企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
内航.net
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース
 全1ページ
このページのリスト
2012.08.01   カテゴリ:《 エンジン 》
  赤阪鐵工所 A41R 3300ps
2012.08.03   カテゴリ:《 新造船 》
  第十七霧島丸 船内探訪【デッキ編】
2012.08.03   カテゴリ:《 新造船 》
  日本初 双子の199GTタンカー同時建造
2012.08.04   カテゴリ:《 新造船 》
  第十七霧島丸 船内探訪
2012.08.05   カテゴリ:《 進水式 》
  日本初 双子の199GTタンカー 本日進水!
2012.08.08   カテゴリ:《 エンジン 》
  阪神内燃機工業 LH30LG 735kw
2012.08.11   カテゴリ:《 船舶模型 》
  夏休み、大人の模型展示会
2012.08.11   カテゴリ:《 海運ニュース 》
  日本初 ママさん船長 寺田美夏船長
2012.08.14   カテゴリ:《 風景 》
  来島海峡
2012.08.15   カテゴリ:《 航海中 》
  瀬戸内の原風景
2012.08.16   カテゴリ:《 新造船 》
  祝 竣工 FAIRY ISLAND
2012.08.17   カテゴリ:《 その他 》
  夏休み、こども船長の自由研究
2012.08.21   カテゴリ:《 新造船 》
  祝 竣工 58型ハンディマックスバルカー DONAU K
2012.08.22   カテゴリ:《 鶴見サンマリン 》
  3000KLダブルハル白油タンカー 第八幸秀丸
2012.08.24   カテゴリ:《 新造船 》
  最近見かけた新造船
2012.08.27   カテゴリ:《 風景 》
  夏休み、大人の遠足 in Mt.Fuji
2012.08.28   カテゴリ:《 風景 》
  潮岬灯台
2012.08.31   カテゴリ:《 海運ニュース 》
  本末転倒   防災の日SP 首都大震災~わ・す・れ・な・い 3・11の警告~

2012.08.01    カテゴリ:  エンジン 

   赤阪鐵工所 A41R 3300ps

第十七霧島丸のエンジン 赤阪鐵工所 A41R 3300ps【2427kw】
IMG_2284_20120731091823.jpg

IMG_2282_20120801075159.jpg

IMG_2277_20120801075159.jpg

IMG_2280_20120801075200.jpg

IMG_2291_20120801075200.jpg
逆転機
IMG_2289_20120801075200.jpg
荷役ポンプは主機駆動
IMG_2286_20120801075201.jpg
日防・三菱海洋生物付着防止装置
IMG_2287.jpg
オイラはボイラ 三浦のボイラ
IMG_2281_20120801075428.jpg
補機はヤンマー 6NY16L-HW 265kw 300KVA 
IMG_2276_20120801075428.jpg

IMG_2275_20120801075429.jpg
エンジン監視室
IMG_2272_20120801075429.jpg

IMG_2273_20120801075429.jpg

IMG_2271_20120801075941.jpg
停泊用補機 ヤンマー 4HAL-2 150KVA
IMG_2270_20120801075941.jpg
作業台
IMG_2267_20120801075941.jpg

IMG_2293_20120801075942.jpg
ステアリングルーム
IMG_2266_20120801075942.jpg

IMG_2265_20120801075942.jpg
排ガスエコノマイザー
IMG_2294_20120801080041.jpg
関連記事
スポンサーサイト

2012.08.03    カテゴリ:  新造船 

   第十七霧島丸 船内探訪【デッキ編】

第十七霧島丸【Kirishima Maru No17】霧島海運商会 鶴見サンマリン 
1792GT 3399㎥【黒油】
LOA 91.77 B 14.00m D 6.50m
2012.7 村上秀造船 赤阪鐵工所 A41R 3300ps【2427kw】
TRAIAL MAX 14.218ノット
省エネステーター搭載

IMG_2331.jpg
膨張トランクは鶴見仕様のフィッシュテール型
荷役ラインはベッタリタイプ
マニホールドは戻り勾配付きのガルウイング型
IMG_2259_20120731091822.jpg
ファンネルは、メガコモンキャリアの鶴見サンマリン
熱倍膨張タンクinファンネルです
IMG_2258_20120803121741.jpg
スカライキ
スカライキはスカイライト〔天窓〕・年配の人ならシカラギなどと言う人もいますが
当初の目的はエンジンルームの明かり取りですからスカイライトがなまってスカライキになったのでは
ないかと思います
船乗り言葉は、何かがなまって言葉になっていることが多いですね。
さらにそれがなまって〔省略〕して使われている場合が多いです
IMG_2262_20120803121742.jpg
交通艇はヤンマーTOPRUN
IMG_2263.jpg
オイルフェンス置き場はSHIGEAKIスタイル
IMG_2261_20120803121742.jpg
トモウインチ 遠隔リモコン付き
ウインチは政田鉄工
IMG_2264.jpg
ブリッジへの直行階段付き 荷役動線がいい作り
IMG_2324.jpg

IMG_2345_20120803130843.jpg
フライングパッセージはSUS一枚板
IMG_2254_20120803124621.jpg
ユニックはNANSEI
ユニックの修理の修理はこちらをクリック→株式会社吉平鉄工所〔出張修理・緊急修理・沖修理対応〕
IMG_2325.jpg
デッキストレーナー
IMG_2326.jpg

IMG_2327.jpg
ホース置き場とスイベルジョイント
IMG_2328.jpg
ワンベント ベント菅はSUSパイプ
IMG_2329.jpg
荷役デッキ
IMG_2334_20120803130624.jpg

IMG_2339_20120803130624.jpg
マニホールド
IMG_2340_20120803130624.jpg

IMG_2341_20120803130625.jpg
戻り勾配付きのガルウイング型
IMG_2342_20120803130843.jpg
荷役倉庫
IMG_2343_20120803130843.jpg
フォアマスト
IMG_2347_20120803130844.jpg
リギンはターンバックルのアイタイプ 回り止めボルト付き
予算の都合でSUSのリギンスクリューを諦めて鉄にするくらいなら
このSUSターンバックルも一つの選択肢だと思います
こんなこと書くと全国の造船所の営業からいらんこと書くなと言われそうですが〔笑〕
IMG_2346_20120803130843.jpg
チョッサーデッキ
ハンドレールに少し傾斜付けてます
デッキは滑り止めペイント
IMG_2336_20120803124622.jpg
ウインドラスは、政田鉄工ワンマンコントロール
IMG_2335_20120803130844.jpg
クラッチ・ブレーキ油圧操作
IMG_2337_20120803133549.jpg
チェーンカウンター ハーフブレーキ付き
IMG_2338_20120803133549.jpg
ビルジキールは三枚タイプ
IMG_1753_20120803135539.jpg
省エネステーター採用
全く同型・同一エンジン・同一造船所のの第二十一霧島丸がいますので
データー比較して試運転段階で数%の省エネ効果が得られたようです
IMG_1754.jpg
関連記事

2012.08.03    カテゴリ:  新造船 

   日本初 双子の199GTタンカー同時建造

今週日曜進水

関連記事

2012.08.04    カテゴリ:  新造船 

   第十七霧島丸 船内探訪

第十七霧島丸【Kirishima Maru No17】霧島海運商会 鶴見サンマリン 
1792GT 3399㎥【黒油】
LOA 91.77 B 14.00m D 6.50m
2012.7 村上秀造船 赤阪鐵工所 A41R 3300ps【2427kw】
TRAIAL MAX 14.218ノット
省エネステーター搭載
IMG_2253_20120731091822.jpg
操舵室
左はXバンドレーダー・操舵機・ECDIS・Sバンドレーダー
IMG_2307_20120804175534.jpg

IMG_2082.jpg
入港用船長副モニター
IMG_2311_20120804175534.jpg
ナナオの舶用新型モニターです
これ一台で結構なお値段します
IMG_2126_20120804180506.jpg
VHF子機
IMG_2127.jpg
マイレージモニター(通信装置付き)
IMG_2079.jpg
食堂サロン
IMG_2317.jpg

IMG_2313_20120804175535.jpg
52インチ ドーン
右はECDIS副モニター 何気に設置されてますが52インチのTVより高いです
IMG_2314_20120804175535.jpg
サロン兼荷役事務室
ソファーは高級仕様
IMG_2318.jpg
ギャレー
IMG_2113_20120804180506.jpg

IMG_2114.jpg
食料庫
IMG_2295_20120804175714.jpg
24時間対応風呂
IMG_2296_20120804175715.jpg
洗濯室
IMG_2297_20120804175715.jpg
1F予備室兼書庫室
IMG_2298_20120804175715.jpg
一等航海士室
IMG_2299_20120804175716.jpg
天井は内張り仕様
IMG_2300.jpg
一等機関士室
IMG_2302_20120804180118.jpg
2Fシャワー室
IMG_2303_20120804180119.jpg
船長室
IMG_2067.jpg
大型コーナーデスク
IMG_2066.jpg
機関長室
IMG_2068.jpg

IMG_2069.jpg

IMG_2259_20120731091822.jpg

IMG_2331.jpg

IMG_2360_20120731091822.jpg

IMG_2284_20120731091823.jpg

第十七霧島丸の安全航海と株式会社霧島海運商会の安全運航、今後のご活躍を期待しています

関連記事

2012.08.05    カテゴリ:  進水式 

   日本初 双子の199GTタンカー 本日進水!

本日、伯方造船にて進水した日本初の双子の199GTタンカー
山下海運の大和丸と海龍丸海運の海龍丸
199GT 443m³
伯方造船 阪神内燃機工業 LH26G 1000ps
IMG_2649_20120805131951.jpg
どんな進水になるのかと思ってましたが、何と!クレーンで浮かして枕木から外してました
もちろん船体に負荷がかからないよう。満潮を狙って少し枕木から浮かしスライド
IMG_2651.jpg
後は注水ドックの進水と同じ要領で進水
ただ一つ違うのが日本初の二隻同時引き出し進水
IMG_2658.jpg
ファンネルは宮川海運
離島向けの黒船タンカーです
IMG_2662_20120805131952.jpg

IMG_2669_20120805131952.jpg

IMG_2672_20120805131953.jpg
祝旗はよく見ますが、のぼり旗もなかなか粋ですね
IMG_2673.jpg
国旗掲揚
IMG_2695_20120805132110.jpg
山下海運 命名の儀
IMG_2698_20120805132111.jpg

IMG_2699_20120805132111.jpg
本船を大和丸と命名する
IMG_2700_20120805132111.jpg
多分、子供さんが書かれたと思う祝旗
IMG_2702.jpg
海龍丸海運 命名の儀
IMG_2707.jpg

IMG_2705.jpg
本船を海龍丸と命名する
IMG_2709.jpg
餅投げ
まずはお鏡から
修繕ドックに入ってた船員さんがGETしてました
IMG_2711_20120805132256.jpg
進水準備
IMG_2716.jpg
支綱切断!
IMG_2720_20120805132257.jpg

IMG_2721_20120805132401.jpg

IMG_2722_20120805132401.jpg
進水!
IMG_2726_20120805132401.jpg

IMG_2732_20120805132401.jpg

IMG_2735_20120805132402.jpg

IMG_2736_20120805132402.jpg

IMG_2740.jpg

IMG_2743_20120805132504.jpg

IMG_2744_20120805132504.jpg


後にも先にもこんな珍しい進水式を見れることはないかもしれません。
日曜と言うこともあり多くのギャラリーが見守る中、無事進水

暑い中の式典で大変だったと思いますが本日は誠におめでとうございました。

関連記事

2012.08.08    カテゴリ:  エンジン 

   阪神内燃機工業 LH30LG 735kw

夏休み、大人の工場見学が開催されると言うことで行って参りました
IMG_2748.jpg
初日は、工場案内
エンジンもテスト運転中でした
IMG_2752_20120808163621.jpg
設計第一課 大山課長が熱心に説明してくれました
IMG_2761_20120808163622.jpg
新開発のタッチパネル式エンジンテレグラフ
IMG_2763_20120808163622.jpg
移動して播磨工場も見学
IMG_2770_20120808163622.jpg
監視室
IMG_2768.jpg
この暑さの中での工場見学ですから私の低液面警報が鳴り出し
三ノ宮へ移動してバンカー
高液面警報が鳴って終了・・・
翌朝から本番の工場運転です
IMG_2772_20120808163623.jpg

IMG_2774_20120808163832.jpg

IMG_2775.jpg
過給器はMET
IMG_2779_20120808163832.jpg

IMG_2780.jpg

IMG_2782.jpg
大越汽船 社長も熱心にチェック
IMG_2794.jpg
チャンバー開放
IMG_2796.jpg
温度チェック
IMG_2798.jpg



この秋に登場予定の大越汽船の省エネ型499GTカーゴ向けエンジンです
関連記事

2012.08.11    カテゴリ:  船舶模型 

   夏休み、大人の模型展示会

たかさご【Takasago】井本商運 499GT 1350DW 120TEU
2001.1 山中造船波方 ダイハツ 6DKM-28L 2400ps
IMG_2800_20120811100007.jpg
だいこく【Daikoku】エヴァライン JRTT 井本商運 749GT 2000DW 190TEU
2011.9 小池造船海運 
IMG_2801.jpg
つるかぶと【Tsurukabuto】森海運 JRTT 井本商運 749GT 1830DW 240TEU
2004.1 三浦造船所佐伯 阪神内燃機工業 LH38LG 2800ps
IMG_2802.jpg
まいこ【Maiko】井本船舶 井本商運 749GT 1830DW 250TEU
2008.3 小池造船海運 阪神内燃機工業 LH38LG 2800ps
IMG_2804_20120811100007.jpg
まや【Maya】井本船舶 JRTT 井本商運 748GT 1680DW 230TEU
2008.11 小池造船海運 新潟原動機 6M34NT-G 2500ps

IMG_2807_20120811100008.jpg


IMG_2838-1.jpg

IMG_2840-1.jpg

IMG_2841-1.jpg

国内NO1の内航コンテナフィーダー 井本商運株式会社



船舶模型製作は、不二美術模型
関連記事

2012.08.11    カテゴリ:  海運ニュース 

   日本初 ママさん船長 寺田美夏船長

今回は、海運メディアもあまり騒いでないのでfacebookと前後しますが
インチキ海運メディアの内航.COMが紹介しようと思います

日本初の女性船長と騒がれた、寺田船長も一児の母となり、産休を明け海運業界としては異例の
産休復帰を成した寺田美夏さんですが、トライアル一航士を経て現在は船長職務に復帰しているそうです

若手育成と言いながら一部の悪徳会社では頑張ってきた若手に任せず即戦力を理由に年寄り抜擢の
後ろ向き人事もあるようですが、そんな会社は遅かれ早かれ労務倒産リスクを背負うことになる会社ですね
家族船以外で20代で船長(操船)を任すのは稀ですが、ベテラン船長でも499GT以下の着桟バースで
右往左往しているのはよく見る光景です
その点で言うと三原汽船では時代の数歩先を行った若手育成と教育が行われているようです
女性を含め若手が多い分、目先の条件にとらわれず、しっかりとした育成ができているのも特徴だと思います

IMG_2039-1.jpg
翔洋丸【Syouyou Maru】三原汽船 マロックス 498GT 1410DW
2008.7 山中造船 新潟原動機 6M34BGT 2000ps
IMG_2056.jpg
しんせととスライド こちらにも女性船員乗っているようです
VHFを聞いててもわかるように艦船・商船の女性航海士が多くなっています
もう少し、海運メディアがピックアップしても良いのではないでしょうか?
IMG_2060.jpg
この日もオモテで寺田船長がデッキペン塗ってたそうです
IMG_2047.jpg
寺田船長の頑張りも同じ業界人として尊敬できますが、男としては寺田船長を支えている
旦那さんにGOOD JOBの称号を与えてあげたいと思います

女性貨物船長は「天職です」


若手船員育成の国内トップ企業はこちら⇒三原汽船
関連記事

2012.08.14    カテゴリ:  風景 

   来島海峡

CRECIENTE 商船三井
77655GT 152065DW 1990年 三井造船千葉
22歳のケープサイズバルカー

感覚としては有津瀬戸(船折瀬戸)を5000KLタンカーで通るくらいでしょうか
IMG_2499.jpg

IMG_2502.jpg

コンテナ船座礁 来島海峡、けが人なし

鳴門・上関・伊豆半島でも乗り揚げ事故があったようです。
明日は我が身です
負の連鎖にならないよう今一度、安全航行・安全運航の徹底を!

信用を築くのは、長年の年月がかかりますが、失うのは一瞬です

無事是名馬なり
関連記事

2012.08.15    カテゴリ:  航海中 

   瀬戸内の原風景

瀬戸内の夜明け
IMG_2462_20120815080358.jpg
瀬戸内のイルカ(播磨灘)
潜行状態
IMG_2222_20120815080359.jpg
浮上
IMG_2221_20120815080359.jpg
ドルフィンキック
IMG_2228.jpg
関連記事

2012.08.16    カテゴリ:  新造船 

   祝 竣工 FAIRY ISLAND

ちょっと時間があいてしまいましたが・・・
八月初旬に伯方造船にて竣工した19型スモールハンディサイズバルカー FAIRY ISLAND
IMG_2356.jpg
FAIRY ISLAND 商船三井近海 HIMAWARI SHIPPING (PANAMA) S.A
12000GT 19700DW
LOA:140.0m B:25.0m D:12.0m
KAWASAKI MAN B&W 阪神内燃機工業 7S35MC 5180kw
IMG_2361_20120816081414.jpg

IMG_2362.jpg

IMG_2413_20120816081414.jpg

IMG_2412_20120816081414.jpg

IMG_2410_20120816081414.jpg

IMG_2409_20120816082031.jpg

IMG_2397_20120816082031.jpg
操舵室
IMG_2394.jpg
ファンネルは商船三井近海
IMG_2395_20120816082031.jpg
999GTタンカーのマストトップからのフリーホール
IMG_2396_20120816082032.jpg

IMG_2391_20120816082301.jpg

IMG_2388_20120816082032.jpg
ECDIS Sバンドレーダー
IMG_2389_20120816082301.jpg
バルカーには珍しいスラスター付きです。
IMG_2390_20120816082301.jpg

IMG_2392_20120816082301.jpg
非常用発電機
IMG_2401_20120816082302.jpg
中身は、三井ドイツ
IMG_2403_20120816082302.jpg
ギャレー
Chief Stewardがいい匂いをさせて調理中でした
IMG_2366_20120816083231.jpg
食料庫
IMG_2368_20120816083231.jpg
補助ボイラー
IMG_2370_20120816083231.jpg
エンジンルーム
IMG_2372_20120816083231.jpg
エンジンは川崎 MAN B&W 阪神内燃機工業 7S35MC 5180kw
IMG_2379_20120816083232.jpg
過給器はMET
IMG_2377_20120816083232.jpg
監視室
IMG_2373.jpg
補機はヤンマー 6EY18ALW 
IMG_2374_20120816083716.jpg
500KVA×3
IMG_2371_20120816083716.jpg

FAIRY ISLANDの隣には、999GT型黒油タンカー 第一玉力丸が艤装中
船台には二隻の199GTタンカーとアスファルトタンカーのブロック
一本船台でこれだけ幅広く建造できるのは日本広しと言えどもこの伯方造船だけができる偉業ではないでしょうか
まさに一隻入魂の信念を実践している造船所です

FAIRY ISLANDの安全航海とHIMAWARI SHIPPING (PANAMA) S.Aの今後のご活躍を期待しています
関連記事

2012.08.17    カテゴリ:  その他 

   夏休み、こども船長の自由研究

先日、ある船長さんから子供が自由研究に使いたいから船の写真をくれないかと連絡があり
写真データを送ってあげました。
昨日、お母さんから完成したとのメールがあり、添付写真を見てみるとなかなかの出来栄え

働く父の姿を見ることは、大切だと思います。
おそらく10数年後、彼がこの内航海運業界に入ってくることでしょう

国土交通省 様・内航総連 様
今の方針・方策のままで彼ら未来の船長さんに輝かしい未来があるのでしょうか
今のままで、彼らに自信を持って内航海運に来なさいと言えるでしょうか

荷主 様・オペレーター 様
我々、内航海運業へ携わる者の現在は10年後。20年後の彼らの未来の為の‘現在’でしょうか

船主 様・船員の方々
我々、海事従事者が誇りを持ち、未来の船長さんたちへ‘やりがいのある職業 内航海運’になるよう変化と進化をしていきましょう

変えなければ変わりません

自分が変われば世界が変わる

自社の利益・自己の利益・今期の利益、経済活動ですので目先のことも大切ですが
彼ら未来の船長が大人になった時の利益を少しでも考える人が増えれば
内航海運の脚を引っ張っている悪徳業者も生き残れなくなるでしょうし
彼らに内航海運と言う仕事を残してあげられると思います
関連記事

2012.08.21    カテゴリ:  新造船 

   祝 竣工 58型ハンディマックスバルカー DONAU K

先日、川崎重工坂出工場にて引き渡された58型ハンディマックスバルカー DONAU K

IMG_2633_20120821103344.jpg
DONAU K 川崎汽船 KAW 1692 SHIPPING S.A. 
33126GT 58682DW
2012.8 川崎重工坂出工場 川崎-MAN B&W 6S50MC-C7 8630kw

IMG_2639_20120821103354.jpg
関連記事

2012.08.22    カテゴリ:  鶴見サンマリン 

   3000KLダブルハル白油タンカー 第八幸秀丸

遠くからでも視認性の高い蛍光ハチマキ
濃霧の際は、特に相手船から視認しやすいです
IMG_2880.jpg
第八幸秀丸【Kousyu Maru No8】 藤井綱海運 JRTT 鶴見サンマリン・霧島海運商会 1832GT 3300㎥ 
2009.11 山中造船 ダイハツディーゼル 6DCM-32F 3000ps
IMG_2887_20120822151953.jpg
速力14.5ノット あっと言う間に抜かれました
IMG_2890.jpg
怪しいボートが近づいてます
IMG_2902.jpg
藤井社長操船のミニ幸秀とドッキング
船用品積み込みでした。
IMG_2904.jpg
ほぼロスなしでこう言ったことができるのが航路の要所来島海峡近辺を船処とする
日本一の海事都市 今治船主のできる技ですね
IMG_2910_20120822151954.jpg
10分程度の停船で揚げ地に向け出航していきました

ご安航を!
関連記事

2012.08.24    カテゴリ:  新造船 

   最近見かけた新造船

第十七霧島丸【Kirishima Maru No17】霧島海運商会 鶴見サンマリン 
1792GT 3399㎥【黒油】
LOA 91.77 B 14.00m D 6.50m
2012.7 村上秀造船 赤阪鐵工所 A41R 3300ps【2427kw】
TRAIAL MAX 14.218ノット
省エネステーター搭載
IMG_2843_20120824160415.jpg
38型バルクキャリア FUGA 三享商事 23300GT 37800DW しまなみ造船
IMG_2520_20120824160416.jpg
Ship of the Year 2011 受賞船 世界最大のRORO船 TØNSBERG(トンスバーグ)
IMG_2533_20120824160416.jpg
永和丸【Eiwa Maru】ケイエムマリン 499GT 1240㎥
2012.6 興亜産業
IMG_2209-1.jpg
いぶき【Ibuki】武田海運 住鉱物流 341GT 1080DW
2012.7 中之島造船所
IMG_2241-1.jpg
有駿【Yusyun】美津茂汽船 上組海運 273GT 800DW
2012.7 矢野造船 新潟原動機 6M28BGT 1000ps
スーパーライブカメラ・AISクラスA・電子海図(イーチャート)搭載
ボートデッキonデッキコンテナ仕様リアクションラダー
IMG_2609.jpg
関連記事

2012.08.27    カテゴリ:  風景 

   夏休み、大人の遠足 in Mt.Fuji

0330 清水入港 0400 清水出発 

下から見た富士山は、快晴でも五合目では、この状況
IMG_2927_20120827153754.jpg
0810 五合目 吉田コース登頂開始
IMG_2929.jpg
景色全く見えず
IMG_2938.jpg
御来光組の下山ラッシュ
IMG_2943.jpg
上空の景色に期待が持てる雲の隙間
IMG_2951.jpg
山小屋が見えてきました
IMG_2954.jpg
トイレは200円
今回は、水分補給を小口に調整してたので下山途中に一度だけトイレ行きました
IMG_2959_20120827153756.jpg
段々と雲が晴れてきました
IMG_2971_20120827154000.jpg
七合目 日の出館 標高2710m ここまでちょうど1時間30分
頂上までまだ1000mあります
IMG_2975_20120827154000.jpg
立地を考えればしょうがない価格ですね
IMG_2978_20120827154000.jpg

IMG_2980_20120827154001.jpg
段々と雲の上になってきました
IMG_2985_20120827154001.jpg

IMG_2986_20120827154001.jpg

IMG_2987_20120827154115.jpg

IMG_2991_20120827154115.jpg
道のりも段々と厳しくなってきました
IMG_2996_20120827154115.jpg
八合目で約二時間 3020m 
3000m超えました
IMG_2999_20120827154115.jpg
雲の上なので絶景が続きます
IMG_3002_20120827154115.jpg
1110 八合目 元祖室 3250m
230m上昇するのに一時間も要しました
IMG_3011_20120827154116.jpg
相模湾が見えます
江ノ島まで見えました
IMG_3016_20120827154655.jpg
1125 本八合 3350m
このあたりから疲労が出てきて若干ペースダウンした記憶です
人生と同じで胸突き八丁 調子がいい時は誰でもがんばれます
苦しいところを乗り越えなければ頂上には辿りつけません
IMG_3017_20120827154655.jpg
帰りは、砂利道コース
このジグザグコースが延々と続きます
IMG_3022_20120827154656.jpg
1152 御来光館 3450m
最後のひと踏ん張りのために、ここでセブンイレブンのおにぎりを補給
IMG_3024_20120827154656.jpg
振り返れば絶景です
IMG_3025_20120827154656.jpg
しかし、頂上はまだまだ
IMG_3026_20120827154657.jpg
残雪もあります
IMG_3027.jpg

IMG_3028_20120827154757.jpg
1217 九合目 3600m ここまで約4時間
八合目から九合目が一番きつかった記憶です
IMG_3031_20120827154758.jpg
九合目からは、ただひたすら登頂だけ目指して上り
ようやく頂上入口に到着
IMG_3034_20120827154758.jpg

IMG_3035_20120827154758.jpg
1235 富士山登頂〔4時間25分〕
疲労感を吹き飛ばす、絶景と達成感はなんとも言えない感動です
IMG_3036_20120827154759.jpg

IMG_3054_20120827112013.jpg
そして、頂上で食べるセブンイレブンのエビマヨ おにぎりは格別です。
奮発して600円の缶ビールで祝杯をあげようかとも思いましたが
下山のことを考え自粛
IMG_3040_20120827155211.jpg
頂上に来れば富士山は火山なんだなと改めて思う景色
IMG_3044_20120827155211.jpg

IMG_3047_20120827155211.jpg
頂上を一時間くらいで一周できるのですが、所々足を踏み外せばあの世へと
なかなかスリルのあるコースでした
IMG_3052.jpg
そして内航海運 万歳!
目指せ 日本一!
IMG_3060_20120827112014.jpg
1433 下山開始
下山は、絶景と砂埃
IMG_3078_20120827155212.jpg
ダイヤモンド富士
IMG_3081_20120827155530.jpg
1727 五合目到着 下山 2時間54分

死ぬまでに一度は登ってみたいと思っていた富士山ですが
今回、偶然のタイミングで内航.COM東京支店の富士登山計画と本船の清水仮バースが一緒になり
誘われたときは、腰が重たかったのですが、今年に入り、信念の揺らぎと私の頭の中にあるモヤモヤ感
何か一歩踏み出せてない自分がいて、先日も、飲みの席で初めて会ったある社長さんに、
私、この先どうしたらいいもんでしょうかと聞く始末・・・

その社長さんは、自分の信念を貫きなさいとアドバイスをくれ、私はかなり酔っていましたが
その言葉だけは鮮明に残っています

あれこれ考えるよりも、信念を貫き、一歩前に出る行動
これが今の自分に欠如していることであり、その心機一転のきっかけになればと思い
富士山登山に挑戦してみました

チャンスは与えられるものではなく、自分で創り出すもの

そう言った目的意識を持って遊びでなく本気の登山でした
富士登山経験のある内航.COM東京支店から服装はユニクロでもOKだが
登山靴ないと厳しいよとのことで前港の名古屋で荷役中に登山靴買ってきました
〔スニーカーではかなりキツイと思います。下りの砂利道はハイカットの登山靴必須〕
内航.COM東京支店夫婦と途中までは一緒に登っていましたが七合目くらいから差が付き
途中から単独無酸素登頂に切り替え一人で黙々と登りました

怖いもの知らずの初挑戦だったので八合目まではいいペースで登ってたと思います。
人が前にいたら抜かないといけないと言う自分の奥に眠っている本能が復活したのか
抜かれるよりも追い越すことの方が多かったように思います〔八合目まで〕

八合目から体力も気力も一番キツイゾーンに入り、足元を見て一歩一歩確実な足場を選択して
前に進む。前の人を追い抜こうと歩幅とペースを上げるとダメージが倍になって返ってくる
あぁ、これなんだろうな・・・今の自分に大切なのはと・・・

何事も楽な時、調子がいい時、景気がいい時は、誰でも頑張れます。
苦しいところを、何とか楽に〔穏便に〕やりすごせないかと考えるのは人間の性ですが
苦しくなってからが人間力の見せ所

状況的な諦めより先に精神的な諦めがきます

根性のない私は、ある時この苦しさをどうやれば乗り越えられるか何度も失敗を繰り返し
方法を思いついたことがあります

そうだ、最初から苦しいことがやってくると思えばいいのだ!
それも強烈な苦しさが絶対にやってくると
そしてその苦しさがやってくることをワクワクしながら待つのです(笑)

そう思えば、たとえ苦しくなっても、何だこの程度の苦しさかと
じゃあ頑張らなきゃ損だなと思えるようになりました

この日も八合目から九合目の胸突き八丁でまともな苦しみがやってきました。
やっと来たな、頑張りどころがと思い、気合を入れ直して一歩一歩
ただ、競技ではないので山小屋〜山小屋で確実に小休止と水分・ブドウ糖補給を行いながら
景色を楽しみつつ、一歩一歩頂上を目指しました

九合目を過ぎれば、体はキツイですけど頂上が近づいて来た嬉しさの方が大きく
黙々と登れました

そして頂上に着いた時の達成感と絶景は、何とも言えない気分でした。
久しぶりに味わった感覚です

もうすでに、富士山を登った人もたくさんいると思いますが
いつかは登りたいと思っている人がいたら是非、時間を作って登ってみてください

7.8月の通常天気ならば登山フル装備でなくとも登れます。
私は天気に恵まれましたが、夏山と言えども天候の変化は激しく
特に途中雨に降られると、体力を奪われリタイヤなどと言うこともあるようですので上下のカッパは必需品
スニーカーやランニングシューズでも登れないことはないですが
滑ったり、下山で靴に石ころが入ったりで大変です
一万円以内でもありますので登山靴〔登山靴用靴下も〕は用意しましょう!
砂利が入らないように足袋カバーもあれば下りで重宝します

私の持ち物リスト
・リュックサック
・おにぎり×2
・500mlのお茶とスポーツドリンク
・ブドウ糖タブレット
・ウインドブレーカー上下
・Tシャツ〔着替え〕
・タオル
・お金
・デジカメ、交換レンズ

新入社員当初は、熱い気持ちに包まれ、ヨシ!おれがやってやると思っていても、社会人になり、
自分の業界的立場と安定成長を求め、変化のない毎日で
気づかず衰退していっている皆さん。
どうですか?もう一度、自分の奥底に眠っている熱い気持ちを思い出してみませんか?
そんなきっかけができるのが富士登山です。あなたも内航海運登山部に入部してみませんか?
現在、部員とスポンサーを募集中です
関連記事

2012.08.28    カテゴリ:  風景 

   潮岬灯台



続きはFacebookにて
関連記事

2012.08.31    カテゴリ:  海運ニュース 

   本末転倒

瀬戸内海、水清くなり魚住まず?悲鳴上げる漁師

やはり・・・
オイ、コラどうしてくれるんだ?海が綺麗じゃないか!漁業保証しろ
となるのでしょうか。

要因は、様々あるのかもしれませんが、魚が取れなくなっている原因は乱獲です

山で工事があれば、海まで漁業補償
橋・空港・港湾工事があれば周辺域では、御殿が建ち、ギャンブル三昧で破産する人も・・・
もちろん一部の補償の扱いを間違った方ですが

コマセ・流し網での航路閉塞でVLCCを何日も止める

海は誰のものでもありません。

漁をするなとは言いません。航路だけは開けてください

海上従事者は、スマートシーマンシップでいきましょう!
関連記事

2012.08.31    カテゴリ:  東北地方太平洋沖地震 

   防災の日SP 首都大震災~わ・す・れ・な・い 3・11の警告~

人間というのは、どんな辛いことがあろうと乗り越えることができる反面、時と共に忘れゆくものかもしれません

阪神大震災に続き大災害となった東北大震災
阪神も酷かったですが阪神と違うのが広域であること、地震+津波+原発事故+震源遠隔地である首都圏被害

今日のTV番組でもふれられていましたが道路寸断で輸送網の麻痺
これが関東直下型だったらとのシュミレーション

番組見ながら、一つ何か忘れてませんかと言いたい

東北大震災で枯渇するガソリン・灯油を海上瓦礫が散乱する海上を無理して運んだのは誰ですか?

道路が寸断され、支援物資コンテナを運んだのは誰ですか?

東北地域の家畜のエサが枯渇の状況を迎え日本海側に家畜飼料を運んだのは誰ですか?

内航船です

カボタージュ解禁しろと言ったバカタレは誰ですか?フクシマアブナイニホンキコウシマセンと言った船数知れず

もちろん天候に左右される内航輸送です

台風接近:離島、物資届かない 続く欠航「旧盆、給食に影響」/沖縄


しかし、日夜、海上輸送使命のシーマン達が、命をかけ粛々と運んでいます


一点だけ見れば、なかなか評価されない内航海運ですが、総合的に見れば日本に必要な重要な物流ではないでしょうか?

内航海運は儲からない・輸送費が高いとの意見もあります。
私が知る限りでは海上輸送運賃は安いです。安全・安定輸送を確保できないくらい安すぎます
だけどもそれに付帯する、輸送使命を果たさない運賃かき混ぜ業者、
昔は持ちつ持たれつ、今はぶら下がってるだけのイッチョかみ業者、
代理店・港湾使用料・荷役賃etc・・・と言った
昔から全く変わりないビジネスモデルと既得権益

グローバル経済の波に揉まれている、荷主企業も必死です

このままの、価値の創造のない運賃頼み、燃油価格頼みの内航海運でいけば
向こう五年でいくらの内航従事者が死ぬでしょうか?

まずは誰から殺しますか?皆で手をつないで死にますか?
それとも今ある業者が限りなく生き残れるよう生き残りをかけ業界として変わっていきますか?
船主も海運業者もほとんどが、30年オーバーの老舗企業です
こんな業界あるでしょうか
変わらなければ変わりません

我々、内航従事者の頑張りをアピールするべき内航総連様
アピールが全く足りません。頑張ってください

TV番組内容とタイムリーでしたがフィリピンでM7.6、日本の太平洋側に津波注意報
東北で荷役中の船長さんから荷役中止になったと連絡ありました
関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog