企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
内航.net
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2014.08.04    カテゴリ:  進水式 

   祝 進水 499GTバラ積み船 清松丸

8月2日に小池造船海運株式会社にて進水した中谷海運株式会社とJRTTの共有による新造船 清松丸
IMG_1971_20140804070938836.jpg
清松丸【SEISHO MARU】中谷海運 JRTT 上組海運 499GT 1600DW
小池造船海運 阪神内燃機工業 LA30G 1800ps【新型エンジン二号機】
電子海図表示装置 アルファマップ
移動隔壁
IMG_1982_20140804072421219.jpg

IMG_1984_2014080407242325f.jpg

IMG_1972_20140804070939844.jpg

IMG_1976.jpg

IMG_1979.jpg
ファンネルは上組海運
IMG_1993_20140804072513a2e.jpg
小池造船海運・御前崎海運事務所
IMG_1999_201408040709448d0.jpg
冷房付き立派な式台
IMG_1998_20140804072516f12.jpg

IMG_2002_2014080407254198e.jpg

IMG_2000_201408040725190d6.jpg
40m×10m完全BOX型ホールド
今後、新ILO対応の為、40m×10mのホールドで2500㎥確保のBOXホールドは最後の船になります
IMG_1991.jpg
移動隔壁
IMG_1985_20140804072424cf6.jpg
ハッチは八潮工業 エルマンフラットタイプ
IMG_1986_201408040724253d3.jpg
ウインチはヱスケヱ鉄工 SKウインチ
IMG_1989.jpg
記念撮影
IMG_2004.jpg

IMG_2008_20140804072543c88.jpg
中谷海運株式会社 中谷代表取締役による命名の儀
IMG_2014_2014080407254552f.jpg

IMG_2015_20140804072546873.jpg
本船を清松丸と命名する
IMG_2016_201408040726176ca.jpg
餅投げ 
多くの町民が集まっていました
IMG_2023_2014080407261901b.jpg
進水準備
IMG_2029_20140804072621180.jpg
進水準備完了報告
IMG_2030_20140804072622430.jpg
中谷海運株式会社 中谷取締役営業部長 ご令嬢による支綱切断
IMG_2031_20140804072623cdc.jpg
進水!
IMG_2036_20140804072645cb1.jpg

IMG_2042.jpg

IMG_2045.jpg

IMG_2047_20140804072648fc1.jpg

IMG_2052.jpg

IMG_2056_2014080407270793b.jpg

IMG_2066_201408040727085d7.jpg
勢いのある見事な進水でした
また、綺麗な待合室やトイレ 船台周りの整理整頓 冷房完備な式台 進水式参加者にも快適な進水式でした
ご進水誠におめでとうございます
関連記事
スポンサーサイト

2014.08.04    カテゴリ:  新造船 

   プロペラ注目!

ナカシマプロペラ NHV55 プロペラマーク
IMG_2184_201408042332098be.jpg
美しすぎるプロペラ NHV55 
IMG_1254_20140623154934b72.jpg

IMG_9494.jpg

ナカシマプロペラ株式会社

残工事ならぬ、”残記事”がたくさん残っていますが8/5に伯方島有津港へ回航〔昼前後〕13:00からご祈祷及び見学会です

8/5〔火〕 矢野造船出港 伯方島有津港入港
8/6〔水〕 伯方島有津港出港
      
関連記事

2014.08.06    カテゴリ:  新造船 

   祝 就航 省エネ最適船 進宝丸

おかげさまをもちまして省エネ最適船 進宝丸 本日就航いたしました
~最高よりも 最新よりも 最適を~
IMG_2246_2014080615425976a.jpg

IMG_2253_201408061520026c4.jpg

IMG_2295_20140806152003c39.jpg

IMG_2297_201408061509118db.jpg

IMG_2298_201408061509099cb.jpg

IMG_2299_20140806151000f4f.jpg

IMG_2300_20140806151001092.jpg

暑い中、工員さんはじめ関連各社の皆様の汗と仕事の賜物だと思っています
また、本船の仕様の多くは内航.COMを通じて紹介させていただいた多くの船主さんのの知識とアイデアを参考にさせてもらいました

乗り出しでバタバタしておりますので取り急ぎご報告申し上げます
関連記事

2014.08.12    カテゴリ:  海運ニュース 

   井本商運(株) 累計輸送量が600万TEUを達成  ~創業41年目で~

井本商運株式会社(本社神戸市、井本隆之社長)は、「国際基幹航路の我が国への寄港の維持・拡大」を目的とした国際コンテナ戦略港湾政策に沿って、広域からの貨物集約を推進するためにフィーダー網の抜本的強化に、日々取り組んでいます。

この度当社は、1973年(昭和48年)に創業して以来、41年目にあたる2014年8月11日を以て、累計輸送量が600万TEUを達成しました。

井本商運は、1973年(昭和48年)6月に資本金100万円で神戸に創業し、神戸~門司間で外洋タグボ-トとバージを使った
不定期のコンテナフィーダー輸送を始めました。初年度の輸送量は480TEUでした。

西日本を主な海域として、499G/T型船を主に使って取扱いを順調に増やし続け、1988年(昭和63年)以降は年間10万TEU以上を輸送出来る規模に成長しました。

1991年(平成3年)に累計100万TEUを達成までは、創業から18年かかりましたが、2001年に井本隆之社長が就任してからは、
749G/Tなどの大型化を進め、2003年(平成15年)には年間20万TEU超、2008年(平成20年)には年間30万TEU超を
輸送するまでになりました。
この度の累計輸送量600万TEUは、2011年度(平成23年度)の500万TEU達成からわずか3年での達成となりました。

また、井本商運は2013年11月には総トン数2400トン、400TEU積のコンテナ専用船「さがみ」を投入するなど
一層の大型化を進め、更に2016年1月には540TEU型の球状船首船を投入するなど、国際コンテナ戦略港湾政策に沿ってコンテナ単位あたりのコスト引き下げによる輸送力強化を目指し、輸出入フィーダー貨物と国内貨物(動脈・静脈)の共同幹線輸送を可能にすることで、我が国流通のさらなる省エネ化、低コスト化、多ルート化に寄与していく所存です。



井本商運株式会社
関連記事

2014.08.18    カテゴリ:  エンジン 

   最適化エンジン 阪神内燃機工業 LA28G 1000ps type TAISA

今回、進宝丸に搭載された阪神内燃機工業 LA28G 280min-1は、実馬力1600psにチューンされたエンジンを1000psにディレートして最適化したエンジンです
IMG_3893_20140818175837c04.jpg
この主機の特徴でもある油圧動弁
省エネを追求した結果、このエンジンに辿りついたのですが、見た目の美しさもあります
IMG_3892_201408181758455e5.jpg
過給機は三菱重工 MET 26SRⅡ
IMG_3891_20140818175841a3d.jpg
逆転機はMN-930
心配された通路幅ですが両舷とも通行可能です
IMG_3897_20140818175844158.jpg
軸発は80KVA
IMG_3895_20140818175840426.jpg
バラストバルブ
IMG_3852_20140818180050c62.jpg
バラストポンプは100㎥/h
IMG_3896_20140818182018117.jpg
工具置き付き type Taisa
IMG_3875_2014081818005417a.jpg
補機はヤンマー 130KVA 防振ゴム仕様
IMG_3856_201408181803032ec.jpg
燃料流量計 流量計は取り付け方向(縦横)を間違わないようにしましょう!
IMG_3857_20140818180315429.jpg
このあたりのSUS仕様は、矢野造船標準仕様です
IMG_3905.jpg

IMG_3906_20140818180103ba9.jpg
アメロイド LO清浄器
IMG_3870_2014081818031092e.jpg
セントラルクーリング アルファラバル
IMG_3871_20140818180313c81.jpg
溶接機 ホールドコンパニオンに近い場所に設置し、延長コードをボースンストアまで延長しています
IMG_3872_20140818180313bde.jpg
工作作業台 type Taisa
IMG_3869_20140818180548274.jpg
KTC メカニキット type Taisa
IMG_3867_20140818180540ba5.jpg

IMG_3868_20140818180553ad2.jpg
ライブカメラ 固定でズームもパンもできませんがエンジン場の雰囲気みるだけなら十分な性能です
IMG_3874_20140818180552cde.jpg
PCから見た映像 この船がネットにつながっている状況でしたら、スマホや遠隔地からのPCでも閲覧可能です(パスワードあり)
全画面キャプチャ 20140818 164712
監視室 type Taisa
このクラスには贅沢な仕様ですが、配電盤の保護と作業と事務を分けられるメリット 機関部のモチベーション向上につながると思い採用しました
IMG_3873_20140818180851aa3.jpg

IMG_3887_20140818181002437.jpg

IMG_3890_20140818181006570.jpg
ポンプ類は全て、積算時間計付き type Taisa
IMG_3878_201408181808579e5.jpg

IMG_3888_2014081818172297d.jpg
監視室でも現在地がわかります
IMG_3877_20140818180857c39.jpg
ライブカメラにて航海状況 荷役状況も見れます
IMG_3847_20140818180847d64.jpg
ここにもKTCがありました type Taisa
IMG_3889.jpg
置きタンクは、足長にしてあります type Taisa
IMG_3884_2014081818171667d.jpg

IMG_3879_20140818181717bd8.jpg
アメロイドの海洋生物付着防止装置 マグ馬力 採用
セントラル入口
IMG_3880_2014081818200884c.jpg
シーチェスト出口
IMG_3881_2014081818201240b.jpg
船尾注水管
IMG_3882_201408181820186f5.jpg
舵機室
IMG_3912.jpg
予備品倉庫 通路付き type Taisa
IMG_3909_20140818182114ab4.jpg

IMG_3908.jpg
雑用コンプレッサーは5.5kw トモとオモテに各一基 バラ積み仕様
IMG_3910_20140818182115da4.jpg
省エネ作動油 スーパーハイランドSE32 採用(JX日鉱エネルギー・天宗) エスケエ鉄工 SKウインチポンプユニット防振付 タンク製作(加藤組)
IMG_3915_201408181821199ec.jpg
舵機の作動油にも省エネ作動油 スーパーハイランドSE32 採用
IMG_3916_20140818182556d16.jpg
バッテリーはSS-200
IMG_3914.jpg
エンジン場入口
IMG_3917_20140818182604715.jpg
そして、見学した皆から“いいね!”をいただけるワンタッチロック水密ドア type Kinriki
IMG_3918.jpg

省エネは、心技体知と一緒で主機とプロペラ・船体、そして省エネマネジメントが大切だと思います
大きな馬力のエンジンを搭載すると、油を食うと言うイメージを持ちがちですが
主機の燃料消費率 回転数 プロペラダイヤ そして船体。これらのマッチングにより省エネが実現できます
プロペラ計算も奥が深く非常に面白いです。プロペラダイヤ アパーチャー 追求すればするほど面白いです

アプローチは、いろいろあると思います。中速エンジンと減速大口径も方法の一つですし、低速エンジンの減速大口径も方法の一つです。じゃあそれ以外はダメかと言えばそうではありません。
499GTに1800ps-2000psがベストマッチでありますし、この800DWクラスには1400ps-1600psがベストマッチです
更に、速力がそこそこで良いと言う499GTには1600psがベストマッチと言う場合もあります
省エネは燃費日本一を決める大会ではございません。
各社・各船種・各航路によって条件・荷主要求が違いますから、その中で最高のパフォーマンスを提供する“最適化”が大切ではないかと考えます

このクラスで燃費が時間10L違えば年間で350万から400万近い差(A重油)が出てきます 14年で5000万以上の差が出ます
チャーターだから燃料は関係ないと言われればそれまでですが、省エネ努力が報われる業界文化が必要だと思います
ただ、注意しないといけない点は、業界にありがちな”時間燃費だけでの判断”は、一つの項目の評価に過ぎず
燃費はいいけど遅くて荷役に間に合わないでは、オペレーターの売上にもかかわってきます
リッター/マイル トン/マイル その船体性能における省エネ努力(省エネマネジメント)の総合評価が必要だと思います


関連記事

2014.08.24    カテゴリ:  新造船 

   省エネ最適船 進宝丸 船内探訪

ずいぶんと新造記事が間延びしておりますが、順調に航海しております

内装・木工工事 矢野木工株式会社
電気・電装工事 三信船舶電具株式会社


IMG_2298-1.jpg
今回の船内環境のコンセプトは、最適で快適 
今まで、内航.COMを通じて見学させてもらったいろんな船主さんのコンセプトを自分の経験値とリミックスしながら
“予算は有限 アイディアは無限”をテーマに『自分が乗ってみたい船』を造りました

操舵室
私の中では、この操舵機をレーダーと電子海図で挟む形が、ワンマンワッチでは黄金比率だと思っています
そしてセンターでレーダーと電子海図を見ながらVHF通話 船舶電話を受電できるスタイル
AISクラスA Xバンドレーダー 26インチタッチパネル式電子海図 スーパーアルファマップ【ルートチェック機能付き】
ライブカメラ・ライブレーダー用タッチパネルモニター ワンマンコンソール
26インチアルファマップの紹介は、また後日
IMG_3940_20140824145113798.jpg
海図台を前面方向に向ける事で、航海日誌記入や海図確認が前向いてできます
IMG_3946_201408241451120fd.jpg
通常海図台がある場所には、簡易事務デスク
ここは居眠り防止装置センサー範囲外なので航海中にここで事務作業できないようにしてあります
IMG_3944_20140824145108845.jpg
PCは、マイレージモニター用解析記録PC
IMG_3945_20140824145109794.jpg
シンガポールからお取り寄せしたパイロットチェア 荒天航海用シートベルト付き
上下もでき、一番高い位置で座ったら立った目線と同じくらいです
ここも居眠り防止のセンサー外なので座れるのは4分です
IMG_3947_2014082414551235b.jpg
水回りはコンソールから遠ざけました
IMG_3948_2014082414551315e.jpg
天井は、エンボス加工の濃い青 濃い青とエンボス加工によりレーダー等への乱反射軽減です
色は佐々木造船Sasaki Styleを参考にさせてもらいました
IMG_3949_20140824145516f69.jpg
佐々木造船 光隆丸操舵室
IMG_1033_20140824154751a2f.jpg
エアコンは、コンパスデッキへ出して窓との干渉を防ぐ矢野造船Style
IMG_3950_20140824145521aa9.jpg

IMG_3951_20140824145521a26.jpg
操舵機をレーダーと電子海図で挟むと問題が一つ
舵→スラスター→エンジンリモコンと並べても舵とリモコンが遠くなる問題
リモコンをスラスターの左側に置くとスラスターの操作が不便
IMG_3952_20140824152000a5d.jpg
そこで、センターでの操船は諦め、右舷側の窓のセンターでワンマン操船を考えました
IMG_2278_20140824161106f94.jpg
船尾状況もモニターで確認しながら操船できます
全画面キャプチャ 20140824 160834
舵は遠隔リモコンを取り付けたので標準範囲内です
IMG_2279_2014082416110615f.jpg
理想は、HANASYSでしたが、予算は有限 アイディアは無限でしたので
簡易型モニタリング装置 NOMASYS【マイレージモニター付き】になりました
排気温度計を9画面並べました
IMG_2280_20140824161110f6c.jpg
またマイレージモニターをコンソールに組み込むことにより、常時燃費の把握ができ
省エネマネジメントにつながると思っています
燃費計が付いているエコカーに乗っている人ならこの感覚はわかるのではないでしょか?
楽しく省エネ運航!
IMG_1877_20140824162253ac8.jpg
マイレージモニターにオプション機能として簡易馬力計 残油表示計もついています
IMG_1867_20140824162250151.jpg
船長室
ベッドを外側にすることを嫌う人もいますが、空間を広く取るためにベッドを外側の後方に下げてデスクスペースの確保
電子海図・ライブカメラ常時モニター
IMG_2288_20140824142928c39.jpg

IMG_2291_20140824142930143.jpg
機関長室
IMG_2117.jpg
機関長特別仕様のクローゼット
IMG_2118.jpg
船機長の部屋が通常とは逆になっているのは、操舵室まで最短距離が船長 エンジン場まで最短距離が機関長としています
一等航海士室
IMG_2286_20140824142424ace.jpg

IMG_2287_20140824142432624.jpg
2F中部屋
IMG_2196_2014082414210036f.jpg
Shigeaki Styleを参考にさせてもらい2Fの廊下を後方にもっていくことで狭い部屋ですがコーナーデスクを確保
ベッド幅もセミシングルマットが入る85センチまで狭めました
IMG_2197.jpg
冷蔵庫もうまく収まりました
IMG_2198_20140824142327c71.jpg
デッドスペースになったベッド下も最大限活用
IMG_2199_20140824142321808.jpg

IMG_2200_20140824142324763.jpg
2F廊下
手前の壁が普通の船では通路です
IMG_3957.jpg
エンジンルーム通風筒後方が通路です
通風筒と通風筒の間は本棚に活用
IMG_2193_20140824142054b27.jpg

IMG_3959_20140824152008def.jpg
2Fトイレ
IMG_3958_201408241520037d8.jpg
そしてこの船でやりたかった一つ 念願の展望風呂です
IMG_2201_201408241423250f6.jpg
24時間対応風呂
IMG_2202_20140824142418efb.jpg
景色も贅沢です
IMG_1832_20140824142950c94.jpg
シャワー室も完備
IMG_2203_2014082414242007a.jpg
洗濯場
IMG_2204_201408241424258c5.jpg
1F事務室 新ILO対応船ではないですが事務スペースは必要だと思い採用しました
船内のIP-FAX【NTT-WEマリン】マイレージモニター 各部屋PCのプリンター ネットワークHDDをここへ集約しています
新ILOの事務室は隔壁で囲われたドア仕様でないといけないそうですがもう少し解釈の幅を広げる必要があるのではないかと思います
労働者の労働条件・生活水準向上の機関なのにより船員が暮らしにくい・そして時化に弱く乗りにくい船になっていると言う事を勉強がよくできる人たちは気づいているのでしょうか?
IMG_3841.jpg
1Fトイレ
IMG_3962_20140824170229c28.jpg
1F男子トイレ
IMG_3963_20140824170230a14.jpg
食堂サロン
手前は、代理店・来客用スペース
IMG_3836.jpg

IMG_3838_20140824144756510.jpg

IMG_3837_20140824144751f29.jpg
食堂のPCモニターで電子海図表示
IMG_3840_20140824144800370.jpg
ライブカメラも表示
IMG_3839_20140824144759291.jpg
世界初号機 舶用ゴミ圧縮機 AshQ(アッシュク)ハブネスインダストリー
IMG_3931.jpg
面白いくらいゴミが潰れていきます
これ一つ45Lですが45Lに45Lが5-7袋入ります
まだまだ陸揚げ体制が整ってない舶用ゴミ 体制整備が急がれるところです
IMG_3932_201408241449446ae.jpg
船内でも人気のスポットです(笑)
IMG_1784_20140824142953445.jpg
また今回、この舶用ゴミ圧縮機 AshQを採用にあたり、リース会社を利用しましたので既存船にも搭載しやすいと思います
開発にあたり、既存船のエンジン場にも搬入できるサイズにしてあります
詳しいお問い合わせ、についてはこちらをクリックハブネスインダストリー

マイレージモニタ→兵神機械工業株式会社

アルファマップ・ライブカメラ・船内ネット環境→AIS Live Japan

マリタイムモバイル【IP-FAX】→NTT-WEマリン
関連記事

2014.08.27    カテゴリ:  航海中 

   残暑お見舞い申し上げます。

毎日暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?
進宝丸は順調に航海しています
まだまだ、紹介しないといけない記事がたくさんありますが、今しばらくお待ちください



IMG_3865_20140827124513f3d.jpg

IMG_3864_20140827124514162.jpg

IMG_4008.jpg
壬辰丸【Jinshin Maru】辰巳運輸 辰巳商會 498GT 731㎥ 【水酸化ナトリウム/マグネシウム】
LOA 66.01m B 10.2m D 4.65m 
2013.03 興亜産業 ヤンマー 6EY22AW 1000ps
IMG_4003_20140827124913048.jpg
トライアル中の利根丸 金川造船
IMG_3994.jpg

IMG_3989_20140827124916f56.jpg
有津瀬戸通過 舛宝山丸
IMG_3978.jpg
関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog