FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2009.04.20    カテゴリ:  ペンキ 

   ペンキ効果

前回、伯方造船にてブラストを打ちペンキを評判の高いNKM タカタ クォンタムにしたところ
やはり評判通りの結果でした。

上架直後
台風避難の際のアンカー擦れはしょうがないものの
スライムのみの状態
IMG_5688-1.jpg

IMG_5690-1.jpg

IMG_5704-1.jpg

IMG_5705-1.jpg

IMG_5720-1.jpg

IMG_5722-1.jpg
ペラは良く汚れてましたがその後ろの舵は、スライムもない状態
ケイ素ポリマー系加水分解がよく効いている証拠でしょうか。
IMG_5717-1.jpg
プロペラの防汚には、私の周りでも採用船の多い
プロペラ用塗料 ペラクリンセットも良いと思います





シーチェストもよくペンキが効いてました。
網の裏側(シーチェスト側)にはわずかにフジツボが付いていますがカラス貝は皆無。
シーチェスト内もきれいなものでした。
IMG_5123.jpg
左舷内部(補機側)
IMG_5124.jpg

IMG_5125.jpg
右舷内部(主機側)
IMG_5127.jpg

IMG_5128.jpg

IMG_5130.jpg
いずれも タカタ クォンタム シーチェスト用 A/F 仕様
IMG_5189_20090419212303.jpg


ちなみに前回の上架直後は→ このような状態

年数が経てば船体のペンキの状態も千差万別。
10年くらいでオールブラストを打つと船も長持ちし、ペンキの効果も効果通りの
結果が出やすいと思います。

トモ・オモテだけ打っても効果はあるそうですが
やはり、一度にオールブラストが一番手っ取り早いと思います。

ある程度お金のかかることですので、現在の海運経済を考えれば
そこまでの予算組みができない場合も多々あるかと思います。

そこで一つの考えですが、シーチェストだけでもシーチェスト内オールブラストで
効果の高い、シーチェスト用に変えてみるのも良いのではないでしょうか?

海洋生物付着防止など効果云々で試行錯誤の船も多いと聞きます。
ドックインターバルも長くなり、いろいろ試した結果、
1年に一回ダイバーに潜らせシーチェスト解放・清掃が一番だと言う人の
話しも聞きました。

小型遠洋まぐろ船などは、沖で腰に紐付けて潜って船底掃除するそうです。
関連記事
スポンサーサイト



  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2009.04.21 15:32  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog