FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2010.06.21    カテゴリ:  内航ドットコムオブザイヤー 

   シップ・オブ・ザ・イヤー2009

「シップ・オブ・ザ・イヤー2009」南極観測船「しらせ」に決定


しらせ 防衛省 18300GT  LppxBxDxd…126.0x28.0x15.9x9.2m
機関 ディーゼル 4基・主電動機 4基
ディーゼルエレクトリック(交流PWM制御 5,516kW×4)2軸推進 30,000PS 最大速度 19.5ノット
砕氷能力 厚さ1.5mの氷の中を3ノットで航行可能
乗員 179名 隊員 80名 輸送物資 約1,100t
2009.5 ユニバーサル造船株式会社 舞鶴事業所



SHIRASEプロジェクト
三代目南極観測船しらせ 艦番号AGB-5002は除籍後民間の気象情報会社「ウェザーニューズ」に売却(4000万円)
SHIRASEに改名され2010年5月2日から南極観測および気象観測の象徴として一般公開中

シップ・オブ・ザ・イヤー2009、満票でのしらせのShip of the year受賞。
素晴らしい技術での受賞。異論はありませんが・・・

船舶及び海洋工学に関する学術技芸を考究し、その発達を図ることを目的としているならば
選考委員の人選の再考。各部門賞の増設をよろしくお願いします
少なくとも商船学校や商船大の教授や海員学校などの先生、総連幹部
内航ジャーナルや内航新聞・共有船など業界メディア関係者くらいは選考委員に加えてもらわないと
どうだ。シップオブザイヤーだ参ったか!と言われてもイマイチ納得きません。

船舶は、千差万別です
外航船部門(カーゴ・タンカー)
近海船部門(カーゴ・タンカー)
大型内航船部門(カーゴ・タンカー)
中型内航船部門(カーゴ・タンカー)
小型内航船部門(カーゴ・タンカー)
フェリー部門(大型・小型)
漁船部門(大型・小型・密漁)
特殊船
など…

ここまでカテゴリー分けしろとは言いませんがせめて、内航船部門(大型・小型)くらいあってもよいのでしょうか?
そうすれば、内航建造造船所も内航船主も少し盛り上がると思いますけど。
別に賞金や賞品出せと言っているのではありません。(あるに越したことはないですが)
頑張っている人・素晴らしい技術に栄誉を与える機会を作ってください

あの選考委員の人選では、内航船が受賞するのは、エントリー船に恵まれないと厳しいと思います

そして・・・
内航ドットコムオブザイヤー2009は…

関連記事
スポンサーサイト



  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2010.06.21 11:41  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人の独断と偏見で発表お願いします
P 様
499GTカーゴ部門は受賞最有力候補ですね

内航丸 様
スポンサーとの兼ね合いで(嘘)なかなか独断と偏見での発表は難しいです(笑)
どの新造船もオーナーの考え・オペ・荷主の意向・造船所のコンセプトなど一長一短で
私としては新造船は甲乙つけがたいですね。
私としては、その船の良さを最大限紹介していくことが内航ドットコムのコンセプトです。
こんにちは。

おっしゃっている通り分野別にしたほうが良いと思います。

安全航行をお祈りいたします。

では、失礼いたします。

とまと
とまと 様

昨年できた内航船がしらせに勝てるとは思いませんが、内航船でも内航船なりに創意工夫した船が多数いたのは事実です

その上でのシップオブザイヤーであってほしいですね。

共有船オブザイヤーなら簡単にできると思います






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog