FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2009.11.13    カテゴリ:  海難事故 

   フェリーありあけ

本日、一日時間があったので午前中は某造船所・午後から某造船所・さらに夕方に某造船所で
一日が終わりました。
午前中、マルエーフェリーが傾いていると何件かメールがあり
私としては、平成19年2月9日の・マグロ漁船「幸吉丸」に衝突事故で
マスコミに散々叩かれ、東京入港生中継までされ、まるで殺人事件でも起こしたかのようなマスコミの騒ぎようのマルエーフェリー・・・
逆に幸吉丸は、奇跡のヒーロー扱い。
フェリーたかちほの見張り不十分はクローズアップされても、ノーワッチの幸吉丸には
全く触れられず・・・・

のちに双方の見張りが不十分だったことが事故の原因と断定し、
同船の元航海士と漁船の船長の2人を業務上過失往来危険などの疑いで書類送検

そして数日前、市橋容疑者逮捕に貢献したマルエーフェリーが・・・

数件のメールをチラッと見ただけなので・・・てっきり会社が傾いているのかと思いつつ・・・

午前中の造船所訪問を終えてメール確認

そして昼のニュースを見ると傾いたフェリーありあけが懸命に走る姿が・・・

その後、座礁シーンも映像に映った時にすぐに思いました。
これは船長判断で転覆・沈没を防ぐための任意座礁判断だと。

同時に全員救助の情報も流れていて、安心しました

記者会見の姿を見ながら総員退船・船体放棄を決断しなければならなかった
船長の気持ちを思うといたたまれなかったです。

しかし、あれほどの状況で、一人の死者も出さずあの状況での
乗り上げ判断。なかなかできるものではありません。

最悪の状況でも最良の船長判断だったと思います。

船長判断と死者を出さなかったことに同業者として敬意を表します。

スタビライザーが付いていたのに何故?とも思いますが
急激な波に対してシャクリ(戻す力)が強いとも聞いたことがあります。

船の復元力はかなりあります。しかしながら、荷崩れを起こすと
諸刃の刃です。荒天時の判断と運航スケジュール
あからさまな荒天ならば、判断は簡単ですが、突如の三角波・・・難しい判断です

冬の玄海。限界を感じながらも・・・あと少しの辛抱と、斜め前から波を受け必死の航海
本船船長は、こんなに吹くとは思わんかったとノー天気なコメント。
あんた何年船乗りやっとんだ?と思いつつ
突如、真横からボディブローを食らうような衝撃

それが三角波。


AiShip情報
熊野市沖約200メートルの浅瀬で座礁
20091113001.jpg

20091113002.jpg

フェリーありあけ【Ferry Ariake】 マルエーフェリー 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 7910GT 5026DW
1995.8 林兼船渠 D.ユナイテッド 16PC2-6×2 24000ps 24ノット
関連記事
スポンサーサイト



こういった事態になった船体は、何とか拠点か工場に帰れたとして、復活できるのでしょうか?

横倒しの姿が可哀相過ぎて…。(>_<)
人命第一はよかったです。
しかし、船長を持ち上げすぎでは?
結局座礁油の流失と環境汚染をしてしまってます。
マルエーさんは、社風なのか事故が多い気がします。
船内のフインキがそうなのでしょう。

まだ事故の原因ははっきりしませんが、コンテナの場合積み付けの際ツイストロックやターンバックルの確認したのでしょうか、時化てくるとターンバックル緩んでくる事があります。 積荷の内部での移動は船ではどうしようもありません、陸上での輸送中の横転事故はツイストロックの確認忘れでしょう、ヤードでは作業員がツィストロックロックするようです。  台車に乗ったコンテナは台車をチエンとチエンブロックで固定するようですが台車の分だけトップヘビーだし、空気の入ったタイヤの上だからコンテナ内部で荷崩れがあると船ではどうしようもないですね。

ヤードでのラッシング確認するまもなく出航と言うより追い出される事が多いです、航海中確認しろと言っても出てすぐ時化たら出来無い事もあります。

ともすれば運行スケージュール重視で、確認を怠る事も有ったのでは…
初めてカキコ 様
海上が時化でなければ近くの港へ避難。復旧の可能性もありますがあの状況でしたら
なかなかできる判断ではないですが砂浜への任意座礁があの状況ではベストではないでしょうか。
沖で船体放棄していたら転覆もしくは沈没だったと思います。

現役 様
安全管理や運航状況・過去の事例や社風含めいろんな要因はあるのかもしれません。
私としては、同じ船員として死を覚悟しながらの決死の任意座礁をしなければならなかった船長含め船員たちの気持ちを考えれば
いたたまれなかったことと、あの状況での船長判断・なかなかできないですよ。それをを書いただけです。
事故は事故でのちに原因はわかるでしょう・・・

何も知らないフェリーオタクのサイトやマスコミ含めケチョンケチョンに言われている彼らを同じ海上労働者が味方してやらなくて誰が味方になってあげるんですか?
私は負傷者はいたものの一人の犠牲者もださなかった船長判断・その他船員たちの行動は同業としては称賛に値すると思います

fullahead 様
コンテナの中身は積み荷とトン数くらいでどう言う状況での中身の固定かは、特に輸入品に関してはわかりません。
ですからコンテナ車での横転事故など起こるのです。下手をすれば貨物はどちらかの壁固定でまったくバランスの取れていないコンテナさえあるのです

運航スケジュール重視は、過去の重大海難事故でも言われてきたことで運航管理規程が厳しくなろうとも難しい問題です

私が時化の写真を載せると、写真に載っていない某オペレーターから私でなく、まったく関係のない本船所属のオペレーターにあの写真消せと圧力があるくらいですから(笑)
あんな写真、うちの船まで撮られたら困ると…

私としては、こんな波の中皆さん必死にがんばっていますとの記事だったんですがね

この一連の事実を有力船主さんや他の有力オペ関係者・船乗り仲間に話すと皆さん私以上に大激怒してました(笑)

言うなら正々堂々と私個人に攻撃してくれる方がありがたいのですが(笑)次回からそのようにお願いします
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2009.11.16 01:08  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
最終責任は船長にあるけど
ラッシングの不具合が原因となると一航士の追及が気にかかるなあ。
 いくら荷役責任者といっても全ランシング箇所を自分でチェックするわけにもいかないし。
 ACT OF GODの三角波ということで
お咎めナシということに落ち着かないかなあ。
 そうでないと一航士は立つ瀬がない。
確かに、人命第一!船体沈没させなかった判断力は、実際の状況下で中々決断出来るものではないと思います。
今後、事故原因をしっかり追求して、荷崩れ対策等参考にしたいところですね。
「急激な波に対してシャクリ(戻す力)が強いとも聞いたことがあります。」について質問です。
フィンスタが原因で急傾斜したような経験をされたような方はいますか。
あんな小さな翼で船体を急に傾斜させる力があるものなのでしょうか。
tomozo 様
現場解体が決定したようですね
昨今のドック事情や座礁状況を考えると仕方のない事かもしれません

せっつ 様
海難審判が答えを出してくれえると思います

現役 様
海難事故のニュースでいつも思うのが
人命が助かれば不幸中の幸い
あとは、事故を教訓にみんなが気をつける
ことが大切です。
明日はわが身の気持ちで安全航海を続けましょう!

あかし 様
聞いた話で経験者ではないのでわかりません。
後輩に大型のRORO経験者がいますが
フィンスタビライザー付きなので机からモノが落ちることはそうないとのことです。
内航カーゴに転船して船がこんなに揺れるものとはと言っていました
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2010.02.03 02:39  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
T様

バラストの件については言われてましたね。

漁解禁で大漁だったこともニュースでしてましたね
座礁の影響がどこまであるのか食べてみないと分からないと関係者の話でしたけど…

漁業補償と大漁でダブルインカム万歳!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog