FC2ブログ
企業広告
Google AdSense
どんなときもwifi



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2007.01.25    カテゴリ:  海難事故 

   第8豊丸〔199GT〕

1/24 01時頃 二神島〔愛媛県松山市〕の海岸に乗り上げ

コイルを積み詫間から小倉に向かっている途中だった。
原因は居眠りとみられる
おそらくクダコを通過して寝てしまいそのまま真っ直ぐ
行ったのではないかと思われる
座礁位置〔推測〕
関連記事
スポンサーサイト



今日は、初めてコメントを書きます。昨年の12月頃からこのブログを楽しみに見させてもらっています。私は船員OBで1月から年金生活です。約25年の船員、10年の内航タンカー会社での海務部長、5年の特タン船会社での安全管理課長を経験しました。貴方のように余裕を持って(航海スケジュールはかなりハードそうですが)船員生活を楽しんで居られますと、本当に海難事故はなくなると思います。がんばってください。
コメントありがとうございます。
年金生活スタートと言う事は、すずらん丸様は団塊の世代で船員大量退職世代の前半ということですね。
おそらく今とすずらん丸様が若い時代というのは、当然、技術や環境、苦労も変ったと思いますが、何より活気があったと思います。
私は、この業界に活気が出れば、まだまだ捨てたもんじゃない業界だと思ってます。
 海難事故も陸上の交通事故同様、不注意や飲酒運転などによるマイナス的なアクシデントもあれば、突発的なものですごい悪いタイミングで起こる事故もあります〔ほとんどが居眠りによるものですが〕。

 何かが起こるのは何か原因があるわけで直接的には居眠りや航法、操船ミス、ヒューマンエラー・・・間接的には、船内不調和や過重労働などがあげられます。しかし、事故をして得をすることはなく〔いくら保険処理が出来るといっても〕何かしらのダメージは受けます。いくらこちらの航法が正しいからと言って意固地になって避けないでぶつかるよりも、避けたほうが勝ちなんですね…

海難事故をどう防ぐかと言うと、一生懸命やりがいを持って誇りを持てる職業にすることが一番なんだと思います〔理想論すぎますが…〕
もちろん安全に最大限考慮し最善の策を取るのは、もちろんですが。
根本的には、安全の締め付けだけではダメだと思います。
 
すずらん丸様が私が船員生活を楽しんでいられるように思ってくれているなら、私もこのブログを通じて、嫌なこともネタにし、意外と船員生活を楽しんでいるのかもしれませんね。余裕はありませんが…このブログを書くことによって私自身は、多少なりの精神安定になっているのではないかと思います。
後は、この業界の人向けに何かしらメッセージと情報を伝えられたらなと思ってやっています。

私は、部外者には、この業界をお勧めしないですが…少なくとも、船乗りになりたいと思って就職した人たちが船乗りがやりがいがあると言える自分なりの環境づくりをしていきたいと思っています。まずは、3Kと言われるこの業界でも、やり方によっては、楽しめると言えるように、人に言う前に自分で楽しみを作りながらやっていこうと思います。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog