FC2ブログ
企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2017.10.24    カテゴリ:  海運ニュース 

   阪神内燃機工業 2サイクル電子制御エンジン 6S30ME-B9.5 完成

10月20日 阪神内燃機工業株式会社 播磨工場にて低速2サイクルエンジン 6S30ME-B9.5 初号機 陸上運転が行われました
7664.jpg

◆型式◆
6S30ME-B9.5
3840 kW × 195 min-1


◆特徴◆

MAN B&W形 低速2サイクル機関 S30ME-B9形機関は、内航5000kL、6000kLタンカー船、セメント運搬船などで
使用される4500~5500馬力の主機関として多数実績のあるL35MC6形機関の後継機種として開発された機関です。

燃料噴射、シリンダ注油、一部の排気弁閉タイミングをコンピュータ制御する電子制御機関です。
排気カムをカム駆動とすることで、ソフト・ハード共にシンプルな構造と冗長性の高い機関として開発されました。
またdot5機関は最新のマークバージョンとして広範囲のディレートへの対応を可能とした機関です。

国内MAN B&Wライセンシーの最後発リリースでありますが、阪神内燃機工業ではオリジナル低速4サイクル機関の開発後に導入を行い、これによって4サイクル、2サイクルの電子制御機関への対応が可能となりました。

機械式機関、電子制御式機関、共にラインナップを揃えることで様々なお客様のニーズに対応することができます。

7675.jpg

7666.jpg

世界初!低速4サイクル電子制御機関 阪神内燃機工業LH46LAE 4500ps

阪神内燃機工業株式会社
関連記事
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog