fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2013.03.11    カテゴリ:  新造船 

   内航.COM 7DAYS

オイ!コラ!また更新してないじゃないか!と仕事中にPCの前で怒っていた皆様
大変申し訳ありませんでした。
PCを海上移動事務所に置いたまま下船しましたので更新作業が滞ってました
ipadと携帯で事足りるかなと思ってましたが、やはりPCがないと何かと不便ですね

さて、先週土曜に谷山で下船し日曜まで一気に用事を済ませようとスケジュール組んだものの予定消化率は80%くらい
九州新幹線のおかげで鹿児島から帰るのも便利になりました
DSC_1035.jpg
大崎上島 一泊二日
ダイヤ改正により、今治方面からの大崎上島へのアクセスが非常に不便になりました
小池造船海運株式会社
IMG_0288_20130311081031.jpg

IMG_0287_20130311081031.jpg
船台も延長され100mオーバーの建造可能です
どんな船が建造されるのか私の楽しみの一つです
IMG_0286_20130311081031.jpg
間もなく竣工の新洋海運 499GTバラ積み船 第八新江丸
IMG_0289_20130311081031.jpg
株式会社松浦造船所訪問
増田海運の499GT原料バラ積み船
IMG_9855_20130311082136.jpg
あっちもこっちもSUSです
IMG_0303_20130311082041.jpg
ハウススタイルも少し変わりました
IMG_0293_20130311081032.jpg
ユニバーサルローラー SUS
IMG_0295_20130311081032.jpg
細かな紹介は、また後日。
この日は、ホテル松浦造船(ドックハウス)に宿泊させてもらい
私と同い年である松浦専務と増田海運 増田常務と船の話で盛り上がってバンカー終了
佐々木造船株式会社訪問
DSC_1083.jpg
時間はあまりなかったのですが佐々木専務との対談において省エネについての先進的な理論は非常に勉強になりました
また理論を裏付けるべく、基本的には一船一船 水槽試験を導入して船主や荷主へ経済的で価値のある船を提供しているように感じました
IMG_9832_20130311082041.jpg
749GTクラスの国際近海アスファルトタンカー
IMG_9834_20130311082041.jpg
いいカタチしてます
IMG_9835_20130311082042.jpg
非常に船尾形状が良いラインでした
IMG_9841_20130311095227.jpg
SASAKIフィン 約6%の省エネだそうです
省エネ船型とセットモノなのでより相乗効果が生まれるようです
IMG_9838_20130311082042.jpg
こう言ったプレートの水抜き穴までキチンと面取りを行っていました
手で触ってもツルツル
IMG_9843_20130312123346.jpg
フェリーの出航時間までに佐々木造船訪問で一泊二日の大崎上島終了
IMG_9845_20130311082136.jpg
金力汽船株式会社
DSC_1088.jpg
この度、リアルタイム船舶管理サービス「Aiship-エーアイシップ」を導入していただきました
・導入理由としては、朝の船からの動静FAXのコスト削減
ワイドスターⅡへの強制移行により事務所までもコスト(受信にお金がかかる)がかかり始め動静コストアップへの対策)
・船への電話連絡の際、着桟体制を外して連絡でき安全の向上
(船に乗っている人ならわかると思いますけど、着さん体制に入っているのに陸から電話かかってくると危ないです。)
・事務所に紙海図を置く必要がなくなった
・訪船の際に、到着時間と現在地がわかる
・荒天時や荒天時避難での現在地の把握
・保安庁やオペレーターがAIS情報を持っていて船主だけがAIS情報がないのはリスク
などと言った理由を総合的に考え、ワイドスターⅡを使って高いコストのFAX動静よりも良いと評価をいただきました
IMG_9859_20130311082137.jpg
船舶管理サービス「Aiship-エーアイシップ」のレクチャー中
IMG_9863-1.jpg
私は、内航新聞を買うお金がないので見せてもらってます
IMG_9861_20130311082137.jpg
ABB サービス工場@金力支店の工場見学
ABB 過給機予備 4000psクラス 2個セット
DSC_1090.jpg
こちらも過給機セット
DSC_1091.jpg

内海汽船株式会社訪問
DSC_1094.jpg
有津地区 11年ぶりの新造船 第七長運丸
第七長運丸【Tyoun Maru No7】長運海運 共同海運 267GT 800DW
2013.2 矢野造船 新潟原動機 6M28BGT 1000ps
手前は有津港内で秘密のなまこ漁をして逃走中の密漁士
伯方島は底引きが2.3隻いるだけで漁業権を持っているペーパー漁師がほとんど。なので根こそぎやられ放題
IMG_9867_20130311082137.jpg
ファイナルドック中の 大喜海運の999GT白油・ケミカルタンカー 第七福神丸
IMG_9875_20130311082344.jpg

IMG_9891_20130311082344.jpg
現在、伯方造船にてブロック搭載中の金力汽船 5000klタンカー
クレーンも模様替え中
IMG_9903_20130311082344.jpg
初高汽船株式会社訪問で一泊二日の伯方島終了
DSC_1104.jpg
横浜へ移動
ジャパンインターナショナルボートショー2013
DSC_1112.jpg

IMG_9904.jpg
ヤンマーのボート EX46HT 
艤装品・オプション・回航費込みでお値段5233万円!!!
DSC_1117.jpg

株式会社イーチャートのブース
New PECデータ対応のGPSプロッター
OSレスで大手メーカーのGPSとは比べ物にならないくらいの表示速度
最小クラスは、AIS表示機としても十分な機能を発揮します
IMG_9913_20130311082345.jpg
学生時代4年過ごした横浜もビルやマンションで風景が変わってました
IMG_9960_20130311082345.jpg
久しぶりの吉村家
金曜13:00でもこの行列
IMG_0296_20130311082542.jpg
中盛りチャーシュー 硬め
IMG_0298_20130311082542.jpg


関連ランキング:ラーメン | 平沼橋駅横浜駅戸部駅



用事も済んだと言うことで、また時給550円のアルバイト海上生活スタートです

ブログを呑気に書いてる場合じゃない3月年度末・・・

株式会社E-SHIP JAPAN 今月決算でございます

倒産しないよう頑張ります!

皆様のご協力・ご支援お待ちしております
関連記事
スポンサーサイト



2013.03.12    カテゴリ:  東北地方太平洋沖地震 

   3.11 〜わ・す・れ・な・い〜

株高・円安・年収アップと期待先行のアベノミクス

復興特需によるセメント船のフル稼働

原発稼働停止による黒船特需 製油所閉鎖による白船の転送特需

今まで何もしてこなかった政権への反動期待が何かしようとしているアベノミクスへの期待なんだと思います

東北大震災で枯渇するガソリン・灯油を海上瓦礫が散乱する海上を無理して運んだのは誰ですか?

道路が寸断され、支援物資コンテナを運んだのは誰ですか?

東北地域の家畜のエサが枯渇の状況を迎え日本海側に家畜飼料を運んだのは誰ですか?

内航船です

カボタージュ解禁しろと言ったバカタレは誰ですか?

フクシマアブナイニホンキコウシマセンと言った外航船数知れず

日夜、海上輸送使命のシーマン達が、命をかけ粛々と運んでいます

なかなか評価されない内航海運ですが、総合的に見れば日本に必要な重要な物流ではないでしょうか?

内航海運は儲からない・輸送費が高いとの意見もあります。
私が知る限りでは海上輸送運賃は安いです。安全・安定輸送を確保できないくらい安すぎます
だけどもそれに付帯する、安全安定輸送使命を果たさない運賃かき混ぜ業者、
昔は持ちつ持たれつ、今はぶら下がってるだけのイッチョかみ業者、
代理店・港湾使用料・荷役賃etc・・・と言った
昔から全く変わりないビジネスモデルと既得権益

グローバル経済の波に揉まれている、荷主企業も必死です

船主も海運業者もほとんどが、30年オーバーの老舗企業です
こんな業界あるでしょうか
変わらなければ変わりません

3.11 内航的視点で振り返る

忘れてならない東北大震災 そして忘れてならない菅直人の重罪



関連記事

2013.03.13    カテゴリ:  新造船 

   環境配慮型ハイブリッドタグボート 翼 竣工

国内初、CO2排出20%削減 ハイブリッド推進システム搭載の環境配慮型タグボート【エコタグ】翼 竣工

タグボート 翼【Tsubasa】ウィングマリタイムサービス(日本郵船グループ会社)256GT
2013.3 京浜ドック追浜工場 新潟原動機 1800ps×2 モータージェネレーター 400ps×2
最高速力:15ノット(モーター駆動 10ノット)

報道資料
関連記事

2013.03.13    カテゴリ:  海運ニュース 

   水島海保「すいりゅう」引退 35年活躍の消防船

水島海保「すいりゅう」引退 35年活躍の消防船
RIMG0020.jpg

これを知っていれば出航シーンも撮影できたのですが・・・
出航横目に国内最悪クラスの荷役設備でスコップ片手に人員総動員で荷繰り作業中
気づいた時には既に遅し・・・

第十一霧島丸【Kirishima Maru No11】霧島海運商会 JRTT 鶴見サンマリン 3832GT 6500m³
2011.9 村上秀造船 赤阪鐵工所 A45SR 3309kw【高度船舶安全管理システムAEMS搭載】
ECDIS・フレンドフィン搭載 全自動荷役
IMG_9967_20130313225832.jpg
第八天竜丸【Tenryu Maru No.8】東亜運輸 昭和日タン 1568GT 3189㎥
1994.8 佐々木造船本社 赤阪鐵工所 A41 3300ps
IMG_9969_20130313225833.jpg
HELLESPONT PRIDE
IMG_9965_20130313225832.jpg
IKOMASAN
IMG_9971_20130313225833.jpg
関連記事

2013.03.14    カテゴリ:  進水式 

   祝進水 ゆうせい丸

12日に松浦造船所にて進水した増田海運の499GT型原料バラ積み船 ゆうせい丸 【type SUS】
Sno.582 進水式 003
ゆうせい丸【Yusei Maru】増田海運 JFE物流 499GT 1700DW
松浦造船所建造中 新潟原動機 6M34BGT 1000ps
LOA 76.2m B 12.0m D 7.35m
松浦造船所 省エネ型新船型 M-SHIP型
SURF-BULBの採用【京浜マリン製作所】
ハニカムリフォーマー採用
船内オールLED・エンジンルームにLED採用
省燃費型船底塗料LF-Sea採用【日本ペイント】
暴露部に多数SUS仕様

Sno.582 進水式 005

Sno.582 進水式 002
SURF-BULBの採用【京浜マリン製作所】
Sno.582 進水式 001
進水!
Sno.582 進水式 006
先日の見学の続き
外板はウレタン塗装
IMG_9825_20130314074938.jpg
チョッサーデッキトップ板 SUS
IMG_9819.jpg
ウインドラスはエスケエ鉄工のSKウインチ Type SUS
IMG_9818_20130314074938.jpg
ウインチ取り付け架台トップ板 SUS
ウインチドラム 内側SUS巻き
IMG_9815_20130314074938.jpg
チェーン車の支え支柱もSUSです
IMG_9816_20130314074938.jpg
フェアリーダー架台トップ板SUS
IMG_9820_20130314074939.jpg
ユニバーサルローラーSUS
IMG_9822_20130314075411.jpg
コーミングトップ・ハンドレールSUS 甲板通路トップSUS板のダブリング(施工前)
IMG_9823_20130314075412.jpg
ボースンストアからホールド入口は粉塵の侵入を防ぐ二重扉を採用
IMG_9814.jpg
中甲板から下はSUS板のダブリング タンクトップ板厚25mm
IMG_9812_20130314075412.jpg
A/Cバンカーライン SUS仕様
IMG_0294_20130314075659.jpg
トモ ムアリングウインチもオモテと同様 SKウインチType SUS
取り付け架台トップ板 SUS
IMG_0296_20130314075659.jpg
ウインチ側もSUSなので隙間を埋める必要なし
IMG_0297_20130314075659.jpg
ドラム内側SUS巻きの最高仕様
IMG_0298_20130314075700.jpg
水密扉もSUS扉
IMG_0299_20130314075700.jpg
階段もSUS
IMG_0300_20130314075700.jpg
セミハンドレール型 ロープガードSUS
IMG_0301_20130314075803.jpg
ハウスデザインのマイナーチェンジ
粉塵やホコリのあるバラ荷役はボートデッキはフルハウスの方が良いです
IMG_0293_20130311081032.jpg
ハウス周りのハンドレールもSUS
IMG_0302_20130314075803.jpg
スカッパーは一段下げタイプ
IMG_0304_20130314075804.jpg
船内・エンジンルーム オールLED
IMG_0305_20130314075804.jpg
タッチパネル式テレグラフ
IMG_0307_20130314075804.jpg
ダクトSUS
IMG_0308_20130314075804.jpg
アメロイドのFO清浄機に組み込まれた燃料を分子レベルで良化する装置
『Honeycomb reformer HMR-2000』 ハニカムリフォーマー 巽工業㈱
IMG_9807_20130314075413.jpg

あっちもこっちもSUSと表現した意味がわかってもらえたのではないでしょうか?
監督さん、私より随分若いのに良く研究して船造りをしていました。
船造りにはいろんなコンセプトがあります。監督さん自らも乗船されるので
経験上、メンテナンスに苦労する部分はSUSの採用で長寿命化とメンテナンスコスト削減
またバラ積みと言えど、原料船は本船クラスの荷役設備を使いますので
船体ダメージも大きく、貨物も鉱石や石炭などデッキやハンドレールの損傷ダメージを考えてのSUSの採用のようです

また松浦造船所は約70項目に及ぶ、船主さんの仕様要求に実直に答え、丁寧な船造りをしておりました。
船主さんが長年、松浦造船日記を見てきて、逆指名で松浦造船所に決定したと言う経緯を聞いて
松浦専務が長年続けてきた松浦造船日記もやってきたかいがあったのではないでしょうか

ご進水、誠におめでとうございます


株式会社松浦造船所


山田洋次監督50周年記念作品の『東京家族』のロケ地となった大崎上島
IMG_9830_20130314090330.jpg

IMG_9831_20130314090330.jpg
かつては遊郭だった建物を旅館に改造した徳森旅館 昭和10年建造だそうです
戦前の建物で木造三階建てですから凄いですね
旅館の方は現在廃業しているようです
IMG_9828_20130314090330.jpg
大正時代の木造船ブームの時には最大25件の造船所が乱立してたそうです
昭和33年の売春禁止法施行まで、「おちょろ船」があり大崎上島は、かつて遊郭で栄えた島でもあるそうです
現在でも徳森旅館だけでなく、かつて遊郭だった建物が多数現存しており、歴史文化を触れる意味でも一度は大崎上島に行ってみるのも良いのではないでしょうか?
関連記事

2013.03.15    カテゴリ:  航海中 

   海からの恵み

昨夜は、都井岬をかわったあたりから北東の波でドッタンバッタン
5-7ノットでドッタンバッタン・・・
当直中ドッタンバッタン・・・ん?今何か落ちたぞ。
そこには、金比羅さんのお札が落ちていました・・・
私はまだ、船乗り経験12年ほどのぺーぺーですが・・・初体験です。
この12年で一度だけトースターがダイビングしたのを目撃しましたが、今回もトースターがダイビング・・・
航海灯電球切れ・・・18歳・・・昨夜は何度か船が骨折したかと思いました
ウォーターハンマーの衝撃は凄まじいです

そんな中、明朝約3時間遅れで某港入港
IMG_9970_20130315163902.jpg
透き通る海の岸壁
IMG_9976_20130315163902.jpg
出港後 佐多岬付近にて・・・
IMG_9977_20130315161411.jpg
漁船に追いかけられ・・・
IMG_9978_20130315161412.jpg
あっと言う間に・・・拿捕
IMG_9982_20130315161412.jpg
今回も、本船ボースンの友達が海の恵みを届けてくれました ありがたいですね
IMG_9983.jpg
金比羅さんの御札が飛ぶくらい頑張ったで賞 『豊後水道天然ハマチ』
IMG_9985_20130315161413.jpg
今回も颯爽と駆けつけ、何もなかったかのように、漁場に戻って行きました
ありがとうございました!
当直が終わると、解体工事は完了しておりました
IMG_9995_20130315165149.jpg
ハマチの心臓
IMG_9997_20130315165149.jpg

海外留学向けのNADELYN K 
(千陽丸) 198GT 619DW 1992.9 上島造船所 阪神内燃機工業 LH26G 1000ps
IMG_9991_20130315161551.jpg

IMG_9990_20130315161551.jpg

IMG_9992_20130315161551.jpg
関連記事

2013.03.19    カテゴリ:  売買情報 

   売買情報

2009年信貴造船所製造 外航用救命艇【定員7名】2隻セット ボートダビット付き
LOA 5.3m B 2.3m D 1.0m
価格:2隻セットで相談


DSC02923.jpg

お問い合わせ、詳しい情報はこちらをクリック→船舶売買の老舗 鍋島回漕店

津波用のシェルターとしてお考えの方がおられましたらこちらまで→お問い合わせ

2013.03.21    カテゴリ:  海運ニュース 

   三菱重工 伯方造船と1000個積みコンテナ船の共同開発で提携

三菱重工業は、伯方造船(愛媛県今治市)と1000個積みコンテナ船の共同開発で提携、その第一弾として18日、韓国の高麗海運(KMTC)向け定期用船用に2隻を受注したと発表。
三菱重工の技術開発力と、伯方造船がフィーダーコンテナ船で持つ高い建造技術や豊富な運航経験などを組み合わせることにより、標準的な1,000個積みコンテナ船に比べて優れた積載能力と燃費性能が発揮される。
IMG_8494.jpg

IMG_8477.jpg
関連記事

2013.03.22    カテゴリ:  航海中 

   伯方島の落陽

一周走るとちょうど16Km、人口7000人ほどの小さな島ですが・・・バンカー船から199から5000KL6000KLの内航船 
近海船からハンディ・パナマックス・ケープ・大型コンテナ・VLCCまで揃っているTHE 伯方島
造船所は、修繕含め4つあります
1キロ平方メートル当たりの過給器予備保有率は日本一かもしれません(笑)
IMG_9976_20130322163300.jpg
SUDETY
IMG_9987_20130322163300.jpg
壁が進んでいるように見えますが14ノットで航行中
近年のバルクは、船首全体がバルバスの用な型がスタンダードになってきています
IMG_9983_20130322163300.jpg

IMG_9990_20130322163301.jpg
TANIKAZE
IMG_0004_20130322163411.jpg
ISHIZUCHI【いしづち】瀬野汽船
IMG_9999.jpg

IMG_9997_20130322163411.jpg
ALAM PADU
IMG_9993_20130322163301.jpg

IMG_9994_20130322163301.jpg

関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog