FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2010.11.27    カテゴリ:  その他 

   関門海峡通過

新豊周丸【Shin Hoshu Maru】西瀧海運 696GT 2160DW
2006.7 山中造船波方 阪神内燃機工業 LH30LG 1800ps
IMG_9923.jpg
MIRAI BRIGHT
背景に見えるのは、外からも内からも良く見える展望浴場(最近は見えないそうですが)
IMG_9929.jpg
SINOKOR STAR
IMG_9930.jpg
夕方の関門ラッシュ
IMG_9931.jpg
MORNING CALM
IMG_9932.jpg
第三久美丸と第三弘聖丸
第三久美丸【Kumi Maru No.3】榎田船舶 神協海運 199GT 650DW
1994.7 矢野造船 松井鉄工所 ML627GSC-35 1000ps

第三弘聖丸【Kosei Maru No3】芙蓉海運 日本海運 499GT 
小池造船海運
IMG_9934.jpg
博多まで片道500km 
強行一泊三日出張

中州も徒歩圏内、朝食も格安ホテルにありがちな、簡素なものではなく
種類豊富なバイキングでした。この宿泊費で合うのだろうかと思うくらいです。
IMG_9945.jpg
そして、帰ってきたその足で
IMG_9964.jpg
バス→新幹線→リレーつばめ→九州新幹線と乗り継ぎ夜に谷山乗船
鹿児島も九州新幹線のおかげで近くなりました(福山から4時間)
全線開通したらもっと近くなりますね
IMG_9966.jpg
しかし、疲れました…

そして、本日 古江港にて黒土積み

私にとっては、揚げ荷役の後、掃除→水洗い→乾燥→積み→出航パターンの
単なる忙しい荷物でしかありませんが、甲子園を目指す高校球児にとっては
大変価値ある土なのです
甲子園に行けなかった高校球児集めて、掃除してもらいましょうか(笑)
甲子園の土は、この黒土と鳥取の白砂をブレンドしているそうです

ある会社の船にも、価値のある荷物で、この荷物を積ませてくれと言うくらい
価値のある荷物なんです

私には、あまり価値のないものでも、ある人にとっては価値がある。
「甲子園の土」注文殺到し、わずか10日間でファン向け販売中止

付加価値を考えてみた時に内航海運の付加価値って何だろう?と

最近、続々と登場している、電気推進船やハイブリッド船
省エネ製品を搭載した船や省エネ船型・特殊荷役船も付加価値と言えるのではないでしょうか。

付加価値を生かすも殺すも業界次第です。
造船所のアイディアや設計技術・船主の努力により高付加価値船でも
空船回航ばかりの配船や傭船料ダウンや荷主による運賃ダウン
それでは、付加価値を殺してしまっています。

もちろん、直近前後のそれぞれの立場・会社の諸事情もあるでしょうけど…

そして一番大切な付加価値 それは、安全運航 安全航海ですね

しかし、事故・トラブルが多い船と10年以上無事故の船
どちらが運賃もらえると思いますか?

おおまかに言うと答えは、同じなんですね。もっと言うと違うオペの船だと
事故・トラブル多い船の方が10年以上無事故の船の船より多いパターンだってありうるのです。

厳密には、事故やトラブルの多い船は当然ながら業界の評判として
ブラックリスト入りしますので、リプレースや移籍の際に困る場合が出てきます。

特にカーゴは、間にいくつもの業者がハイエナのように入りますので
荷主がお願いしたはずの船ではなく得体のしれない船が運んでいたと
ニュースで知ったと言う事もあったのではないでしょうか?

本船も、ある荷物を運ぶと名も名乗らず動静確認だけして電話切る業者があります。
物腰は柔らかいオッサンなんですが、こちらがどちらさんですかと言う間もなく
動静聞いて、はいはいそうですか。気を付けて行ってくださいと。ガチャン 終了・・・

昔は、持ちつ持たれつとこの業界の良い風習だったかもしれませんが
現在では、ハイエナ業者のぶら下がりでしかありません。

昔からしたらずいぶん減ったと聞いていますが実力はないけど権力はある電話一本業者
不況とは言え荷主は、ある程度運賃出しているんです。
不況と言うことで、昔のようにべらぼう金額のピンはねはないと思いますが
1社10万づつピンはねして行ったら末端価格(海上輸送賃)はいくらになりますか?

船主の廃業・破産は近年ちらほら聞かれますが、不況になり
減船・係船・ジャパネットたかたもビックリの傭船料大幅値引き
昨年・一昨年あたりは、あそこのオペヤバいよと何社も聞きましたが
未だ現在進行中です。ピンはね専業業者の倒産も聞きません

下半期は、オピニオンリーダーが傭船料UPでしたので業界は静かですが
いつでも下げたいのが業界の本音ではないのでしょうか?

減船・傭船ダウンのチープな経営対策の前に業界構造改革が必要ではないですか?
減船すれば当然、オペ社員もいらなくなりますからリストラですよね

減船→オペ社員リストラ オペ社員は今日明日募集できても
一度死んだ船は今日明日には用意できません

タンカーなどは、とても一杯船主じゃ対応できないくらいISMやTMSAなど安全基準をあげて
減船には好都合かもしれませんが本来の目的である安全の面で見れば事故数は、
平均すればあまり変わらずの状況です

船は、電気推進など進化していっています。内航海運に電気推進が2002年に登場して
まだ8年あまり、まだまだ進化の途中です。
高コストが言われている電気推進もシリーズ化やイロイロなアイディアで
コスト削減を図っています。

内航海運は、どうでしょう?

進化していますか?

旧態依然のままではないですか?

何も変わっていないのではないですか?

逆に言うと、まだまだやれることはたくさんあるのではないですか?


沿海区域は、少しだけ改善されましたがCO2削減・省エネ省エネと言う前に
北と南・日本海は国境の絡みがあるので厳しいかと思いますが
九州から四国・四国から紀伊半島・紀伊半島から伊豆半島への
ワンコース限定省エネ沿海を作ったらどうですか?
これは何年も前から言われていることです
国土交通省の大好きな、輸送当たりのCO2削減大ですよ。

おそらくモノ申しても、では限定近海資格取ってくださいでしょうね(笑)

コストを足し算でいける、お役所とオペ社船。

コストを引き算で考えなければならない、船主。


物流業界ですのでもっと全体で物流ソリューションを考えなければならないのではないでしょうか?
荷主・海運会社・船主・船員、パイの奪い合いではなく
協力が必要だと思います。

やってやれないことはない。
やらずにできるわけがない。

荷主・オペ・船主・船員、将来を考えやる気のある若手はたくさんいます。

権力を持っている業界の重鎮方、若手の後押ししてください。
結果的に重鎮の方の手柄になるのではないでしょうか?

ポジティブな労働環境の整備が業界リーダーの仕事ではないでしょうか?

何もできないならこちらは、何も求めませんし文句も言いませんので
早く引退して、退職金で老後の余生を楽しんでください。

40年あまり、ようやく昇りつめた重鎮の座を、若造のペーペー船員から
とやかく言われたくないと思いますが

男なら業界で生きてきた証しを残しましょうや。




関連記事
スポンサーサイト



主要オペと言われている会社社長の大半が親会社から下りてきています。

内航の危機的状況をどれだけ叫んでもやれコスト削減しろだの、やれ運航数を減らせだの
はっきり言って何を見ているのか?という感じですね。
(経常利益の数字は立派に出てるけどそれで対策したらどうです?)

「若手船員が居ないから増やせ」と言いながら本当は金がかかるから適わんわとしか
考えてないでしょ?その上、安全輸送はしろと。

その方達は(例外を除いて)自分の任期中は波風立てずに平穏に過ごせればいいやという
感じなんでしょうね(怒)100年の計ではなくたかだか10年、もっと極端に1年の計しかないのに
改善する気が無いならとっとと辞めて下さいや。

役に立たないトップは今の厳しい時期には粗大~で必要有りません!
プライムステージ 様

できないならできないと宣言し、また次の策考えれば良いと思うのです
本気で取り組むことで見えてくるものがあると思います
一番いけないのが何もしないこと。現状維持は衰退です。

せっかくトップに立ったのですから、男として足跡残した方が私はかっこいいと思います。





> 主要オペと言われている会社社長の大半が親会社から下りてきています。
>
> 内航の危機的状況をどれだけ叫んでもやれコスト削減しろだの、やれ運航数を減らせだの
> はっきり言って何を見ているのか?という感じですね。
> (経常利益の数字は立派に出てるけどそれで対策したらどうです?)
>
> 「若手船員が居ないから増やせ」と言いながら本当は金がかかるから適わんわとしか
> 考えてないでしょ?その上、安全輸送はしろと。
>
> その方達は(例外を除いて)自分の任期中は波風立てずに平穏に過ごせればいいやという
> 感じなんでしょうね(怒)100年の計ではなくたかだか10年、もっと極端に1年の計しかないのに
> 改善する気が無いならとっとと辞めて下さいや。
>
> 役に立たないトップは今の厳しい時期には粗大~で必要有りません!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog