FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2010.02.05    カテゴリ:   

   四日市~清水

小型四日市の夜明け
IMG_2752.jpg

IMG_2751.jpg
栄吉丸108【Eikichi Maru 108】 栄吉海運 JRTT 295GT 1006DW
1994.11 木村造船 松井鉄工所 MA29GSC-31 1000ps
この船は、内航小型カーゴでは、珍しいISM運用船です
IMG_2753.jpg
SOUTHERN SPIRIT 第一中央汽船 
IMG_2754.jpg
フレコン揚げ
IMG_2755.jpg
富士山と富士【Fuji】 エスパルスドリームフェリー 1554GT
2005.7 熊本ドック八代 ヤンマー 6N330-EN×2 7000ps
IMG_2760.jpg
こちらは隆富士丸【Takafuji Maru】 甲子宏汽船 鶴見サンマリン 3331GT 5399㎥
1996.10 伯方造船 阪神内燃機工業 LH46L-G 4000ps
IMG_2762.jpg
ちきゅう
後ろの冷凍船と比較すれば高さと大きさが尋常でないことがわかります
IMG_2763.jpg
8600TEU型コンテナ船「NYK VEGA」 日本郵船
97825GT 8600TEU B&W 12K98MC 87,060ps
現代重工建造
IMG_2761.jpg
清水港内は穏やかですが遠州は、よく吹いているとの情報です
関連記事
スポンサーサイト



はじめまして。実はネット徘徊していて
ひょんな事から貴方様のブログを知り
2週間前ぐらいから造船comと内航com
両方楽しく拝見させて頂いております。

私は、この清水の住民で元海上自衛官をしていた者です。
護衛艦に乗っていました。
私は昔から海が好きで船が大好きです。
今は陸に上がった仕事をしておりますが
船は好きで、よく港へ見に行きます

また楽しみにしておりますので頑張って
いろんな記事を書いてくださいね。
匿名でスミマセン 様

護衛艦は私からすれば未知の世界です。
艦船乗りから商船に転職した同業の仲間もいますが
飲んだ時に艦船時代の話は興味深く・また面白おかしく聞きました。

商船に転職時の職務上のギャップも半端じゃなかったそうですが
今では立派に航海士を務めています

清水は、エスパルスビル周辺から入港船を間近で見れます
近年テロ対策で一般人の入れない港も増えました

静岡で言うなら田子の浦も間近で船が見られるスポットですね
こんにちは、去年の4月のカナサシ重工のコメント以来となります。
その節は、お騒がせいたしました。多数の方々からのコメントもあり驚きました。

久々の清水からの写真アップ嬉しいです。
ほぼ毎日港内を見てますが、内航丸さんには気がつかなかったでしたよ…。


「富士」は1月中旬にカナサシにてドックでしたので、まだ塗装がキレイだと思われます。

「ちきゅう」は、もう二ヶ月以上停泊していると思われますが、お休みなのでしょうか。

近況として、現在カナサシ重工は、細々とやっております。月1進水だった新造船は3ヶ月に一度となり、今月15日に今年初進水の予定です。ここ何回か、工期が間に合わないせいか進水式に間に合わず、式もなく進水して、完成してから命名式をしたりしてますが、やはり賑やかに華やかに進水式はやってほしいものですね。
もともとカナサシの進水式は、しょぼすぎるので、他の造船所の進水式の写真を見るとうらやましいです。
一時期、現場の作業員は見るなと、お偉い方に言われたりしてましたからね。遠くや物影から見たりしたものです。閉鎖的にならず、もっと地元にも開放するべきだと思います。

修理部門は、ガット船やカーフェリーなど。
現在は、遠洋まき網漁船の主機クランクシャフトの交換工事が行われてます。外板を開口しての交換なので、邪魔になる配管や機器の取り外しなど付帯工事が大きいようです。

また長々としてしまいましたが、またの清水のお越しをお待ちしております。清水向けの際は、ご一報を…。(笑)

では、お仕事共々頑張ってくださいね。




かねとも 様

本船、バレているよとの意見は無視して基本的にはトップシークレットにしております(笑)

こっそり撮影こっそり入港が基本姿勢です
中には、写真から調べ上げ本船所属のオペに通報(圧力)までしてくれる
優しい会社のありますが…

船台には近海カーゴが載っていましたね

昨年の話題に上がった時に債権者リストの船主欄を見て
内航から外航近海へ勝負をかけた人もいたのでどうなるのかと心配しましたが…

一応どうにかなるようですね

5000キロクラスが入れる修繕ドックとして大切だと思いますので
カナサシには頑張ってほしいですね






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog