FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2008.11.12    カテゴリ:  内航〔電気推進〕 

   国朋丸

C重油焚第1番船のスーパーエコシップ ケミカルタンカー国朋丸 国華産業㈱
IMG_3488.jpg

1065GT 2500㎥ 76.90m×12.20m×5.80m

推進システム:発電方式 ディーゼル発電機700kW×3式
制御方式 インバーター可変速制御×2 式
推進方式 推進用電動機745kW×2 基
ラインシャフト二重反転プロペラ
二重船殻(IMOタイプ2)
電動ディープウエルポンプの採用
インバーター制御により、スムーズな加減速や安定した荒天時航行が可能

建造は鈴木造船(四日市)
IMG_4095_20081112082537.jpg
建造中の船台。門型クレーンが特徴ですね
IMG_4094.jpg
国華産業のコンテナ船 ひよどり
749GT 1830DW
2007.2 大旺造機 阪神内燃機工業 LH38LG 2800PS
IMG_4230.jpg
以前は、松山⇔日立を499コンテナ船でピストンしていたようですが
749GTの新造船に代わりひよどりは、井本商運のコンテナサービス網に
投入され、松山日立航路は井本商運の499コンテナが入っているようです
IMG_4231_20081112085305.jpg

IMG_4229_20081112085308.jpg
圧巻の7段ブリッジ
IMG_4234_20081112085415.jpg
3連スライドワイパーに回転窓つきですね
IMG_4233_20081112085439.jpg
6階は少し高さがありますね。
7段ブリッジと言うより7.5段ブリッジくらいですね
IMG_4235.jpg
ファンネルマーク部分だけ広めの鉄板であとは極限まで絞られたファンネル
ブリッジにコンテナが当たらないようにセルガイド付き
IMG_4238_20081112085953.jpg
三浦造船開発のつるかぶとからマイナーチェンジされたオーバーデッキ
IMG_4236_20081112085823.jpg

IMG_4237_20081112090011.jpg
井本商運コンテナ船部隊のトレードマーク Imoto Linesは
鉄板で造られてました。これならドックの際、ペンキ屋も楽ですね
IMG_4239_20081112090118.jpg
関連記事
スポンサーサイト



ひよどりのワイパーは3連スライドに回転窓ですが、回転式はワイパーの最終手段と考えてよいのでしょうか?ふた昔前までは列車と船の視界確保は回転窓が定番だったようですが、最近は列車も巡視船や自衛艦までもブリッジ窓の視界確保はゴムワイパー式がほとんどなので…。すみません、素人は船舶のワイパーやトモの形状など興味があってもなかなか聞ける人がそばにいないもので。お時間のあるときに教えてくだされば嬉しいです。
航安丸 様
回転窓じゃなく名称としては旋回窓ですね。
失礼しました。
本船、扇形運動のワイパーですからスライドワイパーの感想は言えないのですが
大時化食らってブリッジに波がかぶる状態の時には、ワイパーもあまり意味ありません。
向かい風の豪雨もそうです。
そんな時役に立つのが、車のフロントガラスの撥水コート剤。
バッサバッサ波かぶっても前見えます。持続性は短いですが…(少なくとも1航海の時化は持ちます)
旋回窓減りましたね。高速船はワイパーより効果があるんじゃないでしょうか?
トモの形状ですが、速力や省エネが左右するのがトモの形状です。
ひよどりについてのトモですが特殊に見えるかもしれませんが垂線間長には関係のない場所のデッキの延長です。
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2008.11.17 23:35  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
K丸様
意外と使えるのが自動車製品です。
自動車製品の方が需給も多いですし研究開発も進んでいます。
自動車製品の省エネ製品がが使えないかと日々考えているところです。
ウォッチフィールド了解しました。
できればウォッチ結果を内航.net
http://www3.ezbbs.net/12/kabu00/
に投稿お願いします。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog