FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2010.12.25    カテゴリ:  月刊修繕ドットコム 

   船上のメリークリスマス

正月前にいらないクリスマス寒波が勝手にやってきました。
本日、四日市にてパーツセンターからクリスマスプレゼントが届きました
荷役会社のご協力の下、荷役レッカーを部品搬入に使用してくれました
IMG_8519_20101225002437.jpg
一応修理品ですが見た感じ新しいですよね。
実際、交換してまだ2年くらいしか経過していない新品に近いシリンダーカバーです
それを本船のボスがやらかしてしまったのです。
それは12月某日、宮崎県日向港にての出来事でした。
何事も感覚でやられる本船ボスがエアランのリズムが悪いと
朝一から始動弁をオーバーホール品と交換していたようです。
赤丸に始動弁が入ります
IMG_8521_20101225002438.jpg
⇒のあたりに銅パッキンがあるのですがこれが割と取りにくいのです。
本船では耳かきのような道具を作って取るようにしていますが
始動弁に銅パッキンは付いた状態で抜けた本船のボスは何を勘違いしたのか
あるはずもない銅パッキンと格闘しはじめたそうです。
いくらやっても取れませんよね。ないのですから。
そこでボスは、強攻策にでました。
銅パッキンを割って出そうと・・・また後先考えない強引なやり方で・・・
もう一度言いますが、すでに銅パッキンはないのですよ

ゴリゴリ・・・ゴリゴリ・・・ん? 銅の色でなくシルバー系の粉が??

しまったーしかし後の祭りです。

銅パッキン二枚重ねで入れてみるもエア漏れ

私はその当日、はいぱーえこのプレス発表解禁がAM11:00と決まってた日に
事前に作成していた記事を間違いがないか点検していた最中でしたが、
ボスからエンジン場に来いと怒鳴り込んできて、こちらは何事かと行ってみると…
シリンダーカバー外せとの指示0930に開放作業開始
IMG_8520_20101225002439.jpg
昼飯も食べないでぶっ通し作業予備品を組み終わったのが14:00
舶用部品販売・修繕大手の三栄工業で修繕した予備品があったものの、
これが予備品なかったら交通の便から考えて
二日は船が止まっているところでした
やれやれ、これでようやく昼飯が食べれると思いつつ…組み終わり
清水のバルブを開けると…
は??勢いよく清水ザーザー漏れ
オーマイゴッドです

シリンダーカバーは修繕されていますがジャケット部分のカバーのパッキンが
劣化状態で一部欠損していました。しかもヘッドとヘッドの隙間部分
まさかパッキンが・・・念の為パッキンも交換しておくかとの余裕もない
シリンダーカバー交換優先でしたので
まさかの落とし穴でした。
みなさん予備品と交換する場合、一応全てのチェックを!
IMG_8522_20101225003709.jpg
ボスは、なんとか漏れを止めようと隙間に入る自作工具を作り
必死にボルトを締めてましたがパッキン欠損なので意味ナッシングです

今組み終わったエンジンを開放するほど虚しいモノはありません。
そこで私は考えました・・・
短時間で二回もシリンダーカバーを組めるなんて良い勉強じゃないかと
モノは考えようです。そう考えれば腹も立ちません。
やらかした当の本人はイライラしておりましたが(笑)
イライラしようがどうしようが組み直さなければなりません。

黙々と開放・パッキン交換・組み立て・・・
昼飯も食べないで1600終了。荷役も1600終了

今日のボスの一言

『調子の良いエンジンは触らん方が良い』

本船のエンジン割と調子よく回っています。

これ、ボスがやらかしてますが我々、下っ端がやらかしてたら
ボスの脳みそ沸騰しながらピロリ菌マックス状態でしょうね

他人の失敗は、烈火のごとく怒り・自分の失敗は笑って済ませる優秀なリーダーです

関連記事
スポンサーサイト



ヘッドカバーが外すことができて良かったと思います。当方が以前乗船していた船舶ではH社のエンジンでしたがナットが非常に堅く締めてあって外すことができませんでした。それ以後ヘッドカバーを外す分解工具としてパワーレンチを所有しております。お疲れ様でした。
1_naniwa 様

本船は、工具にスケ8のパイプを付けて二人がかりで外しました。
一回 勉強しなおした方がいいともいます
名無しのスーパーエンジニア様

貴殿は、外航のエンジニアでしょうか?最近では内航における自分で直せるエンジニアトラブル起こってもなんとか船を止めないでつなぐエンジニアが減り、船止めて業者任せが増えております
ようするに貴殿のようなエンジニアが業界にいなくなりつつあるのです
貴殿のような方が指導者となれば次世代のエンジニアが育つのではないでしょうか?
私のサイトは外航経験もある優秀な船長上がりの方も応援してくれています
貴殿のようなエンジニアが指導者となれば内航も捨てたもんじゃないと思いますがどうでしょう?






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog