fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2018.07.02    カテゴリ:  海運ニュース 

   井本商運 累計輸送量が 800 万 TEU を達成

~大型化・定曜日サービス化の推進で創業 45 年目に~
IMG_8810_201512161029258be.jpg

井本商運株式会社(本社:神戸市、井本隆之社長)は、1973 年(昭和 48 年)に創業して以来、 45 年目にあたる 2018 年 7 月 1 日を以て、累計輸送量 800 万 TEU を達成しました。

当社は、1973 年(昭和 48 年)6 月に神戸に創業し、神戸~門司間で外洋タグボ-トとバージを 使った不定期のコンテナフィーダー輸送を始めました。
初年度の輸送量は 480TEU でしたが、徐々 に取扱いを増やし、1991 年度に累計 100 万 TEU を達成しました。
その後、749G/T への大型化な どを背景に、2014 年度には累計輸送量 600 万 TEU、2016 年度には 700 万 TEU を達成して以来、 2 年弱で 800 万 TEU の達成となりました。

当社は、2013 年 11 月には 400TEU 型のコンテナ専用船「さがみ」を投入するなど一層の大型 化を進め、更に 2015 年 12 月には 600TEU 型の「なとり」を投入して「東京/横浜-神戸-門司/博多 航路」を定曜日サービス化するなど、国内定期航路の抜本的強化・拡充に日々取り組んできました。

2018 年 6 月からは、同航路を週 2 便化することでさらに利便性を高め、輸出入コンテナのフィー ダー輸送の強化のみならず、トラックドライバー不足に伴う国内長距離輸送のモーダルシフト需要 に応えていく体制としました。(スケジュールは次の通り)

■「京浜~阪神~北部九州航路」の週 2 便化

「なとり」 東京/横浜(水)-神戸(金)-門司(土)-博多(日)-神戸(月)-東京/横浜(水)

「しげのぶ」東京/横浜(土)-神戸(月)-博多(火)-ひびき/門司(水)-神戸(木)-東京/横浜(土)


しげのぶ

当社は、今後も「国際基幹航路の我が国への寄港の維持・拡大」を目的とした国際コンテナ戦略 港湾政策に沿って、広域からの貨物集約を推進するためにフィーダー網・輸送力の強化を目指し、輸出入フィーダー貨物と国内貨物(動脈・静脈)の共同幹線輸送を可能にすることで、我が国流通のさらなる省エネ化、低コスト化、多ルート化に寄与していく所存です。

井本商運株式会社
関連記事
スポンサーサイト



2018.07.03    カテゴリ:  進水式 

   祝 進水 499GTケミカルタンカー 大潟丸

昨日、興亜産業株式会社にて進水した、有限会社千原海運の499GTケミカルタンカー 大潟丸
0EF3D5B0-3E89-43F9-BD72-875DE8C0AB1E.jpg
大潟丸【Ogata Maru】千原海運 辰巳商會 499GT 1230m3(typeⅡ SUS304)
興亜産業 阪神内燃機工業 LH28G 1000ps
EAB51BEE-E5D6-40A2-9A96-61EF9887266E.jpg

BF69E4F3-F083-48AB-8C2F-7200CEABA6C9.jpg

DFA3D01F-B04A-46F2-B338-DABFE0B127FB.jpg

53516A42-7462-4B6F-84E5-CDCF6E7B7580.jpg

7478252B-5C98-47E0-909A-7BB86663AE5C.jpg

6055134F-0CD9-4E38-9896-17E804FE42F9.jpg

EC987B36-2412-4A0D-A7AE-69B835D63869.jpg

ご進水、誠におめでとうございます

【写真提供:汽船チャンネル
関連記事

2018.07.03    カテゴリ:  カレンダー 

   7月になりました。

7月に入りました。7月8月の井本商運カレンダーは、電気推進749GTコンテナ船ふたばと船主である、向島ドックとのコラボ
36597888_1314511788652101_4302917795860971520_n.jpg

内航.COMも7月で13年目に突入しました。これまでの累計アクセス715万。
ツイッターなどSNSがない時代から現場情報を発信し続け、多くの船主始め、業界関係者の協力があってここまで来れたと思っています。
最近では、息子ネタや家ネタで食い繋ぎ、方向性の定まらないネタ切れ感満載のブログですが暫定措置事業よりは長く続けていきたいと思っております。
SNSの躍進により、私が情報発信を始めた12年前よりも、航走中の船の写真。船から見える風景など多く目にする機会が増えました。また、カンパチ船長のように一夜にして世界的なスターダムにのし上がった事例や、かもつせんのいちにちなどSNSを起点とした世間への内航船の周知も今までになかったカタチです。

ただ、簡単に情報発信ができる分、悪気のない情報漏えいや、辞めた船員による会社の誹謗中傷。
そういったものも多く見かけるようになりました。

あなたの会社、ソーシャルリスクマネジメントできていますか?

辞めた船員が辞めた会社を悪く言うのは、今に始まった事ではなく、これまでもそうです。
今、何が違うのかと言うとSNSでそれを発信してしまうと、それを見た学生が「あそこの会社ってそうなんだ」と思ってしまう事です。
昔は、居酒屋で愚痴ったり、友達に電話やメールで愚痴って終わりでしたが、現在では、発言一つで自分の人生が終わる場合があります。

Twitterなどによる威力業務妨害・偽計業務妨害罪
【3年以下の懲役/50万円以下の罰金】です。

名誉毀損罪は【3年以下の懲役もしくは禁錮/50万円以下の罰金】です。


情報過多の時代、学生の皆さん、情報を信じるのも信じないのも自分次第。

船乗りと言う職業特性として転職しても、居住地を変えなくて同業種に再就職できるし、収入もほぼ変わりません。
人間関係で追い込まれて、我慢するくらいなら、転職も一つの転機です。


あえて言うなら・・・

辞めた船員の会社批判は、話半分で聞いた方が良い。
(半分は事実かもしれないし、半分は本人に問題ありかもしれない それくらい参考にならない。もし全部本当ならこの引く手数多の状況の中でその会社を選ぶ眼力の無さと情報不足。そもそもその会社を選んだのは、当の本人である)

転職繰り返す人の意見は、経験豊富のようで離婚繰り返す人が結婚観を語るくらい説得力はない

いい会社と言える会社に入ってもいい上司、いい同僚、いい後輩に恵まれるかどうかは自分の行動次第

他罰主義 他責主義ではいつまでたっても良い環境には出会えないし気付けない


不平不満を言って若い時代を悶々と過ごすよりも、早く技術を身に付け若いうちに船長・機関長になって、良いチーム作った方が良い

そして、他人の釜の飯食った事のない私の意見も話半分で聞いた方が良い・・・

嫌なことをただ耐え忍ぶのが「我慢」

好きなことのために耐え忍ぶのが「辛抱」


我慢の中には不満がある 辛抱の中には希望がある 
我慢はいずれ爆発する 辛抱はいずれ実る 我慢はしなくていい 辛抱をしよう


と言う事で、今年も辛抱の第一弾
シティマラソン
4.5.6月合わせて10kmくらいしか走ってないので、辛抱ではなく、我慢のレースになりそうです。

第57回愛媛マラソンのエントリーも開始されました。今年は、アスリート枠の資格(3:30以内)で申し込めます




関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog