企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2014.08.18    カテゴリ:  エンジン 

   最適化エンジン 阪神内燃機工業 LA28G 1000ps type TAISA

今回、進宝丸に搭載された阪神内燃機工業 LA28G 280min-1は、実馬力1600psにチューンされたエンジンを1000psにディレートして最適化したエンジンです
IMG_3893_20140818175837c04.jpg
この主機の特徴でもある油圧動弁
省エネを追求した結果、このエンジンに辿りついたのですが、見た目の美しさもあります
IMG_3892_201408181758455e5.jpg
過給機は三菱重工 MET 26SRⅡ
IMG_3891_20140818175841a3d.jpg
逆転機はMN-930
心配された通路幅ですが両舷とも通行可能です
IMG_3897_20140818175844158.jpg
軸発は80KVA
IMG_3895_20140818175840426.jpg
バラストバルブ
IMG_3852_20140818180050c62.jpg
バラストポンプは100㎥/h
IMG_3896_20140818182018117.jpg
工具置き付き type Taisa
IMG_3875_2014081818005417a.jpg
補機はヤンマー 130KVA 防振ゴム仕様
IMG_3856_201408181803032ec.jpg
燃料流量計 流量計は取り付け方向(縦横)を間違わないようにしましょう!
IMG_3857_20140818180315429.jpg
このあたりのSUS仕様は、矢野造船標準仕様です
IMG_3905.jpg

IMG_3906_20140818180103ba9.jpg
アメロイド LO清浄器
IMG_3870_2014081818031092e.jpg
セントラルクーリング アルファラバル
IMG_3871_20140818180313c81.jpg
溶接機 ホールドコンパニオンに近い場所に設置し、延長コードをボースンストアまで延長しています
IMG_3872_20140818180313bde.jpg
工作作業台 type Taisa
IMG_3869_20140818180548274.jpg
KTC メカニキット type Taisa
IMG_3867_20140818180540ba5.jpg

IMG_3868_20140818180553ad2.jpg
ライブカメラ 固定でズームもパンもできませんがエンジン場の雰囲気みるだけなら十分な性能です
IMG_3874_20140818180552cde.jpg
PCから見た映像 この船がネットにつながっている状況でしたら、スマホや遠隔地からのPCでも閲覧可能です(パスワードあり)
全画面キャプチャ 20140818 164712
監視室 type Taisa
このクラスには贅沢な仕様ですが、配電盤の保護と作業と事務を分けられるメリット 機関部のモチベーション向上につながると思い採用しました
IMG_3873_20140818180851aa3.jpg

IMG_3887_20140818181002437.jpg

IMG_3890_20140818181006570.jpg
ポンプ類は全て、積算時間計付き type Taisa
IMG_3878_201408181808579e5.jpg

IMG_3888_2014081818172297d.jpg
監視室でも現在地がわかります
IMG_3877_20140818180857c39.jpg
ライブカメラにて航海状況 荷役状況も見れます
IMG_3847_20140818180847d64.jpg
ここにもKTCがありました type Taisa
IMG_3889.jpg
置きタンクは、足長にしてあります type Taisa
IMG_3884_2014081818171667d.jpg

IMG_3879_20140818181717bd8.jpg
アメロイドの海洋生物付着防止装置 マグ馬力 採用
セントラル入口
IMG_3880_2014081818200884c.jpg
シーチェスト出口
IMG_3881_2014081818201240b.jpg
船尾注水管
IMG_3882_201408181820186f5.jpg
舵機室
IMG_3912.jpg
予備品倉庫 通路付き type Taisa
IMG_3909_20140818182114ab4.jpg

IMG_3908.jpg
雑用コンプレッサーは5.5kw トモとオモテに各一基 バラ積み仕様
IMG_3910_20140818182115da4.jpg
省エネ作動油 スーパーハイランドSE32 採用(JX日鉱エネルギー・天宗) エスケエ鉄工 SKウインチポンプユニット防振付 タンク製作(加藤組)
IMG_3915_201408181821199ec.jpg
舵機の作動油にも省エネ作動油 スーパーハイランドSE32 採用
IMG_3916_20140818182556d16.jpg
バッテリーはSS-200
IMG_3914.jpg
エンジン場入口
IMG_3917_20140818182604715.jpg
そして、見学した皆から“いいね!”をいただけるワンタッチロック水密ドア type Kinriki
IMG_3918.jpg

省エネは、心技体知と一緒で主機とプロペラ・船体、そして省エネマネジメントが大切だと思います
大きな馬力のエンジンを搭載すると、油を食うと言うイメージを持ちがちですが
主機の燃料消費率 回転数 プロペラダイヤ そして船体。これらのマッチングにより省エネが実現できます
プロペラ計算も奥が深く非常に面白いです。プロペラダイヤ アパーチャー 追求すればするほど面白いです

アプローチは、いろいろあると思います。中速エンジンと減速大口径も方法の一つですし、低速エンジンの減速大口径も方法の一つです。じゃあそれ以外はダメかと言えばそうではありません。
499GTに1800ps-2000psがベストマッチでありますし、この800DWクラスには1400ps-1600psがベストマッチです
更に、速力がそこそこで良いと言う499GTには1600psがベストマッチと言う場合もあります
省エネは燃費日本一を決める大会ではございません。
各社・各船種・各航路によって条件・荷主要求が違いますから、その中で最高のパフォーマンスを提供する“最適化”が大切ではないかと考えます

このクラスで燃費が時間10L違えば年間で350万から400万近い差(A重油)が出てきます 14年で5000万以上の差が出ます
チャーターだから燃料は関係ないと言われればそれまでですが、省エネ努力が報われる業界文化が必要だと思います
ただ、注意しないといけない点は、業界にありがちな”時間燃費だけでの判断”は、一つの項目の評価に過ぎず
燃費はいいけど遅くて荷役に間に合わないでは、オペレーターの売上にもかかわってきます
リッター/マイル トン/マイル その船体性能における省エネ努力(省エネマネジメント)の総合評価が必要だと思います


関連記事
スポンサーサイト
遅れましたが竣工おめでとうございます。
沢山の思いが詰まった素晴らしい船になったと思います。 省エネ最適船 船体 エンジン プロペラのマッチングは私も凄く興味深いです 暫くはペンキ塗りに追われると思いますが 頑張って下さいね
百音丸竣工二年生ですが竣工後のペンキ塗りのおかげで綺麗に保ってますよ。
船内の記事 待ってます!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog