企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2011.07.13    カテゴリ:  新造船 

   将星丸 船内探訪

将星丸【Syosei Maru】昭和物流 JRTT 三星海運 499GT 1830DW
2011.7 矢野造船 新潟原動機 6M34BGT 2000ps NHVプロペラ採用 航海速力12.0ノット
LOA 74.5m B 12.0m D 7.5m
40m×9.5m×6.6m フルボックスホールド
コーミングトップSUS仕様
AISクラスA 電子海図表示装置 東京計器 ECS-4000
船内照明LED バッテリー型フォークリフト搭載
スラスター いすゞ413ps 4.7t(ナカシマプロペラ)
IMG_1885_20110711122914.jpg

IMG_1932_20110711122915.jpg
ブリッジガラスは偏光ガラス
IMG_1886_20110712140800.jpg
計器類は、AISクラスA 電子海図表示装置 東京計器 ECS-4000 FURUNOレーダーXバンド二基
IMG_1887_20110712140800.jpg
室内灯はLED SANSHIN(三信船舶電具)
IMG_1888_20110712140800.jpg
BNWAS(居眠り防止装置) ASKA
7/1から義務化です。当初、今治・尾道地区は起工日ベースで考えられていましたが
設置日ベースに変更。この船が影響を受けています。
ゴタゴタしましたが義務化スタートです。
目的は海難事故を減らすことが目的の義務化ですからその本質を忘れてはいけません
IMG_1941.jpg
船長室
ベッドの高さは低めに設定されています。
IMG_1894_20110712140801.jpg
499GT18型においては十分なスペースを確保していますね
IMG_1895_20110712140801.jpg
二等機関士室
船室は、7部屋確保
IMG_1893_20110712140931.jpg
食堂・サロン
室内は、もちろんLED
IMG_1897.jpg
舶用パッケージクーラーに加え・食堂とブリッジに家庭用を追加し快適化。
IMG_1898_20110712140931.jpg
ギャレー
IMG_1899_20110712140931.jpg
個別食料庫
IMG_1900_20110712140932.jpg

IMG_1901_20110712140932.jpg
浴室
IMG_1902_20110712142037.jpg
脱衣場・洗濯場
IMG_1903_20110712142037.jpg
室内通路灯のスイッチはどこだ?と探していたら・・・
IMG_1952_20110714151638.jpg
天井に埋め込まれていました
IMG_1950_20110714151637.jpg
内張りに埋め込んでいますのでスッキリですね。
天井だけでも内張りにするとずいぶん見栄えが違いますし、
配線裏のホコリ防止やペン塗りをしなくてすみます
IMG_1951_20110714151638.jpg

チョッサーデッキ ハンドレールSUS仕様
IMG_1926.jpg
ウインドラス
IMG_1955_20110712142038.jpg
アンカーチェーン 亜鉛メッキ
IMG_1925.jpg
フォアマストはコンパニオンに固定
IMG_1956.jpg
姉妹船の航星丸同様、スプリングラインはユニバーサルローラー
IMG_1923.jpg
ツライチ 半丸付き
IMG_1958.jpg
ホールド 送風ダクト
IMG_1922_20110712142355.jpg
ファンはストア内 出口
IMG_1915_20110712142355.jpg
停泊用発電機は、震災の影響で品薄のパッケージ型 デンヨー 70KVA
IMG_1917.jpg
交換する際に出せるよう開口部
パッケージ型は使い方とメンテナンスにもよりますが寿命は10年くらいと考えると妥当かと思います。
IMG_1919.jpg
水密扉をあけると倉内の通風ができます。
基本的には排気ファンでエンジン場の温かい空気が倉内を通風することにより
貨物の結露防止などを行うものと思われます
IMG_1920.jpg
スラスター いすゞ413ps 4.7t(ナカシマプロペラ)
499GTクラスでは大型です
IMG_1918.jpg
40×9.5のボックス型ホールド ラッシングピース付き
IMG_1913.jpg
倉内階段も垂直梯子ではなく安全を考慮したステップ階段
IMG_1914.jpg
給油ラインはA/C別ライン
IMG_1933.jpg
取り外し可能な油受け
IMG_1959.jpg
デッキスカッパーはオールSUS仕様(外板サビ垂れ防止)
IMG_1960_20110712142925.jpg
デッキ通路拡張部はRの付いた設計
IMG_1934.jpg
スプリングライン ユニバーサルローラー
IMG_1935.jpg
レットを投げる際の安全上のハンドレール SUS仕様
IMG_1936.jpg
ボートデッキには、大型のダストボックス。
内航船のごみ問題 各港で収集してくれませんからね。
製鉄などではバースでの回収の動きもあるようです
以前は、デッキに焼却炉を積んだ船も多かったですが、環境上の問題(ダイオキシン)から各社封印もしくは撤去。
沖レッコーすればペットボトル一本で50万の罰金(聞いた話し)
船内焼却炉もありますがコストとスペースの問題
大問題なのにあまり議論されませんね。
IMG_1937.jpg
ボールデッキ ハンドレールSUS仕様
IMG_1938.jpg
ファンネルは三星海運
航星丸とファンネルデザインが変わりました
IMG_1944.jpg
作業ステップもSUS仕様
IMG_1945.jpg
リギンスクリュー マストワイヤー オールSUS仕様
IMG_1943.jpg
エンジン場 入り口
IMG_1904_20110712143339.jpg
送風ダクト 排気管カバー SUS仕様
IMG_1905_20110712143339.jpg
アメロイド CJCフィルター
IMG_1908.jpg
セントラルクーリングは日阪製作所
IMG_1909.jpg
機関制御室
IMG_1910.jpg
制御室裏口はデッキとホールドへの通路階段に繋がっています
IMG_1911.jpg
デットスペースの有効活用
IMG_1912.jpg

前回の航星丸の姉妹船と言う事で船型は同じものの細かな仕様でのマイナーチェンジがありました。
内航新聞にも書かれた通りメンテフリーを目指した仕様(曝露部にSUS多数仕様)・船内LED化など
10年後にお金と手間がかかりにくい仕様コンセプトになっています

完工状態で撮影したかったのですが航海スケジュールとタイミングが合わず、
竣工一週間前画像です。

三角での船祝いを終え14日に初荷。
本日、某所で同オペの松星丸とダブルショウセイマルで並んでいます(7/16)

将星丸の安全航海と昭和物流の今後のご活躍を期待しています。

いろいろとご配慮くださいました浦辺社長様・坂本工務部長様ありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog