMG_0592_20110407114957.jpg
操舵機
IMG_0489.jpg
左からFURUNO Xバンド・Sバンドレーダー・「SUPER BRIDGE-X」(MHIマリンエンジニアリング)
IMG_0488_20110407114958.jpg
エンジン監視システム HANASYS
IMG_0487_20110407114958.jpg
チャート台
IMG_0593.jpg
事務・水回りスペース
IMG_0589.jpg
IPファックス採用
IMG_0590.jpg
暖房ヒーター
IMG_0595_20110407115109.jpg
使わないときは
IMG_0596_20110407115109.jpg
収納
IMG_0597_20110407115110.jpg
MHIマリンエンジニアリング(三菱重工)の全自動荷役装置SUPER CARGO-X
IMG_0574.jpg
荷役事務室
IMG_0575.jpg

IMG_0576.jpg
食堂
IMG_0560.jpg
タテ型配列
IMG_0561.jpg
食堂にTVが二つ?
IMG_0604_20110407115216.jpg
実は、右のテレビは、SUPER BRIDGEとSUPER CARGOの大型副モニター
SUPER BRIDGEとSUPER CARGOの切り替え器
IMG_0603_20110407115216.jpg
保温器
IMG_0562.jpg
セルフコーナー
IMG_0563.jpg
ギャレーは横型配置
IMG_0564.jpg
アイランドキッチン
IMG_0565.jpg
個別のIH
IMG_0606_20110407115455.jpg
食料庫
IMG_0607_20110407115456.jpg
空調付き
IMG_0608_20110407120149.jpg
食堂と繋がっている通路を抜けたら
IMG_0566.jpg
サロン
IMG_0567.jpg
こちらはSUPER BRIDGEの副モニター兼用TV
IMG_0568.jpg
洗濯室
IMG_0571.jpg
暖房付き乾燥室
IMG_0572.jpg
ジャンパーロッカー
IMG_0573.jpg
居住区 船室は全部で12部屋
【機関長室】
IMG_0588_20110407145643.jpg
竣工前でしたので引越しの最中です
サイドボード付きで十分な広さと収納力ですね
IMG_0587_20110407145643.jpg
【二等機関士室】
IMG_0579_20110407145643.jpg
入り口になにやら扉が
IMG_0581.jpg
開けると、下駄箱になっていました。
なるほど、デッドスペースの有効活用
IMG_0582_20110407145644.jpg
羨ましい広さですね
IMG_0583_20110407151120.jpg

IMG_0584_20110407151121.jpg
3F 浴室
IMG_0585.jpg
24時間対応循環付き
IMG_0586_20110407151121.jpg
2F 浴室
IMG_0600_20110407151122.jpg



関連記事

2011.04.08    カテゴリ:  新造船 

   6000kl白油タンカー第二内海丸 【船上探訪】

荷役デッキ
IMG_0492.jpg
オモテから
ウインドラスは4ドラムワーピングエンド付き+スプリング2ドラム
IMG_0548.jpg
フォアマスト ピストンホーン(伊吹工業)
IMG_0551.jpg
チェーンロッカー入り口
IMG_0549.jpg
荷役デッキはペンキ塗りたてで入れず
IMG_0553.jpg
スプリングは、ダブルユニバーサルローラー
IMG_0545_20110408104416.jpg
細かいところですが、水はけを良くするのとゴミだまり防止に▽プレート
IMG_0555.jpg
ベント菅 振動防止ワイヤー 
IMG_0542_20110408104745.jpg

IMG_0556.jpg
ユニックはダブル
ユニック下が甲板倉庫
IMG_0541_20110408104746.jpg
ポンプ室コンパニオン
IMG_0537_20110408104746.jpg
ポンプ能力は1300m³/時×2 残油 50m³/時×2
IMG_0557.jpg
フライングパッセージは、SUS板ドット加工
IMG_0540_20110408104747.jpg
通路は、膨張トランク上
IMG_0539_20110408105214.jpg
荷役ライン 
荷役はMHIマリンエンジニアリング(三菱重工)の全自動荷役装置SUPER CARGO-X
IMG_0538_20110408105214.jpg
給油ライン
オーバーフローハッチ390L オーバーフロータンク180L
万全の油漏れ対策です
IMG_0536_20110408105214.jpg
FO 液面計
IMG_0535_20110408105215.jpg
居住区入り口 ワンタッチSUSロック
IMG_0559.jpg
レーダーマスト
IMG_0493_20110408105215.jpg
SUSリギンスクリュー
IMG_0494_20110408105430.jpg
リギンワイヤーはSUS被膜付き
IMG_0495_20110408105430.jpg
エンジン場、送風機
IMG_0496_20110408105430.jpg
スカライキ
IMG_0599_20110408105430.jpg
煙突下にCO2ルーム 極太SUSスッパー
IMG_0501_20110408105431.jpg
ワンタッチ SUSロック
IMG_0500_20110408105431.jpg
トモは6ドラムワーピングエンド付き
IMG_0533_20110408105611.jpg
スプリングは、ユニバーサルローラー
IMG_0502_20110408105611.jpg
ギャングウェイ付き
IMG_0534_20110408105611.jpg



関連記事

2011.04.11    カテゴリ:  エンジン 

   阪神内燃機工業 川崎-MAN B&W 6L35MC 3900kw

第二内海丸のエンジン

第二内海丸【Naikai Maru No2】内海汽船 JRTT 鶴見サンマリン 3854GT 6499m³
2011.4 伯方造船 阪神内燃機工業 6L35MC 5310ps
LOA 104.0m B 16.0m D 8.5m
MHIマリンエンジニアリング(三菱重工)の全自動荷役装置SUPER CARGO-X搭載
音声認識運行支援システム「SUPER BRIDGE-X」搭載

阪神内燃機工業 川崎-MAN B&W 6L35MC 3900kw(5310ps)

IMG_0526.jpg
2サイクル モンスターエンジンです
IMG_0528.jpg
過給器はMET(三菱重工)
IMG_0529.jpg

IMG_0516.jpg

IMG_0518.jpg
荷役エンジン搭載
IMG_0524_20110411080204.jpg
ヤンマー 6N21AL-GV 1020kw(1387ps)
IMG_0519.jpg
軸発を抱かせてます 
IMG_0515.jpg
荷役エンジン 軸発 600KVA
IMG_0517_20110411080305.jpg
補機 ヤンマー 6N165L-EN 530kw 600KVA×2基
IMG_0522.jpg
極太集合菅(清水ライン)
IMG_0521_20110411080305.jpg
全自動荷役 電磁弁
IMG_0532_20110411080306.jpg
エンジン制御室 HANASYS
IMG_0505_20110411081705.jpg
配電盤
IMG_0506_20110411081705.jpg

今回も見学できるかどうか微妙なスケジュールでしたが運良く竣工前に見学できました。
写真を見てもわかるように第二内海丸は高付加価値の超近代化仕様のスーパーハイテクタンカーになっています。
私は、タンカー素人なりに、伯方造船のタンカーを見てきましたが
それぞれのオーナーの特徴・仕様コンセプトがあって見学していて面白いです。
どれ一つとして同じ船がないくらいオーナー要求・荷主要求をカタチにしています
さすが、内航タンカー竣工実績日本一ですね

第二内海丸もさすが『内海仕様』と言われるだけあって素晴らしい船でした
竣工式は、世間の自粛ムード同様、簡素化されたようですが
おめでたいことには、かわりありません。

頑張れる人が頑張っていかないといけません

がんばろうニッポン!がんばろう内航海運!

第二内海丸の安全航海と内海汽船株式会社の今後のご活躍を期待しています

内海汽船のホームページはこちら→内海汽船株式会社

建造は伯方造船株式会社
関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog