企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2016.10.18    カテゴリ:  新造船 

   運航時の遠隔監視等の運航効率化システム

○目的
安全・良質な輸送サービスを持続的に提供し、さらに、荷主をはじめとする日本産業全体の成長に貢献するため
、運航時等の作業効率化・省力化を促進し、内航海運の生産性の向上を図る。

○内容
内航海運に係る船舶について、船外、船倉、機関室等にカメラを設置する等により船内・陸上からのモニタリングを行い、
運航時の巡回回数低減、離接岸作業体制の合理化等の省力化・効率化を図る方策について実証実験を行い、その効果を検証する。

○背景・課題
生産性向上に向けた取組を進めていく必要があるが、鉄鋼、石油、セメント等の産業基礎物資輸
送が主体であり、輸送需要が景気動向等に左右されることから、特に自らの事業の効率化・省力化を進める必要がある。

運航・荷役作業等の合理化等による効率化・省力化を進めることが必要

○取り組み内容
海陸が連携した効率的な作業体制等の構築に向けた実証実験の実施・船外、船倉、機関室等にカメラを設置する等により船内・陸上からのモニタリングを行い、運航時の巡回回数低減、離接岸作業体制の合理化等の省力化・効率化を図る方策の検討・検討結果を踏まえて実証実験を行い、上記方策の効果を検証

操船支援 クラウド型ライブカメラ アラウンドビュー
特に、タンカーの離着桟で多いロープ巻き込み(プロペラ・スラスター)防止に役立つ支援
IMG_3297_20161018100319441.jpg
船内もしくは陸上に記録できるので、操船教育(アプローチ)や事故の際の超早期検証(ホールド解除)が可能
また、タンカーでロープ巻き込み事故が多いのが、陸上側の船の特性を考えていない無駄・無理な操船手順要求。
(船は、風・潮・惰性・港湾特性で流れるし、それを利用して着桟するのが操船技術です)
安全を求めるなら、入港はオールパイラー オール綱取ボートに・・・と極論になりますがパイラーが乗っても事故は防げません

~番外編~
日本最大65インチ 電子海図表示(アルファマップ) byサロン カメラの映像も表示可能
IMG_3333_20161018100321d1a.jpg


参考 
平成29年度海事局関係
予算概算要求概要
関連記事
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog