FC2ブログ
企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2018.04.16    カテゴリ:  SEA JAPAN 

   SEA JAPAN 2018

二年前も同じ日、同じメンバーで東京に来てました。
そして、同じ場所で昼飯
IMG_8630.jpg
SEA JAPANだけに東京へ行くのももったいないので、オペ訪問など予定合わせて行きました。
ホテルにチェックインすると、最近シェア拡大中のロープメーカー石田製鋼の営業 青井氏とフロアでバッタリ遭遇
そして、新橋・銀座の安全パトロール
IMG_8641.jpg
銀座は、安全じゃなかった事を確認して、最後は先輩と反省会
IMG_8653.jpg

IMG_8657_2018041610003248f.jpg

IMG_8658_201804161000346df.jpg

IMG_8656_201804161000319cb.jpg

IMG_8662.jpg

IMG_8663_2018041610003712f.jpg

IMG_8664.jpg

IMG_8665.jpg

IMG_8667.jpg

IMG_8666.jpg

IMG_8668.jpg

IMG_8669.jpg

IMG_8671.jpg

IMG_8672_2018041610004975d.jpg


関連ランキング:寿司 | 新橋駅汐留駅内幸町駅


そして、翌日SEA JAPAN

株式会社赤阪鐵工所の自己診断機能付き新型リモコン
IMG_8730_20180416101626add.jpg
機関士不足、機関士の技量不足を補うツールとしては、大変良いと思います
トラブル時の自己診断で不具合初期対応ができ、メンテナンスサポートで部品の交換推奨時期を表示する
IMG_8731_201804161016281d9.jpg

IMG_8732_2018041610162951d.jpg

IMG_8733_20180416101631152.jpg
インジェクションブースター
電子制御ではない、カム軸における燃料噴射方式では、燃費カーブと省エネと低負荷が問題でした。
燃料消費率を良くしても省エネの為に低負荷域を使わざるを得ない。燃費の為にエンジンに地団駄を踏ませるカタチです
それを、インジェクションブースターにより、カム軸方式でも低負荷域の燃料改善を行う事ができるようです
IMG_8734_201804161016325b1.jpg
伊吹工業株式会社では新型舶用LEDフラッドライトと既存船の航海灯LED化の簡素化などが新しい発表でした
IMG_8738_20180416101809b20.jpg

IMG_8739_2018041610181005f.jpg
ナカシマプロペラ株式会社
IMG_8728_20180416101623685.jpg
今治からはBEMAC
IMG_8736_20180416101635fb8.jpg
あとは、カメラなども多くのメーカーから展示がありました
IMG_8698_201804161014453de.jpg

IMG_8699_2018041610144793e.jpg

IMG_8726_2018041610162074a.jpg
IMG_8727_2018041610162242b.jpg
大型タッチパネルモニターによる海図台
IMG_8703_20180416101451d30.jpg

IMG_8717_2018041610150842a.jpg

IMG_8718_20180416101509d57.jpg
現在、沿海区域では、常識になりつつある船陸間通信も遠洋区域でも徐々に商用化になってきています
IMG_8701_20180416101450e94.jpg
熊本港・八代港ポートセールス協会
IMG_8724_201804161016172a6.jpg
ヤフオクに出てきそうなエコバックです。BARI SHIPの際は、新来島どっくのエコバックが良い値段で取引されたようです
IMG_8725_20180416101619cf1.jpg
グリスの成分分析で機械診断 こう言ったベテランの感覚的な部分もどんどんAIやIOTの世界になっていくのでしょうね。
でも、今業界に必要なのは、長続きしてくれる船員の性格分析と実力分析かもしれません
IMG_8694_201804161000523dc.jpg
ナナオの舶用モニター 弊社、進宝丸でも利用していますがこの26インチモニターは非常に使いやすく見やすいです。
特に電子海図を表示させるには、大きくてワイドが情報量も多く表示できるので便利です。
499GT以下は、操舵室空間も限りがあるので、上部の空間利用も今後必要かと思います
IMG_8706_201804161014541cf.jpg

IMG_8707_201804161014562db.jpg

IMG_8708_2018041610145727c.jpg

IMG_8709_201804161014597fe.jpg

IMG_8711_201804161015018f5.jpg

IMG_8712_20180416101502bfa.jpg
古野電器
タブレット表示
IMG_8716_201804161015066a1.jpg
FRP配管
IMG_8715_201804161015054bf.jpg
来年は、BARI SHIP 2019が来年5月に開催されます

そして、東京最後の予定は、新小岩に弟がジムを開くと言うので見学に行ってきました
JAMROCK fitness
新小岩南口 営業時間 月〜木 10:00〜22:00 金 定休日 土曜日 10:00〜20:00 日曜日 12:00〜18:00
30714903_1635216673226787_2377703153903499475_n.jpg

S__108781578.jpg

S__108781572.jpg

S__108781579.jpg

S__108781574.jpg

S__108781578.jpg

S__108781582.jpg

S__108781573.jpg

30727970_1635229339892187_4439911235042265510_n.jpg

S__108781570.jpg
高性能な体脂肪計があったので計測してきました
S__108781571.jpg

IMG_8741_2018041611054050a.jpg
筋トレして終了
IMG_8765_20180416112612dbf.jpg
そして移動式居酒屋で帰路
IMG_8768_201804161018154ec.jpg
SEA JAPANでもらった日本海事新聞を読みながら・・・
IMG_8777_2018041610181667e.jpg
帰って、土日は息子と現場監督
断熱材1層目(100mm)施工。2層目(200mm)は横方向へ施工し、断熱欠損を防ぐ
屋根断熱ロックウール(JFE)300mm 
IMG_8816_20180416101818fdf.jpg
窓は、ドイツUNILUX(ユニルックス)社のトリプルサッシ
IMG_8819_20180416101819eb7.jpg
日本では、馴染みの薄いドレーキップ方式
IMG_8820_20180416101821194.jpg

IMG_8821_201804161018225b2.jpg
パッシブハウス・高気密・高断熱施工で西日本トップクラスと呼び声高いスーパー工務店 アーキテクト工房Pureの施工
IMG_8824_201804161018240c5.jpg
屋根断熱 ロックウール300mm 外壁付加断熱 200mm 基礎断熱 立上り100mm 基礎床 75mm
C値 0.8 Ua値 0.227 C値 0.2以下 
IMG_4515_20180416115700c9a.jpg
高級な家を造るよりも高性能な家つくりが大切だと思います。
たくさんの太陽光載せて、差し引きゼロの性能ではなく、家自体の性能(断熱・窓)を上げてあげる
IMG_4516_20180416115701663.jpg
船づくりがプロペラと船型が重要なように家造りは、窓と断熱性能が重要だと思います。
そして、舶用技術がヨーロッパから大きく遅れているように、住宅性能も日本は、ヨーロッパから大きく遅れているように思います

1年間で日本人の約1万7,000人が、ヒートショックが原因となった疾患や病気で亡くなっているといわれています。
交通事故の死亡者は年間4,600人程度。つまり交通事故で亡くなる約4倍もの人々が、温度の変化によって起こる体調の変化でな命を落としている。

室内温度バリアフリーの実現が死亡リスクを減す第一歩であり、それが実現されると、医者があまり儲からないからこそ
そこに国家的注目がいかないのかもしれません。
ただ、お医者さんの家造りは、トイレもお風呂も廊下も温度差ない温度バリアフリーを目指している人が多いのが現実です

アーキテクト工房Pure

参考図書












関連記事
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog