fc2ブログ
企業広告
Google AdSense





出張・訪船のご予約はお早めに!

休暇の乗下船はANA楽パック

ゴルフ場予約サイト:楽天GORA

最近の記事
海運・造船会社要覧(2011)
ジャパネット内航
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
海運ニュース

2020.09.24    カテゴリ:  ペンキ概論 

   船底塗料についての一考察

近年の海水温上昇で巨大台風や異常気象は、皆さんニュースや日々の暮らしで実感していると思いますが
船底塗料業界も影響を受けています。

特に、ここ2年くらい各メーカーでフジツボがつく船が多くなり、北海道航路をメインにしている船までフジツボが付き始めたという事例が起こっています。

船底塗料は、言い訳の効かない結果がすべての商品です。

メーカーが中身の材質変えれば、すぐに結果として出てきます。これまでの歴史、多くのメーカーが失敗をしてきました。
またその歴史の中で生態系の影響など有機スズ化合物の禁止で非スズ系防汚塗料 シリル系加水分解塗料へ移行していきました。

加水分解型塗料は石鹸のように表面が溶けて更新されていくため、塗膜表面に海洋生物をつかせない防汚活性機能を持っていますので、貨物船を中心に現在の低稼働率の航海では、防汚性能が発揮出来ない可能性があります。
また、加水分解を早めてしまうと、低稼働でも防汚性能が機能しますが、塗膜維持の為に塗料数量が増えてしまうデメリットもあります。

各メーカーで同じ塗料を使って、同じ航路でもここ2年くらい状態が悪い船もいると聞きます。
それだけ海洋生物が海水温上昇と伴に、一歩先の耐性をつけている事だと推察できます。
一部では亜熱帯系の海洋生物や魚が本州まで来ています。

ですので、航路が沖縄を除く日本一円沿海もしくは、京浜以南だとしても沖縄対応商品を塗るくらいでちょうどいいかもしれません。

そして開発の方も、現場の生の声をフィードバックして海水温上昇を更に見越して、一歩先二歩先を行かないと海洋生物の耐性の方が先に行ってしまします。

内航船主が求めているのは、とにかく汚れない船底塗料です。

そして、言い訳が効かない、結果が全ての船底塗料です。


前回のドックで関西ペイントマリン クウォンタム R8000を12ヶ月仕様(常時没水部メイン 空船部薄め)15ヶ月運航+中国塗料試験塗装でした。
やはりギリギリを攻めると肌の状態が悪いところも見え始め今回の仕様は関西ペイントマリン クォンタムR5000 15ヶ月仕様(タッチアップ塗装+没水部メイン塗り 空船部薄め)+中国塗料試験塗装

DSC02107.jpg

IMG_4930_202009241017204d8.jpg

IMG_4892_20200924101713dc2.jpg

DSC02123.jpg
看板もR5000に合わせて新しくなりました
DSC02125.jpg
試験塗装を行うのは、右舷側
なぜ右舷側かと言うと、進宝丸は左舷着け荷役の割合が多く、右舷側に日光が当たり海洋生物の成長が早い

関西ペイントマリン 試験塗装 クォンタム MX-2155N
IMG_4900_20200924101717568.jpg
中国塗料 シーグランプリ2000 A
IMG_4899_20200924101716ea7.jpg
中国塗料 シープレミア3000Plus
IMG_4898_20200924101714679.jpg
合いドックでの弊社会長の専売特許であるペラ磨き。今年はドック前から「今年は、肩が痛いからやらん!」と宣言していたのに
ドック初日から終業後もせっせと磨いておりました。
今回はペラクリンが良く効いていたように思います
IMG_4740.jpg
磨きからペラクリン塗装まで会長の仕事
プロペラは、美しすぎるプロペラ ナカシマプロペラ NHV55
DSC02114.jpg

IMG_4928.jpg

関西ペイントマリン株式会社

中国塗料株式会社

向島造機株式会社






関連記事
スポンサーサイト









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 内航.com All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog