FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2010.11.25    カテゴリ:  造船所 

   向島ドック

瀬戸内修繕専業ドック二強の一つ向島ドック
IMG_9867.jpg
全長162m 幅30m 15000GTまで入渠可能な巨大フローティングドックが特徴でもあります
また、ホテル並みのドックハウスやサウナ付きの大浴場
焼肉コーナーまである船員食堂など充実した設備で工務監督から人気の高いドックでもあります
IMG_9866.jpg
NHK朝ドラ「てっぱん」のオープニングで第八新水丸と一緒に映っているドックが向島ドックです
IMG_9868.jpg
第八新水丸【Shinsui Maru No.8】東神油槽船 3317GT 5799㎥
1998.12 三浦造船所佐伯 阪神内燃機工業 M-B&W 6L35MC 5280ps
IBS搭載 SUPER-CARGO-X ベクツインラダー ジョイスティック操船 トレーニングルーム設備
IMG_2482_20100128131638.jpg
君津丸【Kimitsu Maru】日鐵物流 10741GT 16999DW
1991.3 四国ドック 三井造船 M-B&W 5L50MCE 5700ps
IMG_9765.jpg
20年が近い船には、見えないくらい綺麗ですね
IMG_9863.jpg
バージ:THUNNUSⅡ【ツーナス2】+プッシャー:THUNNUSⅢ【ツーナス3】
140GT バージ:1261DW+240DW 岡本海運 マルヨシ物産
2004.9 渡辺造船所本社 ダイハツ 6DKM-26 1000ps
IMG_9764.jpg
荷役革命を起こしたと言われている全自動荷揚専用システム 
コマツディスチャージシステムとセルフアンローダー方式荷役
IMG_9767.jpg
ホールド幅のバケット一掴み11t センサーにより自動で山を探し荷役可能です
浚えは荷役用ブルで取り切りです
IMG_9860.jpg
荷役ホッパー
IMG_9859.jpg
周辺環境に配慮した飛散防止カーテン
IMG_9858.jpg

IMG_9778.jpg
バージ側の荷役エンジン
IMG_9769.jpg

IMG_9772.jpg
ファンネルはマルヨシ物産
排気管はSUS仕様です
積み荷は、石灰石・石炭・石炭灰など中国電力系の荷物が中心です
IMG_9775.jpg
操舵室は、コンパクトにまとめられ、バージ側のウイングと連結します
IMG_9857.jpg
外から想像すると視界が悪そうに見えますが意外にも視界は良好です
IMG_9776.jpg
バージとプッシャーの連結はファーストジョイント方式
IMG_9768.jpg
連結コントロール
乾ドック内で注水中に分離
IMG_9777.jpg
サイドは、油圧ではなくガス押し
IMG_9782.jpg
ガス圧用ガス
IMG_9781.jpg
プッシャーのエンジンはダイハツ 6DKM-26 1000ps
船尾にかけトリムが付いているのが特徴です
IMG_9855.jpg
オイルも食わないし、お金のかからない調子の良いエンジンだそうです
IMG_9856.jpg

IMG_9854.jpg

JFE N1 N3 船主さんである岡本海運のツーナスⅡが向島ドックに入ると聞いたので
岡本海運の専務さんに連絡し、見学させてもらいました。

岡本海運では、勤続40年以上の船長を筆頭に
ほとんどが20代30代の若手船員が多い会社であります。

新人採用も積極的に行い。育てる経営を目指しています

ツーナスを見学させてもらった時も、船内調和の取れている
若い雰囲気の船内を感じました

岡本海運に興味のある方は、こちらをクリック→岡本海運株式会社ホームページ

そして今回、向島ドックの杉原社長とお話する機会も設けていただきました。
変革のリーダーと言われるだけあって、ユーモアのある話の中にも
目線は10年後、20年後の先を見た「あるべき姿」の目標に基づいた次の変革

とかく、目先の経済情勢にとらわれがちで「木を見て森を見ず」の人が多いですが
杉原社長のお話には、森から見ているので、頂上を目指す道は、無理やり一本道にする必要は
ないのでは?と私は、受け取りました。

外から見た内航海運と言うお話もなかなか斬新的で面白かったです。

来月初旬には向島ドックの名前が業界の話題になるのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



弊社社船「ツーナス2・3」を掲載ありがとうございます。
現在本船は33歳の船長、40歳になったばかりの機関長を筆頭に平均年齢34歳という若い面々達が乗船しています。
 これから時化の続く日本海側の仙崎/下松航路を安全に航海してくれることと思います。
 管理人様もお体には気を付けて下さい。
 本船のご安航をお祈り致します。
岡本 様

先日はありがとうございました。
次回、タイミングが合うようでしたらN船もお願いします
ツーナスのご安航をお祈り致します。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog