企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2015.07.16    カテゴリ:  船舶機器 

   ハッチ開閉注意喚起装置 ABUNAIーZ

進宝丸の補償ドックでABUNAI-Zが搭載されました

船種による怪我や事故の種類は様々ですが、貨物船における怪我の一つにハッチでの怪我があります。
発生件数としては、年間数件かもしれませんが、大抵は入院を伴う大怪我です。
状況としては、走行ローラーで手を潰したり、挟まれたりです
あんなにゆっくり動いているのに轢かれたりするのです

昔は、誰か怪我人が出ても、臨時を頼める船員がいたりしましたが、この船員不足では、下船を伴う怪我人だと
船が止まるかもしれないと言う状況は、どの船にも見受けられる傾向です

そこで、今まであるようでなかった商品 ABUNAI-Z


どんなに一生懸命、前向きに事故削減・撲滅に向けて取り組んでいても、事故発生の確率はゼロにはなりません。
ただし、どんくさいZを起因とする気をつければ防げる事故(怪我)は限りなくゼロにしていかなければなりません。

安全とは、自分自身や乗組員の生命と財産(輸送貨物)を守ることであり、その安心を荷主企業様やオペレーター様へ提供することが海上輸送従事者としての使命だと思います

何もしなくて、事故がない状況が本来の正しい姿かもしれませんが
現在の世の中の流れとして、見える企業努力や対応力が企業価値になってきています

ABUNAI-Zは、新造船だけでなく既存船にハッチメーカー問わず搭載可能と言うところが大きな特徴です

HubNess Indsutry (ハブネスインダストリー)
関連記事
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog