fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース
 全6ページ
このページのリスト
► 次のページへ

2023.03.03    カテゴリ:  YouTube 

   希望の船

今の50代60代には、涙なしでは見られない、どストライクの映画だと思います。
高度経済成長期、機帆船から鋼船へ時代が変革し、エネルギーも石炭から石油へ。

激動の時代の船腹調整 内航二法の成立。

映画の内容にも出てきますが、当時も今と時代背景は違うけど、船員不足。そして帆を使う省エネ革命。

歴史は繰り返す

【参考】船腹調整事業の変遷と時代背景(内航新聞社)



映像の中にある船舶電話も、懐かしいですね。今や、年間400字づめ原稿用紙1枚程度で収まっている私と父親の会話も、当時は船に乗ってる父親からの電話が楽しみだった記憶です(笑)

IMG_1694_20230303103819f70.jpg
※専門家立ち合いの元、安全に配慮して撮影しています
関連記事
スポンサーサイト



2023.03.08    カテゴリ:  ドック 

   進宝丸 9年目の合いドック

早いもので、2014年に竣工した進宝丸も9年目です。そして当時お腹の中で支綱切断した息子も今年9歳。
先日の日曜日は、剣道の試合でした。
学年別個人戦 初戦敗退
DSC00044.jpg
団体戦 先鋒 負け
DSC00070.jpg
いつもは、どうせ負けるからの弱気大臣も団体戦負けたのが悔しかったのか涙を流していました。
DSC00091_20230308110054a9c.jpg
悔しさをバネに、人は成長していく。

向島造機に入渠
DSC00098.jpg

DSC00101.jpg

DSC00103.jpg

DSC00111.jpg

DSC00113.jpg
インターバルは15ヶ月
DSC00118.jpg
船底塗料は、関西ペイントマリンのR5000 水洗い前でこれですから良い状態です (一部中国塗料の試験塗装)
DSC00121.jpg

DSC00122.jpg
ペラクリンも良く効いてました
DSC00126.jpg
美しすぎるプロペラ ナカシマプロペラNHV55
DSC00129.jpg
進宝丸クラスの所謂、800DW型と言われる船型は199の船型を太らせた型なんですが、船型ラインが緩やかに取れる為
省エネ船型です。
DSC00133.jpg
ビルジキール端からプロペラやバルパスを見たらいかに、ラインがきれいに取れているかわかります
DSC00134.jpg
昨今言われているカーボンニュートラルもCO2削減の為の1丁目1番地は船型なんです。
そこを失念して議論されているから、明後日の方向に行っているのだと思います。
もちろん、積みトン、GT、バース規制などありますが、船型に勝る省エネ方法は、ありません。

シーチェスト(※ユニシェルなど海洋生物付着防止装置は付いていません)
関西ペイントマリン シーチェスト用塗料
IMG_0507_20230308110232c0e.jpg

IMG_0509_20230308110232a04.jpg
シープレミア 3000 PLUS
IMG_0505_20230308110229813.jpg

IMG_0510_202303081102341dd.jpg

どちらも甲乙付けがたい結果ですが、一つ言える事は、シープレミア 3000 PLUSがシーチェストの海洋生物付着防止に有効だと言える事がわかりました。
そしてシーチェストを取り付ける際に大事な事。取り付けの際にネジ付近の塗料が剥がれます。そこにひと手間、刷毛で塗ってあげると、海洋生物付着が遅くなります。

弊社会長の伝統芸能 必殺ペラ磨き
IMG_0539_2023030811203381c.jpg

9年目のSKウインチ ロープは石田製綱のタストン
DSC00145.jpg
多少錆び垂れも見えますが、9年目にしては綺麗だと思います。そして、9年間でタッチアップ程度の錆び打ちしかしてません。
DSC00146.jpg
この状態を保つポイントとしては、可動部の主要ヶ所をSUS化
そして何より大事なのが、ウレタン塗装です。
DSC00147.jpg
ウレタン塗装は贅沢品と思われがちですが、9年間タッチアップ程度でこの状態が保てるなら、コスパの良い塗料と言えます。
ウレタン塗装自体に防錆効果はないですが、塩ゴムやアクリルに比べ塗膜が硬く、防水性があります。
防錆=防水なんです。錆止め塗料に錆止め成分は、ほとんど入っていません。
DSC00148.jpg
9年目のハウス これも9年間タッチアップ程度で新造のウレタン塗装のままです
DSC00141.jpg
9年目のハッチ 一度総塗りしましたが、これもウレタン塗装でこの状態
DSC00142.jpg
そして一番おススメしたいのが、錆び打ち嫌な場所ランキングTOP3に入るハッチコーミング
進宝丸ではコンパネで全閉しています。
IMG_0479_202303081122046f9.jpg
それでは9年目のハッチコーミングをどうぞ
IMG_0515_202303081122068db.jpg
何という事でしょう。錆がほぼゼロです。多少タッチアップはありますが新造時の塗料の艶まで残っています。
IMG_0516_20230308112208c62.jpg
何故か?これもウレタン塗装なんです。そして、日射や紫外線を浴びない為、塗料の劣化が遅い。隙間があるので全く潮が当たらないわけではないですが、当たりにくい。よって防錆効果が続く。

相乗効果として、今回シリンダー交換なんですが、通常ガスで切ったり焼いたりする根本も簡単に外れます
IMG_0559_20230308112214309.jpg
また油圧ホースの劣化も遅いです。
IMG_0560_2023030811221622b.jpg
防錆効果と共にグリスも長持ちします
IMG_0561_20230308112218f84.jpg
コンパネだと弱いんじゃないかと思うと思いますが、たしかに弱いです。時化で波かぶれば、割れます。
黄色の塗装コンパネ部分は、過去に割れて交換した場所です。消耗品として割り切っています。
厚めの刺し板もありですが、重たいです。
新造の時にコンパネにエポキシを塗ってまだ大丈夫です
IMG_0556_2023030811221006b.jpg
黄色の塗装コンパネは劣化が早いです
IMG_0558_202303081122131a0.jpg
SUSプレートで押さえてボルト止めなので、取り付け取り外しが簡単です
IMG_0562_2023030811221878d.jpg

建造に携わった船のあるお偉方から、こんな事したら船員がグリス注さないじゃないかと否定された事がありました。
グリス注さない船員は、塞ごうが塞がまいが注しません。と言いたいのをグッとこらえて、船員の労務軽減なのに船員思いでないなと思いながら辞めました。

何度もしつこいようですが、ウレタン塗装はコスパ(労務軽減含む)の良い防錆塗料です。


注意:塩ゴムやアクリルの上には、ウレタンは基本塗れません。新造時に上塗り仕上げを止めて、エポキシ仕上げ(下地の上にエポキシ上塗り)の船主さんもいます。艶がないのと1年後くらいにチョーク現象がおこりますが、ウレタン仕上げ同様の防錆効果があります。




関連記事

2023.03.09    カテゴリ:  ドック 

   褒め言葉



日頃のメンテナンスも大事ですが、メンテナンスが軽減されるような仕様にする事も大事です。
メンテナンスと修繕は似て非なるモノです。

当たり前ですが、モノを付けたら壊れます。システムを複雑にしたらトラブルが起こります。

私のコンセプトでもある、最高よりも最新よりも最適を。

何が最適解か、進宝丸を使って実証実験中です。
関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog