FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi

マウスコンピューター/G-Tune


出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2010.02.09    カテゴリ:  省エネ 

   舶用LED

現在、次世代の内航海運について考える巨大組織 内航海運研究会(通称:内研)では
国が掲げた無謀ともいえる目標CO2 25パーセント削減チャレンジ25キャンペーンにて
産業の疲弊(特に製紙・鉄鋼・石油・電力)・国外への工場移転など海運にも大打撃を
与えかねないのでチャレンジ25宣言はしませんが
CO2削減・省エネ化などは、時代の流れとして外せないキーワードでありテーマでもあります。

そこで今回、あるルートからサンプル品があるから使ってみないかとお話をいただき

伊吹工業株式会社 NAUTILIGHT(ノーチライト)LEDフレキシブルライト (100V・220V兼用)
IMG_2742.jpg

伊吹工業株式会社と言えば言わずと知れた舶用汽笛・船内外音響信号装置の最大手でありますが
現在、船舶用LED照明灯NAUTILIGHT(ノーチライト)シリーズに力を入れています

LED電球は通常の電球や蛍光灯に比べて、低消費電力、長寿命、発熱が少ないと非常に優れた特性をもっています

LED電球は、もう一つの特徴であるディマー機能(調光機能)が使えるので室内・特に操舵室には
使いやすい製品です

フレキシブルライトのディマー機能
スイッチOFF状態
IMG_2743.jpg
徐々にダイアルを回すと
IMG_2744.jpg
全灯
IMG_2745.jpg
ディマー(調光)ダイヤル
夜間操舵室内での室内照明及びスポット照明をつけた際の眩しさと言うのは、航海安全上危険な場合もありますので
調光できるLEDの優しい光と言うのは、航海安全上においてもベストですね
IMG_2746.jpg
LEDバックライトディスプレイも登場しているので今後、レーダーやGPSなどのディスプレイも
LED化になり、より目に優しい航海計器も登場してくると思います

さて設置に関してですが、エンジンコンソールだけに使用するのももったいないと思い
夜間航海中に色々、点灯して照射範囲を調べセンターコンソールがポジション的に良いと言うことになりました。

こう言った作業に船長がいると横からあぁでもないこうでもないと口出しをしてきて
最後には、貸してみろと自分がやらないと気が済まなくなります。
将棋をしていて横からあぁでもないこうでもないと言う人と同じで一番嫌われるタイプ。
世の中には方法は無限大と言うのがわからないのでしょうね…
と言うことで鬼の居ぬ間になんとやらではないですが
船長が食料買い出しに行っている間に作業開始

IMG_6466.jpg
埋め込み式なのでパネルに穴をあけなければなりません
パネルには汽笛・ウインドウォッシャーの電磁弁スイッチ・ワイパー・投光器・室内電話が付いています
工程数を少なくするため室内電話の隣りに決定です
IMG_6468.jpg
穴のサイズが小さければ広げれば良いですが大きすぎたらどうしようもなくなるので
慎重にサイズを測りマーキン
IMG_6469.jpg
先に、配線用の穴あけ
パネル裏は配線なのでドリルなどが当たってショートしないよう配電盤の各スイッチを落としておきます
IMG_6467.jpg
そして金切りのこでと切り始めたのですが日が暮れそうな時間のかかりようでしたので
電動カッターに切り替え豪快にカット
IMG_6470.jpg
火花が出ますので徐々に
IMG_6471.jpg
受けに使っていたたタオルがカッターの火花で発火すぐに押さえて消火
徐々に溝も深くなり切断まであと少し
IMG_6472.jpg
切断
IMG_6473.jpg
あとはヤスリでサイズ調整
IMG_6474.jpg
ピッタリ!
IMG_6475.jpg
ねじ穴開け
奮発してSUSボルト仕様
IMG_6476.jpg
パネル裏からWAGO端子に接続
RとS2に接続すると220V仕様
IMG_6477.jpg
そして、完成
IMG_6479.jpg
フレキシブルなのでエンジンコンソール方面やスラスター操作パネル
前面の計器類まで照射可能です
IMG_6482.jpg



【LED電球】今お使いの電球と交換するだけ!環境にやさしい!!LED電球


東芝 LED電球 E-CORE 一般電球形6.9W 電球色相当

ようやく家庭用が普及へのスタートのLED電球市場ですが
皆さんも、船内のLED化を目指して自発的環境エコシップを目指してはいかがでしょうか?
照明類の電力は、ポンプ類の電力に比べればわずかですから劇的に燃料消費が変わるわけではないですけど
そう言った取り組む姿勢は、かならず還元されると思います

小さなことからコツコツと
どんなささいな事でもコツコツと積み上げていけば、いつか大きな力に、やがて大きな花が咲く

国交省天下り団体なのではないかと噂されている任意団体 内航海運研究会(賛助会員総勢1名)では
次世代の内航を考えつつ、良き舶用製品の紹介もしていこと思います

興味のある企業はこちらへ→ naikou0000@gmail.com


船舶用LED照明灯NAUTILIGHT(ノーチライト)シリーズのお問い合わせは、
伝統と信頼の伊吹工業株式会社までどうぞ



関連記事
スポンサーサイト



以前にヤフーオークションにて直管20ワットタイプのLEDを購入試験運用しました。室内の蛍光灯部分のほかに機関室でも使用しました。結果として、温度が高くなる機関室では徐々に暗くなりついには点灯しなくなりました。(約半年で点灯しなくなった)船内の通路に設置しているものは大丈夫ですが、やはり取り付けた当初よりは暗くなっています。ちなみに中国製・・・
1_naniwa 様

色々試されているのですね。温度は盲点でした。
あとは日本製ならどうかですね






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog