FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2009.08.26    カテゴリ:  船用品・工具 

   ペイントミキサー

ペンキは、皆さん一斗缶でペイント倉庫などに保管していると思いますが
IMG_5941_20090826154633.jpg
(ラバーコートなどの1液性塗料は小分けにしているかもしれませんね)
IMG_5942_20090826154634.jpg

特に2液性の錆び止めなどで起こるのが、塗料の沈殿。
いつも必死に一斗缶を振って混ぜてたつもりが混ざってた大半は上澄み液。
これでは、本来の錆び止め効果は期待できません。

何事にも用法容量というものがありますので

一斗缶の口から棒を突っ込んで混ぜたところで少々しか混ざりません。
そこで、市販のペイントミキサーを使用


IMG_5494_20090825160424.jpg
しかし、問題が一つ
一斗缶の口に入りません
IMG_5497_20090825160424.jpg
そこで、大手プロペラメーカーと共同開発で流体力学を取り入れ入念なピッチ調整を行い
30分ほどかけて開発されたのがこちら
IMG_5495.jpg
ネーミングをつけると『まぜ太郎』や『かきまぜ君』などダサい名前になるので(笑)
名前はつけません。
IMG_5493_20090825160425.jpg
そしてドリルに取り付け
IMG_5501_20090825160425.jpg
緊張の一瞬です
IMG_5498_20090825160645.jpg
無事挿入できました
IMG_5499_20090825160645.jpg
試運転して思ったのが、やはりダイヤが小さいので混ぜるのにはコツがいります
IMG_5500.jpg
しかし、そんな夏休みの素人作品とは違い特許を取っている商品がこちら
新光化学のペイント撹拌機

ヨットのプロペラのような理論ですね

お問い合せ・注文はこちらから→お問い合せ
関連記事
スポンサーサイト



本船も7月に自作しました。

一つ目は大きいやつを作り使ってみたら予想以上の効果がありましたので
二つ目は缶の口から入るサイズを作りました。

ニ作目を試す途中に専用ドリル(980円)が壊れてしまい性能は??
かくはん器は船乗り出した時期から、考えていましたが。当時の上司が、面倒だし、コストがかかるからと却下・・・。

けど、このコストだともう上司の反対もなさそうです。

後はうちの船員がまめに実行してくれるかどうかですね・・・。
うちは ずーと前から ハンドドリルで やってるよ、専用の器具 ペンキ屋がくれますよ。ほぼ 使い捨てだね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog