fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2022.09.01    カテゴリ:  カレンダー 

   9月になりました。

猛烈な台風が九州を目指そうとしていますが8月もあっという間に終わってしまいました。
今月は、乗船もありましたが月間100kmを目標をなんとかクリア
Screenshot 2022-09-01 at 09-33-52 Epson View
息子も1km-2kmですが、連日朝練に付き合ってくれましたと言うより付き合わされました。
4AAD216A-203F-412F-98F5-969AE2CF52AE.jpg
コロナ禍でプールも人数制限の予約制。当日キャンセル狙ってなんとか夏の締めくくり
大人1名 子供2名で合計80円の新居浜市民プール
9E543FC0-0427-4287-A266-11BCA9111982.jpg
乗船では、初めてポンプジェットスラスターを使いました。
直感的に使えるスラスターと違いますが、360度方向に突出口を向けれるので実質平行移動も可能です(フラップラダーとの組み合わせが望ましい)
今年、499GTクラスをターゲットにしたナカシマプロペラの新型ポンプジェット STEER-JETがリリースされます。
F093EFF2-CB5C-42A0-963D-0EF3B2464524.jpg
下船後は、労務管理責任者講習会に参加してきました
E8C821EE-CE7A-4261-A619-907F6F7A68B3.jpg
長時間でしたが、講師の海事代理士の先生たちのタイムスケジュール、話し方などが上手で案外退屈しないで済みました。
2C289011-BC1C-4CED-90B1-0024BEEDC8B1.jpg
船員の働き方改革には異論はないですが、陸の当たり前を24時間生活と仕事が混同している船の仕事に当てはめるのは無理があります。

船員の働き方改革

また、人員コストや交代も法定最低定員がコストの上限で当たり前で考えられています。
【原則】 1日 8時間以内、1週間(※)40時間以内(船員法第60条)
【上限】 1日 14時間以内、1週間 72時間以内 (船員法第65条の2)
699GT以下(749GT)であれば甲板3人の3直です。二回当直すれば8時間、そのまま荷役等が加われば、優に8時間は超えてしまいます。
そんな時の為に労使協定により時間外労働が認められて総労働時間の上限が1日につき14時間、1週間につき72時間となっています。(平成16年の船員法改正により措置)
これも上限の話しではなく、そこまでは大丈夫と言う当たり前の話で考えられています。
そもそも、基本は1日8時間の週40時間で運航がまかり通らないといけないのに1日14時間の週72時間が基本で話ている事がスタート地点としては、間違っています。いや間違っては、ないんですけど当てはめるのに無理があると言うことです。

内航海運業法が改正され、オペレーターに対し、船員の過労防止措置を講ずることが義務化されるとともに、荷主についても、オペレーターの法令遵守への配慮義務や国土交通大臣による荷主勧告・公表制度に関する規定(ようするに違反すれば荷主もオペもコンプライアンス違反として公表されますよ)されたことは大きなことですが、実態に当てはめるのがむつかしい陸上的労務管理は、今後現場での混乱を招くと予想します。

関連記事
スポンサーサイト



2022.09.02    カテゴリ:  船内インターネット 

   マリタイムモバイルAⅡ(エース ツー)設置

内航船向け定額制高速衛星通信『JSATMarine Light』の提供開始について(NTT-WEマリン)

エヌ・ティ・ティ・ワールドエンジニアリングマリン株式会社(以下NTT-WE マリン)とスカパーJSAT株式会社(以下スカパーJSAT)は、内航船舶向け定額制高速衛星通信サービス『JSATMarine Light(ジェイサットマリン ライト)』の提供を開始することで合意しました。
NTT-WE マリンが提供する LTE 網を用いた船舶用定額データ通信サービス『マリタイムモバイル®A-II(エースツー)』と組み合わせることで、海上における安定した“途切れない”船陸間通信を実現いたします。
LTE 網の圏内では下り最大 150Mbps/上り最大 50Mbps(ベストエフォート)の通信が可能となり、LTE 網圏外においても自動的に『JSATMarine Light』の回線に切り替えることで、下り最大 6Mbps/上り最大 1Mbps(ベストエフォート)の通信を継続して提供します。

9年目に入った進宝丸は、新造当時からNTT-WEマリンのマリタイムモバイルを利用しています。主たる用途はFAXですが
事務用データ通信の1回線としても利用しています。
今回、マリタイムモバイルAⅡ(エース ツー)へ交換しました。
DSC00612.jpg
付属の外部アンテナ 旧マリタイムモバイルにも1本付いていますので2本利用できます。
DSC00614.jpg
本体
DSC00613.jpg
設置
7FD63A9E-4465-4C58-94E7-D7F259C2116B.jpg

特徴としては、この機器自体がWIFIの親機となりWIFIが使える(499クラスで居住区網羅するには、メッシュWIFIか中継器が必要)
外部アンテナが2本使え、受信感度が向上(暴露部にもアンテナ設置可能)
マリタイムモバイルからの交換は、配線外して刺すだけなので船員でも容易
トラブルがあった際には、電話及びリモートでのサポートが可能
FAXとWIFIが使えるのでトータル通信コストの削減
データ通信料、機器使用料、保守サービス費を含んだ完全定額制

進宝丸は、ライブカメラ用3G回線 NTT-WEマリン マリタイムモバイルAⅡ(エース ツー) ドコモのモバイルWIFI(4G/5G)の3回線で運航しています。2000年当時から船でなんとかインターネットが繋がらないかと試行錯誤してきた身としては、ずいぶん便利な世の中になったなぁと感じますが、ネットが繋がるのが当たり前の若手世代だと、電波が途切れるのは死活問題なのかもしれません。
ただ、あくまでも陸上から海岸線をカバーしたおこぼれ電波を船が拾ってるだけだと言う認識のもと、適切な運用が必要だと思います。
イーロンマスクが進める、低軌道衛星スターリンクによって大幅なイノベーションが起こる可能性もありますが海にある、おこぼれ電波をうまく拾いつつ、つながらない圏外はあきらめると言うような心の余裕を持つと良いと思います。


イーロン・マスクの「Starlink」もスマホ直接通信へ、iPhone 14も衛星対応




マリタイムモバイルAⅡ(エース ツー)についてhのお問い合わせは

↓ ↓ ↓ ↓

マリタイムモバイルAⅡ(エース ツー)





関連記事

2022.09.05    カテゴリ:  海運ニュース 

   内航コンテナ船「島風」でのDX効果評価実施

~途切れない高速通信とDXシステムで運航効率化と荷主付加価値創出を目指す~

丸三海運株式会社、アイディア株式会社、スカパーJSAT株式会社、日本無線株式会社、エヌ・ティ・ティ・ワールドエンジニアリングマリン株式会社の5社は、内航海運業界における課題解決に向けた運航効率化や労務環境改善、海上輸送事業での高付加価値創出の実現に向けて、海上で途切れない高速通信とそれにより発揮される内航船舶のデジタルトランスフォーメーション(以下DX)化の評価のための実証実験を行うことで合意しました。

運航会社と通信サービス事業者、舶用機器メーカー及びDXシステムベンダーの5社が相互協力し、定期航路で運航中の内航コンテナ船で実証実験を行うことで、実用的かつ実効的な運航業務改善や荷主向け付加価値創出が実現されるよう各サービスの評価及び最適化を行います。また今回の実証実験で得られる成果を基に、内航海運業界のDX推進に向けたサービスのパッケージ提供体制をベンダー各社間で構築します。

 今回の実証実験では、2022年度にかけて、スカパーJSAT、日本無線及びNTT-WEマリンが協力し、沿岸域で通信が可能なLTE回線サービス「マリタイムモバイル®A-Ⅱ(エースツー)」とLTE回線エリア外でも通信が可能で内航船向けに特化したVSAT衛星回線サービス「JSATMarine Light(ジェイサットマリンライト)」を組み合わせ、大阪―沖縄航路において途切れない通信環境を整備します。丸三海運が運航する大阪―沖縄航路コンテナ船「島風(しまかじ)」に導入されているアイディアの船舶の運行管理をデジタル化する「Aisea PRO」を大阪―沖縄間の途切れない通信状況下で運用することで、陸上管理者は常にリアルタイムの船舶情報を把握することが可能になります。これまで通信ができない状態下では、予測に頼ったり、事後データを扱う必要がありましたが、リアルタイムデータを扱うことにより運行効率の向上や高付加価値の創出といった観点で効果が期待できます。具体的には、運行効率の観点では船舶のポジションや動静連絡、カメラ映像、船員労務データがあげられ、高付加価値の創出の観点ではリーファーコンテナのステータス管理があげられます。

 なお、今回のVSAT衛星回線利用にあたっては、米国Kymeta Corporation製の平面アンテナ「Hawk™ u8」が日本無線によって設置される予定であり、スカパーJSATの「JSATMarine」サービスにおける平面アンテナ採用にむけた技術検証も行われます。

 NTT-WEマリン、日本無線、スカパーJSAT、アイディア、丸三海運は、各社の強みとノウハウを結集し、内航船業界の課題解決及び持続的発展に向けた取り組みを進めてまいります。

DSC05361.jpg


島風【Shimakaji】 丸三海運 1594GT 2450DW(248TEU)
2021.07 山中造船 阪神内燃機工業 MAN B & W 8S35MC 8080ps(5920kw) M0仕様
内航海運省エネルギー化実証事業採択船
LOA 116.93m B 15.10m D 9.15m
HANASYS EXPERT(ハンシン高度船舶安全管理システム)
気象海象データサービス「POLARIS」
船舶の運行管理をデジタル化する「Aisea PRO」
ナカシマプロペラ NHV 5翼 エコキャップ付き
YAMAX 操舵機 + 吊り舵ベッカーラダー フィン付き
ライブカメラ
石田製綱 タストン5
船内wifi
SKウインチ
中国塗料 シープレミア3000plus

祝 竣工 1594GT型 高速コンテナ船 島風(しまかじ)
【記事:2021.7.27】
関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog