FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2009.02.12    カテゴリ:  内航船〔カーゴ〕 

   第十二金力丸

第12金力丸 多田海運 日鐵物流 499GT 1600DW
1993.11 本田造船 赤阪鐵工所 A31R 1800ps
IMG_4378_20090212123859.jpg
今回、リニューアルした伯方造船修繕ドックにてフルブラストや船名変更を行った
第12金力丸(前名:東明丸) オーナーさんにお願いして見学させてもらいました。
IMG_4375_20090212123618.jpg
プロペラは日鐵物流が推奨し採用船も増えている
特殊な研磨?(名前忘れました)+ペラクリーン
IMG_4373_20090212124602.jpg
フルブラスト+プロペラ処理で省エネとエンジンへの低負荷。
定期航路なので結果比較が顕著ですね
船底塗料は評価の高いNKMコーティングクォンタム 外板は、日本ペイント
IMG_4372_20090212125134.jpg

船名変更
IMG_4374_20090212124231.jpg

IMG_4379_20090212123904.jpg
ブリッジ
IMG_4380_20090212124243.jpg
ファンネルは、日鐵物流
IMG_4391.jpg
トモには本田造船の雰囲気があります
IMG_4371_20090212125130.jpg
ハウス
IMG_4397.jpg
ハッチ・エルマン
最近は、トン数を稼ぐためにコンベックス方式[凸凹タイプ] が多いですが
こちらのタイプの方が、北国・雨露には強いです(ハッチ上の水はけ)
IMG_4395.jpg
エアフローの為の整流板
IMG_4394.jpg
追い風や無風状態の時にファンから排気やミストを吸わないように排気管の延長
IMG_4396.jpg
レーダー新設
IMG_4393.jpg
FURUNO(古野電気) FAR2107
AIS設置
IMG_4431.jpg
いろんな考えがあると思いますが、事故をすることを考えたら
事故をしない為の多少の設備投資と考えれば安いものです。
衝突・乗揚げ、千差万別事故状況はありますが大なり小なり
1000万クラスの工事+2.3週間のドックです。
保険処理とは言え、1000万以上の工事費とそれ以上の信用を失います。
カーゴなら船底やればハッチが狂います。

内航業界が厳しい状況に突入している中においても
安全への投資・設備の改善点・改善工事など手を抜かない
オーナーさんのこだわりが各所に見られました。
IMG_4450_20090212131951.jpg
昔のベテラン船員の方は、武勇伝含め、いろんな経験を持っています。
現在の若手は、とにかくミスができない状況の中、経験を積まないといけません。
だからこそ、その武勇伝含めた経験を、現在の最新鋭の航海計器の技術でカバーする。
そう言った方法が必要だと思います。

航海の基本は、海図です。しかし、その海図確認の時点でヒューマンエラー[勘違い]が
おこれば全て狂います。
たまに事故例として聞く、ブイを反対に見て通ったなど・・・

怪しいと思った時には、報告・確認と最悪は、エンジン停止。
なかなかできるものではないですが・・・
乗り上げるよりはマシです。

報告しやすい雰囲気を作ることも大切ですね。
本船のように分からないことを聞けば、こんなことも分からんのかと馬鹿にされ・・・
自分で調べ何とかやってみようとすると、何で聞かんのだと怒鳴られ・・・

堅忍不抜の精神です

しかし、本船電子海図をつけたことによりパソコンが原始人レベルの船長から
間違えて×をクリックしウインドウを閉じただけで就寝中に呼び出され・・・

電子海図がおかしくなったと・・・

こんなことも分からんのかとそっくり言葉を返したかったですが(笑)
それを言ったら年寄りが育たないので(笑)

まぁそんな還暦を過ぎた船長でさえ、なんとか電子海図を扱えるようになりました。
と言うことは、誰にでも扱える操作レベルと言うことです

航海中の衝突予防や乗揚げ防止・ヒューマンエラーによる座礁などを防ぐには
イーチャート(e-chart)アルファマップが有効です。
AISとARPAターゲットを表示させ比較的低コストで総合衝突予防装置が完成します

無事これ名馬なり

安全・安全と・・・安全基準の積み重ねでコストや書類
時間ばかりがかかり、本当の安全とは何なのかと
思うような現代の安全基準ですが・・・
安全に対する取り組みの評価が低すぎるような気がします。
確かに、海運だけでなくこの世は安全で当たり前です。
何かあれば叩かれる社会です。

叩かれない為の安全じゃなく、本当の身の安全を守るための安全であるべきです

万物生きて光り輝く

安全に対する取り組みの評価・無事故・無違反船への正当な評価・・・
本当に努力され無事故を継続されている船もたくさんいます。

保安庁などから発刊されるパンフレットで海難事故の写真や事故例が
載っていますが、それも教訓になり大変良いことです。

しかし、事故した例やヒヤリハットは載っても、無事故・無違反の船(海運会社・オーナー)の
努力や方法などは、なかなか世の中に披露されないものです。
各社ではやっているのかもしれないですが・・・

人間は評価されたい動物です。特に男は・・・
頑張っている人がこの仕事に誇りと責任が持てるように
そんな業種であってほしいですね

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

【山本五十六】 

若手船員育成や安全にも通ずる言葉のようで私は好きな言葉です。
特に軍事マニアではないですが、山本五十六の生き方・リーダーシップ理論は好きです


GPSと言えばこれと言うくらいの大ヒットベストセラー商品
FURUNO(古野電気)GP3500
IMG_4432_20090212131801.jpg
こちらは、貴重なAKASAKA TEC INC. アカサカテック のGPS AT55PG
IMG_4433.jpg
もちろんエンジンは幅広く評価の高い赤阪鐵工所 A31R 1800ps
IMG_4387.jpg

IMG_4385_20090212194309.jpg



注水
IMG_4428_20090212130527.jpg
ドックゲートオープン
IMG_4434_20090212131828.jpg
ドックマスターY氏の操船によりドックアウト
IMG_4435_20090212131907.jpg
昨年末から修繕を止めてドック改修工事を行いリニューアル
IMG_4439_20090212131943.jpg
試運転
IMG_4453_20090212132015.jpg



帰港
IMG_4459.jpg
【F氏提供の写真】
IMGP0138.jpg
【オーナーさん提供】 航行中の第十二金力丸
IMG_2692.jpg

IMG_2778.jpg
関連記事
スポンサーサイト









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog