企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2013.07.09    カテゴリ:  新造船 

   5000KLタンカー第五金洋丸 船内探訪【デッキ編】

第五金洋丸【Kinyo Maru No5】金力汽船 JRTT 鶴見サンマリン 霧島海運商会
3559GT 5599㎥【黒油】 2013.7 伯方造船 ダイハツディーゼル 6DCM-32eF 4000ps
LOA 104.124m B 16.0m D 8.2m
IMG_7239-1.jpg
れいたく丸からバンカー中
れいたく丸 麗澤海運(村上石油) 443GT 814㎥ 2006.9 伯方造船 ダイハツ 6DKM-20F 1000ps
IMG_3539.jpg
ライン系統図入りの荷役デッキ
IMG_3016_20130709152149.jpg
ウインドラスはエスケエ鉄工 SKウインチ type SUS@金力仕様
IMG_3551_20130709142059.jpg
SK Winch Type SUS@KINRIKI
WINDLASS φ46 90kN*15/30M 1GW2HD1WE
SUS使用部位
ブレーキ関係(メスネジのみBC6)
クラッチハンドル及びクラッチハンドル台
チェーンサバキ
各種ブラケット・ピン及び銘板
IMG_3550_20130709142056.jpg

IMG_3549.jpg
フォアマストはやぐら型
IMG_3084_20130709142458.jpg
メンテしやすい様にピストンフォーンの台座はくり抜いてあります
このあたりのサビの手入れが後々大変だそうです
IMG_3085_20130709142457.jpg
チョッサーデッキ
IMG_3076_20130709142451.jpg
マイクストア
IMG_3083.jpg
リギンワイヤー(18mm) リギンスクリュー SUS
IMG_3082_20130709142458.jpg
センター通路
IMG_3078_20130709142501.jpg
アンカーチェーン止め リギンスクリュー ワイヤー SUS
リギンスクリューがデッキに干渉しても良いようにSUSプレート
IMG_3079.jpg
操作デッキは軽くて丈夫なFRPグレーチング
IMG_3073_20130709142600.jpg
それを裏返しにして、滑り止め
IMG_3074_20130709142604.jpg
荷役デッキ
IMG_3086.jpg
ボースンストア コンパニオン
ロックはSUSですがしっかりと6ヶ所止め
IMG_3088_20130709142606.jpg
スラスター
IMG_3092.jpg
チェーンロッカー
IMG_3089.jpg
チェーンの取り付けは中段にあります
私は、アンカーにヨリがついた時に直せる便利なものがあるなと思っておりましたが
緊急時にアンカーぶちきって逃げれる為の設備でNKルールだそうです
IMG_3090.jpg
荷役ストア
水密扉はワンタッチロック(SUS)
IMG_3095_20130709143524.jpg
駐輪場付きです
IMG_3096_20130709144020.jpg
レット用エアガン
IMG_3093.jpg
フォクスルデッキスカッパーは油漏れ防止の二重構造
IMG_3097_20130709144021.jpg
油分が含んでないか確認して排出
IMG_3098.jpg
荷役デッキ
IMG_3099_20130709144029.jpg
オイルタイトハッチ
IMG_3100_20130709144033.jpg
1番タンク内
タンカーはカーゴと違って液体貨物なのでこのあたりの船型が絞れるのが特徴です
IMG_3553_20130711161840.jpg
船底の配管は、ボイラーで温められた熱媒油が通るヒーティングラインです
IMG_3554_20130711161908.jpg
第五金洋の特徴として黒油タンカーですがタンク内をエポキシ塗装しています(腐食防止)
IMG_3555_20130711161922.jpg
パッセージ下は、ヘルメットをかぶっても頭の当たらない高さを確保
荷役動線は大切です
IMG_3101_20130709144546.jpg
エアハッチ 覗き窓とも言います
IMG_3102_20130709144551.jpg
レデューサー置き場
IMG_3105_20130709144554.jpg
このハッチは?
IMG_3106.jpg
マイクハッチ
第五金洋丸では、荷役中の伝達指示はユニペックスのシステムでまとめています
荷役監視室マイク→デッキスピーカー・トランシーバー
トランシーバー→デッキスピーカー・荷役監視室スピーカー
IMG_3107_20130709144558.jpg
マニホールド
ここの配管と陸のローディングアームを繋ぎ、積荷役 揚げ荷役を行います
IMG_3117_20130709145357.jpg
戻り勾配付き ガルウイング型とも言います
IMG_3110_20130709145213.jpg
閉止フランジは、二人で持てる様に両側にSUS取っ手
IMG_3109_20130709145158.jpg
干渉を避け、ハンドレールを利用したエア抜き
IMG_3115_20130709145210.jpg

IMG_3116_20130709145353.jpg
半埋没型デッキストレーナー
IMG_3112_20130709145209.jpg
タンク内はこんな感じ
IMG_3574.jpg
タンク好きには、たまらないタンク構造
IMG_3569_20130711162217.jpg

IMG_3573.jpg
サクション 
積みも揚げもここからです
IMG_3572.jpg
デッキスカッパー
IMG_3563_20130711164258.jpg

IMG_3564.jpg
デッキに水が増しても解放しやすいようステージ付き
IMG_3114_20130709145209.jpg
フライングパッセージ
IMG_3069_20130711165250.jpg
ドット加工されたSUS一枚板
IMG_3065_20130711165153.jpg
荷役ホース用 吊り金具
IMG_3070_20130711165251.jpg
バッファジャンバー付きベント管
IMG_3071_20130711165256.jpg
ユニック
ユニックの緊急修理は吉平鉄工所へ こちらをクリック→吉平鉄工所
IMG_3066_20130711165321.jpg
バンカーデッキ
IMG_3059_20130711173139.jpg
給油ラインは1ライン
A重油はラインコンタミしないよう上向き配管 窓の横にあるのがA重油給油ライン
IMG_3060_20130711173125.jpg
オーバーフロータンク
パイプラインは、メンテしやすい様にSUSのピースを当てSUSのUボルト止め
IMG_3061_20130711173132.jpg
C重油用燃料ハッチ
IMG_3062_20130711173136.jpg
目視で液面を確認できます
IMG_3063_20130711173138.jpg
荷役監視室 FO液面レベル計
IMG_3560_20130711174912.jpg
燃料液面計
IMG_3122_20130711174324.jpg
どんな高性能センサーよりも二重化三重化の警報よりも目視が確実
写真はわかりにくいかもしれませんがバンカー中
IMG_3543_20130711174902.jpg
ポンプ室コンパニオン ワンタッチSUSロック
IMG_3064_20130711174304.jpg
ポンプはポンプメーカー最大手 大晃機械工業 1800㎥/h 0.94MPa×2
IMG_3125_20130711174413.jpg
タンカーの心臓部とも言えるポンプ室
IMG_3127_20130711174354.jpg
主機駆動でポンプを回します
IMG_3126.jpg
一部全通開口型
IMG_3128_20130711174828.jpg
熱媒調整バルブ
IMG_3129.jpg
洗濯ハサミを利用した開閉表示板
IMG_3123_20130711173556.jpg

IMG_3058_20130712011110.jpg
ハウス通路
IMG_3052_20130712011143.jpg
天井はメンテしやすい様にアングルレス(フラットバー仕様)
IMG_3565.jpg
火災制御図はハンドル付き
IMG_3055_20130712011107.jpg
船外蛇口はボールコック仕様
IMG_3053_20130712011146.jpg
ストア
IMG_3051_20130712011140.jpg
ハウス入口 タンカーは防爆構造の為 入口は水密扉になっています
ワンタッチSUSロック ロックバーの長さも長年の工夫によりこの長さになったそうです
IMG_3054_20130712011102.jpg
この引っ掛けは?
IMG_3056_20130712011107.jpg
ワンタッチ ドアストッパー
ちょっとしたことですが建造ノウハウがあるKINRIKI仕様です
IMG_3057_20130712011107.jpg
トモのムアリングウインチはエスケエ鉄工 SKウインチ type SUS@KINRIKI仕様
SUS使用部位
ブレーキ関係(メスネジのみBC6)
クラッチハンドル及びクラッチハンドル台
各種ブラケット・ピン及び銘板
IMG_3544_20130712010828.jpg
ホーサーはベルミックス50mm
IMG_3547.jpg
今回新たに採用された、切り替え弁に負荷のかからない絶妙な設計がされた遠隔操作レバー(SKレバー)
IMG_3042_20130712011512.jpg
これにより、クラッチの操作がワンマンで容易に行えます
IMG_3043_20130712011516.jpg
ブレーキもSUS
こう言ったとこは船の一生(国内20年)で割れば費用対効果は十分あります
IMG_3047_20130712011507.jpg
各種プレートSUS
IMG_3049_20130712011456.jpg
プレート取り付け部 SUS
プレートはバラせばメンテできますがこの場所は、サンダーも入りませんので
この部分だけでもSUSの方が賢明です
IMG_3048_20130712011455.jpg

IMG_3046_20130712011450.jpg

IMG_3035_20130712011634.jpg
熱媒膨張タンク
IMG_3041_20130712011510.jpg
交通艇はヤンマー 3LM 29.4kwの高速仕様 イヨプラ製
IMG_3546_20130712010836.jpg

IMG_3033_20130712011654.jpg

IMG_3545_20130712010837.jpg
スカッパーはSUSで曲がりのない直管(詰まり防止)
IMG_3040_20130712011507.jpg
遠隔バルブ予備 もしもの時に船が止まる(修繕・手配)と思えば費用対効果はありますね
こう言ったモノは、時に他社のトラブル対応に使われメーカー手配より早急の場合もあります
これがグループ化しなくともやっていけるチーム伯方島の強みかもしれません
IMG_3038_20130712011500.jpg
ファンネル下 機関室入口
IMG_3037_20130712011638.jpg
バッテリーはSSバッテリー
IMG_3034_20130712011641.jpg
空調室ダクト ダクト内は手入れができるようマンホール型
IMG_3031_20130712011646.jpg
ナビゲーションデッキ階段
IMG_3030_20130712011645.jpg

IMG_3029_20130712011639.jpg
スカライキ
ユニックが届きますので自力で部品搬入もOK
IMG_3032_20130712011649.jpg
機関室送風ファン 雨水を吸い込みにくいタイプです 
IMG_3014_20130712012125.jpg
パイプの部分はSUS
IMG_3542_20130712105709.jpg
オイルフェンス
IMG_3015_20130712012131.jpg
ナビゲーションデッキは、操舵室の高さに合わせてかさ上げ
IMG_3027_20130712011653.jpg
投光器はLED 三信船舶電具
IMG_3020_20130712012108.jpg

IMG_3022_20130712012111.jpg
通路灯もLED 三信船舶電具
IMG_3026_20130712012116.jpg
レーダーマスト 避雷針付き
先日、ケミカルタンカーに落雷があったようです
IMG_3024_20130712012113.jpg
リギンスクリュー リギンワイヤーSUS
IMG_3019_20130712012133.jpg
超音波式風向風速計 支持ワイヤーSUS リギンスクリューSUS
IMG_3018_20130712012127.jpg
排気管暴露部SUS
IMG_3025_20130712012112.jpg

ハウス・エンジン場につづく・・・
関連記事
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog