企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2013.07.03    カテゴリ:  未分類 

   祝 竣工 800DW型鋼材船 誠勇

先月末に矢野造船にて竣工した誠栄海運の800DW型鋼材船 誠勇
IMG_2987_20130703094109.jpg

誠勇【Seiyu】誠栄海運 三栄港運 267GT 800DW
2013.6 矢野造船 新潟原動機 6M28BGT 1000ps


IMG_3007_20130703094445.jpg

IMG_2997_20130703094112.jpg

IMG_3003_20130703094320.jpg
電子海図はイーチャート AISクラスB搭載
IMG_3005_20130703094442.jpg
エンジンは新潟原動機 6M28BGT 1000ps
エンジンデッキは白
IMG_3000_20130703094115.jpg
コンパス・ナビゲーション・ボートデッキも船長こだわりのホワイトカラーで統一
IMG_3004_20130703094440.jpg

竣工誠におめでとうございます。誠勇の安全航海と誠栄海運の今後のご活躍を期待しています
関連記事
スポンサーサイト

2013.07.06    カテゴリ:  新造船 

   祝 竣工 5000KL黒油タンカー 第五金洋丸

本日、竣工した金力汽船の5000KL黒油タンカー第五金洋丸
DSC_0135-1.jpg
第五金洋丸【Kinyo Maru No5】金力汽船 JRTT 鶴見サンマリン 霧島海運商会
3559GT 5599㎥【黒油】 2013.7 伯方造船 ダイハツディーゼル 6DCM-32eF 4000ps
LOA 104.124m B 16.0m D 8.2m

DSC_0031-1.jpg

IMG_3558.jpg
ファンネルは、メガコモンキャリアの鶴見サンマリン
IMG_3541_20130706193829.jpg
エンジンはダイハツディーゼル 6DCM-32eF 4000ps
IMG_3527_20130706193824.jpg

IMG_3529_20130706193827.jpg

IMG_3524_20130706193821.jpg
操舵室
IMG_3503_20130706193801.jpg
床暖房付きです
IMG_3505_20130706193803.jpg
食堂サロン
IMG_3486_20130706193758.jpg
展望浴場 金力の湯
IMG_3498_20130706193800.jpg


本日は、誠におめでとうございました。第五金洋丸の安全航海 安全運航と金力汽船株式会社の今後のご活躍を期待しています

つづく・・・
関連記事

2013.07.09    カテゴリ:  新造船 

   THE 新造船  

現在艤装中 第十大州丸【Oozu Maru No10】平汽船 コスモ海運 2000GT 3350㎥【白油】
栗之浦ドック(三好造船) 3300ps
IMG_3599_20130709135103.jpg
内航外航兼用船 グレート クレイン (GREAT CRANE) 
伊藤忠ネクス センコー 芝興マリン 749GT(国際1062GT)1146㎥
2013.5 佐々木造船 阪神内燃機工業 LH28LRG 1600ps
SASAKIフィン搭載 省エネ船型
IMG_3589_20130709135103.jpg
第二三恭丸【Sankyo Maru No.2】 恭海海運 三菱化学物流 748GT 1279㎥【コールタール】
2013.2 伯方造船 ヤンマー 6EY22AW 1808PS EUP式電子制御付
CPP フレンドフィン
IMG_2919_20130709135211.jpg
関連記事

2013.07.09    カテゴリ:  新造船 

   5000KLタンカー第五金洋丸 船内探訪【デッキ編】

第五金洋丸【Kinyo Maru No5】金力汽船 JRTT 鶴見サンマリン 霧島海運商会
3559GT 5599㎥【黒油】 2013.7 伯方造船 ダイハツディーゼル 6DCM-32eF 4000ps
LOA 104.124m B 16.0m D 8.2m
IMG_7239-1.jpg
れいたく丸からバンカー中
れいたく丸 麗澤海運(村上石油) 443GT 814㎥ 2006.9 伯方造船 ダイハツ 6DKM-20F 1000ps
IMG_3539.jpg
ライン系統図入りの荷役デッキ
IMG_3016_20130709152149.jpg
ウインドラスはエスケエ鉄工 SKウインチ type SUS@金力仕様
IMG_3551_20130709142059.jpg
SK Winch Type SUS@KINRIKI
WINDLASS φ46 90kN*15/30M 1GW2HD1WE
SUS使用部位
ブレーキ関係(メスネジのみBC6)
クラッチハンドル及びクラッチハンドル台
チェーンサバキ
各種ブラケット・ピン及び銘板
IMG_3550_20130709142056.jpg

IMG_3549.jpg
フォアマストはやぐら型
IMG_3084_20130709142458.jpg
メンテしやすい様にピストンフォーンの台座はくり抜いてあります
このあたりのサビの手入れが後々大変だそうです
IMG_3085_20130709142457.jpg
チョッサーデッキ
IMG_3076_20130709142451.jpg
マイクストア
IMG_3083.jpg
リギンワイヤー(18mm) リギンスクリュー SUS
IMG_3082_20130709142458.jpg
センター通路
IMG_3078_20130709142501.jpg
アンカーチェーン止め リギンスクリュー ワイヤー SUS
リギンスクリューがデッキに干渉しても良いようにSUSプレート
IMG_3079.jpg
操作デッキは軽くて丈夫なFRPグレーチング
IMG_3073_20130709142600.jpg
それを裏返しにして、滑り止め
IMG_3074_20130709142604.jpg
荷役デッキ
IMG_3086.jpg
ボースンストア コンパニオン
ロックはSUSですがしっかりと6ヶ所止め
IMG_3088_20130709142606.jpg
スラスター
IMG_3092.jpg
チェーンロッカー
IMG_3089.jpg
チェーンの取り付けは中段にあります
私は、アンカーにヨリがついた時に直せる便利なものがあるなと思っておりましたが
緊急時にアンカーぶちきって逃げれる為の設備でNKルールだそうです
IMG_3090.jpg
荷役ストア
水密扉はワンタッチロック(SUS)
IMG_3095_20130709143524.jpg
駐輪場付きです
IMG_3096_20130709144020.jpg
レット用エアガン
IMG_3093.jpg
フォクスルデッキスカッパーは油漏れ防止の二重構造
IMG_3097_20130709144021.jpg
油分が含んでないか確認して排出
IMG_3098.jpg
荷役デッキ
IMG_3099_20130709144029.jpg
オイルタイトハッチ
IMG_3100_20130709144033.jpg
1番タンク内
タンカーはカーゴと違って液体貨物なのでこのあたりの船型が絞れるのが特徴です
IMG_3553_20130711161840.jpg
船底の配管は、ボイラーで温められた熱媒油が通るヒーティングラインです
IMG_3554_20130711161908.jpg
第五金洋の特徴として黒油タンカーですがタンク内をエポキシ塗装しています(腐食防止)
IMG_3555_20130711161922.jpg
パッセージ下は、ヘルメットをかぶっても頭の当たらない高さを確保
荷役動線は大切です
IMG_3101_20130709144546.jpg
エアハッチ 覗き窓とも言います
IMG_3102_20130709144551.jpg
レデューサー置き場
IMG_3105_20130709144554.jpg
このハッチは?
IMG_3106.jpg
マイクハッチ
第五金洋丸では、荷役中の伝達指示はユニペックスのシステムでまとめています
荷役監視室マイク→デッキスピーカー・トランシーバー
トランシーバー→デッキスピーカー・荷役監視室スピーカー
IMG_3107_20130709144558.jpg
マニホールド
ここの配管と陸のローディングアームを繋ぎ、積荷役 揚げ荷役を行います
IMG_3117_20130709145357.jpg
戻り勾配付き ガルウイング型とも言います
IMG_3110_20130709145213.jpg
閉止フランジは、二人で持てる様に両側にSUS取っ手
IMG_3109_20130709145158.jpg
干渉を避け、ハンドレールを利用したエア抜き
IMG_3115_20130709145210.jpg

IMG_3116_20130709145353.jpg
半埋没型デッキストレーナー
IMG_3112_20130709145209.jpg
タンク内はこんな感じ
IMG_3574.jpg
タンク好きには、たまらないタンク構造
IMG_3569_20130711162217.jpg

IMG_3573.jpg
サクション 
積みも揚げもここからです
IMG_3572.jpg
デッキスカッパー
IMG_3563_20130711164258.jpg

IMG_3564.jpg
デッキに水が増しても解放しやすいようステージ付き
IMG_3114_20130709145209.jpg
フライングパッセージ
IMG_3069_20130711165250.jpg
ドット加工されたSUS一枚板
IMG_3065_20130711165153.jpg
荷役ホース用 吊り金具
IMG_3070_20130711165251.jpg
バッファジャンバー付きベント管
IMG_3071_20130711165256.jpg
ユニック
ユニックの緊急修理は吉平鉄工所へ こちらをクリック→吉平鉄工所
IMG_3066_20130711165321.jpg
バンカーデッキ
IMG_3059_20130711173139.jpg
給油ラインは1ライン
A重油はラインコンタミしないよう上向き配管 窓の横にあるのがA重油給油ライン
IMG_3060_20130711173125.jpg
オーバーフロータンク
パイプラインは、メンテしやすい様にSUSのピースを当てSUSのUボルト止め
IMG_3061_20130711173132.jpg
C重油用燃料ハッチ
IMG_3062_20130711173136.jpg
目視で液面を確認できます
IMG_3063_20130711173138.jpg
荷役監視室 FO液面レベル計
IMG_3560_20130711174912.jpg
燃料液面計
IMG_3122_20130711174324.jpg
どんな高性能センサーよりも二重化三重化の警報よりも目視が確実
写真はわかりにくいかもしれませんがバンカー中
IMG_3543_20130711174902.jpg
ポンプ室コンパニオン ワンタッチSUSロック
IMG_3064_20130711174304.jpg
ポンプはポンプメーカー最大手 大晃機械工業 1800㎥/h 0.94MPa×2
IMG_3125_20130711174413.jpg
タンカーの心臓部とも言えるポンプ室
IMG_3127_20130711174354.jpg
主機駆動でポンプを回します
IMG_3126.jpg
一部全通開口型
IMG_3128_20130711174828.jpg
熱媒調整バルブ
IMG_3129.jpg
洗濯ハサミを利用した開閉表示板
IMG_3123_20130711173556.jpg

IMG_3058_20130712011110.jpg
ハウス通路
IMG_3052_20130712011143.jpg
天井はメンテしやすい様にアングルレス(フラットバー仕様)
IMG_3565.jpg
火災制御図はハンドル付き
IMG_3055_20130712011107.jpg
船外蛇口はボールコック仕様
IMG_3053_20130712011146.jpg
ストア
IMG_3051_20130712011140.jpg
ハウス入口 タンカーは防爆構造の為 入口は水密扉になっています
ワンタッチSUSロック ロックバーの長さも長年の工夫によりこの長さになったそうです
IMG_3054_20130712011102.jpg
この引っ掛けは?
IMG_3056_20130712011107.jpg
ワンタッチ ドアストッパー
ちょっとしたことですが建造ノウハウがあるKINRIKI仕様です
IMG_3057_20130712011107.jpg
トモのムアリングウインチはエスケエ鉄工 SKウインチ type SUS@KINRIKI仕様
SUS使用部位
ブレーキ関係(メスネジのみBC6)
クラッチハンドル及びクラッチハンドル台
各種ブラケット・ピン及び銘板
IMG_3544_20130712010828.jpg
ホーサーはベルミックス50mm
IMG_3547.jpg
今回新たに採用された、切り替え弁に負荷のかからない絶妙な設計がされた遠隔操作レバー(SKレバー)
IMG_3042_20130712011512.jpg
これにより、クラッチの操作がワンマンで容易に行えます
IMG_3043_20130712011516.jpg
ブレーキもSUS
こう言ったとこは船の一生(国内20年)で割れば費用対効果は十分あります
IMG_3047_20130712011507.jpg
各種プレートSUS
IMG_3049_20130712011456.jpg
プレート取り付け部 SUS
プレートはバラせばメンテできますがこの場所は、サンダーも入りませんので
この部分だけでもSUSの方が賢明です
IMG_3048_20130712011455.jpg

IMG_3046_20130712011450.jpg

IMG_3035_20130712011634.jpg
熱媒膨張タンク
IMG_3041_20130712011510.jpg
交通艇はヤンマー 3LM 29.4kwの高速仕様 イヨプラ製
IMG_3546_20130712010836.jpg

IMG_3033_20130712011654.jpg

IMG_3545_20130712010837.jpg
スカッパーはSUSで曲がりのない直管(詰まり防止)
IMG_3040_20130712011507.jpg
遠隔バルブ予備 もしもの時に船が止まる(修繕・手配)と思えば費用対効果はありますね
こう言ったモノは、時に他社のトラブル対応に使われメーカー手配より早急の場合もあります
これがグループ化しなくともやっていけるチーム伯方島の強みかもしれません
IMG_3038_20130712011500.jpg
ファンネル下 機関室入口
IMG_3037_20130712011638.jpg
バッテリーはSSバッテリー
IMG_3034_20130712011641.jpg
空調室ダクト ダクト内は手入れができるようマンホール型
IMG_3031_20130712011646.jpg
ナビゲーションデッキ階段
IMG_3030_20130712011645.jpg

IMG_3029_20130712011639.jpg
スカライキ
ユニックが届きますので自力で部品搬入もOK
IMG_3032_20130712011649.jpg
機関室送風ファン 雨水を吸い込みにくいタイプです 
IMG_3014_20130712012125.jpg
パイプの部分はSUS
IMG_3542_20130712105709.jpg
オイルフェンス
IMG_3015_20130712012131.jpg
ナビゲーションデッキは、操舵室の高さに合わせてかさ上げ
IMG_3027_20130712011653.jpg
投光器はLED 三信船舶電具
IMG_3020_20130712012108.jpg

IMG_3022_20130712012111.jpg
通路灯もLED 三信船舶電具
IMG_3026_20130712012116.jpg
レーダーマスト 避雷針付き
先日、ケミカルタンカーに落雷があったようです
IMG_3024_20130712012113.jpg
リギンスクリュー リギンワイヤーSUS
IMG_3019_20130712012133.jpg
超音波式風向風速計 支持ワイヤーSUS リギンスクリューSUS
IMG_3018_20130712012127.jpg
排気管暴露部SUS
IMG_3025_20130712012112.jpg

ハウス・エンジン場につづく・・・
関連記事

2013.07.13    カテゴリ:  新造船 

   祝 竣工 超省エネ船 21邦久

本日三浦造船所にて竣工した邦久汽船の850DW型鋼材船 21邦久
IMG_3435_20130713172623.jpg
エネルギーマネジメントを利用した停泊中ゼロミッションを実現
IMG_3274_20130713172425.jpg

IMG_3291_20130713172442.jpg

IMG_3292_20130713172437.jpg

IMG_3399_20130713172438.jpg

IMG_3398.jpg

IMG_3403_20130713172508.jpg

IMG_3367_20130713172510.jpg


つづく・・・
関連記事

2013.07.17    カテゴリ:  エンジン 

   ダイハツディーゼル 6DCM-32eF 4000ps

第五金洋丸に搭載されたダイハツディーゼル6DCM-32eF 4000ps(2942kw)×750min-1
プロペラはナカシマプロペラ N-PAI(NHV)5翼 PBCF付き
IMG_3527_20130717083632.jpg
減速逆転機はDRA-80FS
IMG_3528_20130717083639.jpg

IMG_3524_20130717083645.jpg
過給機はABB
IMG_0961_20130717092210.jpg
エンジンルーム セカンドデッキ
IMG_3531_20130717083642.jpg
補機はダイハツディーゼル 5DC-17Ae 542ps(400KW)防振バネ付き 450KVA×3台
IMG_3162.jpg

IMG_3525_20130717083646.jpg
ポンプ駆動装置 主機駆動 日立NICO スリッピングクラッチ付き
IMG_3173_20130717094053.jpg

IMG_3175.jpg
エンジン監視室
IMG_3534_20130717084600.jpg

IMG_3515_20130717083929.jpg

IMG_3516_20130717083924.jpg
作業工作室
IMG_3514_20130717083928.jpg
主機取り付け金具を利用した作業台
IMG_3148.jpg
ハンドレールはSUS
IMG_3523_20130717084610.jpg
予備品
IMG_3518_20130717084611.jpg
こちらも予備品
DSC_1090.jpg
監視室デッキ
IMG_3513_20130717084720.jpg
オイラはボイラ三浦のボイラ
黒油タンカーの命です
IMG_3532_20130717084610.jpg
焼却炉
内航ゴミ問題 今後の課題ですね
IMG_3533_20130717084612.jpg
アメロイド LO清浄機
IMG_3520_20130717084732.jpg
アメロイド FO清浄機 半自動タイプ
IMG_3521_20130717084733.jpg

IMG_3519_20130717084738.jpg
排ガスエコノマイザー
IMG_3180_20130717094059.jpg
第五金洋丸では機関室の一部にLED蛍光灯が採用されています
IMG_3181.jpg



技術は地球を守るために。
ダイハツディーゼル株式会社


金力汽船株式会社
関連記事

2013.07.17    カテゴリ:  海運ニュース 

   ツネイシHD、今治造船への多度津工場売却を発表

香川の多度津工場を売却 常石造船、今治造船に

今治造船は造船・海運大手のツネイシホールディングス(HD、広島県福山市)の多度津工場(香川県多度津町)の買収により、生産体制を強化する。

一時期、某海外メーカーの買収も噂に聞いてましたが、従業員も継続と言うことでとりあえずは、一件落着ではないでしょうか

多度津工場売却に関するお知らせ
関連記事

2013.07.19    カテゴリ:  新造船 

   祝 本日、富山北陸電力初入港 第五金洋丸 船内探訪【室内編】

第五金洋丸【Kinyo Maru No5】金力汽船 JRTT 鶴見サンマリン 霧島海運商会
3559GT 5599㎥【黒油】 2013.7 伯方造船 ダイハツディーゼル 6DCM-32eF 4000ps
LOA 104.124m B 16.0m D 8.2m

DSC_0031-1.jpg
セミウイング型ブリッジ
IMG_3558.jpg
操舵室
IMG_3503_20130706193801.jpg
床暖房付きです
IMG_3505_20130706193803.jpg
センターに海図台と事務作業机を配置
海図台はオモテ側トモ側どちらからも引き出し可能
IMG_3504.jpg
天井は濃い青のクロスで海面反射防止
反射防止、熱伝達防止機能を持つ舶用サンスクリーンSOLASOLVをセンター窓に装備
IMG_3243_20130718145603.jpg
SOLASOLVの特徴は以下の通り。
●光反射を93%カットし、クリアな視界を実現、航行安全に寄与する。
●陽光の熱伝達を87%カット。
●有害なUV光線を97%以上カット。
●レーダーや電子海図など画面の反射を抑える。
●実際の色に近い配色を再現し、海上目標物の認識を容易にする
IMG_3244_20130718145604.jpg
ウイング エンジンリモコン
ウイングに立つ船長と機関長の距離が近くヒューマンエラー防止です
IMG_3245_20130718145605.jpg
戸高製作所 電子海図表示装置
IMG_3508_20130718145559.jpg

IMG_3248.jpg
第五金洋丸はエーアイシップの移動局になっておりタンカーにおける着桟時のAISタンカーモードの際にも
ロストがなく、どこにも負けないクオリティ高いAIS情報を自社で保有することが可能です
現在、間違った方向に利用されている粗悪なAIS情報に対抗する為にクオリティ高いAIS情報を自社で持つことは、大切です
総務省様 内航総連様 そろそろ本気でルール化をしてもらわないと船舶の安全と船員の生命を守る為のAISが
冤罪を助長する安易な方向に使われ、本来果たすべき役割を全く果たしてません
IMG_3246_20130718145813.jpg
ぶら下がり健康器 船体付きなので100kgオーバーも可能?
ただ100kg超えたら船乗りには向いてないです
IMG_3511_20130719005619.jpg
FAX受信表示装置 FAXとおる君@藤井綱海運製作
IMG_3242_20130718150242.jpg
FAXの受信が荷役事務室で確認可能です パトランプLED仕様
IMG_3562_20130719003902.jpg
船長室
IMG_3231_20130718145800.jpg
大型窓 電子海図副モニター
IMG_3232_20130718145811.jpg
機関長室
IMG_3236_20130718145812.jpg
各部屋就寝スペースの壁紙を変えているのも特徴です
IMG_3237.jpg
展望浴場 金力の湯 24時間風呂
IMG_3498_20130706193800.jpg
2F3Fと第一浴場第二浴場となっています
IMG_3226_20130718150345.jpg
どんな絶景温泉にも負けず劣らずの絶景浴場です
第五金洋丸の航路的には日本海満喫絶景浴場です
IMG_3227_20130718150343.jpg
照明はLED
IMG_3228_20130718150351.jpg
脱衣場も本格派
防水性能等考えたら木工工事より既製品になったそうです
IMG_3239.jpg
天井も防水タイプ
IMG_3238_20130718150238.jpg
エグゼクティブフロア トイレ TOTO アプリコットシャワー
IMG_3229_20130718150349.jpg
トイレは和式・洋式・男子便所取り揃えております
和式じゃないとダメと言う人にも対応した船舶です
IMG_3492.jpg
1Fはシャワー
IMG_3493_20130719005617.jpg
一等航海士室
IMG_3212_20130719010241.jpg
船長室と同じ面積です
IMG_3213_20130719010236.jpg
こちらはぶら下がり健康器ではなく物干しスペース(全部屋装備)
皆さんの部屋はロープが垂れ下がった物干し部屋になってないですか?
IMG_3214_20130719010237.jpg
全室加湿器装備
IMG_3216_20130719010237.jpg
各階に設けられた喫煙室 最近は、タバコを吸わない船乗りも増えてきました 分煙は大切です
IMG_3233_20130719093053.jpg
航海計器類の故障の原因にタバコのヤニがありますのでブリッジでの喫煙は避けましょう
火災のリスクもあります 部屋での喫煙は避けましょう
IMG_3234_20130719093054.jpg
一等機関士室
IMG_3220_20130719085511.jpg

IMG_3221_20130719085518.jpg
アシックス 安全靴 静電気帯電防止機能を搭載
おしゃれは足元からです
IMG_3222_20130719085516.jpg
部員室
IMG_3499_20130722131853.jpg
499GT船長室より広いかもしれません
IMG_3218_20130722132626.jpg
オーナーズルーム兼予備室
IMG_3191_20130722132602.jpg

IMG_3192.jpg
ジャンバーロッカーとは別にロッカーを装備
IMG_3491_20130722131707.jpg
洗濯室
IMG_3196_20130722132446.jpg
キッチンギャレー
IMG_3197_20130722132531.jpg

IMG_3202_20130722132954.jpg

IMG_3198_20130722132941.jpg

IMG_3199_20130722132947.jpg
ホットプレートとは別にIHを装備
IMG_3200_20130722132953.jpg
保温・冷庫
IMG_3201_20130722132953.jpg
食堂サロン
IMG_3486_20130706193758.jpg

IMG_3488_20130722133452.jpg

IMG_3208_20130722133106.jpg
電子海図副モニター
IMG_3206_20130722133110.jpg
製氷機
IMG_3207_20130722133106.jpg
ネスカフェバリスタ
IMG_3205_20130722133114.jpg
食堂横のサロンスペース
IMG_3537_20130722131837.jpg
荷役事務室横のサロンスペース
IMG_3184_20130722133239.jpg

IMG_3185_20130722133232.jpg
書類庫
IMG_3186_20130722133230.jpg

IMG_3188_20130722133236.jpg
荷役コントロール室 事務室
IMG_3566.jpg
遠隔バルブのみ自動
IMG_3559_20130722133458.jpg
荷役指令はユニペックスのマイクシステムで構成
IMG_3189_20130722133237.jpg

IMG_3190_20130722133449.jpg
第五金洋丸【Kinyo Maru No5】金力汽船 JRTT 鶴見サンマリン 霧島海運商会
3559GT 5599㎥【黒油】 2013.7 伯方造船 ダイハツディーゼル 6DCM-32eF 4000ps
LOA 104.124m B 16.0m D 8.2m

DSC_0135-1.jpg









金力汽船株式会社

鶴見サンマリン株式会社

株式会社霧島海運商会

独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構


伯方造船株式会社

ダイハツディーゼル株式会社

エスケエ鉄工株式会社
(順不同)

【特別協力】
愛媛県立宇和島水産高校 専攻科生徒

日本初!就業体験型 海上試運転 第五金洋丸

竣工誠におめでとうございます。第五金洋丸の安全航海と金力汽船株式会社及び関係各社の今後のご活躍をきたいしています
関連記事

2013.07.25    カテゴリ:  進水式 

   祝 進水 第三廣良丸

本日、太陽造船にて進水した有限会社山本海運の新造船 第三廣良丸

第三廣良丸【Koryo Maru No.3】山本海運 九商ポートサービス 240GT 780DW
太陽造船 

鹿児島と種子島を結ぶ雑貨航路に投入されます
4570.jpg

4563.jpg

4568.jpg

4559.jpg

4569.jpg

4567.jpg

4572.jpg

ご進水、誠におめでとうございます

【写真提供:D様】

第二廣良丸【Koryo Maru No.2】山本海運 九商ポートサービス 199GT 649DW
1996.10 古本鉄工造船所 松井鉄工所 MA29GSC-33 1000ps
IMG_1925_20130725104619.jpg

IMG_1927_20130725104851.jpg

関連記事

2013.07.26    カテゴリ:  エンジン 

   新潟原動機 6M26AFTE 1000ps

21邦久に搭載された新潟原動機 6M26AFTE 1000ps 
減速逆転機船底清水冷却仕様

IMG_3362_20130726094343.jpg

IMG_3355_20130726094403.jpg
減速逆転機
IMG_3357_20130726094340.jpg
メッキ仕様のパーツ類
IMG_3367_20130726094340.jpg
磨き仕様の送風ダクト
ハンドレールは、足場用パイプを利用してコスト削減・・・ではありません
メッキ仕様のハンドレールが付きます
IMG_3371_20130726094342.jpg
配電盤 BEMAC
IMG_3350.jpg
清水クーラー
船底タンクにある約50tの清水により冷却されます これにより海水ポンプを使わなくて良い分
航海中の消費電力削減による省エネになります
IMG_3351_20130726094814.jpg
オイルクーラーはボトムデッキに設置
清水なので基本的にチューブ突きもいりません
IMG_3358_20130726094818.jpg
バラストコントロール
ジェットスラスターなので基本的にはノンバラスト航海が可能です
航海中の消費電力が少ないので軸発も60KVAです
IMG_3359_20130726094817.jpg
補機 ヤンマー120KVA
IMG_3360_20130726094820.jpg

IMG_3349_20130726095008.jpg

IMG_3352.jpg
配電盤監視カメラ
IMG_3365.jpg
主機監視カメラ
IMG_3364_20130726095030.jpg
バラストコントロールとエンジン場監視モニター
IMG_3281_20130726095224.jpg
車のバックモニターを利用していますので1カメラ1モニターですがコストは安くできてます
IMG_3280.jpg
左のタンクは、風呂の水 再利用タンク 潮流しなどに利用します
IMG_3353_20130726095113.jpg
舵機室 一番トモ側は高圧洗浄機用の清水タンクになっています
IMG_3372_20130726095226.jpg
エンジン場 入口
IMG_3373_20130726095224.jpg
減速逆転機により26ボアの低速主機で499クラスの2500ダイヤのプロペラを回します
IMG_2121_20130527091955.jpg
没水率を上げる為、吊り舵 イニシャルトリム付きの船体構造になっています
IMG_2119.jpg


関連記事

2013.07.28    カテゴリ:  新造船 

   21邦久 船内探訪【デッキ編】

IMG_3435_20130728124738.jpg
21邦久【Kunihisa 21】邦久汽船 日鉄住金物流 260GT 850DW
2013.7 三浦造船所 新潟原動機 6M26AFTE 1000ps
 
IMG_3438_20130728124738.jpg

IMG_3430_20130728124738.jpg
高速バルパスの採用
IMG_3424_20130728124739.jpg

IMG_3426_20130728124739.jpg
ハッチはヤナセ type SUS@KUNIHISAモデル
IMG_3284_20130728124740.jpg
ハウスは前面R付き デザイナーズブリッジ
IMG_3273_20130728125145.jpg
オモテから
デザイナーズマスト type ALL SUS@KANPUKUモデル
IMG_3272_20130728125140.jpg
エアホーンをフォアマストに搭載
IMG_3321_20130728151134.jpg
鋼材船なのでマストは起倒式です
IMG_3313_20130728125148.jpg
ウインドラスはヤナセ ドラム内側SUS貼り
IMG_3320_20130728125151.jpg
ボースンストア コンパニオン
IMG_3324_20130728125153.jpg
マスト起倒ウインチはコンパニオンにinしてます
IMG_3325.jpg
停泊用発電機はパッケージ型 50KVA
IMG_3326_20130728125250.jpg
スラスターエンジンはいすゞマリン 276kw
IMG_3328_20130728125253.jpg
スラスターはポンプジェット式2t ナカシマプロペラ
IMG_3331_20130728125255.jpg
線材から重量コイル・プラント・フレコンまでオールマイティに積めます
オモテのダンネージストアにフォークリフトがinします
IMG_3414_20130728125650.jpg
オモテ側ビルジボックス 
鋼材はオモテから脚決めて積み付けする場合もあるので雨可荷物の際に重宝します
IMG_3339_20130728125258.jpg
倉内用ライブカメラ 防振タイプ
航海中の貨物の安全確認や荷役の監視が船内LAN及びインターネットを通じてできます
IMG_3347_20130728135708.jpg
こんな感じで見えます(私のカメラの撮影なので実際の映像は多少違います)
IMG_3348.jpg
エンジン場前のデッキ
IMG_3346_20130728135659.jpg
階段は荷役作業員の退避スペースにもなっており、垂直階段からの転落事故を防止するため普通階段方式になっています
荷役作業員の安全を考慮した設計になっています
IMG_3341_20130728141019.jpg
船尾ビルジボックス
濡れ注意の荷物が多い鋼材でも雨可の荷物があります
ビルジポンプを回さなくても排出できるよう、フロートスイッチ付きの水中ポンプが付いています
IMG_3343_20130728141029.jpg
ハッチ走行ローラーSUS コーミングトップSUS
IMG_3270.jpg
コーミングサイド リフトバー SUS
IMG_3423_20130728130854.jpg
締め付け金具BOX SUS
コーミングトップがSUSでもこのあたりが鉄になっている船は多いです
IMG_3310_20130728125659.jpg
連結バーは直接グリスアップできるようニップルの位置を工夫
IMG_3450.jpg
養生しているあたりはオールSUS
鋼材船は、限りなくエルマンが望ましいと言う仕様要求がありますが、管理を怠れば、エルマンでも潮濡れ事故はあります
IMG_3452.jpg
油圧シリンダー 遠隔グリスニップル
IMG_3457.jpg
デザイナーズ レーダーマスト type 磨きSUS
IMG_3290_20130728130844.jpg
電線はマストにinしています
IMG_3418_20130728132049.jpg
テレビアンテナ
IMG_3288_20130728131122.jpg
アンテナポストも妥協していません
IMG_3289_20130728131131.jpg
ウォッシャーはコンパスデッキから貫通式です
IMG_3416_20130728131309.jpg
軸流ファンも 磨きSUS
IMG_3292_20130728131143.jpg
送風ダクトは、中を点検できるマンホール式になっています ペンキ塗りも可能です
ダクトの間は、重力式清水タンクになっており、停泊中のゼロミッションの際に清水ポンプ停止しても
トイレ・洗面等使用可能です
IMG_3294_20130728131231.jpg
ファンネル
IMG_3295_20130728131439.jpg
両舷ライブカメラ
着桟の際やバラスト排出の確認ができます
IMG_3296_20130728131455.jpg
ハウス周りの階段はSUS一枚板タイプ
イメージと違って意外と滑りません
IMG_3297_20130728131517.jpg
デッキスカッパー
IMG_3303_20130728131722.jpg
皆さんが一番気になっているとこだと思いますが
1.5kwの風力発電装置を搭載 
これを撮影している際は、無風に近い微風でしたが回転していました
風力発電で得た電力を船内リチウムイオン電池と電気自動車に充電し、完全停泊の際には発電機をオフにして
リチウムイオン電池と電気自動車の電力により停泊中FO消費ゼロが実現します
IMG_3403_20130728131604.jpg
ここに電気自動車が搭載されます。もちろん、電力を船内に戻すだけでなく交通車としても利用します
既存の民生品を組み合わせたシステムにすることにより舶用システムとしてはコストを削減しています
IMG_3299_20130728131545.jpg

IMG_3302_20130728131715.jpg
ホールド入口
IMG_3308.jpg

IMG_3309_20130728132043.jpg

IMG_3344_20130728135655.jpg
船尾にライブカメラ
IMG_3421.jpg
防振タイプです
IMG_3422_20130728131747.jpg
関連記事

2013.07.29    カテゴリ:  保安庁 

   漁網情報 CeisNet(シーズネット)

海難事故には防げる事故と防げない事故があります

ヒューマンエラーなど様々な要因が複合して事故となる事例もあれば、情報があれば防げる事故もあります

昨年、平戸瀬戸の工事作業船を見誤り1ヶ月内に連続して数件の乗り上げ事故と言う前代未聞の海難事故がありました。
これは、作業船からの可航域の投光がヒューマンエラーをおこしやすい状況であったのが原因の一つですが
事前に情報を周知徹底していれば、防げた事故であり、また第一船目の事故の原因を周知していれば
連続海難事故と言うことは防げたのではないかと思います
実際に国土交通省九州地方整備局のホームページの中で『平戸瀬戸航路工事スケジュール』を調べれば情報は出てきます。
ただ、調べなければ情報は入手できません。

海苔網・定置網・カキいかだ乗り入れ事故なども情報があれば防げる事故です


------------------------------------------
現状では一般的に水路部発行の定置漁具図あるいは現地の代理店等より漁網の情報を得るしかありません。
この情報を今普及しているレーダープロッターに表示あるは電子海図に表示できれば
漁網に関連する事故は相当減るのではないでしょうか。
このような情報をデジタルで提供しようする動きはありますが現状で提供しているところはありません。

そこで現在できることとして
以下のサイト(海上保安部、海洋情報部)で全国の漁網図が提供されています。
前面に広報されていないようで「大規模流出油関連情報」として公開されています。

スマホ、iPadでも見られます。
もちろん海上で電波の届く範囲であれば問題ありません。
ほとんどGPS機能が付いてますので現在地をスマホ上で確認できます。
またGPS端末をパソコンにつなげば船上でも現在地を確認できます。


漁網情報 CeisNet(シーズネット)
http://www4.kaiho.mlit.go.jp/CeisNetWebGIS/index.html?config=config_gyogyou.xml


また六管区、八管区、九管区では独自の漁網図を提供しています。
各管区ごとに独自の色々な情報を提供しているようです。

八管区
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN8/jouhou/jouhouzu.html
九管区
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN9/map/9FISH/9fish-top.htm

六管区
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN6/1_kokai/gyogu/index.html

【情報提供:天草マリン同志会・株式会社Aシップ】

-----------------------------------------

以上のように、ビックリするくらい素晴らしい情報サイトがあるにも関わらず、ビックリするくらい見つけにくい。
そして、ビックリするくらい内航関係者が知らないサイトになっています。

安全情報と言うものは、伝達し、周知徹底し、入手し、活用しなければ、どんなに良い情報でも意味がありません

安全情報をFAXにて全船に通達と言うのはオペレーター支配船レベルでは可能ですが
今まで受信にお金がかからなかった船舶電話のFAXもワイドスターⅡに移行すれば受信に結構な費用がかかります。
対策としては、NTT-WEマリンのマリタイムモバイルを利用することによりコストは削減できます

私は、航路に関する安全情報を総連合もしくは、国交省・保安庁が主体となり 情報を一本化
現状に合わせ、船乗りの情報ツールである携帯(スマホ)とPCから簡単に最新情報・この航海で通る海域の最新情報がすぐに入手できる状態を作ることが海難事故防止につながるのではないかと考えます

年寄船員でも携帯から天気情報を入手する時代です

もしくは、水産庁と協力して、バーチャルAISとして漁網、海苔網、カキ筏位置を表示することは
航海情報として、大変有効だと思います

また、水路協会の方にお願いしたいのは政府公認の、電子化された海図データENCに沿海ライン表示がなく
C-MAPには沿海ラインがちゃんと表示されている
もちろん省エネの為に沿海ラインの見直しも必要ですが、まずは電子海図データーに沿海ラインを表示してください。お願いします


■天草マリン同志会・株式会社Aシップ■
天草マリン同志会とは2009年5月に天草地区の若手船主が中心となり「天草マリン同志会」が発足しました。
現在では30~40代の若手船主を中心に、海運関係事業者、機器メーカー、金融機関など約80社が参加して定期的に勉強会を行っています
また同志会のメンバーの一部有志で立ち上げた株式会社Aシップと言う船舶管理会社の今後の活躍も楽しみなところです。
天草地域は船主のみならず、船員の供給地域として、若手からベテランまでそろっています
関連記事

2013.07.30    カテゴリ:  新造船 

   21邦久 船内探訪【豪邸編】

IMG_3274_20130729214147.jpg
21邦久【Kunihisa 21】邦久汽船 日鉄住金物流 260GT 850DW
2013.7 三浦造船所 新潟原動機 6M26AFTE 1000ps 


木目調のコンソールです
IMG_3399_20130729212138.jpg
家ではないですよ。操舵室です
IMG_3398_20130729212136.jpg
左がライブカメラ用モニター ナナオ製 右がアルファマップ用タッチパネルモニター ナナオ製
IMG_3279_20130729212330.jpg
バクモニターを利用したエンジン監視モニター
バラストコントロール
IMG_3280_20130729212334.jpg
バラストポンプ プレッシャーゲージ
IMG_3400.jpg
配電盤
IMG_3401.jpg
主機
IMG_3402_20130729212147.jpg
両舷に可動式 ライブカメラ
IMG_3282_20130729212342.jpg
パイロットソファー
IMG_3420_20130729212348.jpg
フォアマストのエアホーン エアホーン用雑用コンプレッサーの発停
ワイパーやライト関係が手元で操作できます
IMG_3283.jpg
キャプテンデッキ 通路
IMG_3387_20130729212640.jpg

IMG_3408_20130729212642.jpg
船長室
IMG_3379_20130729212644.jpg
ベッドはセミダブル仕様
窓も大型のものを使っています
IMG_3380.jpg

IMG_3381_20130729212648.jpg
2F中部屋
IMG_3389.jpg
室内照明はLED
IMG_3391_20130729213313.jpg
入口スイッチ
IMG_3392.jpg
枕元スイッチ
IMG_3393.jpg
2Fトイレ 洋式/男子トイレ
IMG_3394.jpg
スポットクーラー付き
IMG_3395.jpg
1F 浴室
IMG_3406_20130729213524.jpg
1Fロビー
IMG_3407_20130729213526.jpg
リビング・サロン
手前にコタツタイプのテーブル 奥は食堂タイプのテーブル ソファーです
IMG_3375_20130729213516.jpg
52インチのテレビが入ります
IMG_3377_20130729213520.jpg

ヨーロッパの船に負けず劣らずの内容に仕上がっています
オーナーさんの考えをカタチにした特殊船の三浦造船所と言える船です
見た目も凄いですが、性能も凄く199クラスでは十分な省エネ船だった前船と同じ馬力のエンジンで10~15%の省エネになっているそうです

21邦久の安全航海と邦久汽船の今後のご活躍を期待しています
関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog