企業広告
Google AdSense



出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2018.05.14    カテゴリ:  海運ニュース 

   物流が止まる日

睡眠不足は乗務禁止 トラックやバス、6月から義務化

モノが運べない!?“物流危機”

ヤマト運輸は本当に「宅配危機」を脱したのか

物流危機が止まらない、10年後もドライバーは24万人不足する

「努力の限界超えた」 検証・値上げの春

ヤマト問題に端を発した、宅配クライシスが内航業界の行く末を案じしてくれている現在ですが、物流業界に人材不足コストを入れ込んだ運賃値上げ機運が高まっている中、内航業界では、ようやく値上げと言うより、やっと戻した感が否めない運賃・用船料市場

輸送需要が上がり、船価が上がり、ドック、修繕費が上がり、船員費が上がり、努力の限界を超えたと言う声が多い中、やはりタケノコのように生えてくる、安く運びまっせの輸送責任能力の低いいっちょかみ業者。

5年10年スパンで考えると今、対策できる企業が生き残れるし、今だけの対応だと内航クライシスに向けの時間稼ぎでしかなく
内航クライシスになってからの対処だと復活は厳しい状況ではないかと思います。

対策を間違えると結果的に高いコストで対処せざるを得なくなります

私も5月12日で社長になって丸2年。前厄と本厄。対応と対処に振り回されたあっという間の2年で、もう10数年過ぎた感じです。
今後は、10年後(52歳)20年後(62歳)に生き残れるよう対策を考え実行できる会社にしていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog