fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2022.07.05    カテゴリ:  ペンキ概論 

   イニシャルとランニング

7月2日で進宝丸も進水から8年を迎えました。
当時、お腹の中で支綱切断した息子も小2になり、私に似て勉強嫌いの息子に仕上がりつつあります。

さて、当時を思い起こすと先代の進宝丸で苦労した錆び打ちとペン塗りの労務負担軽減。
20年運航にかかるコスト軽減。そのようなコンセプトで考えたと思います。

まず、ウインドラスは、クラッチハンドル、クラッチ台、ブレーキハンドル、バンド、ドラム内側をSUS仕様とし、なおかつウレタン塗装としました。

8年目のウインドラスがこちら

塗料は関西ペイントマリンのレタン6000
IMG_4595_2022070511240917b.jpg

IMG_4593_20220705112407d4c.jpg
ウレタン塗装は、贅沢仕様に見えますが二液性の為、塩ゴムやアクリルに比べ硬化し、防水性が増す傾向にあります。
※ウレタン塗装に防錆効果はないですが、防水性が上がる事で塩ゴムやアクリルに比べ錆びにくい効果
また、シビアなペンキの為、ペンキ屋さんも丁寧に塗らざるを得ないので、より効果的です。

デメリットと言えば、タッチアップなど上塗りの際、塗装面にホコリや水分があると剥がれやすく、多少目荒らしなどをしてやる必要がある事です。
それでも、この8年で、タッチアップ程度のペン塗りでこの状態なら上出来ではないでしょうか。

また、ハッチもウレタン仕様です。6年目に自分たちでオールペンしましたが、ハッチもタッチアップ程度でまだピカピカです。
DSC00074.jpg

中国塗料 ノバスーパーエコ 1kg缶のテスト塗装の五か月後

ユーザーの声を商品開発に 中国塗料 ノバ スーパーエコ 

IMG_4643_2022070511241379e.jpg

IMG_4642_20220705112412d7d.jpg
2月のテスト塗装
S__58531846.jpg

S__58531848.jpg

S__58531851.jpg

S__58531850.jpg

現在、SUSが100万円/tと言われています。何でもかんでもSUSが良いと言う訳でもありません。
適材適所、ペンキや部材の特性を生かして、イニシャルとランニングのバランスを取る事が持続可能な船だと思います。

ある一定の仕様を超えたら限界効用があり、設備投資の割に得られる効果が薄い、趣味の世界になってしまします。
お金もメンテもかけず、イニシャルとランニングを抑えて安く乗ると言うのも極端ではありますが、一つの考えだと思います。

予算は有限 アイデア無限

出始めよりはマシですが、どのメーカーもアクリル塗料は、苦戦しています。
また比較的扱いやすかった塩ゴムの供給は、現在関西ペイントマリンとカナエ塗料だけですが
こちらも樹脂の高騰や確保困難など永続的に供給は、難しい見解です。

アクリル塗料が舶用に向かないのであれば、一液性のウレタン塗料の開発など頑張って欲しいところであります。

関連記事
スポンサーサイト



2022.07.08    カテゴリ:  船舶模型 

   670TEU型新造船「のがみ」模型

7月に入り、670TEU型コンテナ船 のがみが弊社に入港してきました。
DSC00107.jpg
コンテナ船「のがみ」は、4月に竣工し、現在京浜~阪神~北九州~博多航路に投入され、定曜日ウィークリーサービスを行っています
新造船S562番船
のがみ【Nogami】 井本船舶 井本商運 7658GT 7522DW
2022.04 旭洋造船
ジャパンエンジンコーポレーション/赤阪鐵工所 6UEC35LSE-Eco-B2(フル電子制御式) 7097PS
補機 ダイハツディーゼル 6DE-18 1000KVA ×3
MHIマリンエンジニアリング eE-NaviPlan SUPER BRIDGE-X/XE
定員 21名 (最大10名の育成枠) 船内に研修室 社内に操船シュミレーター完備
完全別区画の女性用居室も完備
中国塗料 シープレミア300PLUS
ライブカメラ
船舶支援システム BEMAC MaSSA-One

本船の特徴でもあるゲートラダーと5翼プロペラも再現されています
DSC00230.jpg

DSC00231.jpg

DSC00109.jpg


670TEU型国内最大級内航コンテナ船『のがみ』が竣工

670TEU型国内最大級内航コンテナ船『のがみ』 船内探訪

J-ENG/赤阪鐵工所 6UEC35LSE-Eco-B2(フル電子制御式) 7097PS

神戸海洋技術株式会社

日本サニパック、倉庫間在庫移送を井本商運のコンテナ船にシフト
【2022.07.07カーゴニュース】

井本商運株式会社/Imoto Lines, Ltd.

井本商運株式会社【Twitter公式アカウント】


関連記事

2022.07.12    カテゴリ:  海運ニュース 

   日本郵船 「うんこドリル」で海事教育

日本郵船が文響社と海事教育に関する『日本一楽しいドリル!』を共同制作

次世代を担う子どもたちへの海事普及に貢献

日本郵船×うんこドリル 海の物流




海事業界に少しでも興味を持ってくれる人が増える事が大事な事だと思います。

関連記事

2022.07.12    カテゴリ:  新造船 

   祝 竣工 6000KL白油タンカー 鶴久丸

本日、伯方造船株式会社にて竣工した株式会社エムエスケイの6000KLタンカー 鶴久丸
DSC00299.jpg

鶴久丸【Kakuhisa Maru】エムエスケイ 鶴見サンマリン 4189GT 6499m3
2022.7 伯方造船 阪神内燃機工業 LH46LAG 4500ps
ハンシン高度船舶安全管理システム HANASYS EXPERT
ダイハツディーゼル 6DL-16Ae 500KVA × 2
軸発 500KVA


ロープは石田製綱のタストン
DSC00294.jpg

DSC00278.jpg
ファンネルは、内航石油輸送のコモンキャリア 鶴見サンマリン
DSC00274.jpg

IMG_3460_202207121544017f5.jpg
操舵室
DSC00242.jpg
COCルーム 荷役は全自動荷役 
IMG_3439_20220712154358c2f.jpg
海上温泉 松藤の湯
DSC00264.jpg
主機は、阪神内燃機工業 LH46LAG 4500ps
IMG_3453.jpg
ハンシン高度船舶安全管理システム HANASYS EXPERT
DSC00261.jpg



松藤グループ

株式会社エムエスケイ


福利厚生充実! 船員募集エントリー


ご竣工、誠におめでとうございます。つづく・・・
関連記事

2022.07.14    カテゴリ:  えびす商会 長距離部 

   第60回愛媛マラソン【アスリートエントリー】のご案内

2020年の58回大会から2021年2022年と中止だった愛媛マラソン。
前回の58回大会で3:40台と不甲斐ない記録でアスリート枠を逃していますが過去3回の愛媛マラソン(第56・57・58回)でアスリートエントリーの資格があれば今回もアスリート枠で出場可能なので一安心
2021年大会は、コロナ禍の為、早々に延期。2022年大会は、1月に入り感染拡大と共に中止。
2022年大会の中止がわかった1月16日から一歩も走ってません。昨年の練習開始は8月1日。
そろそろ腰を上げて練習開始しようかと思います。

まだ練習してませんが、今治シティマラソン(ハーフ)、あかがねマラソン(ハーフ)、愛媛30Kにエントリー。

Screenshot 2022-07-14 at 11-11-08 第60回愛媛マラソン


[ナイキ] エア ズーム テンポ ネクスト% フライニット Air Zoom Tempo Next% FK ホワイト/コーラル/ピンク/ブラック DJ5430-100 27.0cm ナイキジャパン正規品



GARMIN(ガーミン) ランニングウォッチ 時計 GPS 心拍計 VO2Max ライフログ 50m防水 ForeAthlete 235J ブラック×グリーン 【日本正規品】 FA235J 37176K

関連記事

2022.07.15    カテゴリ:  内航船の日 

   7月15日は、内航船の日

7月15日が内航船の日と言うのがSNSを通じて業界だけでなく、少しづつ世間認知されるようになりました。
何故、内航船員が増えないか。知られていない。魅力を伝えられていないに尽きると思います。

私は、内航船員を増やすには、とにかくモテる職業にする事だと真剣に思っています。
独身の内航船員なら5年で1000万貯める事は、そう難しい事ではありません。
1000万の貯金があれば、結婚対象として条件は悪くないと思います。
もちろん、色々ハードルはありますがモテる職業内航船員になる事を真剣に思っています

IMG_0730_20170803100442ad4_202207151200244ae.jpg

IMG_0028_2016070612251677f_20220715120023315.jpg

IMG_2166_20160629113426511_20220715120022656.jpg

IMG_5751_2016062911352515e_20220715120025fa1.jpg

IMG_3379_20160629113427514_20220715120026af8.jpg

IMG_0037-naikou_20160706122552a84_20220715120029807.jpg

DEx2u8rUAAECdZf_2022071512003047f.jpg

IMG_7320-naikou_20220715120032a0c.jpg






海事プレス 「内航NEXT」第1回セミナー開催決定!
■ 9月1日(木)午前10時~12時

プログラム
■内航海運業界の現状(日本内航海運組合総連合会の活動)
 【講演】日本内航海運組合総連合会 栗林宏𠮷会長
■カーボンニュートラルに向けた内航海運の現状と今後の取り組み
 【講演】NSユナイテッド内航海運 福田和志社長
■内航タンカー業界の現状と課題、旭タンカーの取り組み(仮)
 【講演】旭タンカー 春山茂一社長

参加費は無料。事前登録が必要です。


関連記事

2022.07.21    カテゴリ:  海運ニュース 

   内航ミライ研究会、SIM SHIP建造へ

環境省の令和4年度地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業として採択され、山中造船株式会社にて建造を予定し、実証フィールドの提供として愛媛県今治市、アドバイザーとして国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所が参画




一般社団法人内航ミライ研究会


海事総合誌COMPASS2015年3月号 圧倒するメガクラスター 海事都市・今治 統合10年、不況下の成長力



海海事総合誌COMPASS2020年9月号 世界が狙う技術主導権 自律航行への道



海事総合誌COMPASS2019年7月号 データが海運を変える



海事総合誌COMPASS2021年3月号 苦境を越え、さらなる成長へ 海外船舶管理会社の生きる道



海事総合誌COMPASS2019年3月号 洋上風力発電、日本に夜明け 制度・インフラ整備徐々に 潜在力生かせるか



海事総合誌COMPASS2022年3月号 資産価値高騰 海運・造船に及ぼす影響は



海事総合誌COMPASS2021年9月号 ここまできた日本の船舶デジタルトランスフォーメーション



海事総合誌COMPASS2022年5月号 創刊40周年記念特集 日本海事産業「40の課題」



海事総合誌COMPASS2022年1月号 海運造船市況2022どう読む?コロナとグリーンのインパクト

関連記事

2022.07.25    カテゴリ:  海運ニュース 

   月とスッポン



昨年、話題になった内航総連のEB債5億円運用。

内航総連のEB債5億円分の運用について

発覚当初、400万円の運用益が出ているとされていましたが、結果的に3800万円の損失を出して終了。
大事な事なので、もう一度言います。3800万円の損失を出して終了。

横領など、犯罪ではないにしろ、各組合の会長ですら知らなかった5億円もの不透明な資金運用。
責任は?損失補填は?真相は藪の中。

日本郵船や川重のEB債を買わないで、不透明な運用が始まったとされる2019年当時に日本郵船の現物株を買ってたとしましょう。
2019年の高値付近で買ったとしても株価2000円程度 5億円で25万株購入できます。
現在の時価にすると25億円程度。 5億円が5倍になりました。

更に配当を見てみると 25万株保有換算

2019年 年間配当   20円  50万円
2020年 年間配当   40円  100万円
2021年 年間配当  200円 5000万円
2022年 年間配当 1450円 3億6250万円
2023年 年間配当 1050円 2億6250万円(予想)

いくら不透明でも、これくらいかっこよく組合の金を勝手に運用し爆益をもたらしてたら伝説になっていたと思います。

しかし総連の財務が伏魔殿と呼ばれるように、組合員の知らないところで組合員のお金が勝手に使われ、調整役であるべき
総連がお金の権限を持ってしまっている。
NEXT内航総連には透明性を示し、しっかりと調整役を担って欲しいと思います。

また組合員も我々の組織がどうなっているのかと興味を示し、中身を知る事も大事だと思います。
関連記事

2022.07.25    カテゴリ:  新造船 

   6000KL白油タンカー 鶴久丸



DSC00278.jpg

鶴久丸【Kakuhisa Maru】エムエスケイ 鶴見サンマリン 4189GT 6499m3
2022.7 伯方造船 阪神内燃機工業 LH46LAG 4500ps
MHIマリンエンジニアリング  SUPER CARGO-X
ハンシン高度船舶安全管理システム HANASYS EXPERT
ダイハツディーゼル 6DL-16Ae 500KVA × 2
軸発 500KVA


操舵室
DSC00242.jpg

DSC00243.jpg
舶用サンスクリーンSOLASOLV
DSC00267.jpg
エンジンリモコン
DSC00244.jpg
ブリッジでもバラスト、荷役状態がわかります
DSC00268.jpg
COCルーム
IMG_3438_20220725095507959.jpg
荷役はMHIマリンエンジニアリング SUPER CARGO-X
IMG_3439_202207250955099f9.jpg
食堂サロン
IMG_3432_20220725095457871.jpg

IMG_3433_20220725095459a97.jpg
キッチンギャレー
IMG_3434_20220725095501448.jpg

IMG_3435_2022072509550362d.jpg
予備室
IMG_3442_20220725095511091.jpg
非喫煙者には、ありがたい喫煙室
IMG_3436_20220725095505bc8.jpg

IMG_3446.jpg
アッパーデッキ(トランクデッキあり)
DSC00272.jpg
フライングパッセージ SUSポルカプレート
DSC00277.jpg
ベントポスト
DSC00279.jpg
フォクスルデッキ
DSC00280.jpg
ロープガード付きフェアリーダー
DSC00281.jpg
トランクデッキ
DSC00283.jpg
マニホールド
DSC00284.jpg
レジューサー
DSC00285.jpg

DSC00286.jpg
箱を持ったまま登れる幅広階段
DSC00287.jpg
バンカーステーション
DSC00288.jpg
ポンプ室
IMG_3461.jpg
改正SOLASの騒音コードを適用しているため、エンジンケーシングと居住区が分離しています。
デッドスペースですが波風に影響ないので重宝するスペースだと思います
IMG_3447_2022072510091934a.jpg



松藤グループ

株式会社エムエスケイ


福利厚生充実! 船員募集エントリー


関連記事

2022.07.26    カテゴリ:  新造船 

   祝 竣工 15816GT RORO船 しゅり

7月25日に今治造船グループのあいえす造船株式会社にて竣工した瀬野汽船株式会社のRORO船しゅり




しゅり【Shuri】 瀬野汽船 近海郵船 15816GT 
2022.7 日本シップヤード 三井MAN B&W D.E 9S50ME 14940kw(20,300PS)
補機 ダイハツディーゼル 8DEL-23 1700kw 2000KVA × 3基
13mトレーラー161台(もしくは13mトレーラー111台+コンテナ121TEU)
主機監視システム 「SIMS3」を搭載
就航航路:東京~那覇、大阪~那覇、東京~大阪


うしろに建造した、あいえす造船が見えます
DSC00544.jpg
今治船主が今治で建造した船ですが就航後は、今治に帰る事はありません。
運が良ければ台風時に来島海峡を通過するしゅりを見る事ができるかもしれませんが、基本的には瀬戸内を走る事はありません
DSC00546.jpg

DSC00558.jpg

右舷はフルウイングで左舷はウイングデッキありの左右非対称
DSC00344.jpg
13mトレーラー161台(もしくは13mトレーラー111台+コンテナ121TEU)と積載量も増えました
トラックドライバーへの労務管理規制に対応してドライバー室の定員10名
DSC00343.jpg
三井MAN B&W D.E 9S50ME 14940kw(20,300PS)
9気筒電子制御エンジンです
DSC00371.jpg

DSC00372.jpg
ファンネルは、今造styleの丸型ファンネル ファンネルマークは近海郵船
DSC00330.jpg

DSC00331.jpg

2022年 7 月 26 日(火)20:40 大阪発(那覇向け)より運航開始です。

ご竣工、誠におめでとうございます。つづく・・・

瀬野汽船株式会社

近海郵船株式会社

日本シップヤード株式会社


先代のしゅり 2017年6月 沖縄にて
IMG_9541_20170624141712910.jpg
関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog