FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2010.01.27    カテゴリ:  その他 

   帆船日本丸、進水80周年

みなとみらい地区に展示されている帆船日本丸が27日、進水80周年

日本丸メモリアルパーク

現在の日本丸はホノルルに向け遠洋航海中


こちらは、瀬戸内を航行中の海王丸


こちらは、“公開中”の海王丸 注意:現在はこのような“公開”実習は行っておりません


事業仕分け結果

【航海訓練所および海技教育機構への運営費交付金】
大学や高校から毎年約2千人の学生を受け入れ航海訓練するなど船員養成に充てる。
航海訓練所向けに61億円、海技教育機構向けに26億円を概算要求。判定は見直しで、
低すぎる実習費を段階的に引き上げ自己収入を増やすよう求めた。
関連記事
スポンサーサイト



4月から銀河丸で実習が始まります。

清水の海技短大では新技業棟の建設が半ばで止まり、来年以降から学費の引き上げが検討されているそうですよ。
船乗り志望 様

財政考えれば致し方ないことでしょうけど、船乗りになるなら学費免除でも良いと
私は思います。
使いきれない老齢船処理費用の一部でもこう言ったところへまわしてほしいですね

海短の就職状況見ると必ずしもよ言うより半数近くは船員になってませんよね
航海実習で海外にいけるからといった動機も間違いではありません

学費の値上げ財政云々しかたないのでしょう

ただ本当に船員になった人たち(5年10年勤続)への学費返納くらいあっても
良いのでは?
老齢船処理費用の一部の一部で済む話です

私は海短出ていないので公平な立場で言っているつもりです






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog