fc2ブログ
検索フォーム
企業広告
内航.COM 公式LINE
(広告依頼/撮影/質問)

友だち追加
えびす商会 公式LINE
(船員募集/見学/質問)

友だち追加

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2024.01.02    カテゴリ:  あいさつ 

   明けましておめでとうございます。

お正月は、伯方島の実家で過ごしていましたが、北陸の地震で一気に酔いが覚める一日でした。
年末より荷役遅れで七尾にいた1隻が年越し沖アンカーで年明け出港に備えていましたが、地震に遭遇し、
大津波警報の中、緊急出港。2024年の始まりとなりました。
被害の全貌がまだ見えていませんが、2024年が皆さまにとって安心、安全の一年である事を祈念いたします。



関連記事
スポンサーサイト



2024.01.09    カテゴリ:  新造船 

    新造船 748GT石炭灰専用船 誠安丸 船内探訪

年越し記事になってしまいましたが、今年も注目の新造船を中心に紹介していきたいと思います。

全通二層甲板型748GT全自動荷役石炭灰専用船です
DSC03677.jpg
誠安丸【Seian Maru】 平安海運 NSユナイテッド内航海運 748GT 2479m3【石炭灰】
2023.12 三浦造船所 ヤンマー ヤンマーの6EY26W 1471kw
荷役方式エアースライダー スペロセイキ
全自動荷役 中北製作所
DSC03684.jpg
荷役方式はエアスライド式 圧送ホースも石炭灰専用なので大口径です
DSC03683.jpg
計画段階では、ゲートラダーやベクツイン(同社三浦造船建造 和平丸)も検討されたようですが
シリングラダー+FPPになったようです。
平安海運では、ポッド式プロペラSES船 安鷹 ベクツインジョイスティック船和平丸 シリングラダーFPP船誠安丸と
3種のバラエティに富んだ、749セメント船団になっています。
DSC03681.jpg
船尾周りは、第二平安丸をオマージュするセミハンドレール型
DSC03682.jpg
ファンネルは、鉄鋼系原料最大手のNSユナイテッド内航海運
排気管はSUS
DSC03617.jpg
居住区
DSC03585.jpg
波除板付き窓
DSC03586.jpg
船では珍しい、庇付き
DSC03689.jpg
この船の特徴として、749GTクラスのセメント船としては、初の全自動荷役システムを採用。
杉岡社長のコンセプトとして、働きやすい環境・労務軽減の船となっています。
S__3129412.jpg
通常、このクラスのセメント船は、1Fの荷役制御室と機関制御室を同室に配置している船が多いですが
誠安丸では、機関制御室はエンジンルームへ 荷役制御室は事務室と兼用としています。
夫婦の寝室論と同じで一緒にしない方がうまくいくと言う事もあるかもしれません(笑)
20231209_104041.jpg
食堂/サロン
20231209_104055.jpg
配置や配色は、積水ハウス出身の杉岡社長夫人のコンセプト
20231209_104104.jpg
細かな作りまで気を使っています
20231209_104200.jpg
圧巻の冷蔵庫8台
20231209_104112.jpg
二人同時に調理可能なIH2台方式
Ⅱ型キッチンなので二人同時でも使いやすいと思います
20231209_104121.jpg
和平丸では、船長執務室などを設けていましたが、今回は標準的な部屋を採用し、部屋数を9部屋取って育成を重視
20231209_102559.jpg
ベッド下はスーツケース入れ ソファーは作り付けではなく固定式でカゴや段ボールなどを置ける方式
作り付けのソファー下戸棚は狭く、用途がない場合が多い
20231209_103830.jpg
ソファーに座ってテレビが見れる配置
20231209_103851.jpg
物干しバー
20231209_103855.jpg
収まりが良いです
20231209_103840.jpg
一番狭いタイプの部員部屋
20231209_103909.jpg
非常に収まりが良い配置になっています
20231209_103919.jpg
ダブル手すり方式
DSC03641.jpg
浴室とシャワー室は別
DSC03695_202401091058366a8.jpg
操舵室
DSC03623.jpg
電子海図表示装置はアルファマップ
DSC03622.jpg
レーダー
DSC03620.jpg
稼働式
DSC03621.jpg
最近は、いろんな機器をコンソールに納めると、メンテナンスが大変です。
誠安丸では、機器室を設けメンテナンスしやすいようになっています。
DSC03642.jpg
両舷ウイング操船
DSC03629.jpg
小さなジョイスティックはサーチライト
DSC03625.jpg

DSC03626.jpg
展望トイレ
DSC03631.jpg
ブリッジの収納は、どの船も少ないのですが、誠安丸では、オペ基準のブリッジ用救命胴衣置場として収納を設けてます
DSC03701.jpg
書類など一か所にまとめられるのは良いですね
DSC03707.jpg
当直用疲労軽減マット
板張りの船とテックスの船を比べると疲労感が違います。疲労軽減マットは、4時間当直の疲労軽減には効果があると思います。
DSC03703[1]
中間と定期検査くらいにしか用事はないですが、証書類がワンタッチで外れる額縁に入っているとありがたいです。
DSC03709.jpg
海図台
DSC03619.jpg
ストレッチ鉄棒
DSC03645_202401091148188fc.jpg
バラストコントロール
DSC03644.jpg
オモテから
DSC03570.jpg
ウインドラスはSKウインチ
DSC03568.jpg
SUSの半丸付き
DSC03569.jpg
荷役方式はスペロセイキのエアースライド方式
DSC03660_20240109114819c54.jpg
石炭灰専用なので圧送ホースも太いです
DSC03711.jpg
エアースライドをジョイント方式にしたことで従来無数にあったボルト点数が減り、ペンキ塗りなどの労務軽減効果に期待
DSC03573.jpg
スラスターは電動5t
DSC03572_2024010911475812d.jpg
ホールド
DSC03571.jpg

DSC03574.jpg

DSC03575.jpg
コンプレッサー 稼働部のグリスアップも集中型です
DSC03583.jpg
粉体輸送に必要な、大型の除湿機
除湿機がある事で、ホールド内のタンク掃除に入る事はないそうです。
昔は水分で固まって削岩機などで砕いたりする作業もあったようです。
DSC03719.jpg
船尾
DSC03588.jpg
ハーフブルワーク
DSC03589.jpg

DSC03590.jpg
CO2削減よりも、我々の内航船ゴミ処理問題をどうにかして欲しいです。
DSC03591.jpg

年を越してしまいましたが、ご竣工誠におめでとうございます。
杉岡会長の船造りへの想いと、杉岡社長の船員への労務負担軽減、また杉岡社長夫人の居住区センスと
THE Sugioka Family styleと言える船が完成しました。

平安海運株式会社

関連記事

2024.01.18    カテゴリ:  進水式 

   祝 進水 499GTバラ積み貨物船 第三舛宝山丸

三浦造船所令和6年1番船の進水式が1月16日に開催されました。
今回は、3月の竣工の際に天草にて、体験乗船、お披露目をするとの事で関係者のみの参加。

強風の為、レッドカーペットは、ありませんでしたが工員さん総出で船主団をお出迎え
DSC04107[1]
日本文理大学付属高校 吹奏楽部による生演奏
DSC04126.jpg
13年前三浦造船で舛宝山丸を建造した時の社長の弟である木村大専務の息子は当時小学生。
それが、今では来月パパになる第三舛宝山丸の次期船長候補。
月日が流れるのが早いです。
支綱と進水式に撒く餅は、安産に良いとされています。
DSC04174[1]
天草風に言うと良か船型ばい
DSC04179[1]
2016年第二舛宝山丸の進水式で父である木村藤利現会長から木村治現社長へバトンタッチし
DSC04186[1]
木村治社長体制になって初めての新造船です。
(実際には、木村治専務の時代から全てを任せている感じでした)
また、木村治社長が船乗りになった頃の上組海運の担当者が現在の上組海運水田社長と言う深い縁もあります。
私も船乗りになって1-2年後、木村治社長と知り合い、当時の第二舛宝山丸499を同級生中心に
20代後半のメンバーで固め、そのメンバーたちは、既に50代。
月日が流れるのは早いです。
DSC04189[1]
命名の儀も船名が見えないように、しっかりしているのが三浦造船所です。
DSC04205[1]
命名 本船を第三舛宝山丸と命名する
DSC04209[1]



DSC04218[1]

DSC04269[1]

強風の横風が吹く中、真っすぐに進水していく姿は、力強かったです。

舛にいっぱいの宝の山 第三舛宝山丸のご進水、誠におめでとうございます。

第三舛宝山丸【Masuhouzan Maru No3】舛宝海運 上組海運 499GT 1650DW
三浦造船所 赤阪鐵工所 AX31LR 749kw(1018ps)

省エネ格付け取得予定
サーマルカメラ搭載
赤阪鐵工所初の749kwチューンエンジン



舛宝海運有限会社

関連記事


Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog