FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2009.07.20    カテゴリ:  テレビ番組 

   それを言っちゃぁ・・・

某工業会さん、ありがとう!!「それを言っちゃあ、おしまいよ!!」―内航海運よ永遠に

二週にわたり、四国地区・中国地区で放映された
四国羅針盤『船員を確保せよ ~内航海運は生き残れるのか~』

先週、ある裏ルートから録画ビデオを仕入れ給油しながら拝見しました。
私もある方の紹介で一度、取材を受けていたので内容を楽しみにしていました。

前半は波方船主(今治)の智内海運 健山丸・後半はマリンジャパン(片山汽船 第二十二金栄丸)についての内容でした。

時代を反映してか、一般職からの海技短大への入学など・・・
船乗りになりたい人は増えているが門戸が狭い問題や時間がかかる(資格取得や養成期間・履歴)などといった番組内容の中・・・

おそらく寅さん世代だと思われる荷主系某工業会のお偉いさんのコメントは・・・
「外国人船員の早期導入を・・・」

某工業会さん、ありがとう!!「それを言っちゃあ、おしまいよ!!」―内航海運よ永遠に

・・・・・・・・・・・・

あんたねぇ・・・どれだけ偉いのか知らんけれど・・・
それを言っちゃぁおしまいですよ。

船乗りになりたい人がいてその道が(履歴など)険しい及び複雑と言って
船に乗りたくても乗れない人もいると言うのに
全ての海運に携わる関係者を敵に回すような素晴らしいコメント・・・
もう海や港には近づかない方が良いかもしれませんよ。

100歩譲って、それくらい危機が迫っていると言いたかったのかもしれません。

自己犠牲・・・

私も昔は、飲みの席で酒の飲めない私の同期や後輩に実力や人徳はないのに、
ここぞとばかり偉そうに酒を飲まそうとする先輩に対し、
率先して代打をしてきました(正義感と言うより単に酒好き?)
その代わり、一緒に先輩もお願いしますよと、後輩に財布と携帯を預け
帰りは頼んだと・・・いざ出陣。戦闘モードの飲みで先輩が潰れるまで頑張ってましたけど・・・
まぁ私も最後は潰れてますが・・・今では、お酒も弱くなり嗜む程度(笑)

いやいやその自己犠牲とは違っても・・・

やはり勉強はできる頭の良い方でしょうから
全海運業者・全船員敵に回してでも問題提議したのかもしれません。

しかしね、船員からしたら、おたくが座っている派閥社会で
うまく天下ったポストにお金(給料)を使うくらいなら
(あんたがトップに立っても業界良くならないなら・・)
あんたの給料や退職金使って船員数名雇った方がマシですよと言われているのと同じですよ。

外国人船員導入やカボタージュで議論されている
セキュリティーや語学・会話の問題の以前に・・・

現実問題、外国人船員の船員の立場に立って考えてみてください。
資格業種である船員と言う職業で日本沿岸を忙しく航海する船に
日本語と言う重荷を背負いながら乗りたいと思いますか?
資格も技術もあれば大型遠洋航海船に乗りますよ。
外航業界ですら船員不足で自社でフィリピンなどに船員養成機関を作ったり
次はどの国の船員を開拓か?になっているわけです

外国人の給与体系は知りませんが以前、隣で荷役していた
旧日本船の499GT外航船の船員に話しかけられ
いろいろ話す中で彼は、ミャンマー出身だと言っていましたが
船機長は韓国人・甲板員は台湾だったかフィリピン・一番下っ端は
ミャンマー人と言っていました。その彼で日本円で5万くらいの給料と言っていたような?
韓国人船長で15万くらい?の記憶。

じゃあ外国人研修制度と言った微妙な抜け法制度を利用しますか?
5人乗船の499GTに外国人船員何人入れます?
渡航費から含め労働基準・実際の当直基準に合うコスト計算してみてください。

船員不足の危機的状況の一番ターゲットは749GT以下の中小型内航船です。
船員不足は、中小型・大型に関係なく潜在的な内航海運の大問題です。

本船の船長含め内航海運の主力である団塊の世代のタイムリミットは、もう残されていません。

船員不足でまずやらないといけないのは、船員になりたい人への門戸を広げる。
6級だけでも良いんです。6級クラスなら座学取得で十分だと思うのです。
あとは実戦実習で。資格取得後なら甲板員として一つ頭と数えれるので
中小型船主の零細企業船主でも自社養成・訓練できるわけです。

あとは本人の努力次第で5級4級3級と上級職を目指すことも
できる道もあります

たとえ商船大出て2級1級取得していても、実際に知識と実力を発揮できるのは
実地経験積んでからです。
それを考えると、履歴と言うのは、あまり意味のなさないものです。

現在、749GT以下の船で素人(余剰船員)を雇う余裕と言うのは
コスト的にも部屋数的にも難しいのが現状です。

資格はあるけど素人と資格のない素人では、
養成コストが格段に違います

船数多い船主さんは、自腹を切って素人養成など割増乗船させていますが
それは結局自社の将来の為であって誰も助けてはくれていません。

周りから見れば余裕に見れるのかもしれませんが
大手船主さんの方が、危機を感じコストを負担し実践しているのです。

それにおんぶに抱っこのオペレーターや荷主はもう一度よく考えてください。
特に組合船を抱えているオペや荷主直のオペレーターは、
同クラス船の一般的な用船料と船舶運航コストの対比は良く分かっていると思います。

互いの主張してもしょうがないのです。
パイは少ないのですから。
何ができて、なにができないのか。そして何を残すべきで何を削るのか
お互いが生き残れるよう・この業界が評価されるよう価値を上げていく方向性で
行ってもらいたいのです。

良い意味での持ちつ持たれつ・分業・協業・協力

今回、地方局ではありますがNHKに取り上げられて頂いたことは非常に
価値のあることで今後も、四国や中国地区ではなく、もう一つの船所でもある九州地区でも
船員不足と言ったネガティブな問題ではなく物流の一端である『内航海運』
船員・船乗りとは『内航船員』と言われるように継続的に取り上げてもらいたいものです。

就職先や職業を聞かれて船乗りと答えとら
え!マグロ船?漁師?との第一声から

カーゴ?タンカー?それともセメント船?ケミカル?
まさかRORO船?もしかしてコンテナ船?

すごいね。日本の物流の柱だねと言われる日は来るのでしょうか?

私にもこの番組の記事の後にいくつかメールで相談はありました。
私が答えたのは中小型船以上の内航船目指すのであれば
独身であれば約二年犠牲にしても
海技短大が最短ですよとは言いました。

現在、マリンジャパンのように独自の方針と養成過程で船員養成に力を入れているグループ企業や
個別での自社養成のオーナーさんも増えてきました。

船員にどうしてもなりたい方、やる気のある方は、
まずは手を使い足を使い問い合わせてみてください。

自分の道は自分で切り開く!

それがどの社会においてもまずは基本だと思います。
念ずれば花開く




そんなこんなで、金曜雨順延の為、2連休の予定が何故か揚げ日まで繰り上がり
本日0700谷山直行着桟荷役開始。
IMG_7781.jpg
途中雨中断も1300揚げ切り志布志回航中。

今日は海の日(祝日)とはあまり考えないようにしておきましょう・・・
普通の月曜日と最初から思えば腹も立ちません(笑)

大きな港では正午に一斉に汽笛が鳴っていたかもしれませんね。
海の日のイベント

本来、経済学的に考えても希少性とは価値の上がるものであるはずが
内航船・内航船員の希少性とは、絶滅危惧種と同等の方向性であり
保全保護と言う考えやカボタージュ・外国人船員導入と言った稚拙な考えの前に
内航海運の価値の見直しと価値の創造。

やれることをできる限りやってみて、それでもだめなら・・・
しかしカボタージュや外国人船員を導入したところで根本的な解決にはならないですから。
関連記事
スポンサーサイト



  • 事件は事務所で起きてない、船上で起きているんだ!
  •  賀茂丸 
  • 2009.07.20 20:55  
  •  [ 編集 ]
某ドラマのセリフではありませんが、現場を肌身で知らない人のコメントだと、私は感じましたよ。
なぜ若者が船員に興味を示さないのか、どうして高齢化が進むのか、船員不足がなぜ進むのか、現場でしか知らない事がいっぱいあります。
デスクであ~だのこ~だの言ってる人には分からない世界です、陸上とは勝手が違いますから。
某先生方も現場を見ずに事務所の人の意見だけで法律を変えたり、検査項目を増やしたり…
実際に現場に出て、肌身で感じてから物事を言ってくださいね!
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2009.07.21 04:43  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
先日は、ご相談にのって頂きありがとうございました。このNHKの番組は、住んでいる地域の関係で見ることができず、内容も管理人様の文章で想像するしかないのですが、外国人船員発言については、全くもって問題の解決にはならないですね。
この国は介護や看護の分野にもその考えを導入して、うまくいってないわけで、そもそもなぜその分野を目指す日本人がいなくなったのかという根本的な問題の解決なくして、未来はないと思います。



賀茂丸様

現場を見ろと言うのが通じないことを
前提に方向性を考える必要があると思います。
荷主の中にも海上物流を大切だと思っている人は、たくさんいますが、その人たちの意見が通るかといったらまた別の話です。
某工業会の方の発言は、何も失言ではなく
普通に出た言葉だと思います
そう言う人たちの集団だと大前提として
考え対策を練る必要があると思います

おおの 様
道は自分で開くものだと思います。
やってやれないことはないのでがんばってください。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog