FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2009.05.11    カテゴリ:  航海中 

   視界ゼロ

本日夜中過ぎ、備讃東口あたりで視界不良になり、播磨あたりでは
視界が開けたのですが明石大橋手前で視界ゼロ
オモテのウインドラスも見えません
IMG_6040.jpg
朝5時過ぎの漁船・フェリー・家島ガットが行きかう明石海峡ラッシュ時間
いつもは、眠っているセカンドレーダーも久しぶりの起動
本船の前をタンカーが走ってくれたのでその航跡を追うように走りましたが・・・
IMG_6041.jpg
明石航路内、巡行底引き2隻。さらに航路を逆走する神風特攻隊(漁船)が1隻
危険を感じつつ針路を外へ外へ向けましたが・・・
急遽、針路を本船方面(淡路方面)に向け「天皇陛下万歳!」と突っ込んできました。
こちらは速力落とし霧中信号で応戦しましたが
漁船が見えたのは本船10m手前
本船との距離約5mくらい後ろを交わして行きました。
朝から目の覚める航海でした。
こんな中、通過しないといけない大型フェリーなども肝を冷やす航海だったと思います
本船通過後、しばらくして航行制限がかかったようでした。
やはり、漁船も含め499GT以下もAIS設置義務が必要なのではないでしょうか?
比較的、航海マナーや航海安全に対して厳しい大型船には設置義務があり
多少、マナーにばらつきのある小型内航には設置義務がないのは
AIS運用の有効活用としては、いかがなものでしょうか?
そのためにも、安価なAIS送受信機の発売を期待したいところです。
漁船などは漁船とだけ表示されるくらいでもかなりの海難防止効果が出ると思います。
航路閉塞したり、漁場に向かう行き帰りも漁労中と言う必殺回転灯で船舶の航路を妨げるなら
AISを漁船(プレジャ―ボート以外)まで広げても海の安全としては正しいと思います。
密漁船にはマル秘と表示(笑)

漁協に対して頭の上がらない保安庁の権限では、実現は不可能でしょうけど・・・
何もAISでなくとも漁船天下の航路事情において通航船舶が相手が漁船とわかる
ような通達方法があれば海難事故も減るのではないかと思います。

IMG_6043.jpg
徐々に晴れてきた神戸沖
霧中航海のヨット
IMG_6044_20090511083934.jpg

IMG_6045_20090511084141.jpg

IMG_6046.jpg
ヨットもようやく霧から抜けた
IMG_6049_20090511084151.jpg
霧の切れ間
IMG_6047.jpg
OCEAN VIRGO
IMG_6050.jpg
KOTA LAWA
IMG_6053_20090511085950.jpg
第二金力丸 多田海運 鈴与海運 499GT 1540DW
2001.8 山中造船波方 ダイハツ 6DKM-26L 1800ps
IMG_6058_20090511085953.jpg

IMG_6060_20090511085956.jpg

IMG_6061.jpg
朝練習
IMG_6062_20090511090611.jpg

AISの表示・閲覧は本船でも採用しています、電子海図アルファマップが便利です

また、AISを利用した低コスト船舶管理に次世代船舶監視サービス『エーアイシップ』があります

詳しくは、今治海事展 BARI-SHIPイーチャート昌宝汽船の共同ブースへ足を運んでみてください。

出展内容は以下の通り。
1. 次世代船舶監視サービス『エーアイシップ』
2. 航海ナビゲーションシステム『アルファマップ2 プロ』
3. 電子海図表示装置 ECS-900
4. 舶用 BS/110°CS 追尾アンテナ
5. 簡易AIS(クラスB)トランスポンダー
6. ワンタッチスカッパー
7. 船舶用証明付時計

もしかしたら、私も足を運んでいるかも・・・(笑)

関連記事
スポンサーサイト









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog