FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2010.09.09    カテゴリ:  新造船 

   第八利栄丸

8月2日に太陽造船にて竣工された平本海運(株)の新造船 第八利栄丸
DSCF1111.jpg
第八利栄丸【Toshiei Maru No8】平本海運 岡山海運 199GT 725DW
2010.8 太陽造船 阪神内燃機工業 LH26G 735kw ジェットスラスター付き
DSCF1094-1.jpg
船主さんから頂いた太陽造船撮影の竣工写真と8月中旬に坂出港で見学した際の写真です
積み荷は、スクラップがメインです
IMG_7984.jpg
2Fが両サイドまでありますので199以上に見えます
IMG_7990.jpg
太陽造船のゴールドプレート
IMG_7991.jpg
ファンネルは岡山海運 積み荷は電炉向けスクラップ
排気管はSUS仕様
IMG_7997.jpg
ホールドは30m×7.5m 鉄板ボックス仕様 二重底タンクトップ22mm厚の強度仕様
ハッチとウインドラスは上原鉄工
IMG_7998.jpg
オモテから
ワイヤレスリモコン仕様
IMG_7986.jpg
ホースパイプ囲いは、最近いろんなところで見るようになりましたね
IMG_7987.jpg

IMG_7988.jpg

IMG_7985.jpg
ハッチ収納レールはSUS丸棒 使っていくうちに楕円に落ち着きます
角棒だと上が段々と潰れて耳ができます
P7260075.jpg
ハッチは、収納した時に当たる部分には、SUSピース当て太陽造船別注仕様
走行ローラー・収納ローラーはSUS
コーミングトップはステンレス一枚板 このあたりは太陽造船では当たり前の設備です
チェーンは、スタッドレスの強化チェーンのようですね
P7260076.jpg
ハンドレールは分割型
スクラップがボトボト落ちてきますのでハンドレールはめちゃくちゃになります
法律上必要な部分は残して後は取り外し可能なワイヤー型
P7260077.jpg
そしてこの船はノンバラスト着桟・離岸が可能なポンプジェットスラスター【ナカシマプロペラ】搭載
360度前後左右自在な推進です。
IMG_8016.jpg
実際、船主さんの話では瀬戸内船なので余程のことが限り1番以外は張るつもりはないそうです
P7260063.jpg
いすゞマリン UM6HE1TCG 276kw(JCI出力)
ポンプジェットを動かすには高馬力のエンジンが必要です
IMG_8017.jpg
ロープシフトも可能な停泊用パッケージ発電機 デンヨー 70KVA
P7260059.jpg
前船から引き継がれたマイブルドーザー
P7260069.jpg
操舵室
太陽造船仕様はコンソール前を開けるタイプが多いです
IMG_8005.jpg
エンジンコンソール ジェットスラスター操作盤
IMG_8004.jpg
バラストコントーロールは、バラスト張ることもほぼないので必要ないとの船主要望
その分の予算はジェットスラスターへ
P7260003.jpg
船長室
P7260019.jpg
199GTなので部屋の広さは取れませんがその中でも家具の色合いには高級感をだし
空間最大利用で収納もバッチリです
P7260020.jpg
機関長室
P7260026.jpg
空調は各部屋個別です
P7260027.jpg
阪神内燃機 機関警報
P7260028.jpg
1F予備室
P7260037.jpg
和室仕様
P7260040.jpg
食堂
後ろに見える食洗器は設置前
P7260046.jpg
キッチン
P7260048.jpg
ボートデッキ 左舷側
IMG_7996.jpg
右舷側 甲板倉庫
P7260015.jpg
ケッチンアンカーもあります
IMG_8008.jpg
阪神内燃機工業 LH26G 735kw
IMG_8001.jpg

IMG_8000.jpg
セントラルクーリング
IMG_8010.jpg
太陽造船標準のバラコンは、バラストを張らないと言うことで不採用
IMG_8002.jpg
トモウインドラスはワイヤーリモコン仕様
IMG_7999.jpg

IMG_7993.jpg

IMG_7992.jpg
水島沖 満船状態
IMG_0393.jpg

新造船からスクラップ積みと聞くと、誰もが・・・うーん・・・もったいないと思われるかもしれませんが
船主さんは、前船からの荷物も航路も継続なので最初からスクラップを積むつもりでスクラップ積みに
耐えれる船に特化して合理的に建造したようでした。

船主さんは、太陽造船以外での建造は考えなかったと言うくらい
レベルの高い塗装クオリティ 長持ちする船 太陽造船
小船船主を中心に太陽造船ファンが多い所以でしょうか

スクラップは、カーゴの末路。外国船並みに船が傷んでいく。
スクラップ積んだ後は、他の荷物が積めない
磁気コンパスはマグネット荷役で使い物にならない…鉄粉で船は、錆だらけになるなど
嫌煙される分野ですが、リサイクルの観点からも電炉メーカー向けに
国内の重要な資源であり原料輸送でもあります。

綺麗で楽な仕事(荷物)は、それだけ競争も激しくなりますし、淘汰も早いです

人の行く裏に道あり花の山

ニッチな分野に自分のポジションを持っておくのも生き残る道ではないでしょうか

第八利栄丸の安全航海と平本海運の今後の活躍を期待しています
関連記事
スポンサーサイト



No.の付いてない利栄丸からのリプレースでしょうか?
陸上社員 様
そうです。Noなしも社船として現役続行です






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog