FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi

マウスコンピューター/G-Tune


出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2008.11.14    カテゴリ:  内航〔コンテナ〕 

   ハッチレスコンテナ船 まや 本日就航!

井本商運の新型ハッチレスコンテナ船 まや が本日神戸にて就航
748GT 1680DW 230TEU 小池造船海運建造
2008_1014画像 0820042
特許出願中のバルバスフィン(ピッチング抑制)
2008_1014画像 0820065

2008_1014画像 0820033
独特の形状のトモです。2008_1014画像 0820034
排気管は後方排気
2008_1014画像 0820035


見学許可を頂いていたのにタイミングが合わず残念・・・
写真提供はE丸さん。
撮影時期は、10月中旬

つづく・・・
関連記事
スポンサーサイト



バルバスフィンとは素晴らしいアイディアじゃないですか!
船酔い解消万歳!!

こんちわ この船のバルバスフィン 空船の時に叩くと折れそうですな(*´I`)......ん
コンテナ船なので、空で走ることは無いのかな・・・・
しかし、何とも奇妙な船ですな(´-д-`)
おもてのppの所の凹みは何か意味が有るのですかね~~~???
余りに急激に上甲板を広げすぎたため、あんな形になったのかと・・・・思ったりするのですが、本当の所はどうなんですかね~~
後方排気は、後方に接岸してる船はエンジンをかけたときに被害うけそうですね| ̄ω ̄A;アセアセ
とりあえず、可なり興味のわく船ですので、一回、現物をみたいものです。

こんにちわ アンカーチェーンはだいじょうぶなんですかね?
みかん 様
ローリングは、アンチローリング装置(フィン・タンク)などで制御できますがピッチングに関しては、技術的にはできないことはないそうですが割と大掛かりな装置になるようです。何週間か前に屋久島クルーズの帰りの客船が夜間。船首を突っ込みながら走っている姿を見ました。乗客は大丈夫だったのかな?とこちらは心配しました。

ピッチングに関しては船酔い防止の観点より速力低下を防ぐ為のものだと想像します。
流れとしては、波に抵抗すると波をうち砕き抵抗値を下げるの二種類ありそうですね。

後方排気は、自船の独自のトモ形状もありますし他船が影響受けると言うことはないのではないかと想像します。
トモに平面がないので船体が黒くなることも少ないのではないかと思うのですが・・・

内航魂 様
フィンと言っても画像的に見ても頑丈厚みも
あるようなので波でどうのこうのと言うことはないと思います。
ELFさん及び皆さんが心配されているアンカー・アンカーチェーンとの干渉もおそらく設計上クリアされているのだと思います。
私の知っている船で艤装中にアンカー落としたら設計ミスでバルバスにドーンと当たった船もいたそうですけど(笑)
ご無沙汰しております。
なんともすごい船ですね。非常に興味があります。
バルバスフィンは下向きに付いてるのでしょうか?其れとも水平にでしょうか?
水平だと波に突っ込んだとき潜行板のようになり浮き上がりが遅くなっておもての広がりにすごい抵抗が掛かるような気もするのですが。ビルジキールのように少し下向きに付けた方が良いような気もしますが。
エルロンのように稼動させれば面白そうですね。

ブリッジもいくら開口部があるとはいえ、あれだけの骨組みで組まれていてトン数には入らないんでしょうか?
ppの所の凹みはアンカーチェーンが引っかいたとき亀裂は入らないんでしょうか?
とにかく???と興味深々です。
いかにして総トン数を落とすかチャレンジした船だと思います。
この船を建造した造船所と船主殿には拍手を送りたいと思います。


田舎っぺ 様
ご無沙汰してます。
やはり、みなさんいろんなとこに
興味を持たれ注目しているようです。
一番船は、研究に研究を重ねても
いろいろチャレンジの部分が
あると思います。
この先の動向に注目しましょう!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog