FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2008.11.18    カテゴリ:  VLCC 

   M.STAR

川崎造船を出航中のVLCC M.STAR
IMG_4267_20081117220218.jpg
バルバスと言うより壁・・・
IMG_4266.jpg
M.STAR
IMG_4268_20081117220225.jpg
しかし、こんな肥大化された巨大船でも
IMG_4263.jpg
トモは急激に絞り込まれたスリムな船型
IMG_4270_20081117222520.jpg
大きなペラをゆっくり回し、30万トン積んで15ノットで走るのですから凄い・・・
比べる物が違いすぎますが・・・15ノット出れば内航コンテナ船といい勝負です
IMG_4269_20081117222619.jpg

関連記事
スポンサーサイト



日本の造船技術高さを感じますね。 これからの、若い技術者がその高い技術を発展させるだけの頭脳があるか心配です。
波を斬る…とか、流体力学とかワシには関係ありません、と言わんばかりの舳先ですね。アンカーの効き目が気になりますが、このモンスターが満船で風、潮流を受けた状態でアンカーって効くのでしょうか?碇と鎖はもっても引っ掛けた地球がはがれそうですが…。オモテとトモの対照的な形状が写真で良くわかり勉強になりました。
海人 様
日本の造船技術は、技術とクオリティだと思います。
造船大国ニッポンでありたいですね。

航安丸 様
波を切ると言うより津波ですね。
碇効きは、泊地の底質状態や積荷状態にもよりますがこれくらいの船になると
台風などの荒天を湾内で凌ぐよりも
荒天の中心を避け沖流しをしていた方が
確実です。







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog