FC2ブログ
企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2010.09.03    カテゴリ:  新造船 

   祝 竣工 第二金洋丸 

5000KL黒油ダブルハルタンカー 第二金洋丸 竣工

第二金洋丸【kinyo Maru No2】金力汽船 JRTT 鶴見サンマリン 3566GT 5599.8㎥
2010.9 伯方造船 ダイハツディーゼル 6DCM-32F 2942kw
LOA 104.24m B 16.0m D 8.2m マルチ乾舷採用
IMG_8347.jpg
左は6000kl白油タンカー 第八十二英山丸
IMG_8349.jpg
デッキに色が入ると雰囲気変わりましたね
デッキはNKMのウレタン塗装(今回のペンキはオールNKM)
業界初の半埋没型デッキストレーナー
IMG_8363.jpg
ファンネルは、内航タンカー最大手 メガコモンキャリアの鶴見サンマリン
IMG_8367.jpg
ホワイトベース型セミウイングブリッジ(NKMウレタン塗装)
IMG_8403.jpg
海運メディア風に紹介すると、暴露部の一部に“鉄”を採用
後々、メンテが困るような場所・錆の出やすい場所にはSUSを多数採用
IMG_8408.jpg
JRTTとの共有船です
IMG_8352.jpg
オモテ ウインドラスはエスケエ鉄工 別注SUS仕様
IMG_8411.jpg
チェーン止めのターンバックルもSUS
IMG_8410.jpg
デッキを広く取るのが伯方造船のタンカーの特徴ですね
IMG_8412.jpg
最大揚荷容量 3600㎥/h
最大積込容量 1840㎥/h
IMG_8413.jpg
SUSスカッパー 水たまりができても濡れないようSUSステップ付き
IMG_8414.jpg
大きな荷物を持って揚がれる幅広階段
IMG_8415.jpg
ポンプ室
IMG_8402.jpg

IMG_8416.jpg
吹き抜け型
IMG_8417.jpg
トモ ウインチ
IMG_8369.jpg
船尾から
IMG_8421.jpg
SUS被膜付きファイヤーワイヤー
IMG_8422.jpg
オーバーフロー
IMG_8419.jpg

IMG_8418.jpg
ナビゲーションデッキ
IMG_8427.jpg

IMG_8424.jpg

IMG_8426.jpg

IMG_8425.jpg
操舵室 冬季は、床暖房が入ります
IMG_8430.jpg
視界良好です
IMG_8431.jpg
センター型両開きチャート台
IMG_8359.jpg

IMG_8360.jpg
船舶電話の交換機が新しくなるようです
IMG_8358.jpg
機関長室
クッションフロアを張って高級感が増しました
室内は土足禁止・禁煙 全室2ドア冷蔵庫・個別暖房・ハイブリッド式加湿機完備
IMG_8374.jpg
廊下
IMG_8357.jpg
船長さん自作の一般配置
各フロアに喫煙ルームが設置された完全分煙仕様
IMG_8377.jpg
一般配置

24時間対応展望浴場 船員さんの要望でカーテン取り付け
左舷付け仮バースや浦賀水道などの反航船と近い時によく相手側から見えるそうです
IMG_8353.jpg
2F 一等機関士部屋とお風呂の間にストア
IMG_8379.jpg
1F 結構広いセカンドエンジニア室
IMG_8401.jpg
オーナズルーム兼多目的予備室
IMG_8380.jpg
ジャンパーロッカー
IMG_8381.jpg
食堂サロンはミーティングしやすいように縦型配置
IMG_8399.jpg

IMG_8400.jpg
壁は、通達物などが磁石で貼れます
IMG_8443.jpg
荷役事務室
IMG_8382.jpg
1F一般配置(船長さん自作)
IMG_8420.jpg

オーナーさん提供のデリバリー写真
IMG_4315.jpg

IMG_4304.jpg

IMG_4263.jpg

進水式はこちら→第二金洋丸 進水式

海上試運転はこちら→第二金洋丸 海上試運転

オーナーさんのコンセプトは、
あったら良いなと思うモノは、なくても良いモノだから付けない【シンプル化】
結構、あったら良いなと思うモノたくさん付いています(笑)

10年後・15年後にメンテコストのかかるものは出来るだけ付けない【脱・ハイテク化】
カーゴから比べればため息が出るほどのハイテク設備です(笑)

10年後15年後にメンテ困難な場所には初期投資【出来るだけSUS化・二重底GRP配管など…】

私は、オペ社船に見られる赤字垂れ流しのハイテク船を否定はしません。
ハイテク技術も進んでもらわないと、海運技術に進歩がありません
しかしながら、船主側は傭船料収入の中から長期運航計画・経営計画を立てなければ
海運経営は成り立ちません。
逆に船価重視の安かろう悪かろうな船では、長期安定安全輸送は望めません。

色んなコンセプト・バックグラウンドがあって各船が出来あがっている事を知れば
海運業界にまかり通っている『平等という名の下の不平等』を少しは改善できるのではないかと考えます

第二金洋に見られるこだわりや、設備投資に対する付加価値。オーナーさんのコンセプト
それを、形にした、伯方造船も、内航タンカー建造のパイオニアと言える所以だと思います

今回、起工から竣工までそんなに、回数としては見学できませんでしたが
たまたま、スケジュールが合い進水式も見れましたし、たまたま、私の抜糸翌日が試運転で
ついでに乗船できましたし
(試運転前日に抜糸をする為に逆算して手術日を決めたそんな計算高い人間ではないですよ(笑))
竣工前日にたまたま4時間ほど時間ができて見学できましたし、運が良かったと言えるのではないでしょうか

関係者の皆様、ありがとうございました

以上、簡単ではございますが第二金洋丸の紹介を終わります

第二金洋丸の安全航海と金力汽船の今後のご活躍を期待します。


金力汽船のホームページはこちら→金力汽船株式会社

関連記事
スポンサーサイト
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2010.09.04 09:04  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
なんだかんだ言っても小船乗りは小船乗り…一杯船首には羨ましい設備&仕様ですね。
199乗りからは夢のまた夢ような船ですね。
管理人さんも色々夢見て新造頑張ってください。
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2010.09.04 18:37  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Hやん様
貴殿ブログでお答えしましたが正解です

小船乗り 様
夢と思うのか現実の目標とするのかそれは本人次第ではないでしょうか?
どうせ自分は…どうせ我が社は…どうせ本船はと思っているより
もちろん仕様も設備も小船とは違ってきますけど
自分に何ができるだろうか?我が社に何ができるだろうか?本船のセールスポイントは?
と思ったら仕様レベルの高い大型内航船とも土俵は違えど何か勝負はできるのではないでしょうか?

第二金洋丸見てよし自分もこの船に負けないくらいの船を造ろうと思う方が
プラスになるのではないのではないかと思います

Hやん 様
タグの仕事頑張ってください。撮影にはベストポイントなので
いつか撮影に伺います







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog