FC2ブログ
企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2009.12.08    カテゴリ:  内航船〔タンカー〕 

   国内初の6000kl白油タンカー そうび丸

1997年当時、超近代化船として内海造船瀬戸田で建造されました。
95年から97年にかけ内海造船では
日立造船MAN-B&W8L42MC10840馬力のモンスターエンジンを積んだ
5000キロタンカー日丹丸(日本タンカー)を始め、
さくら丸(上野トランステック)・第二日宝丸(鶴見サンマリン当時は島津)
そして、国内初の6000キロ積み白油タンカー そうび丸と次々に大型内航タンカーの近代化が進みました
そうび丸 上野トランステック 3494GT 6569㎥
1997.10 内海造船瀬戸田 阪神内燃機工業 M-B&W 6L35MC 4440ps
IMG_1415.jpg
ミスター膨張トランクと言っても良いくらいの高さ2.28mの巨大な膨張トランク

超近代化と言うだけあって、近年の建造船となんら遜色ない設備で
三菱重工製の全自動荷役装置スーパーカーゴX ベクツインラダーにジョイスティック操船
音声認識運行支援システム「SUPER BRIDGE-X」搭載など

まだ世間的には、インターネットやパソコンが普及して間もない時期に
これだけの設備を搭載しているのはすごいですね。

さて、超近代化からはや10数年 電気推進船の登場などもありますが
次の超近代化は、どのような船ができてくるのでしょうか。

日丹丸【Nittan Maru】日本タンカー 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 4286GT 5986㎥
1995.12 内海造船瀬戸田 日立造船MAN-B&W8L42MC10840ps 航海速力17ノット
s-IMG_7492.jpg

さくら丸【Sakura Maru】 上野トランステック 2997GT 5500㎥
1996.3 内海造船瀬戸田 阪神内燃機工業 M-B&W 6L35MC 4560ps
IMG_0710.jpg



関連記事
スポンサーサイト
「日丹丸」が建造された頃は、おれオカで働いていたんですよ。
「かっこいいふねだなぁ~、あんな船に乗って仕事したいな~」と思って一発奮起、筆記試験だけとって内航船にセーラーで乗ってはや7年、いまオフィサーしています。
「日丹丸」は共用設備がよさそうで、中が見てみたいです。
トランパー 様

トランパーさんのように思いを行動に移せる人はすごいと思います。思っても動かないのが普通の人間です。そう思わせた日丹丸もすごいですね。
日丹丸の中身ですが、1996年月刊公団船新年号(現在の月刊共有船)か月刊内航海運1996年2月号で見られます。

見晴らしの良いジェットバス付きの大浴場など素晴らしい設備ですよ。

トランパーさんが一念発起したように
魅力ある内航海運でなければなりませんね






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog