FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi

マウスコンピューター/G-Tune


出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2010.05.14    カテゴリ:  未分類 

   下関~志布志~坂出

全天候荷役 
雨なので普段なら中止ですが、サイロがすっからかんで工場が少しでも揚げたいと言うことで
ニューマが入るスペース開け、中では人力スコップでかき出し。
結局60tほど揚げて翌日へ
IMG_0035_20100514121149.jpg
三菱重工下関
トヨフジ海運 シリーズ
IMG_0036_20100514121150.jpg
TRANS FUTURE8
TRANS FUTURE10
船台もトヨフジシリーズです
IMG_0037_20100514121150.jpg
HUDSON TRADERⅡ
IMG_0038_20100514104407.jpg
NIKKEI TAIGER
IMG_5859_20100514104408.jpg
大峰山丸 双葉汽船 琉球海運 広島シッピング 499GT 1600DW
2007.11 渡辺造船所
IMG_0040_20100514104408.jpg
三洋丸【Sanyo Maru】共同汽船 ナラサキスタックス 499GT 1269㎥
1993.7 前畑造船鉄工 新潟鉄工所 6M28BGT 1000ps
IMG_5862_20100514104408.jpg
第八福栄丸【Fukuei Maru No.8】山一海運 住鉱物流 199GT 700DW
1993.2 大崎造船 松井鉄工所 ML627GSC-35 1000ps
IMG_5863_20100514104408.jpg
博新丸【Hakushin Maru】博新汽船 音倉内航海運協 696GT【平水】1656DW
2006.3 岡島造船所 新潟原動機 6M28NTG 1000ps
IMG_5870_20100514120611.jpg
第十八住宝丸【Sumiho Maru No.18】井上海運 JFE物流 199GT 700DW
1996.11 浦共同造船所 新潟鉄工所 6M26AGTE 1000ps
IMG_5874_20100514120612.jpg
三悠丸 三都海運 旭陽タンカー 499GT 1228㎥ 
1993.10 讃岐造船鉄工所第一 阪神内燃機工業 LH28G 1000ps
IMG_5876_20100514120612.jpg
第三東明丸 499GT 明和海運
2007.3 浦共同造船所
うしろに見えるのは、しなつ
IMG_5879_20100514120612.jpg
徳誉丸【Tokuyo Maru】佐々木海運 熊澤海運 699GT 1246㎥
1996.9 三浦造船所佐伯 赤阪鐵工所 A34CR 2000ps
IMG_5880---1.jpg
日高丸【Nikko Maru】片島汽船 鶴見サンマリン・コスモ海運 1599GT 3299㎥
1994.12 三好造船宇和島 赤阪鐵工所 A38SR 2000ps
IMG_5881---1.jpg
こんぴら2【Konpira 2】大内海運 392GT 1200DW
1987.6 波方造船所 阪神内燃機工業 LH28RG 1000ps
IMG_5882---1.jpg
如月丸【Kisaragi Maru】如月汽船 旭タンカー 987GT 2249㎥
2000.12 伯方造船 阪神内燃機工業 LH36LG 2400ps

未経験者必見!「船員への最短コース」はこちらをクリック→如月汽船IMG_5883----1.jpg
ドック明けの21邦久【Kunihisa 21】 邦久汽船 日鐵物流 199GT 700DW
2001.8 三浦造船所佐伯 新潟鉄工所 6M26AGTE
IMG_5887---1.jpg
菱栄丸【Ryoei Maru】 岩井海運 国華産業 747GT 1850㎥
2004.5 鈴木造船 阪神内燃機工業 LH-32 2000ps
IMG_5888_20100514120800.jpg
第十一幸秀丸【Koshu Maru No.11】 藤井綱海運 コスモ海運 699GT 1247㎥
1993.3 三浦造船所佐伯 阪神内燃機工業 6EL30G 1800ps
IMG_0043_20100514121149.jpg

未経験者で船乗りを目指したい方はこちらをクリック藤井綱海運
関連記事
スポンサーサイト



三悠丸は小豆島船籍です。元船名は第八春日丸です。讃岐造船建造です!船主は三都海運です
 管理人様、日頃の航海お疲れ様です。 

 さて、近日の番組でフェリー業界の方が悲鳴を上げていました。 高速道路の安価に伴い、運送業の乗船車両数の激減化で今年の収益は赤字覚悟。 
 コストは下げる処まで下げた、もうこれ以上は・・・。と言う事で運送会社に頼み込みに行かれてようですが、色良い返事は・・・。 
 と自分も乗船したことがある瀬戸内海のフェリー会社の社長さんが嘆いておられました。 

 又、別の番組では豪華クルーズ客船。乗務員確保のため、とフィリピンの船舶学校で打ち合わせをしているシーンがありました。 
 日本では閉鎖した学校あると聞きましたが、もう日本の船舶は・・・。      
 長々となりましたが、管理人様及び御観覧の皆様の健康をお祈りします。
      それでは。
第七しょうどしま 様
ありがとうございます。追記しておきます

大翔丸 様
フェリー業界大変厳しい状況だと思います。
とは言っても時間的に高速道路・橋を優先するのが顧客なんです

瀬戸内界隈の航路もずいぶん減りましたし
航路自体なくなっているところもあります

橋など代替交通手段があれば便数が減るのもしょうがないですが橋のない離島にまで
減便・航路廃止の影響出てます。
生活航路の存続はすべきです。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog